« 日本語 | トップページ | 夫婦ちぐはぐ »

2009年3月16日 (月)

負の連鎖

  
  
  

3161

3162

 

 

びっくりして、離れにダッシュ。

 

 

 

3163

 

 

いつもだったら

「あらやだ、私ったら。」って

リアクションがあるのに

その日は、何度言っても事態が飲み込めないようだった。

 

 

おばさんも午前中は

カヨコおばさんと楽しくおしゃべりしていたのに

昼過ぎから急に具合が悪くなってしまったようだ。

 

 

さらに

 

 

3164

 

 

 

受験から戻ったメイも元気がない  il||li _| ̄|○ il||li

今週はちょっと静かな我が家だ。

 

 

 

↓でも死んだ人に会えるってすごいと思う。

|

« 日本語 | トップページ | 夫婦ちぐはぐ »

コメント

みんな頑張れ!

投稿: なんちゃん | 2009年3月16日 (月) 12時56分

う~ん(>_<)
お義母さまは急激に痴呆がすすんでいるのでしょうか?
私の祖母は施設に入っていたのですが、会いに行った孫の私(まだ10代でした)を施設の方や回りの人に「私の姉です」と紹介していました。祖母の痴呆を認めざる得ない出来事でした(;_;)
ちなみに祖母には姉は居なかったんですけどねf^_^;
いつもそばにいるファッジさんは大変ですよね。体に気をつけて下さい。
メイちゃんの試験も終わったんですね。合格を祈っています。

投稿: MAMA | 2009年3月16日 (月) 12時58分

何度いっても事態がのみこめない様子って・・・
ファッジさんも
おばさんも
クリームさんも
ショックが大きいのではないでしょうか?
私も今日の話はショックでしたweep
お義母さんはいつまでも、
掃除にうるさい・・・もとい、厳しいお義母さんでいてほしいです。
しかし年を取るにつれ、そうも言ってられませんね。
メイちゃんも、どよんとしてるみたいなので、
ファッジさんの明るさだけが救いですから・・・
元気だして下さいね

投稿: 北の宿 | 2009年3月16日 (月) 13時05分

わたしもちょっとショックでした。
お義母さまにはいつまでも
厳しい方でいらしてほしい。
うちのお義母さんにそっくりなんですよ・・。
ファッジさんが一番心労があるかもしれないですね。

投稿: わたし | 2009年3月16日 (月) 13時10分

痴呆は どうしても 一進一退みたいです。まともに話しが 出来たと思ったら 翌日には・・みたいな ファッジさんも 大変でしょうが お体労って下さいね

投稿: なな | 2009年3月16日 (月) 13時13分

亡くなられたというお母様の思い出が蘇ったのでしょうか?亡くなったのを認めてしまうのも寂しいかもしれないですね。

ちなみに痴呆に関してはアメリカでは、Donepezil と Memantineと呼ばれる薬を一緒に飲むと痴呆の進み具合が遅くなると言われてますよ。

生活でどのレベルの介護が必要かによるとも思いますが、日本の方が、精神面や治療薬面などでのトータルケアが行き届きやすいかもしれないですね。やっぱり、家族と一緒の生活が一番幸せで一番の安心なんでしょうね。

メイちゃん頑張れ!!

投稿: tsubasa | 2009年3月16日 (月) 13時22分

『負の連鎖』…こういう時、ありますよね…。
ファッジさん、体調に気をつけてね。
応援しています!!

※今日のバナー、ステキです。

投稿: ハーブ | 2009年3月16日 (月) 13時26分

はじめまして。
私の父は私が小学生の時に亡くなりました。
母や私たち子どもらはもちろんのこと
大切な息子を亡くした祖母の悲しみは大変なものでした。
私も結婚をし、息子を出産。
遠く離れた父の実家がある鹿児島へ祖母に会いに行った時のこと。
90歳を超えた祖母は介護施設にいたのですが
祖母の部屋に入って行った私たち家族の姿が

夫→(亡くなった)息子
私→嫁(私の母ですね)
息子→幼かった頃の孫(すなわち私)

