« 退院初夜 | トップページ | 翌朝 »

2013年2月 6日 (水)

就寝

 
 
 

261

262

263

264_2

265

266

 

 

 

退院する時に看護師さんから

「オムツのかけ方を教えます。」と言われて

おばさんのお世話で経験済みだと得意気に断ったものだが

 
 

非協力的な被介護人に

オムツをかける方法を

指導してもらえばよかった。
 
 
 

この後、お義母さんになんとかオムツをかけて

「じゃ、おやすみなさい。」と言った後
 
 
 
 
「悪いけどトイレに連れて行って。」

と、言われる介護あるある。

   

 

 

↓押せば命の泉わく。

26bana

 

 

↓ええカレンダーですよ〜♪

20121206_112329

 

↓↓↓↓今日の「嫁日々」情報は2本立て!↓↓

言葉が出るようになった頃から

ああ言えばこう言うで、年中反抗期状態の

疲れた母さんの息子さんですが

ついに中学生になり、本当の反抗期に入りました。

もうほとほと疲れてしまい

「いなければいいのに…」とまで思うこともしばしば。

今日もみなさんからのアドバイスお待ちしてます!

20110214_155823

 
 
 
 

毎日お酒を飲むmmkkさんのご主人。

週一回の「休肝日」の約束も守れず

飲み過ぎを心配すると喧嘩になってしまいます。

お酒での失敗はないのですが、

このまま好きなだけ好きなように飲ませて

いいのでしょうか?

今日もみなさんからのアドバイスお待ちしてます!

20110214_155823

 

 

 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 

Google Adsens

|

« 退院初夜 | トップページ | 翌朝 »

コメント

これは大変ですね^^;

ファッジさん、適度に息抜きされてくださいね!!

投稿: もん | 2013年2月 6日 (水) 11時43分

初めての老人おむつは、やっぱり嫌なんでしょうね・・・。
義母さまみたいにプライドが高ければなおさら・・・。

投稿: ruruu | 2013年2月 6日 (水) 11時45分

トイレに連れていったら
また一からやり直し・・・の
地獄ループがみえまするぅ

ダブル介護はやはり並大抵ではないですね
 
ファッジさんを温泉に連れて行って
疲れを癒してあげたい!!

投稿: 北灯り | 2013年2月 6日 (水) 11時47分

介護人にこそ癒しが必要ですよね。

投稿: SingleRose | 2013年2月 6日 (水) 11時50分

ファッジさん凄すぎ。。。
早くベッドにお義母さんが慣れてくれますようにT_T
でも…
自らベッドへ向かう魔法のやり方、ファッジさんなら見つけちゃいそうですね(^^)

投稿: yoko | 2013年2月 6日 (水) 11時51分

いや~ファッジさんの働きには、ほんとに頭がさがります~crying

投稿: bamboo33 | 2013年2月 6日 (水) 11時54分

お義母さまも、慣れないことで不安いっぱいなのはわかりますが、ファッジさんはその5倍は疲れますね・・・。どうしたらそんなに素敵な人間になれるのか・・・。やはり土星マイナス様およびお子様からの愛情の後ろだてがあるから・・・なきがします。

投稿: 通りすがり | 2013年2月 6日 (水) 11時56分

バナー、ファッジさんの命の泉が湧くように力と心を込めて押しました

うちはとりあえずおむつをつけてくれるんだけど、
トイレの手前ではずしてジャーの巻、
おむつもトイレに流しちゃって大洪水の巻がありましたww

投稿: | 2013年2月 6日 (水) 12時11分

介助だけでも大変なのに、介助される側に介助してもらう意思がないと、5倍大変ですよね~。赤ちゃんでもオムツ換えするときは、心なしか腰を浮かせてくれますし。

う~ん、お義母さん、一日も早くリハビリして治ってほしいですね!

そしてファッジさん、受験の終わったメイちゃんとクリームさんと温泉旅行へでかけちゃってください。
リフレッシュしないと、倒れちゃいますよ。

投稿: あい | 2013年2月 6日 (水) 12時14分

あぁ、全世界に言いたい!こんなに頑張っている人がいると・・・ファッジさんにどーんと良いこと、起こりますように!

