« 夢 | トップページ | ファッションショー企画 »

2009年4月28日 (火)

子離れ初級者編

  
  
  
  
  
  

はずかしい話ですが、

私はどうしても子どもに口を出してしまう。

口だけならいいが、手も出してしまう。

ここで言う「手」は手伝ってしまうの「手」。

  
  
  
 

私の子離れができていないのだ。

それをいいことに子どもたちは私を利用するようになる。

ついにダンナには

「ファッジは家にいない方がいい」と言われる始末。




幼い頃なら、両親は万能な神だ。

なんでも知ってる。なんでもできる。

親が「危ない」と言えば本当に危ないし

親が「大丈夫だ」と言えば本当に大丈夫だった。

それは親にとっても甘い幸福な時間だった。

  
  
  
 

しかし思春期を迎えた今、

親が「危ない」と言っても「大丈夫だ」と言っても

万能ではなくなってきた。

あの甘美で幸せ子育ては、どうあがいても、もうない。

  
  
  
 
 

子離れのできない私にまず出た指令は

「朝ご飯の支度をしたらとっとと消える」こと。

何がつらいって「行ってらっしゃい。」と子どもたちを

見送ることができなくなったことがつらかった。

  
 
 
 

しかし、その結果はすぐでた。

毎朝、新しい生活に小さな不安を抱えていたメイに

迷いがなくなった。

毎朝遅刻ギリギリで、支度の間に合わない日もあった

チューボーが遅刻をしなくなった。

  
  
 
 
  

子離れできない私が

子どもたちの甘えを引き延ばしていたのだろう。

 

 

 

変な子育てだが

子どもたちにも好評で、朝は私の自由時間になった。

今朝も喫茶店のコーヒーがうめぇ(←やや強がりw)

 

 

 

朝食とお弁当を作ったら、

6時半にいなくなるという朝を続けていたら

メイも私に合わせて6時半に家を出るようになった。

玄関でハイタッチして「行ってらっしゃいっ!」と

元気に見送ることができるようになった。

 

 

 

本日は漫画で描ききれませんでした(汗)

 

 

↓不器用もほどほどに。

|

« 夢 | トップページ | ファッションショー企画 »

コメント

参考にさせていただきます。

投稿: ひかげ | 2009年4月28日 (火) 13時55分

子離れは出来ていないとわかっていても、ズルズルと過ごしてしまいがちです。
子供のほうが親離れをしていても、親は何かと小さいときのイメージのままなのか、
手も口も出してしまいます。
それをいけないと思って、実行に移せるバニラ一家がすごいなと思いました。
私は子供が大学生になって、やっと子離れしなくちゃなと感じている今日この頃です。

でも、子供が大きくなると対等に意見を言い合えたり、いつのまにか励ましてもらえたり、違う意味で子供との関わりが出来てきて、楽しいですよ。

ファッジさん・・・実行に移す勇気が素敵です。

投稿: mama | 2009年4月28日 (火) 13時57分

小さいときからほったらかしにされて育ってきたのでファッジさんのようなお母さんがいる3人をとてもうらやましく思います。
喫茶店にいかないと気になってしまうくらいの愛情、私もほしかったなぁ~。

投稿: MIIY | 2009年4月28日 (火) 14時06分

素敵ですね♪

任せられているという自覚が、しっかりしよう!につながるんでしょうか。

時間を合わせてハイタッチして家を出るメイちゃんの姿から、バニラさんが素敵なお母さんだと感じました。

いつまでも家族みんなが笑顔で過ごせることが一番の幸せですね♪

投稿: pon-pon | 2009年4月28日 (火) 14時08分

ファッジさん、素晴らしい~

初めてメールさせていただきます。
我が家の子供はまだ小1・年中・2歳と小さいですが、私ったらすでにもう口と手の出し過ぎ
だなぁと思っていたところです。
ある程度のところで線を引いて、親が勇気を出して見守ってやらなきゃいけない事もありますね。
すごく参考になりました。ありがとうございました。
これからも頑張ってください!楽しみにしています。

投稿: ひかっち | 2009年4月28日 (火) 14時09分

涙でちゃいます。
まだ私の子供は3歳と0歳ですが、信じて見守るしかないんだ…と思う時があります。
女性って、仕事・結婚・育児・そしてまた…。とどんどん変化がやってくるんですね。

やわらかくかわっていきたいです。

バニラさんの子離れの様子、いつか私の通る道と思い読みました。。

投稿: shigino | 2009年4月28日 (火) 14時16分

我が子はまだ小学生になったばかりで、生意気なようですが、
ファッジさんが今までしっかりと子育てをされてきたからこそ、子離れしても大丈夫なお子さん達に育ったんですね。
もう何年か後には安心して子離れできるよう、今はもう少しだけ口と手を(手のほうは控えつつ)出させてもらおうと思いました。
本当に、ステキなご家族です。

投稿: とち | 2009年4月28日 (火) 14時17分

そうか、そうかと目からウロコを落としまくりながら読ませてもらいました
ここで気付かせてもらってなかったら、確実に手も口も足まで出してる母親になっていたでしょう・・笑
もうすぐ4歳と1歳半の子どもたち
今は期間限定の甘い幸せな時間をかみしめて
来るべき日に迷いやブレがない、聡明な女性になっていたいなぁ

ファッジさん、ステキです☆

投稿: おケーコ | 2009年4月28日 (火) 14時33分

そーなんですか!うちダメダメだわ。

中3生は鞄を自転車にくくりつけて、車が来てないか確認して、道に出るまでお見送り。
小5生は集団登校の集合場所まで、手をつないで行ってる!!

