« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月30日 (木)

早期発見?

 
  
  

01_4

02_4

03_3

04_3

05_3

06_3

07_2

08_2

09_2

10_2

 

 

 

↓ランキングクリック↓今日もお願いします!

Bana1_2

 

 

 

| | コメント (7)

2006年11月29日 (水)

黒星


  
  

01_2

 

 

最近、メイのファッションはもっぱら

学校の体育服かバスケ部のジャージだ。

 

 

先日中間テストと時期がダブった

バスケットボールの地区大会では

2回戦で優勝候補の学校にあたるも勝ち超し

見事、メイの中学校は優勝して帰ってきた。

そして、来月の県大会に向けてさらに猛練習の日々だ。

 

 

そのメイが土曜日の午後から時間があいて

久しぶりに友達と買い物にでかけることになった。

何を着ていこうかと迷いながら

去年買ったお気に入りのマフラーを

鏡の前で何度も何度も巻き直していた。

 

 

02_2

03_2

04_2

05_2

06_2

 

・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・い、

 

 

っやー!!!

 

 

飛び蹴りをくらって朝青龍に初黒星。

 

 

 

↓ランキングクリック↓今日もお願いします!

711bana

 

 

 

| | コメント (11)

2006年11月28日 (火)

人に歴史ありVol.4(最終回)

 
  
  

ついに「人歴(ひとれき)」最終回です!

続く続くで、みなさんをひっぱってきましたが

気がつけば、おばさんが入院して早19日も経ってます(笑)

そろそろ、いつものブログに戻ろうと思っています。

  
  
  
  

ではでは、カヨコおばさんの話は続く。

  

01
 
02
 
03
 
04
 
05
 
06
 
07
 
08
 
09    10

 

 

カヨコおばさんが、今日まで結婚生活を無事送れたのは

ひとえにお義父さんとお義母さんが

自分を大事にしてくれたからだそうだ。

 

 

 

捨てる神あらば拾う神ありだ。

 

 

 

嫁と小姑のパラレルはこのまま延々と続くわけで

記事にしているとキリがない(笑)

なにかとヒールになってしまうお義母さんだが

ひとつだけ嫁としてフォローさせてもらえるなら

 

 

 

お義母さんのきれい好きは

天然だから仕方がない。

 

 

 

カヨコおばさんも、それを押さえておけば

それほど苦しまずに同居ができたかもしれない。

 

 

 

この後、カヨコおばさん夫婦(長男夫婦)は

ご両親から

「親としては娘2人が不憫でしょうがない。

あの2人は行き場がないのだ。

本当に申し訳ないが、この家をあの2人に譲って

やってほしい。

私たちも目の黒いうちは、ここに残る。

お前たちが、この家を出ても家長であることには

違いない。跡取りはお前たちだ。」

と頭を下げられたそうだ。

 

 

 

そして10年目に、めでたく別居。

 

 

おばさんは、2人の男の子に恵まれ

本当の子育ても経験した。

そして今は、主人には先立たれたものの

約束通り先祖代々の仏壇を守り

抹茶家をりっぱに受け継いでいる。

 

 


このブログの存在は
お義母さんもカヨコおばさんも知りません。
まさか自分たちのことを日本中、いや世界中に
勝手に発信している嫁がいるとは
ゆめゆめ思わないだろう(笑)

あ、ひょっとしてあそこのお宅のことかしら?
と心あたりがあっても
気づかないフリをしてください。
それが読者の試練です(願)

ささ、↓ランキングクリック↓は
思いっきりお願いします!

711bana

 

 

 

 

| | コメント (11)

2006年11月27日 (月)

人に歴史ありVol.3


  
  

人に歴史ありVol.2の続編です。

  
  

01_5  


02_6
 
03_5
 
04_5
 
05_4
 
06_4
 
07_4
 
08_4       
   

 

自分たちが、定年まで勤め上げたことは

お義母さんたちの誇りでもあるわけだが

こうした、カヨコおばさんの協力もあってのことだとは

小指の先も感じてないようだ。

 

 

 

幼いクリーム少年は、ずいぶん大切に扱われていたようだ。

そりゃあ、ケガでもさせようものなら

小姑たちからの攻撃がすごいことになるであろうことは

容易に想像がつく。

 

 

 

好評につき、もう少し

カヨコおばさんの嫁物語を

続けますね(笑)

 

 

 

 ささ、↓ランキングクリック↓
今日もよろしくお願いします!

