« 敏感なメイ | トップページ | どーよ!? »

2006年3月22日 (水)

奥ゆかしさを少々。

スポンサーリンク

 

私の嫁いだこの地域は、古い家屋が多く

石を投げれば親戚に当たるという土地柄です。

当然、お年寄りも多くいろいろと学ぶところがあります。

   

3221

  

おばあちゃんに用事があって来たのに、

「おばあちゃんおいでるかね?(訳*いますか?)」と

聞かれるのではなく

イキナリ「おいでにならんですねぇ」

と否定的に話が始まる。

しかし、この言葉は奥が深く気持ちとしては

「おばあちゃんに用事があって

突然、連絡もなしに来てしまってすみません。

いらっしゃらなくても結構ですよ、ご心配なく。

いらっしゃらないようでしたらまた、来ますから。

本当にご心配なく。」

…という含みがあるのです。

これに近い使い方で

  
   

3222

 

 

と、これまた否定的にお話が始まります。

お年寄り特有の謙虚さがにじみでています。

しかし、

 

 

3223

 

 

と、いった使い方は同じ否定形でよく似ていますが

相手を否定した言い方なので、

間違っています!

 

 

しかし、相手にプレッシャーをかけない

話し方を習得すれば

スムーズにお願い事ができそうなので

私もチャレンジしてみました。

 

 

3224_1

 

 

子供にこの奥ゆかしさは通じないようです。 

 

 


今日は、押していただかなくても
よろしくてよ。

Photo_6

 

 

 

あっ!行かないで!
やっぱり、押してって!

Photo_6

 

スポンサーリンク

|

« 敏感なメイ | トップページ | どーよ!? »

コメント

お子様にはやっぱり直球勝負?
実はウチにも双子の娘がいます。
最後のコマの逃げる二人が可愛いなあ。と
思いつつも、ファッジさんは大変そうですね。
いつも勉強になります。

投稿: みっつん | 2006年3月22日 (水) 15時13分

ウチはお姑さんと別居してるので、一応気を使って
「~~してくれないよね。」「~~いらないよね。」
と言って頂けます。
しかしお断りするのはタブー。
経験で知りました。世の中って複雑なんだと。(笑)

ケン君、リュウ君コンビ、男の子らしくって微笑ましいですね。でも自分だったらと考えるとバニラファッジさんのリアクションも納得~。

投稿: みい | 2006年3月22日 (水) 18時23分

コメントありがとうがざいます!

>>みっつんさん
双子ちゃんママだったんですか?うれし〜!
こんなブログじゃ、なんの役にもたちませんが、ここよりはマシ…と育児に負けそうな時は心の支えにしてください!

>>みいさん
<しかしお断りするのはタブー>そう通り!その通りですね〜。言葉の駆け引きはむずかしいし、なんで怒ってるのかなんで笑っているのかさえも読み取れない時があります。姑との深い溝はなかなか埋まりませんよ。
みいさんのリンク、はらさせてもらいました〜。また遊びに来てくださいね!

投稿: バニラファッジ | 2006年3月22日 (水) 19時58分

この記事へのコメントは終了しました。

« 敏感なメイ | トップページ | どーよ!? »