« 全問正解 | トップページ | 申し送り »

2013年7月16日 (火)

うわさ

 

 

 

在宅介護に励むAさんとBさんの会話。

 

 

7161

 

 

もう少し、在宅介護をがんばってみようと

決心したAさん。

 

7162

7163

 

 

老健(介護老人保健施設)

→リハビリをして在宅復帰を目指す施設。

特養(介護老人福祉施設)

→ぶっちゃけ終の棲家。

 

 

7164

7166

 

勉強不足で、アレなんですが

あまり噂話をケアマネさんにぶつける勇気もなく

覆面トークで記事にしました。

 

 

施設入所を1度断ると、次は回ってこないとか

特養は寝たきりになるとか

要介護4と5を抱えるBさんちが入所申し込みをすると

すぐ順番が回ってきちゃうとか、本当でしょうか?

都市伝説でしょうか?

 

 


↓いつも応援ありがとうございます!

711bana

 

 

↓↓↓今日の「嫁日々」情報

 

絵に描いたように図々しい友人に

子連れで自宅に2泊された、妊娠中のバカ女さん。

泊めた私がバカなのか、泊まったあの子が無知なのか。

聞いてください、悲惨な2日間を。

今日もみなさんからのご感想お待ちしてます!

Yomehibi_2

 

 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 

スポンサーリンク

|

« 全問正解 | トップページ | 申し送り »

コメント

何にしても、ファッジさんの精一杯の頑張り・・・頭が下がります・・・どうか少しでも休んでください。

投稿: カナリヤ | 2013年7月16日 (火) 11時31分

民生委員してます。聞かなくもありません。ファッジさん、ケアマネさんとかから噂でなく情報得ておいたほうがいいですよ。

投稿: 盆地ぼんぼん | 2013年7月16日 (火) 11時35分

やっぱり噂はあるものなんですね…!
まだ介護はやったことありませんが、
保育園の待機児童問題なら身近です。
そちらでも「偽装離婚して入っている人がいる」「偽装勤務して入っている人がいる」「市役所に何度も通うと入れる」「育休中は退所を求められる」とかいろいろと噂が飛び交いますもんね…。

投稿: みちか | 2013年7月16日 (火) 11時36分

Aさん正解です。

娘の立場だと、特養はどうしてもという理由が無ければ、勧めたくないです。

嫁の立場だと、ごめんなさい、勧めて少し体を休めたいです。

投稿: アイロン怖い | 2013年7月16日 (火) 11時42分

それはBさん悩み所ですね
二人とも頑固に家にいると言い張るでしょうし、
すぐ空きがまわってきても、説得する時間なくて、断ると次がなかなか来ない…。
う~む…

投稿: 北灯り | 2013年7月16日 (火) 11時49分

思い切りがつかなくて一度断ったら
次がなかなか廻ってこなくなったweep
というのは友人から聞いています。

Bさんに「やはりここはひとつ一度ケアマネさんに
確認、相談してみては?」とお伝えください。

「すぐに順番が回ってきちゃう」という
言い回しに愛情と揺れる気持ちを感じました。
「回ってきてくれる」じゃなくて。

投稿:  うさぎのしっぽ | 2013年7月16日 (火) 11時56分

どこにでもある、虚実入り混じるココだけ情報ですねsweat01
情報源を疑う訳じゃないけど、先入観や思い込みでニュアンスって大きく変わりますからね。
噂話を立場の違う人にぶつけたくないって気持ち、とてもよく分かります。
品性を疑われそう…。
でも、切実な問題ですから、
切り口を変えて、ケアマネさんに相談なさったら良いんじゃないですか?

投稿: サンボ | 2013年7月16日 (火) 12時20分

申し込む特養(従来型・ユニット型)だとか、地域によって異なるとは思いますが、実父が特養に入所中&施設職員をしていた経験から。

<断ると次がこない>
相当の待機がいる可能性があります。その中の順番でやっと回ってきたので、それを断ると『在宅介護の能力がある』と判断されてしまうところもあると思います。
特養は介護度が高く、在宅介護が困難な状況の人が優先されるので・・・。
あとは、経営者の考えもありますから。

<特養寝たきり>
書いてあるとおり、老健は基本在宅復帰を目的とした施設ですが、特養はそこが家として最期まで生活する場所になります。
なので、特養はそこでの生活が基本なので、リハビリはあまりされてないところが多いと思います。されていても、理学療法士さんではなく、ヘルパーさんとか看護師さんだったりするので、十分とはいえません。
寝たきりになるというより、その辺の差で寝たきりになりやすくなります。