駄目なんだ…確かに中3なんてすっごくわたしに依存してます。
やめた方がいいのかな、困った…。

投稿: shiho | 2009年4月28日 (火) 14時38分

素敵。羨ましいご家族です。うまく発達段階を踏まれているような感じがします。
私もファッジさんの良い影響を受けたい・・・。

投稿: ぬお | 2009年4月28日 (火) 14時52分

はじめまして。いつも楽しく拝見しています。
今日の記事は心打たれるものでした。

昔と今では、子どもに対する心配の“種”の質が
まるで異なります。子を思う親心。

そして、子どもの周りにある情報は
驚くほどに溢れています。
例え子どもが何でもできると思っていても、
帰る場所は親の元。でも難しい、さじ加減。

ファッジさんが自分の気持ちをそのまま載せて
くれていることで、考えるきっかけになった
記事がたくさんあります。

感謝しつつ、これからも応援しています。
頑張ってくださいね。

投稿: カワニシチョコ | 2009年4月28日 (火) 14時59分

う~ん、奥が深いですね。
ファッジさんは子供を突き放す行動に出ているように見えますが、
でもそれってこれまでの信頼関係があってのことですよね。
メイちゃん、ケンくん、リュウくん、
み~んなちゃんとファッジさんやクリームさんの背中を見て
育ってきたからしっかり成長できてるんですよ~。

毎回胸キュンのお話、本当にありがとうございます。

投稿: おくま | 2009年4月28日 (火) 15時05分

ファッジさん、まず子離れ第一歩ですね。
でも寂しいですね(ρ_;)

年齢や成長段階によって子育てって変わってくるものなんですね。
子どものことは親が一番よく分かってる・・・ついそう思ってしまって客観的に子育てするのって意外と難しいのかも。

・・・とまだ子どもがいない私ですが、今後の参考にさせていただきます!

投稿: coco | 2009年4月28日 (火) 15時06分

わかってます、子離れできていない自分。

子どもの成長に気づくたびに「あぁまたひとつ親離れが近づいた」と寂しくなってしまうんですよ〜sad

投稿: ちん | 2009年4月28日 (火) 15時09分

それでいいのだと思います。

私が3歳のときに父が会社を立ち上げ
母が手伝うことになりました。
そのため私はほとんど放置状態で育ちました。
でも、そのおかげで私は自立心が芽生え
親からみたら手のかからない子に育ちました。

両親が忙しいのをみているから
自分のことは自分でやるクセがついたんですね。

ある程度突き放すことも大切だと思います。

投稿: るおりん | 2009年4月28日 (火) 15時11分

ほんとに私にとっても耳の痛いお話・・・(;д;)
子供の歳相応な手放しが出来ず、自立心が
なかなか芽生えません。だからまた手を出す・・
の悪循環な子育てです。
極端な話、流行のプロフィール帳で、
娘の誤字脱字まで気になってしまう・・・。
(だって多いんだもん)

娘の国語の授業で「だいじょうぶ、だいじょうぶ」という話があります。
おじいちゃんが孫に「大丈夫だよ」と見守る事だけで、
手を出さずとも、孫が色んな事気付き成長していくというお話。
・・・今の私には理想です。

よし、明朝は皆喫茶店に集合だ!(どこの?)

投稿: なっちゃんママ | 2009年4月28日 (火) 15時11分

深~い愛情とまっすぐな気持ち。
ベースがあるからこそ成立していますよね。。
決断力のあるクリームさんも、実行に移せるファッジさんも、素晴らしいと思います。

いつも、色々な事を教えていただいてありがとうございます。

投稿: リカのマ | 2009年4月28日 (火) 15時20分

ファッジさんに的確な指示を出せるクリームさん、その指示に納得して実行に移せるファッジさん。
ほんっと前向き!
今日も元気もらったぞ~♪(^^)

投稿: ハーブ | 2009年4月28日 (火) 15時23分

ほうほう、確かにそうかも(うちの母がまさにファッジさん状態だった)。
参考になります。
私も子どもが大きくなったら、子離れ実践法、試してみます!

育児は色々と不安がつきまといます(?)が、
過干渉にならず、放置にもならない育児とは、
親が「遠くで見ている」事だそうです。
(幼児教育の本の受け売りですが)

もしかしたら子どもがいくつになってもそのスタイルがいいのかも
と今回ファッジさんの文を読んで思いました。
私も子離れできるよう頑張ります!(^^)

投稿: 琴 | 2009年4月28日 (火) 15時25分

まぁねぇ。。。
 具体的に書いてないからなんとも言えませんが、ファッジさん素敵よ^^

有吉玉青さんも何かに「母の愛とはただただうっとおしい」(時期もあると個人的には思いたい^^;)なーんて書いてましたし、私はその子の年頃に合った育児をしてたつもりだったけど。

夫はお前の母性愛は強烈過ぎるから娘は
北海道では身がもたないと思い山梨の大学に進んだんだろう。と言い
娘は「うん、母さんなら札幌くらいなら毎週来たり留守中に部屋に居たりするかと思った」なーんて失礼なことを言ったものです。

あいつら家族なのに解ってないな。。。
私、娘の大学在学中訪問は一度だけよ。。。育つの見守るまでが愛って知ってるって(苦笑

投稿: 母A | 2009年4月28日 (火) 15時28分

私も過保護、過干渉なため
ヘリコプターペアレント予備軍と言われています。(泣
特に忙しい朝は…わかるぅ~。

私も喫茶店に行きます♪
モーニングサービスを楽しもう!
で、どこの?