に見えたらしく、大変な喜びようで
(『○○(父の名)!ずっと待ってたのよー。久しぶりね!
まー、みんな元気によく来たねーーー』と)
最初は、祖母の勘違いを正そうかとも思ったのですが
あまりに、祖母が幸せそうなので
そのままにして、穏やかな時間を過しました。

ファッジさんのつぶやきに同感です。
『死んだ人に会えるってすごいと思う』

祖母は100歳で大往生だったのですが
あの時間は、最後にできた孝行だったかな、と思っています。

投稿: oreo | 2009年3月16日 (月) 13時26分

4年前に一緒に住んでいたウチのおばあちゃんの場合、
朝は「おはよう、shiho」と言っていたのに、
昼ごろには
「あら!?いらっしゃい、どなた?」と言い
夕方には
「今日は一日ありがとう、もうshihoが戻ってくるから、
もうアナタは帰っていいよ」と言いました。

しょうがないので、
「お邪魔しました」と言って一旦外にでて、
外から「もう帰るからね」と言って電話をして、
やっと元に戻りましたよ。


私の顔がわからなくなったのは、
数ヶ月でしばらくしたら元に戻りましたけど、
子供のころからずっと一緒に住んでいて、
自他共に認めるおばあちゃん子で、
孫の中では一番可愛がられていたとう自負のあった私には、
かな~~~りショックでした。

ななさんもコメントされてますが、
認知症の症状ってのは本当に一進一退。
1日の間でも全然違ったりしますしね。

ご家族皆さんで協力して、
お義母さまに接してあげてくださいね。
頑張ってください。

投稿: shiho | 2009年3月16日 (月) 13時41分

おばさまは母親似なのですね。・・・って違うか?!
前に介護職してた時にどうも話がちぐはぐだなと思ってその方に「失礼ですけどお年はおいくつですか??」
聞いてみたら「明治○年生まれの45歳よ」
・・どうりで孫じゃなくて息子の嫁にきてくれと言われる訳だ(笑)
お義母様も若かりし日にタイムスリップしたのかもしれませんね。
家族が一番対応が大変ですよね。バニラ家、抹茶家なら乗り切れると思います!!

投稿: えみ | 2009年3月16日 (月) 13時46分

混乱しながらも、そこに母親が居ると思えて、お義母さんは幸せなのかもしれませね・・・。
なんだか、悲しいような温かいような不思議な涙が出ました。
ファッジさん応援しています。
大好きなメイちゃん!祈っています!

投稿: ゆき | 2009年3月16日 (月) 14時10分

いつも楽しく拝見させていただいています。

いつもいつも、バナーのコメントに心救われるような気持ちになります。
今回は特に・・・(;ω;)

私も祖父母それぞれの痴呆を見てきました。
家族がわからない、必ず通る道のようだなぁと思いました。
他にも家がわからなかったり、タイムスリップしたり。
うちの祖母は、仏壇の横に見えない道を見ていたとき(しかも夜中)はスリリングでしたが・・・w


きっと笑えない大変なこともあるのだと思います。
でも、そばにいてくれるのがファッジさんのようなお嫁さんでお義母さんはきっと幸せだと思います!
これからも応援しています!

メイちゃんの桜にも祈りをこめて!

投稿: まさこぶ | 2009年3月16日 (月) 14時45分

気候の変動が激しい時は、認知症や体調なども変動が激しいと聞いた事があります。

それにしても、ファッジさんの受け取り方「でも死んだ人に会えるってすごいと思う。」というのは、まったく気付かされます。

メイちゃんへ
メイちゃんが難しいって思ったってことは、皆難しいと思ってるってことだよ。志望校に進むにしても、第二志望に進むにしても、きっと素晴らしい未来が開けますヨ。大丈夫。

投稿: よっしんぐ | 2009年3月16日 (月) 14時52分

わたしのおばあちゃんも、私を見て「あら、あなたがここにいるはずはないのに・・・でも、すごい久しぶり・・・」と多分お友達か誰かだと思ったようです。次の日に「おばあちゃん、私だ~れだ?」って聞いたら「みみずくちゃんい決まってるじゃない~」って言ってました。まだらぼけ?っていうやつでしょうか。でも、ほんと、タイムスリップできるなんて、いいなとか思いましたよ。

