« 熱帯夜part2 | トップページ | 介護フェアリー »

2010年9月11日 (土)

失格者2名

 
 
 
 
 
 

9111

 

 

 

しかし、なかなか戻ってこないので

そっと様子を見に行ったら…

 

 

9112

 

 

 

 

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

 

 

退院後のおばさんは、持病のリウマチが悪さをして

歩くのはおろか、手指の力も衰えてきた。

日によっては全身痛くて、座っていられない時もある。

ベッドから車いす、車いすからトイレへの移乗は

簡単な介助でなんとかできるが、厳しい。

 

 

 

 

この時は、トイレ介助をしていたらしが

「2人がチグハグに力を入れるから、もう痛くて痛くて。」と

おばさんはご立腹だ。

しかし「もう、いいっ!」と

手を払われたお義母さんもご立腹(汗)

 

 

 

生活リズムができるには、もう少し時間がかかりそうだ。

 

 

 

 

 

↓いつも応援クリックありがとうございます!

711bana

 

 

↓↓↓↓↓↓今日の「嫁日々」情報↓↓↓↓↓↓↓

遠く離れた義実家。一人で義祖父母の介護をしている義母に

何かプレゼントをしたいが気の利いたことができないと

新米嫁さんから「嫁日々トーキング」

初々しいお悩みメールが届きました。

ぜひ、先輩嫁さんたちのナイスコメントお待ちしてます!

 

 

↓↓↓もう、チャレンジしていただけましたか?↓↓↓

クリアしないと、応募要項にたどりつけない

嫁日々1周年記念プレゼントでーす!

Present0830

9月13日(月)朝10時が締め切りです。

Let!s Challenge♪

2

 

|

« 熱帯夜part2 | トップページ | 介護フェアリー »

コメント

「お母さんじゃなきゃやだ」って昔良く聞いたフレーズ。
おばさま、つらそうですね(泣)
義母さまも立派な介護者。頼りにしてます!

投稿: タウシュベツ | 2010年9月11日 (土) 18時02分

ああ・・・
リウマチつらいですよね。
少しでも痛さが軽くなりますように。。。

投稿: myapero | 2010年9月11日 (土) 18時30分

遠慮して言えなくなったら、危険です。
今までの遠慮とはタイプが違いますから。
ファッジさん、大活躍・・・(@Д@;
好むと好まざるとに関わらず・・・。

投稿: あり | 2010年9月11日 (土) 19時59分

初めてコメントさせて頂きまます。
ファッジさん、ホント大変ですが、その毎日の一生懸命と頑張りとそれゆえのやるせなさ。企業においても社長というのは役員の代表とし社員の幸せを1番に思い日々を戦ってもなかなかその苦労をわかちあえない孤独な役割だったりしますが、ファッジさんのことご家族も私も凄いって大いに認めてますので、太陽みたくにたまには曇りや雷で姿を変化させながら頑張て下さい。


投稿: まあこ | 2010年9月11日 (土) 20時13分

リウマチの痛みって、ただでさえ辛いのに、我がままだとか甘えてるとか少しくらい我慢しろとか言われると、絶望的になっちゃうみたいです。
不機嫌から不穏状態に突入しちゃう高齢者も多いので、ファッジさんの負担が増すばかりですが、身じろぎしても痛みに襲われるおば様に、どうか優しくして差し上げて下さい。

投稿: 辛口お寅 | 2010年9月11日 (土) 21時12分

ん~~~ご指名いただいたんですね。。。
あんまりありがたくないけど(><)

今まで相葉先生と2人っきりだったからねなお更甘えたいのかな~

どっちにしても、ファッジさんの負担が大きくなりませんように。。。

投稿: ちぃ | 2010年9月11日 (土) 21時21分

う~ん..
ご立腹というのはちょっといただけないですね。
そうやって介護してくれる人がいるだけで、ものすごく有難いことなのに。
ファッジさん、決して無理をしないでからだに気をつけてくださいね。

投稿: | 2010年9月11日 (土) 22時08分

失格だなんて言わずに、お二人(と他のご家族)にも、介護に慣れて上手になってもらえるといいなぁと思いました。
おばさまも、時間とともに介護され上手になってくれるといいなぁ。
ファッジさんご指名のみでは、疲れが少しずつ溜まってきていつか大きな疲れになってしまうのでは。。。と、思わず心配になっちゃいました。

投稿: まるーしゃ | 2010年9月12日 (日) 00時18分

それだけ元気な雄叫びをあげていたら
今回の入院の原因になったご病気については
心配いらないようで よかったですねwww

おそらく病院では再発の可能性の事も言われたと思います。

が、しかし、ファッジさんばっかりが頑張るんじゃなく
お義母さんやクリームさんがそーやって対応することで
外野席から病状の確認をするってことも重要だと思います。

クリームさん! 今後ともファッジさんのフォローをよろしくねっ♪ www

投稿: ずんこ | 2010年9月12日 (日) 03時32分

子育てのあいまに
応援ポチです。

投稿: 大阪の子育て主婦 トモの日記 | 2010年9月12日 (日) 07時35分

もしかして入院中に、「関節リウマチ」の薬を中止されていたんでしょうか。あるいは、熱帯夜の疲れで、炎症値が一時駅に上がっているのかもしれませんね。

申しわけないけど、上手く助けてもらえないと、痛くて痛くて、もういいっ!って言ったことあります。自分ではどうしようもできないので、いらいら最大限。
と、おばさまの代わりに。