711bana

 

 

 

| | コメント (10)

2006年11月26日 (日)

4コマ劇場(13)

 
  
  

お義母さんとおばさんのネタが続いたので

少々、息抜きします。

  
 
01_4
 
02_5
 
03_4
 
04_4

 

まだ大丈夫。

と、思った時点でもう忘れている(笑)

我が家の夫婦げんかの原因ナンバーワンです。

 

 

 

↓ランキングクリック↓いつもありがとうございます!

今日もよろしくお願いします。

711bana

 

 

 

 

 

| | コメント (12)

2006年11月25日 (土)

人に歴史ありVol.2

 

   
 
 

今日のお話は、昨日からの続きですが

昨日のお話は、その前のお話を読んでもらわないと

わかりにくいです。要するに…

 

 

 

 

毎日来ないと、おいてっちゃうからね!
  
  
  

 
あ、今日のお話は文字が多いです。

家事が途中のお母さんや宿題がまだ終わってない子は

ゆっくり読める様にそちらを片付けてから

出直して下さい(笑)

  
 

01_2

02_3

03_2

04_2

05_2

06_2

07_2

08_2

09_2

 

おばさんに言わせれば

お義母さんの辛抱が足りないらしい。

 

 

 

しかし本当に昔のお嫁さんは大変だったんだな、と思う。

嫁なんかは、無料の働き手みたいなもんで

家にあっては親に従い、嫁に行っては旦那に従い

老いては子に従うの通りだね。

 

10_2

11_2

12_2

13_2

 

この後、時代に翻弄され親のエゴで

数奇な運命をたどることとなるバニラクリーム少年は

家族も親戚もいとこもみんな「抹茶」の姓の中

私と結婚するまでは、たったひとりで「バニラ」の姓を

背負って生きてきたのだ。

 

 

 

 

 

ま、今ではバニラ人口が5人となり

その勢力は抹茶をも凌ぐ勢いである(嫁も強いしな。)

 

 

 

バニラクリーム少年の生い立ちもいろいろありますが

ブログでアップするかどうかはわかりません。

本人の了承があれば、いつの日か描いてみます。

 

 

 

 

 

 

その代わりと言ってなんですが

カヨコおばさんのグチにのせて

その後のお義母さんの小姑時代のお話は続きます。

 

 

 

 

 

 

ご苦労様でした〜
最後まで読んでくれてありがとう!
そして、最後のひと仕事、

↓ランキングクリック↓もポチっとね!

711bana

 

 

 

 

| | コメント (13) | トラックバック (2)

2006年11月24日 (金)

人に歴史ありVol.1

 

 
 

いよいよ、おばさんの手術が始まった。

看護師さんに「病室で待っていてください」と言われたので

まずは、病院のロビーにある自販機のコーヒーで一服。 


01_3

02_4

03_3

04_3

05_3

06_3

07_3

08_3

足音が聞こえないのよ

 

カヨコおばさんは、いつでも私のことを

気にかけてくれる。

「本当に私は苦労しましたからね。

ファッジさんには同じ思いをさせたくないから。

今なら私もお義姉さんたちと対等に話ができるからね。

困った時は我慢しないで、いつでも私に言ってね。」と

心強い。

 

 

 

親元を遠く離れて嫁いできた私に

カヨコおばさんは、実の母親のようにやさしい。

  

09_3

10_3

真実は小説より奇なり!

 

この後、若かりし頃のお義母さんの武勇伝を

カヨコおばさんから、聞く事になる。  

 

 

 

 

 

お義母さんの武勇伝「あー、私も聞きたい!」と言う方
↓ランキングクリック↓で、意思表示お願いします(笑)

711bana

 

 

 

 

| | コメント (21) | トラックバック (1)

2006年11月22日 (水)

後家トリオ参上!


  
  

いよいよ手術当日。

  
  

01a

02a

03a

04a

05a

06a

07a

08a

 

 

先日、ご紹介したカヨコおばさんについて

もう一度、おさらいしましょう。

 

 

09b

 

 

お義母さんは四人兄弟です。

2人の弟さんは、お義母さんをぬかして

すでに、他界されています。


さらに深く追求してみましょう。

 

 

 

10c

11c

12c

13c

14c

 

 

 

続く。

  
  
  
  
  

おばさんの手術は4時間の大手術でしたが
無事終了。意識も戻り、明後日からリハビリです。
ばたばたと忙し日が続きますが
更新がんばります!応援してね!

