« 年に1回だけど。 | トップページ | ありがとうございました。 »

2008年9月26日 (金)

「聞く」と「聞こえる」と「聞いて」

  
  
  
  

92611

 

 

おばさんの話声が小さい時は

補聴器をつけている証拠(笑)

 

 

9261_2

9262

 

 

おばさんが明日の予定を聞いてきたので

答えているのに、上からかぶせて

自分の話ばかりしてくる。

 

 

9263

 

 

 

コラ。

じゃあ、人の話を聞け!

 

 

 

おばさんは以前から人の話を聞かないで

自分の言いたいことをベラベラと話しては

周りから非難されることが多かった。

それは耳が遠いからだと思っていたが

どうやら、そうでもないらしい。

 

 

 

で、ひとこま目に戻って

 

 

9264

 

 

先に聞く。

おばさんが言いたいことを先に聞いてあげる。

たぶん、そういうことなんだろう。

 

 

オトナなので社交辞令があるぶん

幼子の「お母さん、あのね」より、ややこしい。

 

 

 

↓応援クリックは雄弁に語る。

|

« 年に1回だけど。 | トップページ | ありがとうございました。 »

コメント

いつも思うことだけど、ファッジさん偉いな。
ちゃんとそれならば、この方法でということを
考えられて・・。
私なんか同じことがあったら、うるさいと思って黙ってしまう。。。
反省します。

投稿: mama | 2008年9月26日 (金) 13時12分

なうほど!ファッジさん、聞き上手!!
同居、介護、子育て、諸々…大変な中にあっても創意工夫でいい関係を保てるんですね。
この言い方、いただきます☆

投稿: びあだる | 2008年9月26日 (金) 13時13分

ファッジさんには本当にいつも感心しちゃいます。偉いなぁ。
応援してます!頑張ってくださいね☆

投稿: nan | 2008年9月26日 (金) 13時17分

なるほどなー。
おばさんが言いたかったことを先に聞いてあげるのかー。
おばさんは明日の予定を一応ファッジさんに気を遣って聞いてくるけど、でも本当はどうしても銀行と眼科に行きたかったんですね。
ならばおばさんのしたいことを先に聞いてあげて、「ならば午後どうですか?」って聞けばスムーズなのかぁ。。。

やっぱりこういうのって長い間接してるうちにわかってくることなんでしょうか・・・
ワタシ、全然違うんですが、今年度子供会の世話人をやっていて、登校班の子供達にすごくてこずっていたんです。
でも子供達が成長したのかワタシが接し方に慣れてきたのかわからないけど(たぶん子供達が成長した(^-^;)だいぶコミュニケーションがスムーズになってきたんですよねぇ。
子供達がすごくかわいく思えるんです。
学校がある日は毎日朝会って話をして、そういう中で培われることってあるんですよね。
ワタシ今朝、ちょうどそのことを記事にしたんです。
そこへファッジさんのこの記事を読んで、なんか納得・・・
対象は違うんですけどね(*´∀`)
長々コメントしてしまいましたー。

投稿: choco | 2008年9月26日 (金) 13時43分

年取ってくると話が一方的になりますよね。
ファッジさんの記事を読むと、こうすればいいのかと本当に勉強になります。

投稿: ちちんぷい | 2008年9月26日 (金) 13時57分

ふむふむ!
ものはとりよう・・・ですね!

投稿: ルルベ | 2008年9月26日 (金) 14時33分

かなり一方的な話は困りますね。
ファッジさんの考えはいつも自分を反省させられてます。

同じ話を何度もして「それ聞きましたよ、こうなったんでしょ?」と言っても最初から最後まで話さないと気がすまない、話を変えても違う質問しても話は継続してて・・・ほとほと
困ることあります。ボケてもいないのに・・・
どうしたらファッジさんのようになれるのでしょう・・・永遠に無理だわ私。

投稿: NEKO | 2008年9月26日 (金) 14時50分

英語だとlisten(聞く) とhear(聞こえる)でちゃんと別の単語ですから、この2者はやっぱり別物ですよね。( ^ω^ )

(∩゚д゚)アーアーきこえなーい  ←そしてこれも別物?