投稿: みなみ | 2009年4月28日 (火) 15時31分

はじめてコメントさせていただきます
ブログから見えるファッジさんの芸術的センスや人間性に尊敬すら感じており、いつも私の気分転換や励みにさせて頂いてます

ここ最近、我が家でも高1の息子のことで色々あり、昨日からまた落ち込み、今日は鬱々と過ごしていたところに「子離れ初級編」の内容は辛かったです・・・
わかっていても~自分では努力しているつもりでも、結果が出ない=努力が足りない~
旦那には私の性格に問題があると非難され、私自身を否定されているようで、自分の存在自体にむなしさを感じてます・・・

子離れ以前の問題ですね・・・

投稿: ひろ | 2009年4月28日 (火) 15時59分

せつないですね。でも子供のためですよね。私も心配症で、過保護な所をただ今修正中です。なかなかうまくいきませんが、私も頑張ります。子育てってむずかしい~ 

投稿: まいママ | 2009年4月28日 (火) 16時06分

実はそれを実行しています。
息子達は私に依存していて遅刻しそうになるのも、忘れ物をするのも全部母のせいと思っていました。
しかし、やれば出来る。
寝坊のため登校班で行けなかった長男が新学期からは毎日間に合っているんです。
次男も文句を言いつつ何とか通っている。
今までの私の朝の苛立ちは何だったのだろう…って感じです。
朝から怒鳴らなくちゃいけなかった毎日が嘘のよう…
お互い朝から良い一日がおくれています。
是非みなさんもお試しを…
私は友人のアドバイスで半信半疑に始めました。
朝ご飯さえ用意しておけば大丈夫!

投稿: もも | 2009年4月28日 (火) 16時10分

ファッジさんち、みんな素敵ですね。
ちゃんと子育ての芯の部分でしっかりかかわっているクリームさんがこれまた素敵。
それにしても口も手も足も出せないのに、ご飯の用意だけはしなきゃいけないなんて。私だったらキレちゃうわww

ファッジさんのブログは本当に影響力があるので、ちょっと最近気になることを少しだけコメントさせてもらってもいいですか?


世間では自主性に任せるとか肝っ玉かあちゃんとか、そういうお母さんが「子育て上手なママであり、かっこいい素敵なお母さん。」という図式が大きな流れになってきているような気がするのですが、任せても大丈夫な子と危ない子がいるんですよね~。二種類を多頭飼いすればなんとなくわかるんですけど。各々の個性なんですけどね。
特に小さい子供なんかは命にかかわりますから、登下校、習い事、自転車、遊び、ゲーム、いちいち見守る必要性もあるんじゃないかなーっと思います。

あ、もちろん、ファッジさんはそれも含めてきちんと三人を見守ってきて、その暁のめでたい子離れってことなんだろうな。ってわかってますけど。

ファッジさんの今日のエントリみて、色々、頑張ろうって思いました。ありがとうございました!

朝のコーヒー、うまそうです!

投稿: ちゃお | 2009年4月28日 (火) 16時44分

それぞれの自立おめでとうございます

うらやましいコーヒーの味・・

いつか私も飲める日がくるといいな~

がんばろっと!

投稿: tomo | 2009年4月28日 (火) 16時51分

私、独身で子供いないのですが、なぜか涙でちゃいました。いつもホロリとさせられてしまいます。寂しくても、これでいいんだと自分に言い聞かせて前に一歩進む。周りの景色も日々変わってゆく。
春ですね。

投稿: 心が旅行中 | 2009年4月28日 (火) 16時58分

子供は日々進化して成長しているのに、私達はもうそのままですもんね。
私達がこうした方がいいと思ったことは、小さいなら、そのまま思い通りだったけれど、大きくなるにつれ思い通りにはいかなくなる。
それを説得させる術を私達親が勉強しなければならないのかもしれないです・・・。

すいません・・・愚痴ってしまいました・・・。

私の場合、まだ2歳の子がいるので、ついつい、そっちに逃げがちですが、思春期のお姉ちゃんにはかなり手こずってます。

投稿: ルルベ | 2009年4月28日 (火) 17時07分

とても良い対応だと思います。

三人の年齢から言って、多少の事は自分でさせないと、将来が大変ですからね。

でもここのコメントをざっと見て思ったのは同様の悩みを抱えているお母さんが多いという事にちょっと驚いています。

いろんな意味でかまいすぎ(小言の言い過ぎ、世話の焼きすぎ)はよくないと思います。かまいたい気持ちは分かりますけど。

独身男性なので親の心理に対して、あまりえらそうな事はいえないけど、バニラファッジさんをはじめとするお母様方、頑張ってください、応援します。

投稿: こじこじ | 2009年4月28日 (火) 17時16分

その子離れの仕方を母に教えたいです。
教えます。

末っ子の弟が愚弟でどうしようもないんです。

私から見れば年離れた弟で
年取ってからの最後の子供愛したくなるのもわかりますが
今、今年高三、あんなにベタベタと一緒にいた母を
同じ感じで母を召し使いの様に扱う始末。


真似させていただきまっす!
あいつはホント犯罪者予備軍。なんとかせねば!!

