« もう一人のリュウ | トップページ | 一方、ケンは… »

2006年4月24日 (月)

決戦前夜

スポンサーリンク

 

たくさんの方から

叱咤激励のコメントやアドバイスをいただきました。

本当に支えられて、この4日間ブログが更新できたことを

よかったな〜って思っています。

リュウの問題はまだまだ解決には至りませんが

今日の更新で、一旦終結します。

もちろん、これからも何かあれば

リュウのその後を報告します。

  
  
  
  
  

4241


ケンとリュウは平成8年に生まれました。

おかげさまで身体だけは丈夫な私は

2850gと3100gの大きな一卵性の双子を

予定日通りに、なんのトラブルもなく

自然分娩することができました。

ただ、ケンの後リュウが生まれるまでに

二時間もかかり、それはそれなりに大変でした。

 

 

4242


2人の夜泣きは2歳頃までありました。

夜中は、ダンナやメイを起こさない様に

別の部屋でサンドイッチマンのようにして

あやしていました。

あの頃は本当にちゃんと眠った記憶がありません。

 


4243


幼稚園入園後は、これまた毎日泣いていました。

毎朝泣く方も泣く方だが

連れて行く方も連れて行く方でいい勝負でした。

さすがに年長さんの頃には泣かずに通えましが…

 

 

 

4244


小学校に上がってからは

大きなトラブルはありませんでした。

ケンもリュウも学校が好きな方ではないが

皆勤賞なんかももらったことがあります。

ただ、メイが卒業すると

上記の発言もあって、情けない感じもあります。

 

 

 

 

苦労は続くよ、どこまでも。

そして、リュウの登校拒否!

 

 

 

木曜、金曜と休んで土日が続いたため

リュウは4連休を過ごしたことになる。

いよいよ、明日は月曜日という夜

リュウは…

 

 

 

 

 

4245


風呂上がりのタオルを

ほおかむりして

キャディのまねをしていた!

ツボに入ったようでケンと2人で大騒ぎだ。

 

 

 

 

水を差すようだが、私はリュウに確認してみた。


4246

 

 

なんか、登校拒否していることも

忘れてしまったのではないかと心配になってきたが

リュウに行く気があるのなら、

これ以上なにか言うのはやめよう。

 

 

 

そして、いよいよ今日…

リュウはケンと一緒にカッチャントッチャンを

迎えに行きました〜!!

 

 

 

もちろん、なにも解決していないことは

重々わかっております。

たくさんの方に心配をかけたのに

非常にあやふやな言い方で申し訳ないのだが

 

 

 

 

 

 

とりあえず、これでいいや。

 

 

 

読んでくれて、ありがとう!
今日は何位でしょうか?
これからも応援よろしくお願いします!

Photo_6


 

スポンサーリンク

|

« もう一人のリュウ | トップページ | 一方、ケンは… »

コメント

よかった、よかった!!私も泣いてすごした日々がたっくさんあったけど、今はやっぱり自分の信じていた通りの楽しい子供たちになってくれているからね~!苦労すれば有難味も多いちゅうもんよ!
でも、まだまだ苦労するよ。間違いなくね。きっとメイちゃんでもね。がんばれ~!!

投稿: みるふぃ~ゆクリームもりもり | 2006年4月24日 (月) 13時44分

私も会社で見ているので、リュウ君の事が気になってお昼休みに速攻で見させて頂きました。2日間休んで今日行けたんだからエライよ。今息子は4年生だけど、2年生の頃 みんなと同じ事が出来ないといつも先生に呼び出されてました。先生から怒られ、主人からも姉からも怒られ、今思えば息子は一杯一杯だったようです。 だから、みんなで追い込むような環境だと萎縮しちゃうかもね。ファッジさんみたいに『とりあえず、いいや』という一言はとても気持ちがわかります!  時には肩の力をぬいて、時には鬼にも(笑)なって・・・ですよね!?

投稿: めんたい子 | 2006年4月24日 (月) 13時59分

うっ・・
23日んとこにコメント書いたら、更新されてた。。
良かったですね、子供って、自我を形成して自立するために日々成長しているんですね。

今お母さんにいっぱい甘えたいんだと思いますね。

23日のコメントもちょっと見てくださいね。

投稿: みかママ | 2006年4月24日 (月) 14時00分

リュウ君学校に行ってくれて、ほっとしました^^
きっと母親としていろいろな葛藤がおありでしょうが、ファッジさんの明るさや前向きな姿勢、子供ののために一喜一憂している姿は、私の理想の母親像です。
その姿を見て育って行くんだから、みんなきっと素敵な大人になりますよ!まだまだ成長過程のケン君とリュウ君、しっかり者のメイちゃんのこれからの日記を楽しみにしてま~す!!

投稿: みっつん | 2006年4月24日 (月) 14時08分

初めまして。いつも楽しみに拝見させていただいてます。
ここ最近はリュウ君の事が心配で、ハラハラしながら読ませていただいてました。
私も一応主婦で娘がいますが、まだ4歳児なのでこれほど深刻な問題に至った事はありません。うちもここ1週間登園拒否をしていて、なんとかなだめながら行かせてますが、まだ小さいのでどうにかなってます。(年中さんになって色々となじまないようで)

ファッジさんの最後の一言「これでいいや」がいいですね!(笑)
やはり(子供との)戦いは日々変化しますから、毎日毎日が精一杯にぶつかって行って、とりあえず解決が正解のような気がします。戦いに終わりはないですし!
そのうちにフト子供も気づくのでしょうね。
長々と失礼しました。

投稿: ピスタ | 2006年4月24日 (月) 15時31分

コメントありがとうございます!

>>みるふぃ~ゆクリームもりもり
ご心配かけました!
いつも私の少し前を歩いては「そこ危ないよ」「ここ気をつけて」と道を作ってくれるみるふぃ~ゆクリームもりもりに感謝でいっぱいです。作ってくれたCDにもずいぶん癒されました。ありがとう!

>>めんたい子さん
ご心配かけました。
なにも答えはでてませんが、これから先もしっかり見届けていきたいと思っています。今回のことはまだまだ序の口で、これからもっと覚悟のいることが起こるのかもしれません。戦いは始まったばかりと心し、そして時々さぼって(?)子育てしていきます!

>>みかママさん
コメントもちろん読んでいますよ!
たくさんのことを短い間に勉強しました。ブログやっててよかったです。これからもアドバイスよろしくお願いします。

>>みっつんさん
きっと一難去ってまた一難となるんでしょうが、いつも前へ前へ、そして時々下がりながら(?)我が家のペースでやっていきます。これからも見守ってくださいね!

>>ピスタさん
はじめまして!コメントありがとうございます。
本当に子育ては、小さければ小さいなりに大きければ大きいなりに大変ですね。今日は12歳の男の子が母を刺したとか13歳の女の子が15歳の男の子に殺されたとか悲しいニュースが続き、落ち込んでしまいました。「これでいいや」ですまされるうちは、幸せだと思いました。

投稿: バニラファッジ | 2006年4月24日 (月) 19時55分

こんばんこ☆毎日毎日ブログが書かれるのを待って読み続けてました。良かった~!本当によかった~!うちのばあさんは、今日のブログを読んで泣いてしまいました… 
 ご存知の通り私も高校を四年かかって卒業しました。その時私が言われた言葉の中で今も忘れられないのが、(今がんばればいい思い出。今逃げれば一生ついてまわってくる。)って言葉です。お姉ちゃんと慕ってる人にいわれました。今も嫌な事があると、こと言葉を自分にいいきかせてます。
 私は遠回りな人生を送ってしまい、25歳の時に卒業した短大にもう一度通い、当時取れなかった資格を取りました。もっとちゃんとやってりゃ~よかったのに… その時初めて母から(育て方が間違ってなかった!)っていわれたときはうれしかったです。まぁ~それまでは間違ったとしか思えなかったらしいです…ファッジさんもがんばって!!応援してます!!フレ~フレ~ファッジさん☆ 

投稿: yuckee | 2006年4月24日 (月) 20時06分

こんばんはー♪
りゅうくん中々ファンキーですねー♪^^
でも学校に通うことになって本当に良かったです!!!

投稿: うき | 2006年4月24日 (月) 22時08分

ん~(@_@;)
たいへんだーね~
正解だったのか妥協だったのかわかりませんが
お疲れ様です_(._.)_

しかし・・・
パパはどうなのかな~
パパはもっといろいろと頑張れ~
野球だとキャッチャーを「女房」と言いますが
育児の場合キャッチャーはパパだと思います。

パパしっかりしられ!!
・・・っと伝えといてください_(._.)_

投稿: かーたとーあ | 2006年4月25日 (火) 00時41分

よかった。
「これでいい」とわたしも思います。
なんでもないことのようですが、きっとリュウくんにもいろんな思いがあってのことでしょうから…

それにしても…双子さんの子育ては想像に絶えますが仲良く遊んでいる姿を見てちょっとうらやましくも思いました。

投稿: らぶらび | 2006年4月25日 (火) 09時35分

コメントありがとう!

>>yuckee
いつも応援ありがとうございます
yuckeeばあちゃんの苦労を思えば、私の苦労なんてかゆいぐらいだと思いますよ。yuckeeばあちゃんも年とって涙腺ゆるくなっちゃったかな?yuckeeもずいぶん回り道したけど結果オーライ!やさしいダンナさんと地蔵の話はかねがねあの方から聞いてますよ(笑)会える日を楽しみにしています!

>>うきさん
ほっとくといい子なんですが、あれしろこれしろと言ったとたんこじれます(泣)しばらくは静観です…

>>かーたとーあさん
実はお父さんとお母さんが仲がいいと、子供はほっといてもいい子に育つんじゃないかというのが私の隠れ持論です。だから、私は全面的にダンナを見方につけて日々子供や姑と戦っています!
だからパパのポジションがちょっとヨソと違うかもしれないですね(笑)もっとダンナにも活躍のチャンスを与えるべきかもしれませんね!

>>らぶらびさん
くるくると子供たちの情緒や表情が変化するので、それに踊らされない様に子供ウォッチの毎日です。「今日はこれでよかった。」を積み重ねながら結果をだしていきたいと思っています。

投稿: バニラファッジ | 2006年4月25日 (火) 12時38分

この記事へのコメントは終了しました。

« もう一人のリュウ | トップページ | 一方、ケンは… »