投稿: みんみん。 | 2013年2月 6日 (水) 12時28分

ひー
うちも年寄りが3人・・・
圧迫骨折だとか
転倒とか
おむつだとか
身につまされます。
適当に逃げて、
適当にリフレッシュですねっ
子供も同い年なので共感しまくりですが、
かなりアバウトな性格なところが
ファッジさんとは違うところです。
自分の体も大切にしてくださいね~
あっ父の米寿のお祝い
まだしてない・・・

投稿: まるこ | 2013年2月 6日 (水) 12時30分

>非協力的な被介護人にオムツをかける方法
ありません。
残念ですが、根比べです。

なんとかオムツをかけて、
「おやすみなさい」と布団掛けようとして、
「トイレに行く」と言われ、
トイレ連れて行って、
空振り(何も出ない)で、
振り出しに戻って、三回リピート(結局何も出ず)した時は、私、保つんやろか?と本気で絶望しました。
(それでも、そんなハードな環境にも、そのうち慣れていってしまうという…)
そんな私個人の意見としましては、馴れずに、施設入所を視野に入れるべきと考えます。

投稿: 辛口お寅 | 2013年2月 6日 (水) 12時33分

ブログでたくさん愚痴ってください!!
ピーな言葉もたくさん!!

うちの姑は協力的すぎて…
オムツパッドを自分出取り替えて大惨事にしてくれてましたよ(T_T)
う○○付いた手で布団触んないで~(T_T)
って、毎回怒っても、毎回やらかしてくれてましたよ(T_T)

投稿: かずまま | 2013年2月 6日 (水) 12時42分

クリームさま

今年はファッジさんに
特別休暇をあげて下さい

実家に一人で2週間くらいflair
もっと長くてもいいですけど~

投稿: ふたこ | 2013年2月 6日 (水) 12時42分

『寝台』ということばに哀愁を感じる私・・・
う~~~ん。
普通のお年寄りならそのうち慣れる、と思えるのですが、認知症の方は果たしてそうなるのか?と出口の見えない不安にかられます。

いや

一番大変なのはファッジさんなので私のような外野が心配するのもおこがましいですが。
ギボさまの自己主張が介護を邪魔していると思われますが、従うようになってしまうとそれはそれで心配なような。think

投稿: よっしー | 2013年2月 6日 (水) 12時42分

うあー
これは相当大変ですよ。
義母様の介護拒否に近い言動。
ファッジさん、自分が思っている以上にストレスあるはずです。
ほんと、どこかで大声出すぐらいの勢いで発散しないと
ファッジさん自身、取り返しのつかないことになりかねないです。

投稿: きき | 2013年2月 6日 (水) 12時50分

ベッド、幅広めで段差小さめの踏み台みたいなものを用意したらある程度義母様も自力で上れたり…しないですかね?
毎日このやり取りが発生したら欝になりそうだ~

投稿: saro | 2013年2月 6日 (水) 13時04分

ファッジさんの突っ込みにニヤつきつつ、介護あるあるにため息です。
介護人のメンタルをいかに平静に保つかが、介護の重要なポイントですね。どうか溜め込まずに、発散させてください。無理なさいませんように。

投稿: ひらりん | 2013年2月 6日 (水) 13時19分

ウチの場合はリハビリパンツを使ってます。
これだと普通のパンツのようにはけますし、便利ですよ。

投稿: チャコ | 2013年2月 6日 (水) 13時38分

うああ。読んでるだけで全国3500万の介護読者の悲鳴が聞こえてきそう。定期的にショートステイ使って被介護者にわかってもらわないと…。自宅介護って無限ループですよorz

んでもって、そのバナーを押すと本当にファッジさんの気持ちが楽になるんですか?ちょっと報われた感がしてくるんですか?ちょっと嬉しくなっちゃったりするんですか?そうなの?なのなの?