↓ランキングクリック↓
今日もよろしくお願いします!

711bana

 

 

| | コメント (14)

2006年11月20日 (月)

いよいよ手術


  
  

01a_2

02a_2

03a_2

04a_2

05a_2

06a_2

 

 

おばさんの手術予定日が明日に迫った。

貧血のひどいおばさんは

2日に分けて術前に大量の輸血をした。

そして今日から断食も始まる。

手術に備えて早めに入院し、体調を整えてきた。

 

 

 

不安を言い出すとキリがない。

先生を信頼するしかもうないのだ。

ケンとリュウにも

おばさんの緊張感が伝わっていると思う。

しかし、伝われば伝わるほど

あの2人がふざけるのはなんでだろう?

 

 

 

今回の手術は左膝に入れた人工関節が

横にぐらつくため痛みが生じてのものだ。

原因はわからない。

手術しなければ、どんどんひどくなるらしい。

 

 

 

平日なので手術の立ち会いは私と

おばさんの義姉になるカヨコおばさんだ。

 

 

07b

 

 

 

7人家族に新キャラ登場!?

 

 

 

私はここに嫁にきて

カヨコおばさんには、とてもお世話になっています。

これからもちょくちょく登場していただきますので

みなさん、お見知りおきを…

 

 

 

↓ランキングクリック↓
今日もよろしくお願いします!

711bana

 

 

 

| | コメント (9)

2006年11月19日 (日)

捨てられない世代

スポンサーリンク

  
  
  

お義母さんに電球が切れたので

交換してほしいと頼まれた。

 

   

Photo

2

3

4

5

6

7

10

 

 

お義母さんは、形あるものが捨てられない。

割れてたり、ひどく汚れてなければ

またいつか使う時がくると信じて(?)

きれいに仕舞っておく。 

 

 

   

切れた電球がもう使えない事はわかっていると思うが

新品となんら変わらないその姿を見ると

捨てるのを躊躇してしまうようだ。

 

 

 

 

私に手渡された電球は、もちろん切れてて

その後、いくつもX印のついた電球が出てきた。

 


11

12

14

 

 

 

 

 

百貨店の紙袋、包装紙、かけてあったリボンから
モロゾフのプリン容器やらプラスプーンやら割り箸など
キチンと箱に詰めて仕舞ってあるお義母さん。
本当にきれいに並べて仕舞ってあるので
捨てるのは忍びないです。
…もうしばらく取っておきますか。

↓ランキングクリック↓
今日もよろしくお願いします!

Bana1_2

 

 



スポンサーリンク

 

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2006年11月17日 (金)

メイの涙はどこへ?


  
  

01a_4

02a_4

 

 

 

今、メイの中学校はテスト週間だ。

今週末は中間テストがある。

テスト週間の間、部活動はないのだが

バスケットボール部だけは

新人大会で勝ち抜き、今週の日曜日は地区大会がある。

そのため、バスケット部だけは夜遅くまで

練習が続いた。

 

 

 

もちろん、だからといってテスト勉強も

しなくてはならない。

 

 

 

現在メイは反抗期もあって、

私があれしろこれしろと言うたびにけんかになる。

だから私もメイのことにはあまり口出ししなかった。

ところが、そのメイの目にいっぱいの涙だ。

 

 

 

事情を聞けば、バスケの練習がハードなうえに

テスト勉強もはかどっておらず

さらに合唱コンクールのピアノ伴奏

練習不足だと言うのだ。

 

 

03b

04b

 

 

楽譜を見る限りメイの実力で弾けない曲ではない。

まだ日があるからとさぼっていたのだ。

ところがここにきて

試合とテストとコンクールと時期が重なった。

もう、メイは事態の重大さにすっかりテンパっている。

 

 

 

私は担任に電話して事情を話した。

「じゃ、しばらくはカセット伴奏でコーラスは

練習しますから、大丈夫ですよ。

メイさんはテスト勉強を優先してください。」と

了解していただいた。

そして、いつもメイの通っているピアノの先生にも

臨時で練習時間を作ってもらった。

一人で手さぐりの練習より数段、進歩が早い。

 

 

 

よし、これで数日の猶予ができた。

メイ、バスケもテストもピアノもこの数日で

全部乗り越えるぞ!オーッと固く誓い合った。

 

 

 

ところが‥

 

 

 


05c

06c


 

 

 

ヽ(`Д´#)ノ ゴルァーーーー!!

