« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

あの人のその後…

  
  
  

3311

  
  
  

電話口でおばさんが叫んでいた。

どうやらあのターちゃんが、まだ入院していないそうだ。

カレンダーを見れば、

今日はターちゃんが内科に診察予約をとった日だ。

診察を受けたら、すぐ入院のはずだ。

そのターちゃんが

「朝から何も食べていない…」

と夕方に電話をよこしたのだ。

 
  
 

案の定、私はおばさんを乗せておじさんのところへ走った。

「カステラが食べたい。」と言うので、途中のお店で

カステラとバナナとペットボトルのお茶を買って向かった。

 
  
  
  

しかし…


  
  

3312

 

 

 

どうやら、先週おばさんの電話をうけて

娘さんがいろいろと支度をしていったようだ。

腎臓の悪い父親の身体を配慮した献立が

いく種類か冷蔵庫に作り置きがしてあった。

そういえば、部屋もきれいに片づいている。

 

 

 

3313

 

 

 

どうやら、息子さんも来たようだ。

中を見せてもらったら着替えやタオル、身の回りの物が

几帳面に袋分けして、整然と詰め込んであった。

男性が支度したとは思えないほどの気配りを感じた。

 

 

 

おばさん:なんで今日入院しなかったの?

おじさん:病院は明日。

おばさん:診察の予約は今日よ。今日は行ったの?

おじさん:今日じゃないよ、明日だよ。

おばさん:日を変えたの?予約をとったのは今日よ。

おじさん:今日じゃないよ、明日だよ。

 

 

 

…どうやら、おじさんは日を間違えたいたらしい。

おばさんが何度も今日が20日だと言っても

おじさんは19日だと言ってきかない。

私が郵便受けに残っていた今日の新聞を持ってきて見せると

ようやく今日が20日だと認めた。

 

 

 

3314

 

 

 

理由はわからないが、

おじさんは、入院がしたくないのだと感じた。

娘や息子だって、離れていて面倒がみられないなら

入院していてくれた方が安心だ。

しかもおじさんは困った時に

おばさんに電話をかけてくるのも変な話だ。

 

 

 

当初、親不孝な子供たちと思っていたが

にわかに違う匂いが漂ってきた。

 

 

…続く。

 

 

 

この後、私にとんでもない電話がかかってくる。
「あ〜聞かせて聞かせてその中身」っていうあなた
↓人気blogランキング↓今日もお願いします!

Ranking_1

 

 

 

 

| | トラックバック (0)

2007年3月30日 (金)

おまけ〜保育園時代〜

  
 
  
 

昨日までのお話のおまけはケンとリュウの保育園時代。 

  

3301

 

 

 

 

この春から入園というお母さんもいらっしゃるかと

不安をあおる、こんな1年間を紹介。

 

 

やだやだも最初の1ヶ月と先生に励まされながら

結局1年間、ケンとリュウは抱えて登園した。

毎日毎日泣く方も泣く方だが

連れて来る方も連れてくる方だ。

 

 

 

それでも2年目からは普通に通えたのでご安心を。

ママ友が

「うちの子、幼稚園に行きたい日と行きたくない日があって

不安定なの。心配だわ。」と言っていたので

 

 

 

そういった意味ではうちの子たちは安定してる。

だって毎日行きたくないんだもん。

と、自分で自分を励ましたあの頃…(遠い目)

 

 

 

ケンとリュウはその頃の記憶があいまいで
私の苦労は、今となってはなんだったんだって感じです。
いやがる登園を強制するのは、
成長過程であまり影響はなさそうなので(たぶん)
がんがん登園させましょう!

↓人気blogランキング↓今日もクリックお願いします!

Photo_12

| | トラックバック (0)

2007年3月29日 (木)

お姉ちゃん誕生!

  
  
  

3291

 

 

全てが終わりストレッチャーで

部屋まで運ばれる間にジワジワと幸せがこみ上げてくる。

 

 

3292

 

 

メイの時はなかなか産まれなくて

病院と会社を何度も往復したダンナは

結局、メイが産まれた時は会社にいた。

そして、ケンの時は早く産まれすぎて間に合わなかった。

そういった意味では

ダンナの到着を待って産まれてきたリュウは孝行モノかも(笑)

 

 

 

3293

詳しくはこちら

 

 

そして翌日は、約束通り

姑シスターズとメイとシュークリームがやってきた。

 

 

 

3295

 

 

 

そういえば、メイが産まれてから24時間いつも一緒だった。

こんなんに(2日)メイと離れていたのは初めてだった。

 

 

 

いつも振り回されながら子育てを必死でやってきた。

メイのことは自分が一番よく知っていると自負していた。

しかし、そこにいるメイは私の知らないメイだった。

 

 

 

何かと一生懸命戦いながら

必死でお姉ちゃんになろうとしているメイだった。

双子の誕生は同時にお姉ちゃんの誕生でもあった。

 

 

 

いろんな思いが頭を巡って

メイがしっかりと「バイバイ」と去って行った後も

私はしばらく涙が止まらなかった。

 

 

 

最後までおつき合いいただきありがとうございました!
このシリーズは完結します。
やはりこんなにたくさんの宝物を手に入れると
怖いモノなしです。

「母は強し」って、当たり前ですね〜。

ランキング急上昇!ありがとうございます!(さらに泣く!)
↓人気blogランキング↓今日もクリックお願いします!

