« 見えない | トップページ | 家族の試練 »

2006年8月30日 (水)

介護。

スポンサーリンク

 

8301

  
  
  

「しまった!」と思った。

予感がしたのだ。

あの時、なぜ声をかけなかったんだろうと

反省しながら、庭へ走って行った。

  
  
  
  

メイも部活から帰った所でちょうどよかった。

足に力の入らないおばさんが

まるっきり倒れてしまっている状態から

私が一人で起こすのは無理だ。

  
  
  

ケンとリュウは

「ばあちゃん、ここに座って!」と

裏縁側から、すずみ台を二人で運んで来た。

  
  

お義母さんは、ただただ

「勝手なことばかりやって、もう!」と

おばさんを叱り続けている。

  
  
  

8302

 

 

 

ちゃんとした介護経験は私にはない。

それでも、ダンナが鎖骨骨折した時に2ヶ月ほど

朝起きてから寝るまでの日常生活を

完全介護したことがある。

しかし所詮、夫婦だし

治る見込みのある介護だったのでつらくなかった。

抱き上げたり、身体を洗ったり、食事の世話をするのも

結婚15年目ともなれば

「あら、新鮮」だ。

 

 

 

おばさんは、転んだ際に左肩を強打した。

痛いのと情けないのとで、ずっと泣いていた。

抱き起こすことはできたが

泣いているおばさんにかける

いい言葉はなかなか思い浮かばない。

今日も、今から一緒に病院へ行ってきます。

  
  
  

介護豆知識で介護人は

「病院に連れて行ってあげる」

ではなく

「私に付き添わせてください」

という姿勢が大切だと聞いた。

  
  
  

 

 

…む、むずかしいです。

 

 

 

文部科学省と厚生労働省は
来年度から全国すべての公立小学校で
放課後も児童を預かることを決めた。
親が留守の家庭が増える一方で
安心して遊べる居場所づくりが目的だ。

我が家は、私もばあちゃんも家にいるので
あまりそういった心配はないが
核家族だったり働くお母さんには朗報だと思う。

それとは裏腹に
ここ最近は家庭崩壊のニュースが後を断たない。
自宅に放火する中学生
母親の殺人を依頼する高校生。
年寄りにも子供にも一番安心できる居場所は
常に家であることを信じたい。

↓クリック↓今日もお願いします!

Ranking_1

スポンサーリンク

|

« 見えない | トップページ | 家族の試練 »

コメント

おばさん・・・精神的にも弱くなっちゃったのかな・・・心配ですね。
怪我の方は大丈夫なのでしょうか?
介護って難しい問題ですよね。
私だったらどうするだろう・・・

投稿: vivian-w | 2006年8月30日 (水) 09時49分

バニラさん、お疲れさま・・ホント介護の事考えたら頭痛いですね~。辛がってるおばさん見たら
ほっとけないし、ね。そばにいる家族とりわけ、お嫁さん大変ですよ~。

投稿: ちーママ | 2006年8月30日 (水) 10時26分

隣は親と同居しています。(奥さんの母でおばさんも60才くらいですが)おばさんに 「母に何もしなくていいから テレビを見てて」と言ったら 機嫌が悪い と 愚痴をこぼされた事があります。私はお姑さんを思い浮かべながら(結構 じっとしているのが 嫌いなので)「やっぱり することがないのは つらいんじゃない?」と 答えた事があります。それから そのおばあちゃんはごみだしをしたり デイサービスにいったりしているみたいです。それまで テレビにどなっている声が時々聞こえていたのですが 最近 聞こえなくなりました。 やっぱり お年寄りに対する態度って むずかしいですよね。

投稿: ななしのごんべえ | 2006年8月30日 (水) 10時57分

言いたい放題、やりたい放題しておいて…
弱ってきたら一万分の一ぐらいやり返してやろう!
と思っていても、かわいそうで無理ですよね…
お年寄りってずるい…

バニラさん、これからもいろいろ大変そうだけど
頑張って下さいね!

投稿: どんぐり | 2006年8月30日 (水) 11時57分

気丈にしてた方が弱っていく姿って、いたたまれないですよね。。。

ファッジさんがお義母様達に尽くす姿は、きっとお子様たちにもいい影響を与えていると思いますよ。

いずれみんなが年老いていくんですもんね。

投稿: yoohyang | 2006年8月30日 (水) 13時38分

バニラファッジさん。
頭が下がります。
愛を与え続ける人ですね。

同じ状況を想像して、私なら、洗濯物を干し続けてます。
一声かけてたら、とは考えてないです。

人はいくつになっても、存在感や、生きている意味を実感したいのかもしれません。

おばさま早くお怪我がよくなること願っています。
ケンちゃん、リュウちゃんがなんだか頼もしくてかっこいい。

投稿: arust | 2006年8月30日 (水) 20時29分

>>vivian-wさん
病院に行ってきましたが、やっぱり左上腕部が骨折していました〜(泣)ちょっと忙しくなりそうです。

>>ちーママさん
結局、おばさんは左上腕部が骨折していました。
骨折の大変さはダンナの時に経験済みですが、自分がどこまでやってあげられるかが不安です。

>>ななしのごんべえさん
我が家の年寄りは心配が趣味なので「大丈夫、心配しないで」と言う言葉がけが1番嫌いなようです.

>>どんぐりさん
やっぱり相手が強いと戦う気になりますが、その逆は無理ですね。
自分の老後をイメージしながら介護していこうと思ってます。

>>yoohyangさん
「自分がこんな風になるとは思わなかった」がお義母さんたちの口ぐせです。本当に老いは平等にきますね。順番ですね。

>>arustさん
おばさんは診察の結果、左上腕部骨折でした。
リウマチもさることながら、膝の人口関節の手術を控えていた矢先の骨折です。痛みたるや想像を絶します。やっぱ、かわいそすぎます。

>>

投稿: バニラファッジ | 2006年8月31日 (木) 04時36分

うー、弱ってる相手には
何も言えませんよね・・・

先の希望がある育児とか
治る病気の介護とかと
お年寄りの介護って違いますよね。

以前地元新聞で、息子さんが1人で
お母さんの介護をしている話が連載されてて、
毎回とても切ない気持ちで読んでました。

投稿: なほ | 2006年8月31日 (木) 06時48分

この記事へのコメントは終了しました。

« 見えない | トップページ | 家族の試練 »