なぜ、この貴重な時間に

おまえはギターを弾いてるのだ!?

 

 

 

人は追い込まれれば、追い込まれるほど

いらん事がしたくなるもんだ。しかし、

もう母の援護射撃はないぞっ!

キモによ〜く命じておけ!

 

 

 

↓ランキングクリック↓
今日もよろしくお願いします!

Bana1_2

 

 

| | コメント (14) | トラックバック (2)

2006年11月16日 (木)

自分のことは自分で。

      
  
  

おばさんが入院してからというもの

いかにお義母さんが

おばさんにいろいろと任せていたかが露呈した。

  
  
  
  

11151

11152

 

 

お義母さんは、自分のイメージと使い方が違うと

全て「難しい」となる。

 

 

 

11153

11154

11155

 

11156

 

11157  

11158

11159

 

 

 

こうして、私の仕事がジワジワと増えてくる。

 

 

 

しかしボケ防止のためにも

自分の事は自分で極力やってもらいたい。

まったく子育てと一緒で根気がいる。 

 

 

 


111510

 

 

 

また水風呂に入って

健康体に磨きをかけますか?

 

 

 

 


↓応援クリック↓いつもありがとうございます。
たくさんのランキングポイントから
みなさんの「がんばれ!」が聞こえてきます。
今日もよろしくお願いします!

Bana1_2

 

 

 

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2006年11月15日 (水)

お見舞い


  
  

01

02

03

04

05

06



  
  
  

おばさんの入院は今回で3回目だ。

まるでオリンピックのように4年おきに手術している。

最初の手術から、私は立ち合っているが

やはりおばさんもお義母さんも年をとった。

  
  
  
  

退院まであと45日。

 

 

 

↓応援クリック↓今日もお願いします!

Bana1_2

 

 

| | コメント (6)

2006年11月14日 (火)

一方…

 
  
  

01a_7

02a_6

03a_5

04a_5

 

 

我が家は2世帯住居なので

台所もトイレもお風呂も2つずつある。

お風呂の支度など大変なので

お義母さんに一緒にこっちのお風呂に入るように勧めたが

答えは「NO」だ。

 

 

 

お義母さんのきれい好きは何度も記事にしたが

お風呂に関してもたくさんエピソードはある。

 

 

 

ケンとリュウの出産を期に同居を始めたが

その頃は、お風呂がひとつしかなかった。

もちろんお義母さんが一番風呂で

その後、新生児のケンとリュウを入れた。

 

 

 

なんかの事情でケンとリュウが一番風呂になった時は

もう一度風呂を洗って湯を張り直さなければならなかった。

お義母さんは、家族といえど後風呂には絶対入らない。

 

 

 

ましてや銭湯や温泉など入るぐらいなら

死んだ方がマシっという人だ。

 

 

だから、お風呂は自分の好きな時間に好きなように

入りたいということで、おばさんのいない今も

別々になった。

ま、私もその方が気兼ねがなくていい。

 

 

 

05b

06b

07b_3

08b

 

 

 

あ〜そうきたかっ!

ただでさえ、関所だったのにさらに難関になっていた。

この生活も、これから50日続くのか…_| ̄|●

 

 

 

 

 

↓応援クリック↓今日もお願いします!

Bana1_2

 

 

 

 

| | コメント (9)

2006年11月13日 (月)

入院の朝


  
  

今日の記事は、昨日までのお話と前後します。

  
  
01_5
 
02_2  
 
03_2  
 
04_2
 
05_2    

06_2

07

 

 

この後、ダンナ、ケン、リュウと

別れの儀式は続いた(笑)

朝は、どうしてもバタバタしていて

納得のいくあいさつができたかどうか?

 

 

 

いよいよ怒濤の(?)入院生活が始まった。

 

 

 

病院の食事がまず過ぎる!と
さっそく不満が炸裂してるおばさんの闘病生活は
まだまだ続きます。
先週末はランキングポイントが20000ptマーク!

すーごーすーぎー!ありがとうございました!
↓応援クリック↓今日もお願いします!