Photo_12 


| | トラックバック (1)

2007年3月28日 (水)

いつもありがとうございます!

  
  
  

本日、多忙のため更新ありません。

昨日の続きは、また明日にでも更新できるといいなと

思ってます。

  
  
  
  

…というわけで

人気blogランキングのクリックボタンは

しまっておきます。 

3281_2


 

あら、そんないいですよ。

お忙しい中、せっかく来ていただいたのに

更新してないんですから…

  

え?そうですか?
  


 

じゃ、お言葉に甘えてここに置いておきます。
更新パラノイアに奇跡の一票を!
↓人気blogランキング↓いつもありがとう!

Ranking_1

| | トラックバック (0)

2007年3月27日 (火)

リュウの誕生!

  
   
   

今日のお話は昨日の続きです。

 
  
  

ケンをつるんと産んだ後は

まるで全てが終わったかのように静かになってしまった。

  
  
  

3271

 

 

 

陣痛を待ったが、全くくる気配がなかったので

先生が人工的に陣痛をおこす方法にでた。

あくまで出産は自然にとこだわっていた私だが

この場合、仕方がない。

薬でも注射でもやってもらいましょう、と覚悟した。

  



しかし、その方法は

 

 

 

3272

 

 

 

先生のゴッドハンドによってケンに遅れること2時間。

無事にリュウが産まれた。

 

 

 

3273

 

 

 

最後に産まれてきたのは

先生も見たことがないと絶賛した巨大胎盤だった。

産みごたえとしては間違いなく3人目だった。

 

 

 

 

一卵性双生児はひとつの胎盤を共有するので

それなりにりっぱなモノだったらしい。

しかし、今回の出産で何が驚いたかって

先生も看護師さんも家族も私自身もびっくりしたのは…

 

 

 

ケン2510g Σ(O_O;)

リュウ3100g ( -`Д´-;A)

で保育器いらずだったことだ。

 

 

 

…もう少し続く!

 

 

 

やっぱり幸せもずっしり重い!

更新の励みになります。
↓人気blogランキング↓クリックお願いします!

Photo_12 

 

| | トラックバック (0)

2007年3月26日 (月)

ケンの誕生!

  
  
  

今日のお話は双子誕生!の続きです。

お急ぎでなければ昨日のサイドストーリーもぜひ読んでね!

 
  
  
  
  

3261

 

 

…ということだった。

だから、私の中で憧れの女性は

由美かおるの次に

経産婦がインプットされていた。

 

 

 

そして私は陣痛の開始とともに姉と一緒に病院に向かった。

 

 

 

3262_1

 

 

 

初めての時と比べると

陣痛の間隔か縮まってきても、そんなにつらくなかった。

しかし初産の36時間を考えると

「今日中に生まれればいいな。」ぐらいに思っていた。

 

 

 

ところが2時間過ぎたあたりで…

 

 

 


3263

 

 

 

メイの時は、たしか浣腸とかの準備もあったのに

(そうそう、浣腸の後からどんどんつらくなったんだ!)

身体も心も準備のないまま分娩室へ移動になった。

 

 

 

しかも!

 

 

 

3264

 

 

 

びっくりした。

メイの時はいきみがきた時、それを逃すのが大変だった。

(出産マニアな話になって、すまん。わかる人はわかる。)

しかし、今回は1回目のビッグウエーブに乗って出産は完了。

しかも何?この快感

 

 

 

3266

 

 

 

…続く!

 

 

 

更新の励みになります。
↓人気blogランキング↓クリックお願いします!

Photo_12 

 

 

 

| | トラックバック (1)

2007年3月25日 (日)

双子誕生!〜サイドストーリー〜

  
  
 

本日のお話は昨日のサイドストーリーです。

  
  

いよいよ入院になった。

それまでメイと私は私の実家で過ごし

ダンナはマンションで一人暮らしだったが

私の入院と同時にダンナとメイは

ダンナの実家へ行くことになった。

  
  
  
  

しかし…

 
  
  
  

3251

 

 

 

毎日、この状態だったそうだ。

私が無事出産を終え、退院するたった1週間の間で

ダンナは…

 

 

 

3252

 

 

 

ちょうどその頃バブル崩壊後で、得意先が不渡りを出し

ダンナは、公私ともに精神的ダメージを受けていたようだ。

 

 

 

双子誕生のためにがんばったのはやはり私だけでなく

ダンナも姑シスターズもメイも、そして私の実家の家族も

とにかく本当にたくさんの人たちの協力があって

のことだったと思う。

そして、そのみんなで家族が増える喜びを

分かち合える中心に自分がいる幸せは、もう言葉にならない。

 

 

 

 

まだまだ続くよ!
人気blogランキング↓クリック↓お願いします!

Photo_12 

 

| | トラックバック (7)

2007年3月24日 (土)

双子誕生!

  
   
  
  

3241_1

  
  
  

メイも2才を過ぎ、子育ても日常化し始めた頃

次の妊娠がわかった。

しかも、一卵性双生児だということもわかった。

  
  
  
  
  

まだまだメイにも手がかかりノイローゼ気味ではあった。

しかし私はうすうす気がついていた。

  
  
  
  
 

3242_1

 

 

 

その頃はよく近所のまま友達と集まっては

ワイワイと遊んでいた。

家に帰ってメイと1対1より精神的にもずっと楽だったし

メイもお友達がいた方がずっと手がかからなかった。

 

 

 

そして、その環境が兄弟の出現によって

自給自足になるのだ!

 

 

 

…と、本気で信じていた。

しかも下の子のお守りはメイがやってくれると思っていた。

 

 

 

たくさんの誤解と思いこみと幸せを腹にかかえて

私の2回目の妊娠生活が始まった。

メイの時はまだ仕事をしていたせいもあってか

十月十日は早かった。

しかし、今回は長い。とてもとても長く苦しかった。

 

 

 

3243

 

 

 

と、ゲロはきながらお散歩したし、

 

 

 

 

3244

 

 

7ヶ月を過ぎたあたりで、おなかの大きさは

臨月以上になり始め、その重さたるや相当のものだった。

 

 

 

双子といえば、一番心配されるのが早産だ。

しかし、周りの心配をよそに健康だけがとりえの私は

大きなトラブルもなく

早産どころか予定日を過ぎても陣痛が始まらなかった。

 

 

 

そして11年前の3月22日の早朝…
 

3245

 

 

陣痛が始まった。

その時はついに2人に会える日がきた喜びと

この重い重い身体から解放される喜びで胸がいっぱいになった。

 

 

 

本当にその痛みは幸せな幸せな甘い痛みだった(続く)

 

 

 

あれ?笑うとこなかった?
え〜と、…続いてもいいかしら?
よかったら人気blogランキング↓クリック↓お願いします!

Photo_12 

 

 

  





| | トラックバック (0)

2007年3月23日 (金)

誕生日

  
  
  

昨日、3月22日は「双子の日」。

って、言うのは大嘘でケンとリュウの誕生日だった。

  
   
  
  

3231

 

 

 

え〜っ!?

なんか11才になって、ますます理屈っぽくなってきたぞ。

誰かにそっくり。

 

 

 

3232

 

 

 

と、ここで

「誕生日は一緒だけど2時間違い 」

のフレーズにまんまと反応した読者の方がいるのでは?

 

 

 

ふふふ、これぞ

自然分娩のなせる技。

(嗚呼、おそろしや〜!たたりじゃ〜!)

 

 

 

ケンとリュウの誕生物語、興味のある方
ぜひ、↓クリック↓お願いします!

Photo_12

| | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

行商みかん

  
  
  

3221

 

 

 

毎月、軽トラでみかん売りが来る。

お義母さんはシーズン中、せっせとみかんを買う。

しかし、このみかん

市場に出せなかった余りのみかんじゃないかと

疑いたくなるほどまずい。

売りに来るのは中年の夫婦で、悪そうな人じゃない。

 

 

 

3222

 

 

おばさんの意志も確認したことだし

これはもうきっぱりとお義母さんに言わねば!

(きっぱりと言っても、↓この程度…)

 

 

3223_1

 

 

 

どんな理屈じゃ〜!
私だってデコポン食べたい。
↓人気blogランキング↓今日もお願いします!

Ranking_1

 

| | トラックバック (1)

2007年3月21日 (水)

介護哲学?

  
  
   

3211

   
  
  
  

前回、話題にのぼった介護について

ダンナなりに考えたそうだ。

…酒飲みながら…

 

 

  
3212  

3213

3214

 

 

相手が子供では

ただただ年を取るだけだ。

この普遍的心理を成立させるためには

年老いてもなお魅力的な

男性や女性でないといけない。

要するにジジババになっても

そのための切磋琢磨は続く。

 

 

3215

3216

 

 

3217

 


↓人気ブログランキング応援クリックしてね!

220_2

 

| | コメント (12) | トラックバック (2)

2007年3月20日 (火)

我慢包囲網

  
  
  

3191_1

 

 

 

 

とか

 

 

 

 

3192

 

 

 

 

とか

 

 

 

 

3193

 

 

 

 

 

など。

最近、おばさんの耳が激しく遠い。

 

 

 

 

3194

 

 

 

 

少しは、考えてくれるみたいです(笑)

 

 

 

 
求む!補聴器情報。
↓人気blogランキング↓今日もお願いします!

Ranking_1

 

| | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月)

弱点

  
  
  
  

3191

 

 

 

 

 

あぶねーあぶねー
もう少しでひっかかるとこだった。
↓人気blogランキング↓今日もお願いします!

Ranking_1

 

 

私のブログはみなさんからのコメントがついて
とても成長していきます。
本当にコメントやメールには感謝しています!
ありがとうございます。
そして恒例となってますが返事が遅くなってます。
…ごめんなちゃいね。



| | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

おまけ〜サイドストーリー〜

  
  
  

昨日の記事で

 

「介護の仕事は女の仕事」と

言ってはばからないお義母さん。

 

それをリトマス試験紙にして

私はダンナに聞いてみた。

  
  
  
  

3171

3172

3173

3174

3175

 

 

 

3176

 

 

 

3177

 

 

3178

 

 

↓人気ブログランキング応援クリックしてね!

220_2

 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

本音が出たな。

  
   
  
  

今日の記事は

「重いな。」 「長いな。」 「泣くな。」

の続きです。

 
   
   
  

34

35

 

 

36

 

 

あまり語らないおじさんだが

おばさんがマシンガン話法でいろいろ聞き出した。 

 

 

 

 

 

 

おじさんは定年まで学校の先生をしていた。

厳しくて真面目を絵に描いたような

父親だったそうだ。

娘も先生になったが長男と結婚したため、

嫁ぎ先では、嫁として母として教員として

忙しい毎日を送っているらしい。

「娘には娘の生活がある。」

とおじさんは言う。

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ息子はというと

年は私と同じくらいで現在独身だ。

優等生だった姉と比べると

やんちゃで自由奔放らしい。

近くに住んでいるが、

昔からおじさんとは折り合いが悪く

ほとんど連絡はとってないらしい。 

 

 

 

 

おじさんを送り届けて自宅に戻ると、さっそく…

 

 

 

37

 

 

38

 

 

39

40

 

 

 

お義母さん節が炸裂した。 

 

 

本音だと思う。

ツッコミどころは満載だが

どうか読者の皆さん、落ち着いて。

私からもよく言っておきますから。

ここはどうぞ穏便にお願いします。 

 

 

 

 

 

 

で、結局お義母さんの言うとおり

隣の市に住む娘さんにまず電話した。

 

 

 

41

4243

 

 

娘さんは、恐縮しきりだった。

おじさんからは

やはりなんの連絡もなかったそうだ。

お正月に会って以来だそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

おばさんは

「頼んだわよ。大丈夫ね?」っと

確認して電話を切った。

 
 

 

それぞれの立場や考え方がある。

おじさんが、電話番号を教えてくれたのは

自分の本意ではなかったかもしれない。

愛娘を嫁がせ、妻を看取り、そして息子との確執。

いつしか一人生きていこうと

決めていたかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、その男のロマンも

おせっかい義親子(私とおばさん)によって

すっかり崩された。

 

 

 

 

 

 

 

人が老いるのは、当たり前のことなのだが

若いうちからその覚悟はない。

私もこんな機会でもないと、じっくりとは

向き合えなかったと思う。 

 

 

 

 

 

 

長々と描きましたが

最後までおつき合いいただき

ありがとうございました。

その後のおじさんの様子も機会があれば報告します。

 

 

 

 

↓人気ブログランキング応援クリックしてね!

220_2

 

 



| | トラックバック (0)

2007年3月16日 (金)

泣くな。

 
  
  

今日の記事は「重いな。」「長いな。」の続きです。

  
  
  

30

31

32

33

 

 

 

 

おじさんが連れて行ってほしいと言ったのは

整形外科だった。

以前、足首の手術をしてもらった先生に

もう一度診てもらいたいとのことだった。 

 

 

 

 

 

 

診察の順番は一番最後だった。

先生は、おじさんの足を観るとすぐ首を横に振って

「これは腎臓です。内科へ行ってください。」

と言った。

靴下をぬいだおじさんの足は膝から下が腫れ上がり

足の指は紫色に変色していた。

 

 

 

 

 

 

 

ここまでくるのに長い時間がかかったが

診察は1分となかった。

先生は最後に、もう一度言った。

「すぐ内科を受診してください。

もちろん入院になります。」 

 

 

 

 

 

 

おじさんが少しでも楽になればと思って来たが

何も収穫はなかった。

 

 

 

25

26

27

28

29

 

 

291

 

 

 

付き添いとしては、出番のなかったおばさんだが

ついに出番がやってきた!

行け〜!GO!GO!おばさんっ!

 

 

(つづく)

 

 

 

↓人気ブログランキング応援クリックしてね!

220_2

| | トラックバック (2)

2007年3月15日 (木)

長いな。

  
  
  

今日のお話は、昨日の「重いな。」の続編です。

  
  
  

11

12

13

 

 

私は引き受けた事の大きさを痛感し始めた。

おばさんを先頭に、秘境探検隊のように

奥へ進んで行った。

「ターちゃ〜ん、ターちゃ〜ん!」と

おばさんが呼ぶも返事はない。
 

 

玄関から3部屋目のドアを開けたら…

 

 

14

15

16

17

 

 

18

 

 

 

おばさんは、その後もいろいろ話かけていたが

「ん。」

と、おじさんは答えるだけだった。

 

 

 

19

20

 

 

21

 

 

 

おじさんは下がパジャマのままだった。

おばさんも足が悪いので何もできず

指示だけが飛ぶ。

「今日は寒いわよ。ズボンはどこにあるの?

タンスの中?タンスはどこ?」  

 

 

 

 

おじさんは、おばさんを無視して

ベッドにかけてあるズボンを「ん。」と言って

指をさした。

おばさんは

「ちょっと、私も足が痛くなっちゃったから

こっちで腰掛けてるわね。

ファッジさん、あとお願い。」

そう言って、出て行ってしまった。 

 

 

 

 

 

 

私は、知らない男性のズボンなど

脱がせたことがない。

もう、この時点で帰りたくなった。

しかし、もう引き返せない(泣)

 

 

 

22

23

 

 

24

 

 

 

そんなに勢いよく下ろしたつもりはないが

立っているだけでやっとだったおじさんが

ふらついたと同時に叫び声を上げた。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、これで私のモヤモヤが吹っ飛んだ。

「大丈夫ですか?ごめんなさいね、

そっとやりますね。」

 

 

 

「ん。」

 

 

 

これから、長い長い病院への道のりが始まる

 

 

(つづく)

 

 

 

 

↓人気ブログランキング応援クリックしてね!

220_2

 

| | コメント (18) | トラックバック (1)

2007年3月14日 (水)

重いな。

 

 

 

 

 

1_2

2

3

4

5

 
 
 
 

6

  
 

7

 
 
 
 

8

 
 
 
 

おばさんは大きくうなずいてターちゃんに

「病院にうちのママが連れて行ってくれるって。

行く?」

 
 
 

 
電話が終わったおばさんが

「病院に行こうと言ったら

ターちゃんの声が元気になったわ。

ありがとうね。ファッジさん。本当にいいの?」

 
 
 
 

ターちゃんは、お義母さんたちのいとこで

おばさんより3つ年下の75才の一人暮らしだ。

奥さんに先立たれ、娘は嫁ぎ息子も家を出ているそうだ。

なぜ、娘や息子に電話をかけないで

おばさんにかけてきたかはわからないが事情はありそうだ。

 
 
 
私も2度ほど会ったことがあるが、

おじさんの顔もはっきりと思い出せないほどの関わりだ。

えらそうに引き受けたものの

時間とともに内心穏やかでなくなってきた。

 
 
 

9

10

 
 
 

そして次の日、おばさんとともに

ターちゃんの家へ向かったが

 
 

(つづく)

 

 

↓人気ブログランキング応援クリックしてね!

220_2

 

 


| | コメント (16) | トラックバック (2)

2007年3月13日 (火)

本日の牡牛座

  
   
   

3131

  
  
  
  

人の失敗は、3日間くらい話題にされるからね|||||_| ̄|●|||||

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ お ま け ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

宿題になっていた20キロ歩行の感想文。

リュウの感想文をのぞいてみたがその一部をちらっと紹介。


3132_2

 

 

 

 

持ち上げて、落とす。
う〜ん、ケンもリュウも5年生のいい思い出はできたのか?
このまま6年生になって大丈夫か??

↓人気blogランキング↓クリックお願いします!

Ranking_1

 

 

| | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

記念行事

  
  
   

3121

 

 

 

20キロ歩行とは、市内を流れる大きな川の川岸を

海に向かって20キロ歩くというものだ。

去年、メイの卒業記念行事としても敢行された。

詳しくはこちら→GO!

 

 

 

今年は、5年生の思い出作りとして20キロ歩行をする。

 

 

 

3122

 

 

 

とにかく、根性とか鍛錬とかは

縁もゆかりもない2人だ。

 

 

 

3123

 

 

 

完全にケンとリュウは他人事のようだ。

そして、いよいよその日が先週末にやってきた。

当日はこの上ない上天気だった。

すんなりとでかけた2人だが

さすがに心配になって帰宅時間を見計らって

学校へ行ってみた。

 

 

するとケンの担任が、私を見つけて駆け寄ってきた!

 

 

 

3125

 

 

 

耳を疑った!ワン・ツーフィニッシュぅ!?

ま、とにかくとにかく最後まで無事に歩いたらしい。

たしかに、メイの時と違って2人とも

ケロリとした顔で帰ってきた。

 

 

そしてさっそく土日の宿題は、

20キロ歩行の感想文を書いてくることだった。

しかし…



 

3126

 

子育てはまだまだ続く…

 

 

 

更新の励みになります。
↓人気blogランキング↓クリックお願いします!

Ranking_1

 

| | トラックバック (3)

2007年3月11日 (日)

嫁の中の嫁。

  
  
   

3111

 

 

お義母さんは以前、電子レンジで3分温めるところ

3時間にタイマーをセットして炭を作ったことがある。

元が何だったかは判別不能。

 

 


3112

 

 

 

お義母さんは、たとえそれが役に立たなくても

形ある物はなかなか捨てられない。

いつもぴかぴかに磨かれていたその電子レンジは

知らない人が見ると新品かと見間違うくらいだ。

しかし、これは私の花嫁道具でかれこれ15年モノだ。

原価償却したことは間違いない。

 

 

 

3113

 

 

 

 

 

あー、例えが昭和のうえ

ひねりをいれたから、ますますわかりずらいか…|||||_| ̄|●|||||

 

 

 

そんな時、カヨコおばさんが遊びに来た!

カヨコおばさんを知らない人は→GO!

 

 

 

 

 

3115

 

 

 

…と、今日もお義母さんはご機嫌です。

 

 

 

 

カヨコおばさんが帰り際に
「ファッジさんがここのお嫁さんでよかったわ。」と
言われました。
クィーン・オブ・ザ・ヨメからお墨付きをいただいたわけだが
あまりうれしくないのは、なぜ!?

人気blogランキングだだ下がり(泣)。
帰り際には励まし↓クリック↓お願いします!

Ranking_1

 

| | トラックバック (1)

2007年3月 9日 (金)

うそ

  
  
  

お義母さんは、月に1回かかりつけの病院に通っている。

予約日時が決まっているが、

毎回なんだかんだ言ってはバックれる。

大切な血圧の薬を処方してもらっているので

今月の予約日も私が一人で病院に出かけるはめになった。

 
   
  

391

 

 

 

やはり、物忘れは緩やかに進行している。

特に生活を共にしているおばさんは痛感しているらしい。

その旨を主治医に話した。

 

 

 

392

 

 

 

以前、このブログの読者の方から

「最近は認知症をおくらせる薬がある」と

いくつかのコメントをいただいていた。

しかし、実際に受け取ると

この薬をどうやってお義母さんに飲ませればいいのか

困ってしまった。

 

 

 

393

 

 

 

やはり、ここは生まれてこのかた寝食を共にしてきた

おばさんに頼むしかないだろう。

私は、まるで裏ルートで手に入れた薬の売人のように

「イチニチヒトツブ。オーケー?」と渡した。

 

 

 

今回いただいた薬は、お試し薬で軽い3mgのものだ。

これを2週間飲んで体調が良ければ5mgの

本格的な薬が処方されるらしい。

副作用は胃もたれや吐き気。

この症状がでたら服用をストップしてくれと言われた。

 

 

 

病は気からのお義母さんは、はじめにこの説明をすると

絶対に胃もたれや吐き気がする人だ。

おばさんもそれは激しく同意していた。

「わかったわ、なんとか私が飲ませてみるわ」と

難役を引き受けてくれた。

 

 

 

しかし、こちらの心配をよそに

その後すぐにお義母さんが私の所にお礼に来た。

 

 

 

395

 

 

 

あ〜やっぱりね。

認知症の薬だとは、さすがのおばさんも言えなかったようだ。

心中お察しする。

しかし、これからずっとうそをつき続けることに なったわけだ。

少々、気の重い船出になった…。

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ お  ま  け ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

6年生を送る会で、5年1組のリュウは

6年1組の生徒の名前を全員読み上げるという

仕事を仰せつかった。

さっそく家でも読み上げる練習を始めたが…

 

 

 

396

 

 

 

結構、ショックだった。

なんか急に年を取ったな、と落ち込んだ。

 

 

 

リュウが翌日、学校で調べたら

やっぱり「すずきこうき」君でした|||||_| ̄|●|||||

 

 

 

人気blogランキングが盛り上がってきました〜!
↓クリック↓今日もお願いします!

Ranking_1

| | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

メイの誕生(番外編)

スポンサーリンク

  
  
 


  
 
   




メイは、バニラ家にとっては初孫.

もちろん!姑シスターズも、大はりきり。

本日は昨日までのお話<メイの誕生>の番外4コマ。

あの頃は、まだ別居だった…(遠い目)

  
  
  
  
381

382

383

384

 

 

385

 

 

 

次に、遊びに行った時は

庭にMyブランコ、室内にMyすべり台がちゃ〜んと

用意してありました(笑)

 

 

 人気blogランキングが盛り上がってきました〜!
↓クリック↓今日もお願いします!

Ranking_1

 

スポンサーリンク

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2007年3月 7日 (水)

ひな祭り記念〜メイの誕生3

スポンサーリンク

  
   
   

今日は「ひな祭り記念〜メイの誕生」の最終回です。

 

 

 

生後3ヶ月を過ぎたあたりから

簡単に壊れてしまいそうだった新生児のメイは

首が座り、寝返りをうち

にこにこと反応もはっきりとするようになってきた。

それでも、圧倒的に私は寂しく

神経と時間を擦り減らしながら日々が過ぎていった。

 

 

 

そんなある日


369

 

 

愛読していた育児雑誌で「子育てエッセイ」を募集していた。

今まで、懸賞や公募モノには興味のない私だったが

これ、やってみようと思った。

心のもやもやのはけ口にしようと思ったのだ。

たしか、原稿用紙4,5枚だった。

 

 


377

 

 

しかし、読み返してみると

ダンナやメイへの恨み辛みと過去への執着にあふれていた。

そして気づいた。


 

 

「私って自分のことしか考えていない」

 

 

 

 

私が、今まで一生懸命やってきたのは全て自分のためだった。

勉強も仕事も遊びも、全てそうだ。

親のため会社のため友人のためと勘違いをしていた。

 

 

そろそろ自分以外の人のために

生きるのもいいかも…

 

 

 

 

私は、原稿を全部書き直した。

自分なりにみつけた答えをもう一度確認しながら書いた。

 

 

 

362

 

 

 

まさに「解毒した」

とうい感じだった。
  
  
   

そして腹をくくった。もう迷いはなかった。

今の私のするべきことがみえてきた。

  
  

  
  
378

379

 

 

 

もちろんその後も、涙あり笑いありの子育てが続くが

わがままいっぱいの私が、今では心から

「子供たちのためなら、自分の命も惜しくない」と思えるのだ。

おそるべし!子育て!

 

 

 

え?ダンナ?ダンナのため?う〜ん…

 

 

 

ちょっと迷う(汗)

 

 

 

その後のメイの成長だが

 

 

 

373

372

375 

 

 

 

なんと、ハイハイを一度もしなかった。

ズリバイ少々ののち、お座りの体勢からそのまま前進するという

なんか、インチキっぽい成長をみせた。

 

 

 

しかも、最近のメイは…



376

 

 

(-公- ;) 退化している。

 

 

ちなみに応募したエッセイですが

「和光堂賞」という賞に入選していました(笑)

賞品は和光堂の赤ちゃんケア商品(3000円相当)でした。

和光堂さん、ありがとう!

 

 

 

今日のお話は、私の個人的な話です。
育児ノイローゼも人それぞれですから、参考までに。
ただひとつ言えることは、
幼児期の子育てはだんだん楽になっていきます。
ぜひ、このスィートな時期を涙で曇らせないようにね!

↓人気blogランキング↓クリック今日もお願いしま〜す!

Ranking_1

 

スポンサーリンク

   

 

| | コメント (23) | トラックバック (6)

2007年3月 6日 (火)

お義母さんクイズ

  
  
  

本日、体調不良のため

「ひな祭り記念〜メイの誕生3」はお休みです。

でも、せっかく来ていただいたので少し遊んで行ってください。

  
  
  
  

みんな大好きお義母さんクイズ〜!

最近、ボケのはいるお義母さんですが私より元気です。

過去記事よりお義母さんにまつわるクイズに答えていただきます。

全問正解で、あなたも7人家族の仲間入り!

  
  
  
  

問1 

361_1

 

家庭訪問で先生が来る日、家をそうじした私に、

きれい好きのお義母さんはさらにどこを拭けと言ったでしょうか?

 

 

 

 

問2

362

 

 

リュウがやっていた宿題を見てお義母さんが逆鱗しました。

その宿題はなんだったでしょうか?

 

 

 

 

問3

363

 

 

お義母さんは何を仕舞おうとして

嫁に叱られたでしょうか?

 

 

 

以上3問です。わかりましたか?

答えを知りたい人は過去記事へGO!

問1の答え

問2の答え

問3の答え

 

 

 

風邪です。風邪。風邪ひきました。回復は…
↓人気blogランキング↓のクリック次第です(コラ!)

Ranking_1

 

 

 

 

  
  

| | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

ひな祭り記念〜メイの誕生2

スポンサーリンク

  
  
   

今日の記事はひな祭り記念〜メイの誕生の続きです。

  
  
  
  

私は産後も順調に回復し、

退院後、最初の1ヶ月は実家で過ごした。

もちろん甘え上手な次女気質は実家で炸裂し

姉(2人出産完了)にほとんどメイの面倒をみてもらい

 

 

351

352

 

 

 

私の面倒はほとんど母にみてもらっていた。

そんなこととはつゆも知らず

母親業もすっかり板についたと勘違いしたダンナが

1ヶ月後に迎えに来てくれた。

 

 

 

353

 

 

 

もちろん、それからはメイに振り回される毎日が始まった。

子育て雑誌を片っ端から読みあさり

その通りにいかない子育てに私のイライラが募った。

 

 

 

354

355

 

 

 

ダンナが出勤する時間と帰宅時間は

なぜか寝ているメイだったが

ダンナのいない日中はは泣きずめ泣いた。

ミルクを飲んでもおむつを変えても泣いた。

 

 

 

メイの泣き声を聞くたびに

「母親失格だ」と言われているようで過剰に反応し始めた。

もちろん、ストレスの行き先はダンナに向かった。

ダンナに「一緒にがんばろうね」と言われるたびに腹がたった。

 

 

 

1日中いないあなたに何がわかるの!?

 

 

 

しかし、それではだめだと自分でもわかっていた。

私なりに努力もした。

 

 

 

356

357

358

359

 

 

 

会社の話は特にタブーだった。

仲のよかった同僚の話や外でのおもしろかった話を聞くと

社会から取り残された疎外感で押しつぶされそうになった。

 

 

 

 

自分でもわかっている。

わかっているんだが、うまくダンナに伝わらない。

これが育児ノイローゼだと自覚するのはもっとずっと後だ。

ダンナもメイもどうして私を苦しめるの?と真剣に思っていた。

 

 

 

その後、私なりに育児ノイローゼからの脱出を謀ります。

続くね、やっぱり。

 

 

 

ノイローゼ中、ダンナから言われて一番傷ついた言葉は
「お母さんはみんなやっているんだよ。ファッジにもできるよ」
だった。
今思えば、ダンナなりに励ましていたんだろうが
言われるたびに泣けてきました。

ささ、涙をふいて
↓ランキングクリック↓はお忘れなく!
 

Ranking_1

 

スポンサーリンク

   

 

| | コメント (20) | トラックバック (2)

2007年3月 4日 (日)

タイトル画像

  
  
  

今日の記事はお休みです。

「ひな祭り記念〜メイの誕生」の続編は明日アップ予定です。



本日はタイトル画像を新しくアップしました。

よかったら感想をお聞かせください。

 

業務連絡でも
↓ランキングクリック↓の
おねだりは忘れない。

Ranking_1

| | トラックバック (1)

2007年3月 3日 (土)

ひな祭り記念〜メイの誕生

スポンサーリンク

  
  
  

331

 

 

私は社内結婚だったが

社内のみなさんの理解もあり、仕事はそのまま続け

腹がデスクにつかえる7ヶ月まで働いた。

出産後は「いつでも戻っておいで。」と言われた。

本当に素敵な会社と同僚に恵まれたと今でも思う。

 

 

それまではダンナと2人で働き、2人で生活してきた。

しかし、これからは働き手が1人で3人での生活になる。

経済的には、未知な世界に突入するわけで不安もあったが

それよりも新しい命の喜びに勝るものはなかった。

 

 

332

 

 

体調はすこぶる良好で

退職後の私は好きな時間に本を読み、テレビを観て

お茶を飲み、散歩をし、食事をし、昼寝した。

太り過ぎることもなく、心身共に模範的な妊婦だったと思う。

 

 

333

 

 

 

ダンナが休みの時を指折り待っては

ラブラブで出かけた。

新婚当初とは比べものにならないほど

愛され、大切にされ、幸せで満ちあふれていた。

 

 

 

しかも、それはダンナの家に遊びに行った時も然りだった。

(双子が生まれるまでは別居だった)

 

 

334

 

 

 

もう、国賓扱いのVIP待遇だった。

 

まさに世の中が自分中心に回っていた。

 

 

 

 

…そう、あの日を迎えるまでは…

 

 

 

順調に月日を重ね、ついに予定日を3日過ぎて陣痛が始まった。

 

 

 

335

 

 

子宮口3センチでこの有様…

 

 

初産ということもあり、生まれて初めてのこの試練。

後から後からやってくる妊婦さんに抜かされて

分娩室からは幸せの産声を何度聞いただろう。

もう我慢も限界の36時間後に

3800gのビッグベビー、メイを出産した。

 

 

 

そして、私の人生は一変した。

 

 

 

336

337

 

 

 

私が無償の愛に目覚めるのは、まだまだ先のことである。

ここから私の育児ノイローゼな日々が始まった。

 

 

 

そう、世界はメイ中心に回り始めたのだ!

 

 

 

続きも読みたい〜!って方は
↓ランキングクリック↓で応援してください!
張り切って更新します!

Ranking_1

スポンサーリンク

   

 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

仲良し兄弟

  
  
  

321

 

 

 

絶妙の掛け合いで寸劇は幕を下ろした。

本当にこの仲の良さは私でも間に入れない。


 

↓↓↓↓↓↓↓悩める乙女の今日のひとこと↓↓↓↓↓↓↓

  

 

322

 

 

 

更新の励みになります。
↓ランキングクリック↓で応援してください!

Ranking_1


 

 

 

| | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

気のきく嫁

  
  
  

311

 

 

毎日の買い物は私の仕事だ。

だいたい昼食の後に出かける。

(おなかがすいている時に買い物をすると

余分な食べ物をつい買い過ぎるので…)

要するに、だいたい毎日行く時間が決まっているということだ。

しかし…

 

 

 

312

 

 

 

お義母さんとおばさんは昼間はほとんど

ダイニングテーブルとテレビの置いてある居間で過ごす。

この部屋は、2人の共有スペースなので個人の持ち物を

置かないのが暗黙のルールになっているらしい。

 

 

 

それぞれ個人の物は自分の部屋に置いてある。

だから毎日、おばさんは自分のお財布を取りに席をたつ。

ただでさえ足の悪いおばさんは歩くのが遅いため

お義母さんに「外国まで行った」と言われる。

 

 

 

そのジョークがおもしろいのは最初だけで

あとはだいたいイライラが募る。

だから…

 

 

 

313

 

 

 

…と、いうことになる。

私に言わせると

「どうして財布くらいこっちの部屋に置いておかないのか?」

と思うが、お義母さんたちから言わせると

「やっと、気のきく嫁になったか」

ということかもしれない。

 

 

 

314

 

 

こうして、私の仕事はじわりじわりと増えていく。

 

 

 

更新の励みになります。
↓ランキングクリック↓で応援してください!

Ranking_1


 

 

| | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »