2019年6月17日 (月)

顎変形症の治療(7)

 
 
 
 
ココログの不具合は続いております
 
 
今日のお話は顎変形症の治療(6)の続きです。
メイの6時間に渡る手術が無事終わった。
 
 
 
1_71
 
 
 
手術室から出てきたメイは
ブリッジの上の歯と下の歯が針金で固定され
口の両端から血液などの廃液を出す管が出ており
右の鼻の穴には胃に食事を流すための
管が入っていた。
酸素マスクをしていたが
呼吸は左の鼻の穴のみだった。
 
 
 
顔は晴れ上がり、たくさんのテープで
固定されていた。
 
 
 
手術中は麻酔が効いているので眠っているが
麻酔が切れた時のその顔の状態に
パニックになる人がいると言われていた。
事前に覚悟していたメイは
意識が戻っても落ち着いているように見えた。
 
2_72
 
 
 
 
しかし、その姿はあまりにも痛々しく
ダンナは涙が出て、メイに話かけられずにいた。
 
 
メイはその日から「重病患者室」という
広い個室を使わせてもらった。
付き添いのベッドを入れても余裕の広さでよかった。
しかし…
 
 
 
3_74
 
 
顔は絶対安静だったが手は動かせたので
会話はスマホを使った。
 
 
 
メイは何度も呼吸ができないとパニックになった。
しかし酸素濃度は平常値だったので
「大丈夫大丈夫、上手に呼吸できているよ」と
励ますが、左の鼻の穴しか気道がないのは
とても恐怖だったと思う。
側にいて「大丈夫だよ」と繰り返すが
恐怖でメイの瞳は震えていた
 
 
 
そして、次に多かったのは
 
 
 
4_64
 
 
 
顔が歪んでいく、とパニックになった。
その時のラインは…
 
 
 
Photo_59
 
顎の骨は切って整骨されたが
顔の筋肉は前の状態に戻ろうとするらしく
その感覚が、顔が大きく歪むように感じたらしい。
呼吸ができない、顔が歪む、と
術後3日間は本当にとても辛そうだった。
 
 
 
「怖い、痛い、手を握っていて」と言われ
3日間ずっとメイの手を握っていた。 
 
 
 
5_38
 
私が付き添いのベッドに横になったのは
術後4日目からだった。(続)
 
 
(不定期更新)
 
 
6_31
↑応援クリックお願いします!
 
 

 
 
 
「お嫁さんな日々」本日のお悩みは1本です!
20180227_114627_2
喧嘩をするたびに実家に子どもを連れて
帰ってくるAYさんの娘さん。
1回や2回ではなく、何度何度も
「離婚だ」と言って帰ってきます。
毎回泣いたり怒ったりする娘さんに
AYさんも疲れ果ててしまいます。
20151027_114547_9
 

 
 
ひさびさの更新で普通に美味しい
↓オムそば作ってます。
 
 
 
 
バニラクリームの
「酒気帯び手記」更新しました。
今宵も酔っ払ってます。
↓お時間があったら、ぜひ。
 
E007035c7b9f66ea7f389015ade030b1

| | コメント (2)

«アプデ野郎