Bana1_2

 

 

| | コメント (8)

2006年11月11日 (土)

305号室の謎


  
  

昨日のお話の続編です。 

  
  
 

01a

 

 

希望の部屋に入れなかったおばさんを

励ましながら入室。

しかし、病棟に来てすぐ私は305号室をチェックした。

確かに305号室は空っぽだった。

 

 

 

おばさんが着替えをすませ、体温を計っているうちに

私は部屋のあちこちに荷物を収納した。

もう、ここがおばさんの部屋だ。

しばらくしたら看護師さんが入院の説明に来た。

 

 

 

02b

03b

04b

05b

 

 

 

あやしい。何かを隠している。

 

 

 

06c

07c

08c

09c

 


 

 

患者さんは皆、東側に集められていた!

(*↑見取り図は北が下で書いてあります。)

 

 

 

看護師さんは、忙しいのだ。

患者はまとめて管理したいのだ。

隅々まで患者に目が配れるように

配慮された部屋割りなのだ。

患者の要求が通るのは、特別室か個室か大部屋かまでだ。

 

 

  
もっともだ。

 

 

おばさんに305号室の空きを教えれば、

必ず変えてくれと看護師さんに訴え続けるだろう。

無理やりかわったとして

その後、おばさんに看護師さんが冷たくなっては

看護師さんのケアが届きにくくなっては困る。

 

 

 

10d


 

 

このままでいいのだ。

 

 

 

看護師さん、50日間よろしくお願いします。
「これでいいのだ」と指示して下さる方は今日も
 
↓応援クリック↓お願いします!

Bana1_2

 

 

 

| | コメント (16)

2006年11月10日 (金)

入院速報!


  
  

今日のお話は4コマ劇場(12)の続きです。

  
 
  
 
  

01

02

03

04

05

06

 

 

 

私の調べでは305号室はその日
間違いなく空き部屋になっていた。
なぜ、おばさんは310号室なのか!? 

病院の知られざる真実が今、明かされる!
知りたい人は、更新応援クリックだっ! 
 
↓応援クリック↓はこれだっ!

Bana1_2

 

 

 

| | コメント (12)

2006年11月 9日 (木)

迷いの森


  
  

01a_2

 

 

 

リュウは5年3組だ。

6時間目の委員会活動で4年1組の教室を使ったらしい。

その時、ボンドやはさみを入れたビニール袋を

置いて来てしまった。

時計を見たら5時半だった。

「お母さんもついて来て」

と言われ、ケンと私と3人で学校へ行った。

  
  
  
  

ずいぶん暗くなっていた。

どこの入り口も鍵がかかっていたので

職員室から校舎に入れてもらった。

  
  
  

02b_2

03b_2

04b_2

05b_2

07b

08b

09b

10b

11b

  
  
   
  

私は、どこに4年1組があるかわからないので

リュウの後を何も考えずについて来た。

 

 

ケンに至っては

その存在理由さえ不明になった。

  
  
 
 
   

いつもの下駄箱のある校舎とは

反対側の職員室から入ったため、暗さも手伝って

ケンもリュウも方向音痴になってしまったらしい。

  
  
  
  
  
  
 

暗い校舎を行ったり来たりしていたら

4年生の先生に「何しているんですか?」と

声をかけられ、助かった。
  
  
   
  
  

夜の校舎は、とても不気味だったが、

ケンとリュウはなぜか楽しそうだった。

 

 

 

↓ランキングクリック↓今日もお願いします!

Bana1_2

 

 

| | コメント (8)

2006年11月 8日 (水)

4コマ劇場(12)


  
  

いよいよおばさんの入院の日が近づいてきた。

昨日も最後の定期検診に一緒に行った。

しかし、何やらおばさんが看護婦さんとモメている‥

  

  

01_2

02_2

03_2

04_2

 

 

 

おばさんは、ここの整形外科に入院するのは3回目だ。

おばさんの言う305号室は

陽の当たる一番奥の角にある個室だ。

景色もよく廊下を通る人も少ないお気に入りの部屋だ。

 

 

 

この部屋以外は絶対にいやだと、交渉していた。

ニコニコと笑顔で断る看護婦さんの横顔には

「ここはホテルじゃねーぞ!」

と書いてあった(笑)

 

 

 

家では、お義母さんのわがままぶりが目立つが

なんのなんのおばさんも負けてはいなかった。

 

 

 

そして、このまま置いて帰りたい心境のご家族の方は

看護婦さんがあきらめて立ち去るまで

廊下の角に隠れておりました(クワバラクワバラ)

 

 

 

 

昨日はこの辺りも突風がすごかったけど
北海道の竜巻はその比ではありませんね。

暖かい11月だと思っていたら
イキナリ冷え込でびっくり。

我が家では、急いでストーブを出し
はんてんを着ているばあちゃんの横で
半そでのケンとリュウがいるという
異様な室内状況になってしまった。

↓ランキングクリック↓今日もお願いします!