投稿: ハルチカ | 2008年9月26日 (金) 15時05分

ファッジさんのお年寄りへの優しさは、等身大で、素直で、とっても共感がもてます。

偉そうでもないし、優等生ぶってもいないし。

やっぱり、そこに「気持ち」があるのがちゃんと見えるからなんだろうな。

投稿: るう | 2008年9月26日 (金) 15時12分

ちょっと考え方や接し方を変えるだけで
相手にとってもいいことがあるんですね。
変える方の自分側としては
色々と抑えないといけない所もあるだろうケド・・
上手く調節しながら、
聞きつ聞かれつ聞く(←文章おかしい・・;)
のが大事なのだと感じました。

それから・・
上から3コマ目のおばさんの台詞、
【い】が一つ多い気がしますが・・・。

投稿: pagu | 2008年9月26日 (金) 15時49分

あーもー、なんちゅーか、
ファッジさん大好きだ!
\(≧▽≦)丿

投稿: まめしば | 2008年9月26日 (金) 16時04分

おみごと!
その気配りに機転の良さ!!
ため年でありながらも、マイペースでKYチックな私は
ファッジさんを目標にがんばります!

投稿: TANISHI | 2008年9月26日 (金) 17時50分

本当にいつもファッジさんの対応には感激します。同じことで腹を立てることがある場合、自分の出方を変えるのは1番正しくて、1番出来ないことだと思います。
これからも勉強させていただきます。

投稿: むに。 | 2008年9月26日 (金) 18時05分

いつもファッジさんには教えられます。
そうなんですよね〜
ちょっとした気配りなんだよね〜
と、自分に言い聞かせてます。

投稿: himawari | 2008年9月26日 (金) 18時50分

目からウロコとはこのことか!
確かに「先に相手の言い分を聞く」
これはおばさんの場合に限らず職場でも家庭でも友達でもすべてにおいて有効です。

教えてくれてありがとう!
ぜひファッジさんと生トークしてみたいものだ・・・o(*^▽^*)o

投稿: hiropy | 2008年9月26日 (金) 18時55分

メンド!
社交辞令メンドイ!

って、人の話を聞いて欲しいですよね。

投稿: キョウ | 2008年9月26日 (金) 19時46分

なるほど!
私も母のそういう所が、「も~!!!」っていう感じでしたが、そうだったんですね。
訊き方を変えてみます!
私の母は、ところで、ところでと、話が終わらないのですが、延々と終わらなくなることってありますか?

投稿: coffee | 2008年9月26日 (金) 20時56分


とんちのきく対応にいつもながら感心します

応援ポチ!

投稿: ★レーシック不要!視力回復法 | 2008年9月26日 (金) 21時17分

ファッジさんは本当にえらいです。
私も同居していますが、
何回も繰り返し繰り返し言われると
ついついいらいらしてしまい
聞かぬふり・・・聞かぬふり。
自分も将来は多分一緒になるのだからと思うと
少し反省します。
ファッジさんみたいに対応をかえなくちゃ。

投稿: さわちゃん | 2008年9月27日 (土) 09時16分

この若さで、なかなかいないですよ。
こういうひとは。

投稿: オジイ | 2008年9月27日 (土) 10時09分

前にも言いましたが、このブログの草創期のテーマは「三猿」です。つまり、見たくないから目をそむける、気付いても言わない(言えない)、言っても聞かないというものです。
 脇道にそれますが、「聞く」と「聴く」は違います。私たちは、通常「聴いています」
「聞く」はあるがままを受け取るということです。「聴く」は私たちの願望を介在させて都合の良いところを切り取ろうとする行為です。
 この場合は、おばさんは都合の良いところが切り取れなくなっているということです。私の知る限り、これは幼児の頃受けた教育あるいは加齢によるものだと思います。
 次なるこのブログのテーマは「老、病、死」だと思います。

投稿: カルビー | 2008年9月27日 (土) 12時55分

すごいですね。。
私も義母と同居していますが、、
なかなかソレができません。
もっとオトナにならなきゃいけないですね。

投稿: Rumi | 2008年9月27日 (土) 18時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198885/42599130

この記事へのトラックバック一覧です: 「聞く」と「聞こえる」と「聞いて」:

« 年に1回だけど。 | トップページ | ありがとうございました。 »