« 独自に進化 | トップページ | せめてお名前だけでも… »

2008年1月10日 (木)

梅干しのふたから

  
  
  

11011

 

 

お義母さんとおばさんが神妙な顔つきで

頼み事をしてきた。

 

 

 

どうしてもできないことはこれ↓

 

 

1101_2

 

 

これはたしか去年買ってきた梅干しだ。

ふたが開けられなくてとうとう年をまたいでしまったらしい。

 


1102


1103

 

 

 

…だが、この2人のモーレツなアピールに

私はすっかりビビってしまった。

最近のお義母さんたちは、弱者をアピールする。

いや、本当に弱者なんだが

なんとも言えない問答無用のオーラがある。

  

 

邪険にしたり、冷たく返事でもしようものなら

「お前に食わせるメシはねぇ!」と蹴飛ばしたような

罪悪感を味わってしまいそうだ。

 

 

不安にかられ、夜には帰宅したダンナにさっそく言った。

 

 

1104

 

 

 

これから始まるであろう介護方針を

息子でもあるダンナに急いで伝えた。

まずは、考え方は一致してひと安心。

 

 

その後は余談だが

お義母さんは他人が家に上がるのをいやがるし

自分が他人の家に上がるのも嫌いだ。

どちらにしても介護保険とかヘルパーさんとか

自分に全然関係なくて、嫁がやるもんだと信じていると思う。

 

 

 

事実、自分も母親を家族で介護し続けたことは語りぐさだ。

家に上がってもらったのは医者だけだと、

何度も聞かされている。

だから、そんなお義母さんには

 

 

↓こんな感じのアットホームで人情味あふれるヘルパーさんより

1105

 

 

↓こんなメディカル系の

1106

 

白衣を着たクールヘルパーさんの方がお好みかもしれない。

 

 

 

どちらにしてもそろそろ介護について知識をつけないと

いけないなと感じた梅干しのふただった。

 

 

 

途中から自分が何を書きたいのかぼやけてしまった。
とりとめのない記事ですみません。
 

↓ま、とりあえずクリックはしてほしい。

Ranking_1

 

|

« 独自に進化 | トップページ | せめてお名前だけでも… »

コメント

介護される人1:介護する人4でも、介護は肉体的、精神的に大変で、全員がぼろぼろになっていました。
どのへんで介護する人を入れるのか…も、今後は大きな議題になりそうですね。

投稿: あやぞ | 2008年1月10日 (木) 10時16分

「肉体的な介護はプロに頼んで
精神的な介護は家族がやる」
って素晴らしい言葉ですね。

うちも義父が年末から入院して
退院後は要介護となります。
実家が遠いので私たちも介護の手伝いが出来ず
かといって年老いた母だけでは無理なので
「肉体的な介護はプロに頼んで
精神的な介護は家族がやりましょう」
と義母にもいっておきます。

投稿: ダライ・クマ | 2008年1月10日 (木) 10時18分

介護が始まる前に、介護の等級認定や、ケアマネージャーさんに介護計画を組んで貰う時点で難航しそうですよ。
出来ない物でも、『アレも出来る!コレも出来る!介護なんか要らない!』と言う年寄りはたくさん居ますし、介護計画を組もうとすると、『嫁がすりゃイイんだから、サービスなんか要らない!!』と言って、ケアマネさんを追い返す年寄りも居ます。
そこん所をご主人と対策を立てる事が大事かと思います。
私の知り合いのお嫁様にも、介護サービスをことごとく『嫁がすればイイんだから!』と次々と断り、付きっ切りで介護されている方が多く居ます。
年寄り本人が『出来る!要らない!』と言ってしまえば、サービスを受けられない場合が多いので、よくよくご準備して下さい。

投稿: かづぷー | 2008年1月10日 (木) 10時53分

最近のテレビ特番でも よく取り上げられていますね「介護問題」。昨日も見ました。
本当に、他人事ではありません。私は高齢出産で もう母は66歳…。小さく・シワシワになっていく母を見ると なんとも切ない気持ちになります。親不孝なことに、私はまだ独身だし(笑)
兄弟って色んな意味で大切だなぁって最近痛感しています。ファッジさんの3人兄弟の様子が羨ましいです☆助け合っていけますもん。
自分の母も、そして年老いた自分も
要介護にならずに ポックリ逝きたいもんです(笑)

投稿: nami | 2008年1月10日 (木) 10時54分

以前コメントしたきりで相変わらずいつも読み逃げなのですが・・・。こんな事言うのもなんですがいい機会なのでファッジさんもヘルパーの資格を取っては如何でしょうか?私も昨年夏に資格を取りましたが一緒に資格を取った方の中には既に介護をしている方もいたのですが、自己流で介護していたときよりも、体も、気持ちも楽になったと言ってました。通信講座なら2~3ヶ月で2級が取れます。忙しいとは思いますが今がチャンスだと思います。おばさんやご主人と相談されてみては?