Bana1_2

 

 

| | コメント (7)

2006年11月 7日 (火)

1日のスタート


   
  

我が家は昔の家なので木戸が多い。

夕方には、お義母さんが雨戸を閉め始める。

暴風暴雨に関係なく、用心のために閉める。

私達の方はサッシなので雨戸を閉めなくてもと思うが

用心のため閉めろと言われる。

 
  
 
  
  

夜、閉めるということは、

朝,開けるというわけで、それが朝1番の仕事になる。

だいたい私が6時頃に全部の雨戸を開ける。

  
  
  

01a_3

 

 

 

以前は、おばさんの仕事だったが

骨折で、お義母さんの仕事になった。

しかし朝の弱い(9時起床)お義母さんは

3日で「めまいがする。」と言って雨戸開けを勇退した。

よって今では完全に私の仕事になった。

  
  
  

しかし、そのタイミングが難しい。

  
  
  
02b_3
 
03b_3  
04b_3

 

 

 

雨戸開けはリードしてもビハインドしても機嫌が悪い。

そう、時間なんか関係ない。

心の問題なのだ!?

 

 

 

05c

06c_2

07c_2

  

 

 

自分が雨戸を開けようと思った時が、

いつでも適正時刻なのだ。

その時に嫁が来て、さっと手伝うのが理想なのだ。

 

 

 

できる嫁はそんなことは、わかっている。

わかっているけど、やるわけない。

 

 

 

 

↓ランキングクリック↓今日もお願いします!

Bana1_2

 

 

 

 

| | コメント (9)

2006年11月 6日 (月)

独り占め


  
  

みんなでうどん屋さんへ行ったら

レジの横に昔風の駄菓子がたくさん売っていた。

どれもお義母さんたちの好きそうなお菓子だったので

お土産にひと袋買って行った。

  
  

01_3

02_3

03_3

04_3

05_2

06_2



 

 

 

忘れてないよ、このばあさん(瀑)

 

 

 

ケンとリュウのけんかの原因は

ひとつしかない物の取り合いが多い。

双子だから、しょうがないと思っていたが

 

 

どうやら血筋だ。

 

 

 

お義母さんが、どこにしまったか思い出すのは

おばさんが入院してからか?

 

 

 

↓ランキングクリック↓お願いしま〜す!

Bana1_2

 

 

 

| | コメント (8)

2006年11月 5日 (日)

鎮圧


  
  

 

01a_4

02a

03a

04a

05a

 

 

 

もう、この後どんどん泥沼化し

時間はないわ、リュウの怒りは納まらないわで

格闘すこと約10分(長かった…_| ̄|●)

 

 

 

06b

 

 

 

もう、何がなんだかわからないうちに

デスノート7巻と8巻購入条件で解放された。

 

 

 

まんが「デスノート」は我が家でも

遅らばせながらブームになっていて

1〜6巻まで揃っている。

もちろんメイは大喜びだな。

 

 

 

しかし、その顛末に私の怒りはおさまらない。

イライラしながら、玄関に向かうとケンがいた。

 

 

 


07c_3

 

 

 

ケンなりに考えて、少ないおこずかいの中から

500円を私に差し出した。

 

 

 

すーっと、自分のイライラがおさまるのがわかった。

お金の問題ではないが

ケンの気持ちを受け取ることにした。

 

 

 

デスノートはおもしろいなぁ‥
↓ランキングクリック↓今日もお願いします!