投稿: りよこ | 2009年4月28日 (火) 17時20分

私には子供はいませんので恐縮ですが、子供だったときのことを思い返して、ふと感じたことを。。。

うちの両親は「箸の上げ下ろしにはうるさいが(主に母)、人生の選択には口を出さない(両親とも)」という方針で、言ってみれば「高校までは金も口も出す、大学では金は出すが口は出さない、大学卒業したら金も口も出さない」という感じでした。(笑)

高校まではかなり世話を焼かれた気がしますが、大学に入って一人暮らしを始めたとたん、あっさりとほったらかされ、以降は「あんたの好きなようにしなさい」と、私の選択を尊重してくれています。ま、時々は「結婚はしないのか」とか、「酒は飲みすぎるでないぞ」とか、言ってきたりもしますが。(笑)

そんな両親との関係を振り返って思うに、たぶん大事なのは「オトナになってからも手を出してしまうことがないよう、高校卒業までの間に、手を出さないことに慣れつつ、お互いの信頼関係を築いておくこと」なのだと思います。ファッジさんは両方しっかり始められているので、きっと大丈夫ですよ♪ 朝の時間、楽しんでくださいね~。

投稿: くう | 2009年4月28日 (火) 17時42分

な、なるほど・・・

実は私も最近どうしても一週間ほど家を空けなければならない事情があり、初めての父子家庭を経験させました。
私と違って息子をほったらかしの夫によると、朝は起こさなくても自分で起き、トーストを焼き、キチンと身支度をして余裕を持って登校していたそうです。
それを聞いた時に安心したとともに、寂しさを感じてしまいました。
息子の自立を阻んでいたのは私だったのかもしれないと反省もしました。
でも・・・やっぱり「行ってらっしゃい」は言いたいな~(ダメ母です。)

投稿: バニー | 2009年4月28日 (火) 17時49分

子育て四訓」

 1.乳児はしっかり肌を離すな
 2.幼児は肌を離せ手を離すな
 3.少年は手を離せ目を離すな
 4.青年は目を離せ心を離すな

↑コレを思い出しました。

投稿: うしちゃん | 2009年4月28日 (火) 18時15分

「行ってらっしゃい」を言わない、言えない環境も有りなのですね~。こりゃ奥が深い。うんうん、勉強します。
なんていっても新社会人の息子をまだ起こしてるワタシ。こりゃ考えにゃぁ、うん。

投稿: 愛知 | 2009年4月28日 (火) 18時17分

子ども側から。
朝からやいやい言われるとテンション下がりますからね~。自分で考えて自分のペースで動きたくてもそれが邪魔される感じだし。朝はほっといてくれた方がこっちも精神衛生上イイんですよね。思春期なら尚更。コミュニケーションは夜とればいいし。

イイ方法だと思いますnote

投稿: 元子ども | 2009年4月28日 (火) 18時36分

ファッジさんは豪華で有名なモーニングの街にお住まいでしたよね。
いろいろなお店でモーニングを楽しまれているのかな。
子離れが下手なわたくしも参考にさせていただきます。

投稿: ぽこ | 2009年4月28日 (火) 18時37分

こんにちは。

こうやって、親がまた一歩成長させられるということなのでしょうね。

私は子供が生まれる前に、この詩を知り、
折に触れ、考えさせられています。

http://youcanrun.blog59.fc2.com/blog-entry-101.html

http://nimbles.cocolog-nifty.com/diary/2007/03/post_eddc.html

(翻訳者によって微妙に違うようです)

投稿: みーも | 2009年4月28日 (火) 19時09分

なんだろう、涙出てきたweep
私は放任で育てられたので、
反動でついつい我が子をかまい過ぎてしまう。
それでいいと思ってたけど、
やはり自立の妨げになっているなと、
思う場面もでてきました。
バランスって、難しいなぁ。
親になるって、難しいなぁ。

メイちゃんやはり新生活に、
不安があったんですね。
迷いがなくなって、ほっとしました。

うしちゃんの
「子育て四訓」
肝に銘じます

投稿: 北灯り | 2009年4月28日 (火) 19時21分

ファッジさんの柔軟性に脱帽です。
とても素敵なお母様だと思います。

可愛い子には旅をさせよ、とは
言うは易し、行うは難し。

ファッジさんの子育てと子離れに応援ポチです☆

投稿: 花 | 2009年4月28日 (火) 19時30分

ああ!ホントにためになるブログだ!
私もつい手をかけてしまう方なので、肝に銘じます。
でも、「行ってらっしゃい」はハズせない~sweat01

朝の喫茶店いいですねheart02

投稿: タウシュベツ | 2009年4月28日 (火) 19時41分

ぱちぱちgoodいつも楽しく拝見してます。
実は、おもっってましたsmile
すっごく大切で、愛してるんだと。
でも、いい変化ですよね~
少し慣れたら、朝食の支度やお弁当の盛付のお手伝いもしてもらったらどうですか?
でも、見送りはするbicycleschool
折角、言える環境なら言わない手はないですよsun
手を出さないために、顔を合わせないなんてもったいないですよ。
勝手言ってごめんなさいsweat01
これからも楽しみにしてますね。