痛み止めが聞いていないんでしょうか、まだリハビリが行き届いておらず、体が固まりやすいのかもしれません。もし新しい薬があるのなら相乗効果で効き目がうすれていることもあるかもしれませんが・・・お医者さんは何も言われてませんでしたか?

徐々に薬が効いてきますように・・・
関節リウマチの45歳より。

投稿: まるく | 2010年9月12日 (日) 07時48分

バニラさんでないと…
嬉しいような悲しいようなご指名ですね(> <)
バニラさんが介護疲れしてしまわないか心配です。

ここはなんとか、クリームさんにも
移動介助のコツをつかんでほしいところですね。
(」゚□゚)」<クリームさん、頑張ってくださ~い!

投稿: かちゃ | 2010年9月12日 (日) 10時36分

クリームさんやマダムギボが、それはわがまま、と言えるようなことでも、ファッジさんはきっと遠慮して言えない。
そこに甘えてくるんでしょうね。
いつも指名されたら、とてもとてもファッジさんのからだがもたないですよね。
そこは周りの人から厳しくおばさんに言ってもらった方がいいような気がします。
本当はそんなこと言われるまでもなく、自分でファッジさんの大変さを理解して、自分のことだけじゃなくてファッジさんのからだのことを考えて欲しいけど。ファッジさんは自分の母親じゃなくて、娘と一緒なんですから。
ファッジさんが自分を犠牲にしてもおばさんのわがままにこたえちゃうような方なので心配です。

投稿: | 2010年9月12日 (日) 11時12分

日々起こる色々な事に対応されるファッジさんの姿、、、怒ったり反発したりしないで乗り越えて行く姿は見習うことがおおいです。。。私だったらそんな風にできるかな。。。

投稿: ゆうこ | 2010年9月12日 (日) 17時13分

ジワジワと自分の思いどおりに体が動かせなくなるって、やっぱり不安ですよね。。。
在宅介護って、だいたい中心となる人(ファジーさん)がいるんだけど理想は、その人以外の人でも、介護ができて介護される側も不安を感じないのが理想。だけど、ついつい一番頼れる人に介護の比重が重くのしかかってしまうんですよね。
ファジーさん、けして無理せず。ボチボチやってくださいね。

投稿: まゆママ | 2010年9月12日 (日) 17時21分

折角の介助のダメ出しやらNOをつきつけられるのは、手助けする側からは戸惑うばかりかもしれませんね。

でも、介助を受けて移動のあと、ようやく目的を達する事が出来るので・・その間ずっと、痛みと移動と尿意などをコントロールしているのは私の思う以上に大変なのかもしれません。

スムーズに行かないもどかしさもつのっているのでしょうか。

投稿: あい | 2010年9月12日 (日) 21時43分

これはちょっと家族総出でおばさまの介護演習をしたほうがいいかもしれませんね(義母様は除くとして)。
ファッジさんが家を留守にしなければならない時だってあるでしょうし、何より介護倒れだけは回避しないと家庭の危機にもなりかねません。
おばさまの癇癪については上の方々もおっしゃってますが、病人には致し方ないところもあるので、そこは責めないであげて下さい。我慢されて悪化してしまわないだけマシと思いましょう(ノ_-。)

それにしても大変すぎて頭が下がります。

投稿: サマー | 2010年9月12日 (日) 23時36分

他にも書いている方いらっしゃいましたが、家族にファッジさんがコツ?を伝授して、少しずつおばさまもファッジさん以外のメンバーの介護に慣れていって下さると理想的ですよね(理想論ですが・・・)。

特に、成長したお子様達は後々心強いサポーターになるのではないでしょうか。

投稿: ぽん | 2010年9月13日 (月) 05時19分

お久しぶりです。
おばさまが退院されて、何よりです。
帰宅されてからの生活は、ご家族もご本人も大変だと聞いてます。
ファッジさんの移乗技術を、どうかご家族みなさんでマスターしてあげて下さい。
ちょっとしたコツで介助する側もされる側も、今より楽になると思います。

投稿: 雨夢かーしゃん | 2010年9月13日 (月) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198885/49416291

この記事へのトラックバック一覧です: 失格者2名:

» 喋る犬と宇宙外交官2nd<新章> [メロの気まぐれ日和]
新章  僕は空間を漂っていた。ひたすら無の中を漂っていた。そこに時間はなかった。 [続きを読む]

受信: 2010年9月12日 (日) 13時27分

« 熱帯夜part2 | トップページ | 介護フェアリー »