投稿: みみずくママ | 2009年3月16日 (月) 14時54分

人生色々ですね。
うん。正と負、陰と陽、あれもこれも。
大変な時があればこそ、良い時を嬉しく思えるんですよね。
どうか体調崩れないよう、ご自愛くださいね、ファッジさん。

投稿: kana | 2009年3月16日 (月) 14時58分

切ないです。

事態が飲み込めないお義母さま、
心細いでしょうね。
「あら、やだ私ったら・・・」
ってお言葉を聞きたいですね。

明日は、また
違う展開になりますように。

メイちゃんも。

投稿: オレンジ | 2009年3月16日 (月) 16時11分

皆様のコメントに涙がでたり思わず失笑しちゃったり・・・

ファッジさんも徳をおつみでらっしゃいますが
読者の皆様も格調高い~~~!!
タメになります。

投稿: 天国の海 | 2009年3月16日 (月) 16時14分

痴呆の祖父母と暮らしていましたが、間違いは指摘、訂正しないほうがいいらしいですよ。
訂正することで痴呆を遅らせられることはない上、自信を失うことで悪化に繋がるリスクの方が高いらしいです。

投稿: あい | 2009年3月16日 (月) 16時34分

はじめまして!
痴呆症というと結構重々しいですが
そんなところもなくサラッと書けているところが凄い!
私も105歳になるおばあちゃんがいるんですが、
また顔をみせに行かなくてはという気持ちになりました。
メイさんも合格出来ていたらいいですね〜!
それでは、また来ます。

投稿: ひーろー | 2009年3月16日 (月) 17時05分

「負の連鎖」は私も経験ありですthink
どうしてこう続くのか?
時々「試されてるっ?」て思うこともありました。
でも、良いこともあるので、人生うまくなっているなぁって。

最後のバナーでファッジさんの明るさ(前向きさ)を感じてます。

投稿: rera-m | 2009年3月16日 (月) 17時24分

本当はとても切ない出来事だけど、みなさんの
コメントにもあるように、バナーの一言、
ファッジさんの考え方に救われます。

同じ事態なら明るく、少しでも前向きに
受け止めて乗り越えて行きたいですもんね!!

メイちゃん、きっときっと大丈夫!!
そうはいっても、発表があるまでは、
落ち着かない日々になると思うけど、
きっと頑張った日々は裏切らないよ!!

投稿: 太陽ママ | 2009年3月16日 (月) 17時49分

メイちゃん、試験が終わって一安心ですね。結果発表まで思いっきりお友達と遊んでくださいwink

投稿: きい | 2009年3月16日 (月) 18時07分

死んだ人に会えるってすごいと思う、の
一言に
負の連鎖、の記事のすべてを内包したようで、
すごい重みを感じます。。。

お体に気をつけて
元気にお過ごしくださいね!!!

投稿: みなも | 2009年3月16日 (月) 18時23分

大丈夫!
あとは、良くなるだけです。

投稿: キョウ | 2009年3月16日 (月) 19時18分

ご無沙汰してました。

うちの義祖母もだんだんと進んで行っております・・・。
この間介護認定の面接に来た人に季節を聞かれ「夏」と答え、誕生日が言えず・・・その他もろもろ。
横で聞いていて「え?!」って感じでした。

年齢も「私は40だから・・・」とかいうこともあるし、正確に言えることもあるし・・・な状態です。

他の方も書いておられますが、お義母さまの状態は・・・ちょっとショックでした。
でも我が家も明日はわが身かも・・・。

投稿: まゆ | 2009年3月16日 (月) 19時50分

うちの実母も認知症です。今日遊びにいったら私を自分の妹とまちがえてショックでした。いままでこんなことなかったのにと。でも、また娘と理解したようでしたが、こうしてすすんでいくのですかね。悲しいです。私もいろいろとうまくいかない今日この頃ですが、ファッジさんのブログにはとてもはげまされてます。また、良い日もきっとありますよね。