投稿: あ~ | 2009年4月28日 (火) 19時55分

ファッジさん、素敵な子育てです。涙がポロン。もちろん感動です。

私は同じく3人おりますが(24・22・16歳)いまだに子離れできてない感があります。(はずかし~)
子育ては、自分育てですね。サイコ~、ファッジさん。(^^)♪

投稿: 井上 美智子 | 2009年4月28日 (火) 20時01分

はじめまして。
いつも楽しく拝見させてもらっています。
ジーンとしました。
我が家も中2、小6、小4と3人の子供がいますが、実は上の子が一時期不登校を体験し(今は克服)
子供を心配しない(しすぎない)をモットーに見守っています。
いってらっしゃい問題は、”こちらから言うのでなく”子供に「行ってきます」を言わせる方向で、自分の家事や出勤の支度に没頭しています。
玄関見送りは旦那様のみ、子供は流し台から大声の「いってらっしゃーい」。
ファッジさんの記事を読んで、もうひとつ手を離してみようと思っています。

投稿: mina | 2009年4月28日 (火) 21時12分

こんにちは。
いつものファッジさんから、朝あえて家を出るのが、どんだけ辛かったか、心配だったか(ノω・、)
そこをあえて行動に移したファッジさんに感動。
よく見てくれてるクリームさんにも感動。
多分、なぜ朝に姿を消すのかお子さんたちも意図をわかってるような気がする。
素敵だー。
たまに、お1人で描かれているのでなく、ブレインが複数居るようなファッジファクトリーで作ってる作品なのでないかと思うくらい感動します。。。

投稿: arust | 2009年4月28日 (火) 21時23分

なるほど~!!
いつも楽しく拝見させていただいてます。
為になりますねhappy01shine
今後の参考にぜひさせてくださいflair

投稿: はぐ子 | 2009年4月28日 (火) 21時47分

今だ68の母の、子離れできない電話攻撃に
日々悩まされる40の私には羨ましいばかり。
ベッタリな母で、いまだ子離れできず。
ファッジさん、尊敬致しますよ!!

投稿: もりもり | 2009年4月28日 (火) 21時52分

なんか…なんか…涙出ました。
私子供いないし結婚もしてませんけど、
涙出ました。

投稿: Moke | 2009年4月28日 (火) 22時03分

こんにちは
初めてコメント書きます。
いつもブログの更新を楽しみにしています^^

私は最近就職を機に一人暮らしで親離れ?やっとできました(苦笑)
甘えさせてくれる人が居ると、やっぱり、駄目だ駄目だと思っていても、甘えてしまうんですよね。
今は親ともいい距離感ですし、今まで親にしてもらっていたことを自分でできるようになるのも新鮮で、楽しんでいます。
振り返ってみれば甘えっぱなしだったら自分が後々大変だったかも・・

私の親もファッジさんと同じ心境だったのかなーと思うと愛されてるんだなーと思います。
親ってすごいですね!ファッジさんもすごい!

これからも楽しみにしていますね。
失礼しました

投稿: リンドウ | 2009年4月28日 (火) 22時04分

お義母さんとおばさんから、突っ込みは入らないのでしょうか。cat

投稿: umi | 2009年4月28日 (火) 22時10分

ファッジさん、えらいです!!
子育てでは先輩の私ですが、実はちっとも子離れ出来てません。
距離を置くことが子供のためなんですね。
考えてみます。
ありがとうございます。

投稿: ディズニーファン | 2009年4月28日 (火) 22時10分

この記事&このコメント
みんな本にして欲しいくらいです。

「甘やかすから甘えてくる」

ダメンズウォーカーにならない為にも…

ホント、毎回、勉強になります。
ありがとうっ(^―^)

投稿: kasago | 2009年4月28日 (火) 22時32分

素敵な取り組みですね。
とても考えさせられました。

私はもうすぐ2歳児の娘を持つ母ですが、ファッジサンとは逆の「放置気味」タイプです・・・。
変な意味で放置してるんじゃないですよ。
普通の育児はしてます。
元々細かなところに気づくタイプじゃないだけで。

ただ、おかげさまで娘は「しっかりしてる!」とよく言われるものの、周りの細かいお母さんを見てあせることも多々。
自分ってだめ母だなあ、と。

悔し紛れからか、そういうお母さんって子離れするとアイデンティティを失いそうで、かまいすぎてるんだろうって勝手に思ってました。
子供に依存してるなあって(←意地悪ですね)。

だから、今日の記事を見て、自分の一時の満足感よりも子供の自立のためにツライ方法を選んだファッジサンに感動したのです。
上手く言えない上に、長々とすみません

投稿: 梅の花 | 2009年4月28日 (火) 22時54分

いつもファッジさんのブログを見て
あぁ、こんなこともあるんだ
こんなことも・・スゴイな
と、思って拝見してました。
私も小学校2年生の息子がいるんですが
いつかは子離れするときが来るんだなぁ~
と、思いました。
辛いような、嬉しいような
そんなときを迎える日のことを思うと・・・
なんだかグッときました。

