« わかってらっしゃる | トップページ | 初登校 »

2007年1月10日 (水)

ババシャツ秘話

  
  
  
  

1101_1

 
  
  

お義母さんの名誉のために先に言っておくが

お義母さんは市役所を定年まで勤め上げ

退職金も年金もなに不自由なくもらっている。

肌着の1枚も買えないような人ではない。


 
  
 

そのお義母さんの着ている肌着はボロボロだ。

みごとにあちこちが繕ってある。

しかもそれは、とても丁寧に細かく手縫いされている。

ある意味、芸術品に近い魂みたいなものさえ感じる。

  
  
  
  

1102

  
  
  
  

お義母さんが、タンスの中の肌着を確認しながら

話し始めた。

  
  
  
  
  

子供を3人育てるのは、並大抵のことじゃないのよ。

それこそ、3人を大学までいかせれば

その後、親には自由になるお金なんか一銭も残らないわよ。

今でこそファッジさんも

踊り子のような下着(←レースのキャミのことか!?)を

着てるけど、年を取るとそんな下着じゃだめよ。

  
  
  
  

その時には、この引き出しを覚えておいてね。

この中に新しい下着がたくさんあるから。

これは、あなたが年をとってから着ればいいのよ。


 

私は、着古したやわらかい肌着が好きなの。

新しい肌着は全部ファッジさんが着なさいね。

 

 

 

1103_1

 

 

 

ちょ、ちょっと!

ババシャツ10枚より

そっちの方がずっといいから!

それ、そのまま入れておいてーーっ!

 

 

お義母さんのお気持ちはとてもありがたいのだが

やはり、年寄りこそいい物を着ていてほしい。

ババシャツはお気持ちだけで、

現金は現物だけで結構です(瀑)

 

 

そこのあなた!踊り子のような下着じゃ風邪ひくぞ!
↓ランキングクリック↓(ハ…ハックション!)
今日もよろしくお願いします!

Ranking_1

 

 

 

 

|

« わかってらっしゃる | トップページ | 初登校 »