投稿: さとぼう | 2009年3月16日 (月) 20時38分

心配事が重なったり、体が辛かったり、
そうすると症状が重く出ることありますよね。

ほとんど症状が出なかった祖母でも私の姉と自分の長女をよく混同していました。
間違えた後、自分で気がついてくれるときは良いですが、ほとんどの場合、「???」となり、姉に向かって「じゃああんたはだあれ?」と聞いて会話が終了しました。
姉はそれほどおばには似ていなかったのですが、祖母にとっておばをお嫁にやったのがその年代だったのでしょうか。記憶の中の成長が止まっていたのかもしれません。

また調子が良くなっていくと良いのですが、心配ですよね。


メイちゃん。
大丈夫。大丈夫です。
メイちゃんの幸せを望む読者がもう山のようにパソコンの向こうにいるのですから!!

投稿: キラピか | 2009年3月16日 (月) 22時17分

いつも拝見してます。

お義母さんのこと、なんだか寂しい気持ちになりますね・・・。


ファッジさん、マイペースでお過ごしくださいね・・・!

娘さん合格してますように・・・☆

投稿: あんず珠 | 2009年3月16日 (月) 22時42分

バナーに救いを感じます。
なんか、読んでるこちらがありがとうと言いたくなります。

不安な事が次々に起こる事ってありますよね。気持ちを落としてしまわずに、頑張ってるファッジさんにエールを送りたい。

メイちゃんの受験も無事希望通りに進めるよう祈ってます。

投稿: まりん | 2009年3月16日 (月) 22時43分

私の祖母は、孫である弟を、時々、「私の息子」といいます。
現実世界の「息子」とは、疎遠になってしまったからでしょうか・・・。

でも、弟は喜んでいます。
自分の存在が、祖母の慰めになればと。

しか~し、乙女である、おばさまには・・・
ショックではないかしら?
自分より、年上のお義母さんに、お母さんと呼ばれるとは・・・

投稿: ハル | 2009年3月16日 (月) 22時54分

メイちゃん受験おつかれさまでした。
難しい出題だったのですね。

卒業式の後、愉しみごとをちゃんとセーブしていて偉いなと思いました。
笑顔の春が来ますように。clover


投稿: あい | 2009年3月16日 (月) 23時13分

ファッジさんこんばんは
いつも気丈なお義母様をブログ上で拝見していただけに、
なんだかとっても寂しい気持ちになりました
きっとこの負の連鎖はメイちゃんがたちきってくれますよ!!

投稿: u-san80 | 2009年3月17日 (火) 00時25分

そうですね、亡くなった人に会えるなんてある意味すごい奇跡ですね。私は海外で生活をして3年になりますが、ちょうど私が出発する時期、祖母は認知症や老衰の症状で入院していました。家族の誰もが死を覚悟し、私も涙・涙の最後の別れをしました。(当時、実の娘である私の母に「どなたか存じませんがご親切に有り難うございます」などと言っていました。)ところが!!祖母はそれから奇跡の回復を遂げ、今では認知症のかけらもなく元気に農作業にいそしむ毎日です。奇跡ってほんとにありますよ!ファッジさん応援してます!
それと私も10数年前、滑り止めなしの本命一本で受けた短大の試験の手応えが大変悪く、家族、担任の先生にそのまま報告し、心配をかけ、自分もしばらく落ち込みましたが、結果は合格だったという経験があります。きっと大丈夫!!

投稿: yok | 2009年3月17日 (火) 01時55分

ファッジさんだって辛かろうに
最後の一言…
ほんと、生きてるうちに死んだ人に
会えるなんて
幸せなのかも知れないですね。
ちょっと涙が出ました。

メイちゃんのはご謙遜かと
思われるので
大丈夫だと思います♪

投稿: なほ | 2009年3月17日 (火) 03時53分

はじめまして。
初コメントです。お義母さまのこと、大変だと思いますが、気負わずに頑張ってください。

メイちゃんの言葉ですが、私の経験からすると、本人が難しいと言っているときは割と大丈夫です。「解けなかった問題を覚えている=解けなかった問題が少ない」ということだった覚えが…。

良い方向に行くといいですね~~~!

投稿: えみ | 2009年3月17日 (火) 08時18分

ファッジさんに事態を諭されているお母様の表情は困惑の塊で、出口の見えない不安をかかえているように見えました。

oreoさんの話も泣けました。

投稿: オジイ | 2009年3月17日 (火) 08時47分

毎日、お義母さんの記憶に関わる言動が更新されていくようですね。身をつまされる思いで読んでおります。適切なリアクションでほっとしておりますが、時々こぼされる本音がこれまた心の救いでもありますね。そんなふうなガス抜きも必要だと思います。

投稿: 杵島太郎 | 2009年3月17日 (火) 10時03分

認知症の症状だなと思った時は、現実を押し付けないで話を合わせてあげてください。余計に混乱してしまう場合があります。

20年前、私の祖父が今で言う認知症でしたが、当時は「ボケ」というものさえ世間にあまり知られていない頃でした。祖父がおかしなことを言っているとき、家族が正せば正すほどムキになって怒り、どんどん症状が重くなっていきました。

認知症が出たり出なかったりする時はご家族も合わせるのが大変だと思いますが、「自分がおかしくなってしまった」という不安感を少なくしてあげることも大切なのではないでしょうか。

投稿: 夫が介護士 | 2009年3月17日 (火) 10時20分

一日たちましたが、おば様のお加減どうでしょうか?
楽になられているといいのですが・・・。

今日の暖かな日のように、お義母様にとって
心穏やかな日が一日でも多くありますように・・・。

メイちゃん、お疲れ様でした。ゆっくり休んでね(゚ー゚)
あんなに頑張った日々があなたに何も残さない
訳がありません。

そしてファッジさん、私たちオバ(OVERっって意味ですよっ!!)
フォー世代はちょっとした事で体調が変わります。
無理をしないよう気をつけて下さいね;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

投稿: なっちゃんママ | 2009年3月17日 (火) 10時29分


認知症の症状が出る時は、本人が不安になったり、心細くなったりした時が多いような気がします。
きっとおばさんが寝込んでしまって不安になられたんでしょうね。

あまり一生懸命に現実を認識させようとすると、余計に混乱してしまう可能性もあるそうですので、ファッジさんは出来るだけ気楽に構えていてください。
とっても難しいことだとは思いますが、お義母さまの背中に羽が見えた時は、まわりのみんなの背中にも羽をつけて同じ世界を楽しむくらいに出来れば良いのかもしれませんね・・・

投稿: バニー | 2009年3月17日 (火) 11時16分

記事読んでて、わたしまで「お母さん」発言に、ドキッ!としました。
実際目の前で言われたらどんなに動揺するだろうと。
ブログはとっても楽しみですが、ファッジさんは気を楽に、
なるべくストレス少なく暮らしてくださいね。
いくらでも待ちますから。

投稿: なつみ母 | 2009年3月17日 (火) 11時33分

こんにちは。
一度だけ義母が、「自分の亡くなったお母さんが部屋の向こうにいる気配がする。」と言って不安がっていました。

大好きな「お母さん」の気配が嬉しい反面、
やはり、自分はどうしてしまったんだろうと、不安だったようです。

いつかは、自分も通る道だと思います。
歳をとるって、大変なことですよね。
でも、生きていてくれるだけで、ありがたいですよね。

投稿: 母ちゃん | 2009年3月17日 (火) 14時18分

こんにちわ ウルウルです。
私の母は自分が痴呆になるのでは...と怯えてます。思い出せない事があると落ち込んでます。私は痴呆は治せないし、止められない。母が母じゃなくなるのは悲しいけれど、気張りすぎず受け止めようと思います。いろんな感情が出てくると思うけど、自分の感情としっかり向き合うことが大切だと考えます。自分が信じる心の大切なモノを見失わずいきたいものですね。

投稿: ぴっと | 2009年3月18日 (水) 11時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198885/44365690

この記事へのトラックバック一覧です: 負の連鎖:

« 日本語 | トップページ | 夫婦ちぐはぐ »