投稿: ふく | 2009年4月28日 (火) 22時54分

いつも読んでいます。
じーんときました。コメントにも感動しました。
私は大学生ですが、お母さんをお手伝いさんのように思っていた中学生・高校生のころがあります。
今はやっと思春期を終えてお母さんの家事を手伝うようになりました。
恥ずかしながら今までろくに家事を手伝わなかった私ですが、自分も大人になって感謝と今までごめんね、という謝罪の気持ちがあります。

投稿: | 2009年4月28日 (火) 23時01分

すごいです、ファッジさん!
最近、「モンスター」と呼ばれる親たちにも見習っていただきたいくらい!
教育機関に勤めているのですが、
成人を目の前にした年齢にもなるのに、
父親や母親が学校に口を出してくるのは日常茶飯事です。
「それくらい、お子さん自身から質問するように言ってください」と何度言ったことか。
子供は分からないことは親に聞く。親はそれが分からないから学校に聞く。
この悪循環を断ち切るのは、まさにファッジさんのように親が「子離れ」するしかないのだと痛感します。
お辛いかもしれないですが、それに気付いたファッジさん、偉い!
「自分でやりなさい」
この言葉が言える親って、きっと少ないのかな、と思ってしまう今日この頃です。

投稿: さら | 2009年4月28日 (火) 23時05分

涙が出るぅ…。
いらいらすることも多い朝だけど、お世話できる幸せなんですよね。うちは小学生だけど、子離れする時がくるのを覚悟します。ううう。もすこし小さいままでいてくれんものか。

投稿: usazou. | 2009年4月28日 (火) 23時12分

ファッジさん、そうそう、その通りですよね(ρ_;)
うちも息子が高校1年生になりました。私も朝の仕事探しに忙しいです。

投稿: うさぽん | 2009年4月29日 (水) 00時14分

初めてコメントいたします。
私にも小学生の子供がいますが、いつもほったらかしです。
知らん間に成長してました。

投稿: メタボリックマン | 2009年4月29日 (水) 01時52分

ファッジさんは確かに、子供を甘やかしすぎてナメラれてるなぁって勝手に心配してました

だらしない子じゃなくても、
優しいお母さんだと、ついつい依存してしまうんですよね

遅刻・忘れもの・風邪・進学…な~んでも母親のせいにすれば楽だけど、ホントはだなしなくなる自分が苦しい。

「母が甘やかしすぎるから自分がダメになるんだ!」って母親に対してイライラしたり…最低の自己中です(私のことです…)

側にいると「今までやってたくせに放棄するな 手をだすならちゃんとやれ 出さないなら口出しするな」とか思うので離れて大正解かも。。

信じてないけど中途半端に放り出して結局文句しか言わない母親ではなく、
信じてるから口出ししない母親になることにした と期待してます。

投稿: 子供を信じてる? | 2009年4月29日 (水) 02時44分

うちの母はとても厳しく
私達兄弟はかなり厳しく育てられました
物心ついた頃から自分の事は自分で。
食べた後の食器は自分で洗うの当たり前
洗わない時は容赦なく自分の勉強机の上に食器が置かれます。
母はハエが飛ぼうが匂いが出ようがお構いなし
結局子供達が自分で洗います
こんな感じのエピソードは上げたらきりがありません・・・
ほんとに困った時以外はとにかく自己責任で育てられました
子供の頃はなんて冷たい母親なんだろうと思いましたが
大人になった今はほんとに母に感謝感謝です
今回の記事読んで応援したくなりました
きっとお子さん達もお母さんに感謝する時が来ると思います
がんばって下さいね(゚ー゚)!

投稿: mame-omoni | 2009年4月29日 (水) 02時49分

ちょっと泣きそうになっちゃいました。
頑張って少し放任してみようかな。
ファッジさんありがとう。

投稿: wagam | 2009年4月29日 (水) 04時20分

子離れできないってのもあるかもしれませんが、ファッジさん自身がきちんとしたい方なのでしょう。

私の場合、ムスコが何度起こしてもおきてこなくなったので、

「朝、起こすのは1度だけにするわ!あたしゃ~
アンタが遅刻して学校クビになったって痛くもかゆくもないんじゃ!なんで、おきてください!みたいに何度もおこさなあかんねん!あほらしい!」

と、宣言し、その後は7時に一度声かけたらなにがなんでもその後はほうっておきました。

そしたら「おはよ」って起きてくるようになりました。


朝、モーニングコーヒーもうらやましいけど、めんどくさいんじゃないですか?

でも子供たちが「うちのかあさんもやるときはやるな」と感じ出したら、ファッジさんもお家にいながらも知らん顔できるようになるかもしれませんね。

投稿: ミキ | 2009年4月29日 (水) 06時39分

たくさんのコメントありがとうございました!
昨日の記事は、当初コメント欄を閉じて公開しようと思ってました。
叱られるのは覚悟のうえでしたが、あんまりボコボコに叱られるとさすがにシンドイので、ね。
でもいつも思いますが、私のブログはコメントがついて初めて完成するブログなので、やはりいつも通り開放してアップしてみました。

よかった。解放して本当によかった。
何度読んでも、いいブログだ(←コラ)
本当にコメントなしでは成立しないブログだと痛感しました!ありがとうございました。

さてゴールデンウィーク突入で、今朝は家で過ごしています(笑)ダンナが一緒にコーヒーを飲みに行こうかと起きてきました。じゃ、みなさんも素敵な休日をっ!

投稿: バニラファッジ | 2009年4月29日 (水) 07時23分

あぁ~はずかしぃですcoldsweats02
ファッジさんの行動はすばらしいわぁ。
まずクリームさんの冷静な判断を素直に受け入れていますよね。
まずは子育ては「夫婦」って、ある方から教えていただきました。

子供って親が考えているよりも出来るんですよね。
それをいつまでも小さな子供の気持ちでいるもんでついつい口が出て、手が出てなんてことになってしまって・・・sweat01
反省してますthink

ちゃんと遅刻しないで起きてるし、挨拶や敬語なんかも使っているようです。(電話応対を聞いて)

《うしちゃんの子育て四訓》にポチッっとしちゃいます。

投稿: rera-m | 2009年4月29日 (水) 07時38分

ファッジさんはいつもの姑~ずとの話のように
なんでも飄々とやってのけられているイメージでした
でも、やっぱり色々な事に悩まれて、試行錯誤して
そんな中で今のファッジさんがあるのだと
改めて思ったら、なんだか涙が出てきました
これを読んだのは会社なのに(苦笑)
サブタイトルに『嫁の進化は続く』とありますが
『母の進化も続く』のですね

投稿: u-san80 | 2009年4月29日 (水) 07時49分

そうですよね、どこかでえいっと一区切り付けないともうずーっと(それこそ子どもが30になろうが40になろうが)続いてしまう気がします。そのころにはそれが自分の生き甲斐みたいになっちゃって年老いてきた母に対して今度は子どもの方でも断りにくくなるというような・・。私も日々「進化」できるようにがんばります!素敵な先輩ママさん(パパさん)がいるととても励まされます。

投稿: きのこ | 2009年4月29日 (水) 08時11分

親から子どもに差し伸べる必要な3つの手。

ひとつめは「指し示す手」
ふたつめは「支える手」
みっつめは「離す手」

子どもの入学式で聞いた校長先生の話の中のひとつです。

投稿: muku | 2009年4月29日 (水) 08時40分

胸がきゅぅ~んとして、目に熱いものがこみ上げてきました。
ファッジさんをお手本に、私もがんばります。

投稿: 梨 | 2009年4月29日 (水) 08時52分

そうです子育ての99%は終了したもの同然です

親はこれから
自分がしたい事にチャレンジです

バイクにまた乗ってみましょうよ

投稿: バイク乗り | 2009年4月29日 (水) 11時47分

あ゛ああ~。

三十路になっても親離れできてませ~ん(ToT)
いつまでたっても巣立ちができない私。
なんかもう、すみません…。

投稿: ルビー | 2009年4月29日 (水) 12時14分

≫幼い頃なら、親が「危ない」と言えば本当に危ないし親が「大丈夫だ」と言えば本当に大丈夫だった。それは親にとっても甘い幸福な時間だった。

5才と1才を子育て中の身として、これから先を考えさせられ、また、今この子育ての瞬間も、貴重で大切な一瞬なんだと、改めて教えたいただいた気がしました。

投稿: sakura-sho | 2009年4月29日 (水) 12時38分

私も 私もです。
なかなか子離れできません。

彼がひとり立ちしてから
1週間近く毎日淋しいのと、いろんな
感情が混ざって涙が止まりませんでした。娘も 5年前に巣立っているので
今は 大人とペットのわんこだけに
なってしまいました。

今おもうと子育てってすごく楽しかったって振り返られます。もう一度 小さい頃に
戻ってくれたらいいのにって
今も ときどきおもってしまう
だめ親です。

ファッジさんの気持ちがわかるような
気がします。
3人のお子様たちもあっとゆう間に
大きくなりますよ♪
今のうち精一杯子育て
楽しんでくださいね(*^。^*)

 

 
 

投稿: ままっぴ | 2009年4月29日 (水) 13時20分

はじめてコメントします。
うちも高1おねえちゃんと中2息子がいます。子供たちが小学生の時から、バニラ家と同じような事件が起きてきました(^-^;
そしてまさに、今の悩みは朝の支度の遅さにありました。。。
今回のファッジさんの行動を娘に話したところ「うまくいくと思う」と言いました。「ママは世話を焼きすぎなんだよ。放っておけば何でも自分で出来るし、痛い目に合えば考えるでしょ」
ずっと前から夫と娘に言われていた。ママがかまい過ぎって。
でもね、特に何もしていないんですよ。ただ心配だから、定期持った?宿題はないの?早く食べなさい。もう時間だよ。
・・・これ、構い過ぎなの?

