トップページ | 叱るタイミング »

2006年2月 8日 (水)

距離感

スポンサーリンク

 


お姑さんとの距離感、どれくらいが適当か? 

私の場合、必要以外は極力避けていると言って過言ではない。

 でも、顔を合わす時はいい嫁でいようと心かけている。 

日常のあいさつはもとより、出かける時帰ってきた時は

必ず一声かける方だ。 

この辺りは、古い家が多くお嫁さんもいっぱいいる。 

でも、同居だがまるっきり無干渉で生活してる嫁が多い。 

もちろん我が家も掃除、洗濯、食事などは完全にわけている。 

その方がお互いうまくいくと思っている。 

ただ、私のやり方が気にいらなくて

アドバイス(別名文句)が入る時もある。 

そんな時もにっこり微笑んで無視する。

 

はた目にはまあ、うまくやっている嫁姑のようでいて 

それなりのあつれきはあるのだ。そこでこのまんが…

 

291

292

293

294

 

くつの脱ぎ方を見れば、

それだけで育ちがわかるとばばは言う。 

そして、子供たちによくそう説教をしているが、 

子供たちは一向にそろえる様子はない。 

しかし、我が家の玄関ではいつも靴がきちんと並んでいる。 

なぜなら離れから、ばばは見ているのだ。 

子供たちが玄関を出入りするたびにチェックしているのだ。 

そろえてなければ、そっと直して去っていく。 

しかし、いつもバニラの靴だけ直していかない。

もちろん、それは

ばばからのメッセージ。

 

  
さあ、この距離感に君は耐えられるか? 

答えはイエス

私は耐えられます。え〜耐えますとも!


 

↓人気ブログランキング応援クリックしてね!

220_2


スポンサーリンク

|

トップページ | 叱るタイミング »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。