投稿: まぐ | 2008年1月10日 (木) 11時05分

正月休みに
あさから晩までフル介護しましたが
3日でダウンしました。
旦那とふたりで
なんとか6日がんばりましたが
私も子供も,精神的にも追いつめられました。

プロはさすがです。
同居だと,審査は厳しいと思いますが
がんばってください。

投稿: もあ | 2008年1月10日 (木) 11時07分

うちも両親共に介護が必要になってきましたが
要支援2の父はヘルパー積極派ですが
身体障害2級の母は他人を入れたくない派です
どちらかといえば女性のほうが家に他人を入れるのを嫌がりますね。

しかも介護保険制度って案外役に立たないのです
施設は順番待ちでいっぱいだし
在宅も予約しないとねぇ~
難しい世の中でんねん

投稿: ニンテンドー | 2008年1月10日 (木) 11時08分

まだまだ元気な義父母ですが、
上下階の一つ屋根に同居しているので
私も絶対に避けては通れない問題です。

年老いた自分の養父を引き取って面倒見た姑。
でも、
寝たきりになったらすぐ病院に入れてたっけ。

なさぬ仲として娘時代に色々あったみたいで、
表面は優しくしていましたが、
口をつけたぬり箸を洗わずに捨てたり、
亡くなった後は荷物をベランダに放置したり。

当時別々に住んでいた私はそれを垣間見て、
おじいちゃん可哀想に・・・と思いました。

心をこめて介護出来たら双方幸せだけど、
それまでの関係次第でもありますよね。

今受けているあんな仕打ちこんな仕打ち・・・。

やっぱりプロに頼んだほうが、
ご本人にも幸せかも。

投稿: 階下の鬼嫁 | 2008年1月10日 (木) 11時23分

母を自宅で看取り、現在は父の感謝の言葉をとった
罪悪感攻撃で生活を左右されてます。
相手の満足度重視で生活してしまう。

罪悪感から来る強迫感ってこわい…。

それを予感して動くファッジさんは
さすが三児の母だわっ。
柴犬の母の私はもう手遅れでした…。
ファッジさんの賢さは相手と葛藤を深めない愛だと思うよん。

投稿: 大阪 | 2008年1月10日 (木) 11時31分

いよいよ介護という言葉が錦の御旗みたいに日常生活の中に登場するようになりました。あやぞさんのコメントのように1対4で介護するケースもあるようですね。愛情を超えた相互理解が必要になってきますね。

投稿: 杵島太郎 | 2008年1月10日 (木) 11時53分

梅干しのフタで介護を考える・・・
笑い話のようだけど、切実な話ですね。深いです。
こういう事で家族の意見が割れるのが一番コワイですね。
進化する嫁を毎日読みつつ、私も進化していきたいです。

投稿: ユズ | 2008年1月10日 (木) 12時05分

かづぷーさんのコメントはまったく同感!私の場合は年子の乳児を抱えていたこともあり、介護なんて無理!!嫌がる大姑を強制的に老健に入所させました。時には、心を鬼にしなければ!です。きれいごとですむ問題ではないですから

投稿: ふつみ | 2008年1月10日 (木) 12時15分

うちの義母も義父の介護の際、結局ヘルパーさんはのらりくらりと契約しませんでした。訪問看護は受けました。「看護師」という肩書で安心したようです。(してもらったことは身体を拭いたり、オムツを替えたりすることの手伝いでヘルパーさんでも
可能なことが主です)往診、訪問入浴、マッサージ、ひとつひとつ人が入るたびに説得に時間がかかりました。もともとお年寄りは生活の変化が苦手ですし介護サービスということが未知の世界なので構えるのも
仕方はないのですけれど。でもうちの場合は私たち夫婦も含め義父の体調が変化するたびに右往左往してました。今から気持の備えをしていられるファッジさんはすごいと思います。うちは先日義父が亡くなりまして私はやっと人はいつか年をとって体調も悪くなり亡くなる、ということを実感としてわかったように思います。これから大変になることもあるかと思いますががんばってください。

投稿: きのこ | 2008年1月10日 (木) 13時28分

久しぶりのコメントです。

梅干のふたで…ですか。
時間は確実に流れていますね…。

うちの義祖母も昨年10月から月1で転んでました…。
しかし強運の持ち主で骨折せずにすんでます。
ほぼやらなくていいことをやって転んでます。
私に見つかるととめられるので、私が外出したのを確認してから行動に移してます。
まったく、とほほです。
年末に転んだのは骨折はしてなかったもののかなり痛んだようで、反省してました。(最初に転んだことは1ヶ月後には忘れていました)
足腰がめっきり弱くなり、介護生活が一歩一歩近づいてきています…。

家族で考えを一致させておくのはたいせつですよね。
ファッジさんがいろいろ説得するより、ご主人にお願いするほうがいいかもしれませんね。
うちはデイサービス週2を週3にしてほしいなぁって思ってます。