でも、私も決心しました。
近々決行したいと思います。
ホントに、このブログがあってどんなに救われてるか。毎日読んでます。応援しています。
(ちなみにいい子なんだけど部屋が汚いお姉ちゃんもよく似ています。)

投稿: ウォンバット | 2009年4月29日 (水) 14時28分

はじめまして

ファッジさん良いこと書いて下さいました。
どうしても親は心配や今までの延長でいろいろ世話を焼いたり、指導してしまいますね。
本当は子の自立が大切なのに。

それに気付く春ってことで、ファイト~♪

投稿: なっと | 2009年4月29日 (水) 14時43分

(´;ω;`)ウウ・・・やっぱり、ファッジさんはスバらしい!

同じ事で悩んでいました。
私の娘は一人っ子。
目が行き届いてしまう分、
ついつい、口を出し、手を出し…

でも、それでは、いつまでも自立のできない人間に育ってしまいますよね。

子の成長を喜びながら、
自分の手元から離れていく寂しさに耐えるのも親の仕事だと気づかされました。

ありがとうございます。

投稿: あーしゃ | 2009年4月29日 (水) 14時44分

なるほど。
そうは思っても、なかなか難しいですが、私もやってみます。
ホント、私は思った以上に手や口を出しすぎる母親になりました。
不思議ですね。子供のころ、あんなに母がうっとおしく、「大丈夫なのに・・」と思っていたのに。
口を出すより、いないこと、ですね。
私はいなくなりたいのに、私の夫は送り出してやれと・・・私がほうっておくと、自分がそわそわイライラして子供を起こしに行きます。
なんか、変・・・
やってみま~す!!

投稿: coffee | 2009年4月29日 (水) 15時24分

自然に親離れしていく子供に必死にしがみついていた私。親子関係がぎくしゃくしちゃってつらかった。1年前にこのブログにめぐり合えてたら何かが違ったかも・・

投稿: りん | 2009年4月29日 (水) 17時39分

親離れ、子離れ、共にきっかけや思い切りが必要なことだなあと感じています。
うちの娘はやっと幼稚園に入園したひよっこですが、それでも今はお友だちや先生やいとこたち、そういった中にいると親など忘れ去られてしまいます。
母親なんて空気か白いごはんみたいなもので、必要だけどあって当たり前の存在だよね~などとぼやいてみる始末(苦笑)
どこかで聞いた話ですが、子育てってがんばってがんばって、子どもが自分を必要としなくなるように育てていくものなのかもしれないですね。
寂しい気持ちと頼もしい気持ちが半分こです。

実家の母の口癖は「子どもは3歳までに一生分の親孝行をする」というものです。
いつも一緒にいてた甘美な日々はもうこないけど、こうして順送りに大人になっていくのですね。

投稿: いりこ | 2009年4月29日 (水) 22時47分

ときたまコメント残すコミネです。
実は、妊娠しました~^^

心音聞こえるね。
って先生に言われた瞬間に涙が出るくらい、
親バカの域に近づいてます。

子育ての参考にさせてもらいたいです。

子供、可愛いですよね^^

投稿: komine | 2009年4月30日 (木) 09時27分

ツンと鼻の奥がなりました。

投稿: ひなっちょ | 2009年4月30日 (木) 09時52分

ファッジさんは、本当に素敵な、
奥様で、お母様で、お嫁様です。
頑張ってます。
折角出来た時間。
ご自分のために、贅沢に使ってください。
ファッジさんが、キラキラしてると、
ご家族の皆様が、とても幸せに感じることと、
思います。
これからも、楽しみにしています。
ありがとうございました。

投稿: なっちゃん | 2009年4月30日 (木) 09時58分

初めまして。

3歳の男の子と1歳の女の子の母親です。なんだか今日の記事は涙が出ちゃいました・・・

いつか私にもこういう時が来るんだろうな、と思うと、子供の成長が嬉しいような楽しみなような、でもやっぱり切ないような。

私はファッジさんみたいになれるかしら・・・

これからもずっと応援しています。ファッションショー楽しみにしていますね。

投稿: Keimei | 2009年4月30日 (木) 11時22分

本当にファッジさんは カッコイイですね。お茶に誘ってくれる クリームさんも 素敵です。 私は 10年後に そんなお母さんに なれるのかな・・ いつも 応援してます。

投稿: なな | 2009年4月30日 (木) 11時46分

ワタシも ファッジさん見習うわ
これから
そして 今のファッジさんを 応援するわ 心から
メイちゃんも リュウクンも ケンクンも
いつか ママの気持ち捕まえてくれますように

投稿: みみぴ | 2009年4月30日 (木) 14時46分

今、私は中学生の息子を私の実家に預けています。小学生まで素直でまじめで勉強もできるいい子でした。しかし環境やその他もろもろの原因で学校も不登校ぎみで夜、街を一人でうろつくという奇妙な毎日を過ごすようになりました。それは心配なあまりなのですが、私が子どもの居場所をいつもつきとめ、早く帰ってこいといって追いかけまわすという子離れできない状態からくる反発ではないかと思われたからの決断でした。一歩を踏み出した息子は元気に過ごしています。とにかく今を生きて、精神的に私が子離れをしていい人間関係を築き直したいと願う毎日なのです。

投稿: 馬鹿親 | 2009年5月22日 (金) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198885/44821071

この記事へのトラックバック一覧です: 子離れ初級者編:

« 夢 | トップページ | ファッションショー企画 »