Bana1_2

 

 

| | コメント (8)

2006年11月 3日 (金)

おばさんの入院


  

 
1131
 
1132

 

 

 

10月に予定していたおばさんの左膝の手術は

上腕骨折と貧血で1ヶ月延期になっていた。

おばさんに言わせると

「骨折の痛さも太い鉄剤の注射も

膝の痛みの比べれば、全然痛くない」とのこただった。

まさに待ちに待った手術だ。

 

 

 

最近は寒さも加わり、一層つらそうだった。

 

 

 

1133

1134

1135

1136

1137

1138

 

 

 

色々な思いが交錯する。

おばさんは、ここに来て手術に怯え始めた。

当たり前だ。

全身麻酔のうえ、リハビリ期間も入れて50日間だ。

前回の手術でも30センチほどの執刀痕がある。

 

 

 

怖い、寂しい、不安、など様々な心配がある。

78歳には体力的にもつらいことになるだろう。

弱音を吐くおばさんに

私の返答は少々きついかもしれない。

しかし、そのままにしていても回復しないどころか

最後には、膝がくだけてしまうのだ。

 

 

 

これ以上手術を延期しても、いいことはひとつもない。

 

 

 

おばさんの不安は、よくわかっている。

応援もするしお見舞いにも行く。家族みんながついている。

ぜひ、がんばってほしい。

 

 

 

それよりも、私の不安は

1133


この人の話相手とか、叱られ役とかは

誰が引き受けるのかっていうことだ。

一緒に連れて行ってくれると

ずいぶん精神的負担が軽減されるんですが…。

 

 

 

「それはオレがKUWATAだから」もいいね(笑)
↓ランキングクリック↓今日もお願いします!

Bana1_2

 

 

 

| | コメント (12)

2006年11月 1日 (水)

調理実習


 
  

01a_5

02a_2

 

 

 

いきなりリュウが登校拒否宣言をした。

よくよく聞くと今日は家庭科で調理実習があるらしい。

作るのはゆで卵と温野菜のサラダ。

材料を聞いただけで、リュウはドン引きだったらしい。

 

 

 

好き嫌いの多いリュウは本当に食べ物が弱点だ。

給食でもずいぶん大目に見てもらっている。

 

 

 

03b_4

04b_4

05b_3

 

 

 

先日もダンナとイジメについて話し合ったが

いじめられる子についての話で盛り上がった。

なにかしら人は弱点があって

その弱点がイジメの対象になることが多い。

 

 

しかし、人間だれしも努力をすれば

弱点が克服できるとは限らない。

じゃあ、そういう時はどうすればいいのか?

 

 

 

開き直ればいい。


 

弱点を隠すから、ヒソヒソと影で言われるのだ。

逆に善良な人達までも、触れてはいけないかと

腫れ物をさわるようになる。

 

 

いい例がズラだ。

 

 

 

勇気はいるが、「これズラなんだ」と

カミングアウトすれば、怖いものなしだ。

女性社員からも「あった方がかっこいいですよ」

なんて正直に言ってもらえれば、心強い。

 

 

 

部下から痛々しい目で見られた時などは

「最近のカツラはいいぞ、君もこの感じでは

てっぺんが危ないな。

その時はいつでも相談にのってやるからな。ははは。」

…という上司の方が部下も慕ってくると思う。

 

 

 

ダンナは2歳の時に両親が離婚している。

小学校や多感な時期、それを隠すことはしなかった。

同じクラスにもう一人同じ境遇の男の子がいたが

その子は<お父さんがいない>ことを言われると

よく泣いていたらしい。

しかし泣くと

 

  

腫れ物になるか

いじめられるかどっちかだ。

 

 

 

ダンナは、自分は何も悪くないのに

なんで泣くのだろうと思っていたし

ましてそれを隠す必要など全然なかった、と言う。

逆に先に言っておいた方が楽だとさえ言っていた。

 

 

 

それを思い出し、その話をリュウに伝えた。そして

「先に班のみんなに言いなよ。

作るのはいいけど、食べるのはダメなんだ、って。

努力はするけど、残したらごめんって。」

言うのは勇気がいるけど、正直に言えば

みんなわかってくれると思うよ。

 

 

 

隠れたり、黙っていたらみんな勝手なことを

言うから、その方がつらいことになるよ。

 

 

 

06c_3

07c_4

08c_2

09c_2

 

 

 

なんとか1時間目の授業には間に合うように登校した。

私はあんなことは言ったものの、正直どきどきで

1日中、落ち着かなかった。

みんなにちゃんと言えただろうか?

非難されてはいないだろうか?

 

 

 

そしていつも通りの時間に、

ケンもリュウも元気よく帰って来た(ホッ)。

さっそく、リュウに調理実習の話を聞いてみると

 

 

 

10d_2

 

 

 

と、班内で需要と供給が一致したそうだ。

めでたしめでたし(?)

 

 

 

 


弱点はだれにでもあるよね。
↓ランキングクリック↓今日もお願いします!

Bana1_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (15)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »