« おまけ〜保育園時代〜 | トップページ | (続)あの人のその後… »

2007年3月31日 (土)

あの人のその後…

 

 

 

01a

  
  
  

電話口でおばさんが叫んでいた。

どうやらあのターちゃんが、まだ入院していないそうだ。

カレンダーを見れば、

今日はターちゃんが内科に診察予約をとった日だ。

診察を受けたら、すぐ入院のはずだ。

そのターちゃんが

「朝から何も食べていない…」

と夕方に電話をよこしたのだ。

 
  
 

案の定、私はおばさんを乗せておじさんのところへ走った。

「カステラが食べたい。」と言うので、途中のお店で

カステラとバナナとペットボトルのお茶を買って向かった。

 
  
  
  

しかし…


  
  

02b

03b

04b

 

 

 

どうやら、先週おばさんの電話をうけて

娘さんがいろいろと支度をしていったようだ。

腎臓の悪い父親の身体を配慮した献立が

いく種類か冷蔵庫に作り置きがしてあった。

そういえば、部屋もきれいに片づいている。

 

 

 

05c

06c

 

 

 

どうやら、息子さんも来たようだ。

中を見せてもらったら着替えやタオル、身の回りの物が

几帳面に袋分けして、整然と詰め込んであった。

男性が支度したとは思えないほどの気配りを感じた。

 

 

 

おばさん:なんで今日入院しなかったの?

おじさん:病院は明日。

おばさん:診察の予約は今日よ。今日は行ったの?

おじさん:今日じゃないよ、明日だよ。

おばさん:日を変えたの?予約をとったのは今日よ。

おじさん:今日じゃないよ、明日だよ。

 

 

 

…どうやら、おじさんは日を間違えたいたらしい。

おばさんが何度も今日が20日だと言っても

おじさんは19日だと言ってきかない。

私が郵便受けに残っていた今日の新聞を持ってきて見せると

ようやく今日が20日だと認めた。

 

 

 

07d

 

 

08d

 

 

 

理由はわからないが、

おじさんは、入院がしたくないのだと感じた。

娘や息子だって、離れていて面倒がみられないなら

入院していてくれた方が安心だ。

しかもおじさんは困った時に

おばさんに電話をかけてくるのも変な話だ。

 

 

 

当初、親不孝な子供たちと思っていたが

にわかに違う匂いが漂ってきた。

 

 

…続く。

 

 

 

この後、私にとんでもない電話がかかってくる。
「あ〜聞かせて聞かせてその中身」っていうあなた
↓人気blogランキング↓今日もお願いします!

Bana1_2

 

 

 

|

« おまけ〜保育園時代〜 | トップページ | (続)あの人のその後… »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あの人のその後…:

« おまけ〜保育園時代〜 | トップページ | (続)あの人のその後… »