« 決戦前夜 | トップページ | 玄関は顔。 »

2006年4月25日 (火)

一方、ケンは…

スポンサーリンク

 

今日も元気にメイもケンもリュウも登校しました!

サンキュー!

  
  
  
  
  

さて…  

4251_1


  

こうしてリュウに家族中が振り回されている時

あの男のことをみなさんお忘れではないだろうか…

実は私も忘れかけていたあの男の存在…

  
  
  

4252

 

 

ケンとリュウは生まれる前から一緒にいた。

1卵生双生児は栄養も血液も酸素も1つの胎盤を通して

共有してるらしい。

バランスが崩れると、片方だけ大きく

もう片方は小さくなってしまうらしい。

生まれた時に、ケンが貧血でリュウが多血だった。

これがもう少し出産時期が遅いとバランスは崩れ続け

どちらかに生命の危機も生ずるらしい。

 

 

 

 

リュウが登校拒否をした時

やはり家族中はケンもそうなるのではと心配した。

この二人は本当に

以心伝心なところがあるからだ。

 

 

 

しかし、ケンは見事に

家族を裏切り、

その成長ぶりを見せつけた!

 

 

 

木曜日、金曜日と普通に登校したうえ

土曜日には友達と遊ぶ約束をしてきた。

当たり前のことと思われかもしれないが

 

我が家にとってこれは

非常に画期的な出来事だった!

 

 

実はケンとリュウは友達と遊ばない。

二人で十分コト足りるからだ。

逆に友達と遊ぶのが面倒のようだ。

これは、かねがねなんとかしたい問題だった。

  
  
  

そのケンが

土曜日にショウくんと自転車で

となり町の室内プールへ行って遊んだ後

お昼ごはんを買い食いし

夕方には帰ってくるぞ

 

 

というプランをぶちまけた!

ケンは「リュウも一緒に行こう」と誘ったが

リュウは行かないと断った。

  
  
  
   

ケンもリュウも自転車に乗れるようになったのは

去年のことだ。

同じ年の友達は自転車でどんどん出掛ける中、

ケンもリュウもお互いが乗れないので、

自転車の必要性がなく全然練習しなかった。

 

 

 

 

そのケンがリュウをおいて出掛けるというのだ!

もちろん、一緒に行くショウ君はしっかり者なので安心だが、

その行く手をケンが阻むであろうことは必至だ。

  
  
  

4253


そして、家族の心配をよそに

彼は冒険の旅へと出掛けて行った。

 

 

 

翌日は、地域活動で

「新1年生を祝う会」が催された。

自由参加だが、これにもケンは一人で

カッチャントッチャンを引き連れ出掛けて行った。

 

4254

 

 

午後からは、子供会のフットサルの練習だ。

  

 

4256

 

 

なんやかんや言いながら

全ての予定を一人でこなしていった!

そして、月曜日…

 

 

 

4257

 

 

 

 

でもやっぱり、リュウの登校を

1番喜んでいたのは他でもない

ケンだった。

(・∀・)人(・∀・)

 

 

 

読んでくれて、ありがとう!
今日は何位でしょうか?
↓クリック↓よろしくお願いします!

Photo_6


 

スポンサーリンク

|

« 決戦前夜 | トップページ | 玄関は顔。 »

コメント

よかったよかった!ケン君は頼もしいですね。子供ってホント一人一人違うもんですね~ 個性を尊重してやらないといけないんだけど、つい上の子と比べてたりして・・今朝も久々に火山爆発してしまった(笑)学校行く前は怒らないようにしてるんだけどね。今ちょっと自己嫌悪。だけどこの自己嫌悪に陥ったのも忘れて夕方にはまた怒っているかも(笑)

投稿: めんたい子 | 2006年4月25日 (火) 11時43分

リュウ君の登校を一番喜んだのは・・・ってところでウルッときちゃいました!!
この頃って親の知らない間にスッと大きくなるんでしょうね。
双子が故の距離感が離れていくのが、成長している証?記事を読んでて嬉しいような、だけどちょっとだけ淋しくなりました。うちの子はまだまだ先の話なのにねw

投稿: みっつん | 2006年4月25日 (火) 12時55分

>>みっつんさん
ケンとリュウは特に仲がいい、といえば聞こえがいいですがお互いの依存度が高いと言えば、また別の問題をはらんでいるようになりますね。成長し別々の道を選択した時に、はじめて1人前になるんだろうなぁって思います。まだまだ続く子育て道は厳しいです!

投稿: バニラファッジ | 2006年4月25日 (火) 16時26分

>実はケンとリュウは友達と遊ばない。
 二人で十分コト足りるからだ。

このフレーズ、わかります。
私たちも小さい頃人見知りでした。
二人で遊んでいれば十分なので、
友達を必要としなかったのです。
そのための人見知りだろうな~と今は思うのです。
小学生になって他の友達とも遊ぶようになりましたが、
それでもふたりはいつも一緒でしたねぇ。
高校で初めて別々の生活を送るようになりましたが、
それからですね、性格も好みも微妙に違ってきたのは。
それまではほとんど一緒でしたねぇ。

そんな私たちですが、同級生の娘を持っています。
狙った訳ではないんですがね。(笑)

私事をつらつらと書いてしまってすみません。

ケンくんとリュウくんも将来が楽しみですね♪

投稿: ふたご | 2006年4月25日 (火) 17時21分

今週は好スタートですね。素敵です。
子供が3人いると、なんか必ず一人のことは見落としてますね。小さい頃は手をつなげれない子が必ずできるし・・おっ、あんたのこと忘れとったぁ・・ってのは、いつもです笑。んでも、子供からすれば楽で良いと思いますよね。

同僚の事務員さんも双子ですが、今でもとても仲がいいそうです、彼女の親が忙しくて、2歳まで
家の中で二人で遊んでいたので、言葉がしゃべれなかったそうです。このまましゃべれないんじゃないかと、皆で心配したそうですが、今はもちろんしゃべれて☆とても素敵なひとです。

投稿: みかママ | 2006年4月25日 (火) 17時25分

コメントありがとうございます!

>>ふたごさん
双子は身内にもなくて、いろいろとわからないところがあります。でもふたごさんの様な経験者のコメントで、「わかりますよ。」と共感してもらえるととてもほっとします。このブログも恥をしのんで書いているとこもありますので…これからもいろいろ教えてください!

>>みかママさん
これまた双子経験者コメント、ありがとうございます!少し肩の荷がおります。今が全てではないと自分に言い聞かせますが、なかなか不満が多くてダメですね。好スタートもこのままずっと続くと信じたいのですが〜…

投稿: バニラファッジ | 2006年4月25日 (火) 22時58分

子どもの成長を感じると涙が出ますね!こんな涙なら、大いに流したいものです。
双子って、兄弟ってすばらしい~!!

投稿: はじめましてあらため・・こんばんわ | 2006年4月26日 (水) 00時07分

初めまして!我が子の双子姉妹もオトモダチを作る気配もなく4才になりました。親としてはあせりますが、今回の記事そしてコメントを拝見して、ファッジさんと同じく少し気が楽になりました。多謝。多謝。

また、きま~ス。

投稿: maman | 2006年4月26日 (水) 00時44分

コメントありがとうございました!

>>こんばんわさん(笑)
自分を待ってる人がいる、自分を好きでいてくれる人がいるっていうのは、すごく力になりますよね。やっぱ家族はいいぞっ!

>>mamanさん
はじめまして!
あっ双子ママだ!どーもどーもー。
こんなブログでもなにか参考になればうれしいです。落ち込んだ時など、ここに来て「あ、まだうちの方がマシだ。」と勇気づけてください(笑)

投稿: バニラファッジ | 2006年4月26日 (水) 12時36分

この記事へのコメントは終了しました。

« 決戦前夜 | トップページ | 玄関は顔。 »