ならば、我々(またもや勝手に複数形)にできることはただ一つ。さあ、みなさんご一緒に
レッツポチッとな。

投稿: wagam(これはランキングボタンなんかじゃない!ファッジさんへの応援ボタンなのだ!) | 2013年2月 6日 (水) 14時06分

ベッドに乗るだけで、毎回これでは
本当にファッジさんがもちませんsweat01

子供のおむつと違って
「そのうち取れる」という先が見えませんものね・・・。

ポチッとすることでファッジさんの気持ちを
一万分の一でも軽くすることができるのなら
何度でも押しましょう、応援ボタン!punch
(一日一回っていうのが残念!)

先ほど、その辺りで震度2とか。
ファッジさんのおうちは揺れませんでしたか?
義母様、おばさまが同時に恐がったらどうしよう。

投稿:  うさぎのしっぽ | 2013年2月 6日 (水) 14時33分

要介護のお年寄りが二人。
ファッジさんのがんばりと優しさとユーモアには、いつも頭がさがるばかりです。
でも、ファッジさんの心身の消耗を思うと、時には介護施設のショートステイを利用すべきじゃないかと。…できれば二人同時に。でないと、ファッジさんの休養する時間はほぼ皆無です。
先は長いですから、細く長く、利用できるものは利用しながら、がんばってください。

投稿: oreo | 2013年2月 6日 (水) 14時52分

ファッジさんの 心の声が聞こえたーgawk
義母さん病院ではベッドに寝ておられたでしょうに・・・。

おむつではなくて リハパンは如何ですか?
尿量が多いようであれば パットも併用して使用してみたらどうでしょう。
最近は 沢山の尿を受け止めるパットが出ています。
しかし 義母さ間の場合 おばさまと違い おむつやリハパンをつけられても トイレやPトイレ出したいと云われてしまうので 大変ですよね。
一人の介護でも大変なのに お二人も・・・
おばさま介助は身体的に大変な部分が多いけど 義母さまの場合は認知もみられ こだわりの多い方だから精神的に余計につらいですよね。
いくら 家族の手助けがあるとはいえ 
ヘルパーさんもは入っておられますが
それ以上に 介護は大変になられましたね。
ケアマネさん等と相談されて(されておられるでしょうが)何か 考えないとファッジさん 倒れてましまいますよ。
外野からすみません。

投稿: メルシー | 2013年2月 6日 (水) 15時06分

みなさんの声を聞いていると、
やっぱり、ファッジさんの苦労は尋常でないと思いますshock
完璧にしようと、頑張り過ぎですよweep
誰かが多少なりともガマンをしなくてはならない。
とすると、ファッジさんひとりにそれを押し付けているような気がします。

是非、ご家族にもみんなのこのコメントを読んで欲しいと思っています。

色々なパンbreadを焼いていた、あの頃。戻って来てほしいなheart01

投稿: みけねこ | 2013年2月 6日 (水) 15時59分

家で母を介護した時も似たような感じでした。
後ろに落ちちゃう、怖い、と大騒ぎでした。
シーツを変える時に寝返りを打ってもらうのも「落ちちゃう!」と怖がりました。
バーがあるから落ちないのに。
周りが良く見えていないこと
(母の場合は視力が落ちてしまったからですが
お年寄りは身体が柔軟ではなくなって
後ろとか横とか見えにくいのだと思います)
それから、自分の力で体を支えられないことからくる不安だと思います。
母も骨が弱くなって尾てい骨を骨折したので、
後ろに体を倒すのも「痛い=怖い」でした。
腰掛けたら後は電動で倒れるベッドにしたら大丈夫でした。
トイレに腰掛ける時も「落ちる、転ぶ」と怖がりましたねー。
私が支えてるから、と言っても私も一緒に倒れると不安だったみたいです。

でも父は逆に「力が強すぎて怖い」と言ってました。
父がお風呂に入れると何をするにも力が強くて「私は大根じゃない」と文句を言ったり。
クリームさんと一緒に寝るのは嫌だ、と拒否している記事を読んで思い出しました。

投稿: さち | 2013年2月 6日 (水) 16時28分

何度もすみません。
母が尾てい骨を骨折した時の経験ですが
オムツをつけるために「腰を浮かす」のは
普通なら簡単ですが、骨折した人にはキツイです。
痛いですから。
横になる前につけることができたら、その方が良いかと。。
でもギボ様の協力を得るのは難しそうですね~。
ファッジさん、一人で背負いすぎないで、周りを巻き込んでね!

投稿: さち | 2013年2月 6日 (水) 16時35分

ベットの高さ、高くないですか?
普通のベットで高さが70センチのタイプでしょうか?
我が家は、介護用、高さ調節有りのものを借りたので、マットを乗せて、高さ40センチにしてあります。ちょうど良い高さらしく、義母がちんまり、腰掛けてますよ。

我が家では、夜寝かせる前に、ベットの中で軽い体操をさせ、お布団をかけるのですが、その5分もしないうちにでてくることも、介護あるある。
最近、時折気を利かせて、義母がパットをトイレの汚物入れに入れてくれるのですが、そのあと、リハパンをきちんとはくことができず、結局シーツを汚してしまいます。(防水シーツをひいてるから大丈夫なんだけど)
ひとしきり、叱った後、「お母さんのせいじゃないんだけどねえ~、単に年取っただけなんだけどねえ~。」と自分を納得させるためにつぶやいてみる・・・。これって、同居あるある?

投稿: kana | 2013年2月 6日 (水) 16時49分

押せば命の泉湧く!!アハハハハ!!!
あまりに懐かしくて爆笑。押しました。
どうぞお体にお気をつけて。ムリしないでくださいね。

投稿: mama | 2013年2月 6日 (水) 16時56分

そう・・・ただ一生懸命生きてるだけなんですよね。別にわざと我儘言ってるわけでもないし。。。
読んでいると普通に爆笑しちゃうんだけど、切ないんだよなぁ。
どうかご自愛くださいね。身体が疲れると心も疲れますから。

投稿: メリー | 2013年2月 6日 (水) 17時10分

うーむ、そろそろ介護施設にお願いする時期に差し掛かったのでは?
ファッジさんの「義母様と叔母様を生まれ育った自宅で見守りたい」気持ちは重々理解できますが、クリームさんの「こりや・・」の感想が介護の難しさを物語っているんでしょうね。
ファッジさ~ん、側で思案しているであろうクリームさんの判断決断に従ってみては、如何でしょうか?
ファッジさんはお二人のお年寄りの面倒を十二分に看られたのでは?!

投稿: 隠れ義母ファン | 2013年2月 6日 (水) 17時26分

ギボさまは一生懸命かもしれないけれど…介護者は大変です。
高い寝台から落ちる心配はないですか?
自宅はナースマットがないので、柵などで落下防止して下さいね。
これ以上ファッジさんの負担が増えませんよう。。
命の泉湧くよう連打しました♪

投稿: タウシュベツ | 2013年2月 6日 (水) 17時37分

骨折箇所が骨盤だったか大腿骨だったか失念しましたが、長身(足が長く腰位置が高い)の方や、屈伸動作が大きく取れない方は、ベッドは高い方が楽かと思います。
また、介助者の腰の負担軽減の為にも、オムツ交換時はベッド高を上げる。
但し、転落リスクがある就寝中は、最も低い位置に下げておく。

しかし、昨年まではギボ様と同居、おば様を介助のバニラ家でしたが、こんな話題が続く現在は明らかに要介護者2名の在宅介護。

…私も、ケアマネやデイサービススタッフ、実家から集中砲火で反対されましたけどね…
(でも、半ば意地で舅は在宅で見送っちまった)
主介護者の負担は相当です。

クリームさん〜〜〜〜sad

投稿: 辛口お寅 | 2013年2月 6日 (水) 17時42分

ファッジさんをはじめ介護されてる皆様に、頭の下がる思いで一杯です。
我が家の場合は、認知症と分かってすぐ位に
施設への入所申し込みをしました。
すぐ入所が希望では無かったですが、何年も入所待ちになると聞いていたので。
5、6年後、本当に介護に行きずまり、申し込んでいた施設に問い合わせて良いタイミングで入所できました。
心の余裕ができて笑顔で会いに行くことができる様になって良かったと思っています。
ファッジさん いつも応援しています!!

投稿: ゆる~み | 2013年2月 6日 (水) 18時00分

ファッジさんの心のツッコミに吹きながら、、とうとう最後の言葉に笑い声をあげてしまい、、
更に、バナーで大声出して笑っちゃいました。
よかった、家の中で読んでて。

投稿: かんな | 2013年2月 6日 (水) 18時15分

うーーーん

自分は、立場的にクリーム氏なのですが・・これはもう大変です。

うちのふぁっじ母さんはこの場合大丈夫でしょうか?

頭が下がります・・。

応援しています。

投稿: さんすけ | 2013年2月 6日 (水) 20時16分

うんうん、ファッジさんの精神的疲労と肉体的疲労を考えると‥。いくらファッジさんの器が大きくても‥。心配です。( ~っ~)/

投稿: | 2013年2月 6日 (水) 20時17分

KANAさんも書いてありましたが、ベットに膝を曲げると座れる高さが丁度良い高さです。
座っていて手すりがあると立つのも楽ですが絵に書いてあるのからL型に50センチ前に伸びていると手すりに摑まって立ち上がり1歩か2歩前進できます。
着替えの時も2歩前に出て手は手すりで体を支えるので、ズボンの履き替えが楽になります。
L型に延長した時に先端で2人分の重さに十分耐えられると地震でも安心です。

投稿: さんじ | 2013年2月 6日 (水) 20時26分

前に出ている手すりですが、常時前に出ていると介護する人がぶつかって危険な時があるので、移動式で着替えや立って歩く時にだけ使う方が便利

家の97歳の祖母は、ベットで座った時用の移動式テーブルに摑まって立ち車椅子に乗ります。(簡単に動かないようにストッパーを掛けてからですけど)

投稿: さんじ | 2013年2月 6日 (水) 20時33分

何年か前の記事で、おば様が「施設には行きたくないわ」とおっしゃられて、ファッジさんが
「私かお義母さんのどちらかが倒れたらもう無理ですよ」と答えていらっしゃいましたね・・・
また、別の記事では、お友達に「介護頑張ってるんだってね」と言われて「もう一人くらいイケるかも♪」と明るく返されていらっしゃったかと。

どちらもファッジさんの本音だと思うのです。よく考えて出した答えなのでしょうから、ブログを読んでる他人としては見守るだけです。ただ、心配です。

介護生活を頑張って頑張って、もう無理だと周囲も本人もなんとか納得して施設を予約し、やっと施設に空きが出来て入所した途端、介護していたお嫁さんが疲れがたたってか、ご自身の病魔に気付くのが遅かったのか、50代で亡くなられたという実際の事例を知っています。施設に入った方のほうが長生きしているという、悲しい状態に・・・
この方の場合は、いろいろな事情で他のご家族の応援が乏しかったという不幸が重なっているので、バニラ家とは違うかもしれませんが・・・

脅すわけではないですがどうかファッジさん自身のお体もお心も大事になさってください。

投稿: はなん | 2013年2月 6日 (水) 20時38分

いつも、ファッジさんの頑張りに頭が下がります。お家の近くの施設などは、見学にいかれたことはおありでしょうか?入所する、しないに関係なく、見てみるのもいいかも。施設はみんなが思ってるほど、かわいそうな場所ではないはず。ここ!と少しでも思えたら、とりあえずは申しこんでおくことをお勧めします。施設に空きがなく、順番待ちの場合が多いからです。もし順番がきて入所できる時がきても、ファッジさんが「まだやれる」と思ったら、その時は辞退することも可能です。「いざとなったら・・・」と、頭の片隅にあるだけでも、きっと心が軽くなると思います。

投稿: まゆ | 2013年2月 6日 (水) 20時46分

施設の見学をすすめている方がおられますが、私も賛成です。

ファッジさんに忠告します。
最後まで家で看ようとしないことです。
無理なんです。

ダブル介護に、介護拒否の要介護者の二重苦では、あなたが壊れてしまいます。

伯母様とギボ様が二人で入れる施設を見学しておくべきです。
ファッジさんが壊れてしまったら、ファッジさんの善意も無になってしまいます。

お二人ともそれなりに年金を貰っておられると推測しますので、その範囲での施設を探しお二人揃って入って頂く事です。お二人揃ってならご本人たちも心も休まると思うのですが。

昔の人だから「家で嫁が看るのは当然の努め」という意識をお持ちでしょうが、なんとか覆して下さい、納得していただいて下さい。

ギボ様、おそらく今が一番大変な時期です。
動ける認知症が最も大変です。
残酷な話ですが寝たきりになったら介護は少し楽になります。
それが現実なんです。
介護は綺麗ごとではできません。

特養、有料ホーム、老健、あらゆるところを見学してください。
お願いします。

投稿: 介護者 | 2013年2月 6日 (水) 21時14分

爆笑〜〜〜!!!
ファッジさんの心のつぶやきには笑えます。
これほどの重労働を笑いに帰るファッジさんってスゴい、スゴすぎる・・・

でも肩で息するファッジさんの後ろ姿に涙が止まりません。

読んだ後、実家でわからんちんの父の世話する遠くの母を思って電話したらいなかった・・・・

ファッジさんこそご自身の心とからだ、大切になさって下さい。

投稿: 天国の海 | 2013年2月 6日 (水) 21時21分

ユーモアあふれるツッコミにうふふcoldsweats01と笑いながらも、きゃしゃなファッジさんのお身体が心配です。きっと読者のみなさんが同じ気持ちなのではないかと思います。どうぞお一人で抱え込まずに…weep
ご自愛下さいませcoldsweats02

投稿: Pooh | 2013年2月 6日 (水) 22時10分

初めまして、回復リハビリ病棟のナースをしています。職場では転倒による大腿骨頸部骨折術後の患者さんや腰椎圧迫骨折を主に看護しています。夜のおむつ交換大変ですね。
職場でも悩みの一つです。しかし、近頃は良いおむつがいろいろ開発されており、参考になればと思い、コメントさせていただきました。
最近、2WAYパンツと言って形はリハビリパンツ型ですが、おむつのようにテープもついているので夜寝てしまってもパットを変えることができます。
パットと言えば色々なサイズがあります。
5回吸収してくれるスーパーパットなど、21時にパットを当てたら朝まで大丈夫なものもあります。(ウルトラスーパーパットもありますよ。)とかく年を取ると日中あまりトイレに行かないのに夜になると頻尿になる方もおいでですので十分間に合うかと思います。
おむつ交換は24時間365日必要です。
本人も夜中に何回もおむつを交換されて起こされるより、スーパーパットを利用してぐっすり眠ることが大事かと思います。
もちろん、介護者の健康保持にも役立つかと思います。


投稿: guuta | 2013年2月 6日 (水) 22時11分

施設で介護をしている者です。

オムツを付けてからトイレ行きたい
→あるある!

非協力的な被介護者への本音つぶやき
→あるある!!!

ファッジさん、本当にお疲れ様です。
大変なのは十分分かるのですが、
あるあると思いつつ、
笑いながら読ませてもらいましたよ(笑)

お義母さんのような人への介護でしたら、
私ならお義母さんのペースに合わせて
バタバタするではなく、
サッサと臥床→おむつ付けとかの介助を
するようにしています。

その方がバタバタしないので、
こちらもお年寄りも精神的・肉体的な
疲れが少なく済みますから^^v

ただ、このやり方は技術が必要なのはもちろん、
お年寄りの具合にもよりますから
(お義母さんなら圧迫骨折の程度など)
すぐにやるのは難しいと思います^^;

ファッジさんが良いと思うやり方をしてみて、
もしうまくいかなかったら、
その時に参考にしてみてください☆

ほんと、お疲れ様です^^

投稿: ナカッパ | 2013年2月 6日 (水) 22時34分

 義母さまのコメント
「一生懸命に生きているだけよ」
思わず涙です・・・。

 
 

投稿: | 2013年2月 7日 (木) 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 退院初夜 | トップページ | 翌朝 »