« サイドストーリー | トップページ | おばさんの場合 »

2006年7月 4日 (火)

きてます。

スポンサーリンク

 

741

 

 

 

ダンナは一人っ子だ。

2歳の時に両親が離婚して、この母の実家で生活してきた。

母親とおばさんと今は亡き彼女たちの母親の3人の愛を

一身に受けて育ってきた。

幼い頃など、だれが自分の母親かもわからないほど

3人から大切にされてきたらしい。

 

 

 

 

今や、この扱いだ(笑)

 

私も、いろいろ多忙になってきていることもあり

しわよせは、まずダンナにいく。

その次に子供達へいくかな?

  
   

  

それでもブログを続けることにダンナは協力的で

私の家事仕事の中でもブログ作成の優先順位は

比較的上位にランクされている。

 

 

 

いつもありがとう!あなた!

なんでも一人でできるようになってね。

と、言ったら…

 

 

 

一人でなんでもできるなら

結婚なんかしないよ。

 

 

 

と、言われてついに

オシドリ夫婦(?)もけんかスタート!

 

 

 

なんでも一人でできる人って、本当は寂しい?
中田ヒデはだれにも相談しないで今日まできたらしい(泣)
↓ランキングクリック↓でダンナにも
みなさんの声援が伝わってきます。
本当にいつもありがとうございます!

Photo_6


 

スポンサーリンク

|

« サイドストーリー | トップページ | おばさんの場合 »

コメント

喧嘩するほど仲が良いってね!(笑)
家族って素敵です Σd(^∀^

投稿: atomist | 2006年7月 4日 (火) 13時27分

そうですね;;
忙しいとしわよせがいきますよね^^;
でもブログ作成に理解あるご主人や
家族でよかったですね^^
たまには喧嘩も新鮮?かもですよ!
o(゜∇^☆)/フレー\(*^∇^*)/フレー\(☆^∇゜)o

投稿: ayumu | 2006年7月 4日 (火) 16時19分

しわよせきてますねー。
ファッジさん良く頑張ってます。
うちの旦那も一人っ子です。
旦那の母親は子離れできてません。
旦那はできてますけど・・・。
うちの旦那はすごい自立してます。
そうじゃないとうちでは生活できないですから・・・。
というか一人暮らしが長かったんです。
あと、結婚してからも私が働いていたので、
家事も分担制でした。
私のほうが家事のダメだし入って、洗濯機の掃除やお風呂掃除のお風呂の排水溝の掃除はしてくれてます。
そういう汚い系業務を引き受けてもらえると
この人と結婚してよかったー
って思います。ってのろけみたいだけど、
ほんとキチキチしてていつも私が怒られてます。

投稿: 鈴木キママ | 2006年7月 4日 (火) 16時22分

ご主人の「ひとりでなんでもできるなら」の、なんでもの指す範囲は、物理的なものだけではなく、
精神的なものも含まれているような気がします。
寂しい時そばにいたり、辛いとき励ましたり、
面白いことは一緒に大笑いしたり、
それがファッジさんとできて幸せだという意味にとった私はおめでたい奴でしょうか?

投稿: peco | 2006年7月 4日 (火) 19時57分

うちの夫も一人っ子で、母親が何もさせずに
大事に大事に育てたので何もできません。
でも今は共働きなのでそういうわけにもいかず
お茶の煎れ方から指導しています。とても疲れます。

今の世の中、何にもできない男は離婚される
確率が高いそうですよ。
そう脅して家事を教育しています。

投稿: ダライ・クマ | 2006年7月 5日 (水) 11時46分

>>atomistさん
ダンナと年が離れているので、あまりけんかをしない方だと思っていましたが16年も連れ添うと、タメでけんかですね(笑)

>>ayumuさん
ただ、ブログ作成を全く知らず、毎日のようにネタにされているお姑さんたちに、いつばれるかとヒヤヒヤもんです!

>>鈴木キママさん
うらやますぃ〜!
本当にいるんですねぇそんな便利…じゃない、協力的なダンナ様が!い〜ない〜な〜!
も〜、ぜひうちにも一人いただけないかしら?

>>pecoさん
私、pecoさんのコメントにただ今癒され中です。
そうですね〜寂しい時にはそばにいて、辛い時には代わってくれるっていうダンナさんがいいな〜♪

>>ダライ・クマさん
私もぜひ、いちから教育したいと思ってますが、「小さい頃から、やらせてないから」と姑シスターズのチェックがうるさいうるさい。2人でスーパーへ買い物に行く様になったのも、ごく最近なんですよ。

投稿: バニラファッジ | 2006年7月 5日 (水) 13時06分

この記事へのコメントは終了しました。

« サイドストーリー | トップページ | おばさんの場合 »