昨晩テレビで放映していた芸能人の介護の番組を見ていて『あたしにはそこまで出来ね~』って思っちゃいました。

投稿: まゆ | 2008年1月10日 (木) 13時45分

介護問題はこれからの時代、避けては通れない道のひとつですね。
同居している私もいつかは義母様の介護をしなくてはいけないと覚悟していますが、家族の助けなしではなかなか実現も難しいと思います。
まずはダンナさまとの介護の意見が一致したのがよかったですね☆

投稿: くじゃく | 2008年1月10日 (木) 13時52分

皆様のコメントを読み、遠く日本にいる両親の健康を心から願いました。

日本の看護事情がわかりとても参考になりありがたいです。

メディカル系のクールヘルパーさんの絵に不謹慎にも大爆笑してしまいましたが。
これならお義母さまにも気に入ってもらえそう、でワンぽち。


投稿: 天国の海 | 2008年1月10日 (木) 14時39分

ただいま真っ最中です。

認知症、尿便失禁、歩行に多少困難あり

週に4回、デイサービス利用。

おむつ交換とか、ヘルパー頼みたいところだが
なにせ、認知症、できるときはとことんできるし、(トイレにね)
できないときは、ものすごい。

できないときだけ・・・お願いしたいものだが
それっていつ??だしな

精神的な介護・・・へたれちゅう

投稿: 讃良(さらら) | 2008年1月10日 (木) 15時46分

たくさんのコメント&アドバイスありがとうございました!

やはり、現実は想像より奇なりですね。
介護経験者の方や現在介護中という方のコメントはずっしりときます。
想像をはるかに越えます。
それでも、知っていると知らないでは大違いで、とてもありがたいです。こんな機会が持てるのもブログのおかげと、みなさんに感謝します。

>>まぐさんのおっしゃるように、ヘルパーの資格の話はよく聞きますね。2〜3ヶ月で2級取得とはお手軽ですね。
でも、このお手軽さが逆にヘルパーという職業を軽んじてしまうようで心配です。
「これなら私でもできるわ」よりも「さすがプロ。」と言われる職種までステージを上げて、給料も上げて、憧れの職業ベスト3に入るくらいになるといいですね。
しかしテレビや新聞を見るにつけ、介護の需要と供給のバランスの悪さが残念でなりません。

我が家の介護事情も、刻々と変化していくと思います。そのつど記事にします。みなさん、どうぞこれからもアドバイスよろしくお願いします!

投稿: バニラファッジ | 2008年1月10日 (木) 16時12分

≫「肉体的な介護はプロに頼んで 精神的な介護は家族がやる」-この王道を貫いて欲しいと思います!義務感やら使命感で良かれと思い介護に頑張っても、みんなでぐたぐたに疲れてみんなでつぶれてしまいます。
人情味溢れるタイプのヘルパーさんなら、「白衣を着たクールヘルパーさん」に変装してもらいましょう!(^^b
なんて、まあ冗談ですが。お義母さまも何かあった時イキナリでは納得しにくいでしょうから、今から機会があるごとに少しずつ話しておいた方がいいと思いますねぇ・・・。

投稿: 桃子 | 2008年1月10日 (木) 19時18分

明日は雨かな(笑)二度目のコメントです。「肉体的な介護はプロに頼んで 精神的な介護は家族がやる。これが介護の理想だと思います。まずその為には国が変わらないかぎり無理ですよね。ファッジさんの言うとおり、介護の仕事は3Kで、汚い、きつい、給料安い。現場で働いている方達は利用者さんや介護されている家族の方の感謝の言葉や、気持ちだけで働いています。実際、ヘルパーの資格を取得しても殆どの方が義理両親や自分の両親の介護に備えてという人が殆どでした。

投稿: まぐ | 2008年1月10日 (木) 21時24分

こんにちは。今日アマゾンから7人家族の真ん中で‥が届きました。ネットで私が毎日こちらのブログを読んでいても 興味なしだった子どもたちがすごく喜んで読んでました。買った価値があった!今日はダンナが泊まりの仕事なんですが 明日 見せるのが楽しみです。
ぜったい喜ぶと思うんです!

投稿: なおみ | 2008年1月10日 (木) 21時24分

はじめまして
私は、義父母と現在同居していますので、将来避けては通れない問題ですし、実父を2年半家族3人で介護した経験もあります。
父は家族にわがまま一杯言って、家族をボロボロにしましたが、幸せな人生だったと
今は思います。
ただ、あれ程大変な思いはもう二度と出来ない!と言うのが本音です。
介護で疲労した体を治すのも大変です。

今から、出来る事と出来ない事を納得してもらう準備が必要だと思います。
介護する家族の健康を守る事も嫁の勤め。介護はプライドや見栄を捨てる所から始まると私は思います。

投稿: yuki | 2008年1月10日 (木) 22時07分

介護・・・やはり嫁がやるものなんでしょうか? 私も嫁ですが自信がありません
主人の姉は 嫁がやるのが当然!と言いますが…義理の両親も自分の両親にも、施設に入って欲しいと思ってしまいます

投稿: かんな | 2008年1月11日 (金) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198885/17637948

この記事へのトラックバック一覧です: 梅干しのふたから:

« 独自に進化 | トップページ | せめてお名前だけでも… »