<介護度が高いとすぐ回ってきちゃう?>
私も、回ってきちゃうという言葉に愛情を感じました^^
入所基準が地域によって異なりますが、そこで優先順位が決まってきます。
もちろん介護度の高い人は優先順位が高くなりますが、認知症の状況や、小さい子供がいる家庭、介護者の状況などによって変わります。
うちは、認知症あり(要介護4)、主介護者が高齢、子供は私1人で共働き家庭(小さい子供あり)という状況で優先順位はかなり上位になるといわれましたが、それでも2年待ちました。

介護する家族としても、介護をする職員としても見てきましたが色々と思うところはありますね。

投稿: ぴー | 2013年7月16日 (火) 12時32分

介護が困難だとすぐに順番が回ってくるのは本当です。
実家で母が祖か母と父の介護で数年大変だった時、ケアマネさんが祖母の件で訪ねて来られた時に父の件を知って、何でもっと早くいってくれなかったのですか?と…。
その後数週間で祖母の入所先が決まりました。祖母は要介護2か3で、老健でしたけどね。

ですので、老健と特老の差については分かりませんが、困難者から先に入るのは本当だと思います。

投稿: あんどーなつ | 2013年7月16日 (火) 12時32分

地域性や職員の方の資質、
公営か民営かにもよると思うので、
一概には言えないと思いますが…。

グループホームや老健で過ごすのが難しくなると
特養に申請をする、と感じます。

投稿: まり | 2013年7月16日 (火) 12時33分

どんな決断をしてもファッジさんを責める人は居ないですよ でもやっぱりファッジさんは自分を責めると思います 優しすぎるくらい優しいですもんね クリームさん どうか がっちり守ってあげて下さい

投稿: なな | 2013年7月16日 (火) 12時34分

なんてタイムリーでしょうwobbly
まさに今、ケアマネさんと話終えたばかりです・・・weep
家族は入所賛成なのですが、正直、とても気持ちが大幅に揺れ動いています・・・・・・shock
うぅ・・逃げ出したい・・・crying

投稿: | 2013年7月16日 (火) 12時35分

はじめまして♫

マダム義母さまのキツいブラックジョークに、当意即妙の切り返しが痛快!なファッジさんの大ファンです(*^_^*)

私も、子供のいない一人暮らしの伯母を9年間介護して、2年前に見送りました。

最後は、老健や特養にもお世話になりました。
本人は自宅を望みますが、そうできない時もあります。絶対これはダメと思わずに、いろいろな選択肢の中から、そのときの本人や、介護者のー施設に入っても、家族の役割はけっこうありますーいちばん合った方法を選ぶのがいいと思います。

老健や特養にも、玉石混合いろいろあります。
実際に見学したり、社会科見学のノリでされるといいと思います。

ファッジさんは、クリームさんの奥さんでもあり、3人のお子さんのお母さんでもあるのだから、ご自分の体も、義母さまたちと同じように大切になさってください。

投稿: ぱーしもん | 2013年7月16日 (火) 12時54分

私見ですが、介護力の高いお嫁さんがいらっしゃるし、他の家族もいるし、被介護者の経済力もあるので、介護度4と5のお二人でも優先順位はあまり高くないような気がしますが(^_^;)
そのへんはケアマネさんにストレートに聞いてみられるのが一番かと思います。「うち、もう申し込んでおいても大丈夫かな、まだすぐに入りたいわけではないけれど」と。
有料老人ホームというのは考えておられないのでしょうか。

投稿: らむ | 2013年7月16日 (火) 12時56分

独居でもの忘れが強めな方はすぐ特養に入れてました
お見舞いに行ったら、職員の方に「世話になってるのにまんじゅうのひとつも持ってこないで・・・ブツブツ」と言われ、所長さんも聞いて聞かないフリで怖かったです~


投稿: | 2013年7月16日 (火) 12時59分

今回の内容はまだ先の話と思いたいですが、ファッジさんのブログではいろいろと本当に勉強させられます。AさんBさん、コメンテーターの皆さんありがとうございます。

投稿: jouat | 2013年7月16日 (火) 13時23分

介護度の高い高齢者を、必ずしも老健や特養に入所させなきゃならんということはないでしょう。たとえば徘徊や下の世話で介護者が夜もろくに眠れないとか、まだ子供に手がかかり仕事をセーブしてまで介護ができないとか、在宅では介護が難しいご家族が利用するべき施設です。なんとか在宅介護できるし許容範囲という人は、入所させる必要はないように思います。

バニラ・抹茶家は心配なさそうですが、家族の介護に関しては家族でことあるごとに話し合いをすると良いです。介護は、一人でしないことです。(直接的な介護はしなくても、介護者の話を聞いて一緒に考えるだけでも助けになります。)

お義母様・おば様は幸せですよ。
ファッジさんは賢く気丈な方とお見受けしますが、あまりストレスをためすぎないようにしてくださいね。

投稿: じゃじゃまる | 2013年7月16日 (火) 13時26分

78歳の実母(要介護4)が先月特養に入所しました。
看護部屋を4人部屋に変えたとのことで、申し込みから2ヶ月弱での入所でした。
その前は、グループホーム→病院(認知症病棟)→老健とお世話になっていました。

母がお世話になっていた老健は、昼食後も部屋へ戻ることはなく、テーブルについた状態で過ごしていました。

現在お世話になっている特養では、昼食後部屋へ連れて行ってもらい、ベッドに寝かせてもらっていました。

ウワサを耳にしたことはありませんでした。

私や兄のこともわからなくり、言葉でのコミュニケーションも出来ず、乳がんの肺&肝臓転移を患っている母を受け入れた事にとても感謝しています。

投稿: 斉藤 | 2013年7月16日 (火) 13時29分

舅93才 要介護4 足筋力低下で車椅子 夜オムツ・昼リハパン使用 中度の認知症状あり
姑83才 要介護3 脳梗塞後遺症で車椅子 トイレ等は自立 見守りで可 認知症状無し

主介護人 お寅
当初、仕事辞めて手伝う宣言の義姉にばっくれられ、単身デイとショートで乗り切ろうとしたが、気力と体力の限界で心療内科受診。

どうにか回復後、誰も助けてくれないなら頼れるのは施設のみと、自治体に12ある全ての特養に入所申請。

特養申請有効期限は一年間なので、翌年また申請します。

結局、3回申請更新しましたが、舅の方は半年毎に、数カ所から入所可能になって来ましたと連絡が入るも、どうしても決心がつかず、もうちょっと頑張りますと断り続け、「そんなこと言ってたら入れませんよ」と怒られたことも(笑)

要介護3認知症無しの姑に至っては、まるで反応無しでした。

結論:お寅の場合ですが、同じ施設から何回か連絡頂いたこともありましたので、断ったら次は無い と決まっているわけではないと思います。
ただ、普通は一日千秋の思いで入所を待ち望む方(家族)が多いので、断るのは珍しいのと、空きが出るということは先住の方が亡くなるということですので、タイミングを逃すと、やっぱり入りたいということになっても、次に誰かがお亡くなりになるまで無理です ということになります。

要介護4以上の多重介護は介護者にとっては相当な過重負担状況ですので、こちらが希望し、先のように欠員が出れば優先的に入所できるよう連絡は来ます。

待ってましたと応じるか、
もう少し頑張ってみますと断るかは、
主介護者次第です。

投稿: 辛口お寅 | 2013年7月16日 (火) 13時30分

特養に入れるから寝たきりになる というより、どんなにリハビリを頑張っても効果が出ない(気力体力のモチベーションが上がらない)段階の人が特養入りになる場合が多い ということだと思います。

特養は終の住処ですから、住民票も移動になります。
施設によっては家族面会推奨で、行事の度にお知らせが来て、家族参加でお花見や夏祭り、クリスマス会があって、特養だから入れっぱなしでokということも無いようです。
(あとは個々のご家庭次第)

また、特養入所したものの、やっぱりもう少し家で看たいと家族が申し出て、退所する場合もあります。

老健は帰宅の為のリハビリによる状態向上の施設ですから、そもそもの目的が違います。

とはいえ、特養入所希望だが、順番にはまだ時間がかかる、しかし身寄りが無く、生活全般に介助が必要な独居老人を自宅に帰すことも出来ず、結果、老健とショートステイ施設の連携で預かっている という実態もあるようです。

投稿: 辛口お寅 | 2013年7月16日 (火) 13時46分

Aさんのおっしゃることは、"半分"本当だと思います。
母の認知症が進んだ他、色々あって4箇所の特養に申し込んで、老健経由しながら半年後には同時に2か所の特養から「会議に掛ける」と連絡がありました。わたしのように重複して申し込んでいる人もいれば、Aさんのように出したままになっていてとりあえず出しておく。と考える人。又、他の特養に決まっていた、亡くなっていた等、入所が必要でない人がかなりいると特養のスタッフさんがおっしゃっていました。申込人数の数字は単純に順番じゃないのですね。母の特養が決まった時、他に申し込んでいた特養全てにその旨連絡をしましたら、とても喜んで頂きましたよ。こういう事も大事だと思います。
Bさんの状況だと、わたしの場合より逼迫ポイントは低く査定されてしまいそう。
「回ってきちゃう」と言っていられるうちはまだまだ。

投稿: みけねこ | 2013年7月16日 (火) 14時06分

ケースbyケースですよね?
世の中 表があれば裏も有り、隙間もチラホラ見え隠れ、、、
義母様達が通われてる施設に入所施設も有るなら融通が効きそうですが、、、
ウチの母は透析患者だった為 施設入所は成らず、病院に入院と云う形のままで他界しました。
入院の際に此処を終の住処と云う形を望むのかリハビリして退院と云う形を望むのかの意思確認をされ誓約書を書かされました。
高齢でも有り動く事も好きでは無かった事も有りで、痛みの伴うリハビリは望ま無いと云う事にしましたら 一切のリハビリ無しで透析受けて食事して寝て起きてだけの毎日になってしまいました。
ただ終わりの時を待ってるだけの毎日に思え、病院に行く足取りも段々重たくなったものでした。
当初 近くに有る大学病院に入院していたんだけど、病院の方からそろそろ退院をと言われ素直に転院先を探したら これまたアッサリ見つかってしまい 転院しましたが、もう少し大学病院で粘れば良かったなと思ったものでした。
母の糖尿は先天的な物だったのでデータ提供とかを申し出れば、もう少しいれたはずと後から聞きましたが、、、
結局、世の中 情報収集能力が高くて押しの強い人が暮らし易いものなんですよね(苦笑)
姥捨山みたいな所に入れちゃってと後悔する私に、その病院はそういう状態の人を受け入れる所なんだからと看護師をやってるママ友に慰められ救われました(−_−;)
ファッジさんとこも スグスグの入所は考えて無いんだろうけど、情報は仕入れておいた方が良いですよ。
知り合いの方は、いわゆる袖の下 なる物で入所を早めて貰ったと言ってたし、施設に知り合いが居てなんて方もいらっしゃるので やはり世の中 表も有れば裏も有り、、、

投稿: ハオハオ | 2013年7月16日 (火) 14時17分

玉石混合(誤)→玉石混淆(正)です
どこかの書き込みに訂正…

投稿: | 2013年7月16日 (火) 14時20分

流石のファッジさんも特養入所となると、「介護放棄」「姥捨」的罪悪感にかられることもあるかもしれません。
(結局お寅はそこから脱却出来ず、舅を自宅看取りしてしまいました)
コメント情報の方が気楽に質問出来るかもしれませんが、地域によって高齢者問題の対応・対策はかなり異なります。
我々も自分のケースでしか語れません。
勇気を持って、ケアマネさん、看護師さん、ヘルパーさんに雑談なさって、地元の実情を聞いて下さい。
正確な情報は有事の際の正しい対応に繋がります。
申請や手続きはその後です。

投稿: 辛口お寅 | 2013年7月16日 (火) 16時01分

私の父は病院から老健、そこから特養に入れてもらいました。老健ではリハビリの時間が確かにありましたが、なぜか生活全般がパジャマのままでリハビリも時間が限られており、それ以上は望んでもできないという話でした(国が定める規定の時間?があるとかでそれを越えることができないそうです)あとずっとベッドで寝てすごしていました。
特養のほうは服をきちんと着た普通の生活をしており、リハビリも頼めばしてもらえたようです。施設自体も色んな催し物をしてくださり、ご飯を食べに行きたいとか買物がしたいとか言うと、時間があれば連れて行ってくれていたみたいです。
お世話してくださる方も色々でしたがそこは仕方ないと思います。全般的にとてもいい所でした。もちろんこんないい所ばかりではないと思いますが、対応してくださる方や、その施設の雰囲気である程度つかめるのではないかと思います。私個人では出来ないことをしてくださった施設に感謝をしていますし、入れてもらえてよかったと思っています(ただし田舎なので周りからは鬼娘と思われたようですが)心に余裕が出きる分、会ったときにも父に優しくできました。
また父は病院から家に帰らず施設にすぐに申し込んだので(要介護5で当初は胃瘻でした)ケアマネージャーさんがつかず、個人で施設を何件もまわって申し込みました。その折りの話だと、やはりそうやって家族が苦労して回っていたり困っている人のほうが同情されやすく早く入れてくれるそうです。

投稿: 葉菜 | 2013年7月16日 (火) 16時41分

今日の話題は
とてもタイムリーなお話で...
うちの義母様も一週間前に
「9月頃になりますが老健の入所の順番がまわってきます。」
と、連絡をもらいました。
連絡後、1~2日で返事が欲しいと言われ
この夏の酷暑を予想して
入所をお願いしましたが、
正直なところ
まだ迷っています。
要介護3で昼夜オムツ 
軽度の認知症で食事介護
車イス生活です。

週二回のデイケアと月二回のショートステイ(二泊三日程)で乗り切れているので
このまま自宅介護を続けれそうなのですが
嚥下障害がある為
今後いろいろ不安要素があり
迷っています。

コメント欄含め、参考にさせて頂きます。

投稿: みゆ | 2013年7月16日 (火) 17時08分

老健も特養も自宅介護も経験しました。


☆特養だと寝たきりになるか?

→老健にはリハビリがあり、特養にはないので、
もともと寝てばかりの方ならその確率は高いと
思います。

 ただ、実際は老健にも寝たきりの人はいたし、
特養も大半の人は日中椅子に座ってました。

☆申し込み順に入れるのではないのか?

→特養は必要度順、緊急度順に入れます。
特養に入れる方はほとんどが要介護4か5です。

 バニラ家のように、介護度が高く、なおかつ
「複数介護」だとかなり優先されるはずです。


ただ、やはり被介護者にとっては家で過ごす方が
がずっと幸せだと思います。私個人の意見ですが、
特養入所は介護者を守るためのものだと思います。

投稿: YUKO | 2013年7月16日 (火) 17時44分

義母は義祖母を特養に入所させて1年も経たないうちに他界しました。
62歳でした。
転ばぬ先の杖というのもおかしいかもしれませんが、ファッジさんに何かあったらクリームさんやメイちゃん、リュウくんケンくんでお二人の介護をこなせるでしょうか。

投稿: | 2013年7月16日 (火) 17時55分

あながちハズレてない・・・。

介護施設は慢性的な人不足。
施設に入ると寝たきりに・・・と言うのもないとはいえないと思います。


介護度が高いほど早く入れる・・・というより、
介護できる人が居ないとか
在宅は無理だと判断される状況で
早急に入所しなければならない場合は優先的に入れるということだと思います。


いろんな施設がありますが、
それぞれ複数の施設に重複して申し込んでることもあり待機高齢者はかなりの数です。

いずれ・・・と思っているのであれば、
とりあえず申し込んでおくのも良いのではないでしょうか?

投稿: heidi | 2013年7月16日 (火) 18時20分

我が家も同じような状況です。コメ欄参考にさせていただきます。

ひとつ二つ書き添えたいのは、ケアマネージャーさんの能力も千差万別だということです。我が家の場合ケアマネを通しての市役所の返事は「no」でしたが、疑問を感じた主人が直接市役所に話をしにいったら(別に脅した訳ではありませんよ。笑)「yes」になりました。
また特養のような老人保健施設もあれば、老人保健施設のような特養もあります。運営方針は施設によって様々。こればかりはしっかり見極めるしかありませんね。

ただバニラ家の場合は、どなたかも書いておられましたが、年金面で経済的に余裕があるように感じます。低所得者に対する軽減措置の対象外なら、介護付き有料老人ホームも特別養護老人ホームと経費的にはあまりかわらないような気もします。

何はともあれ、たくさん情報を集められ、ケアマネさんに「ファッジさん、ただ者ではない」と思わせるくらいぐいぐい質問攻めにしちゃいましょう。

投稿: | 2013年7月16日 (火) 18時34分

私はBさん宅の場合、デイやショートの経験が少なそうなので、まずはそういった施設の利用経験を積まれる方が、いきなり特養よりもご利用者様が他の老人達や介護者との生活に慣れて、家から離れるショックが少しはマシなのではないかと思いました。結局そこに慣れるまでグダグダ言いますけどね。短時間のところや、長時間(朝飯~夕飯付き)のところなど色々あるようですので、まずは体験とか。週6で利用している人もいて、ヘルパーさんと組み合わせれば、わりと終末(入院)までは在宅できるようです。
デイ又は特養にしても、認知があまりに進むと別々になってしまう所もありますが、今のところ大丈夫かな?と思います。辛い時はぜひケアマネさんに相談してみてくださいね。

投稿: デイ勤務(未熟者) | 2013年7月16日 (火) 18時52分

元介護職♂でした。家に要介護4の実父を抱えて預けられる老健を梯子しての
毎日が続きました。特養の申し込みは早くから行っていても、そこは狭い地域
の事、家族の負担が重い順に公営私営を問わず順送りとなって入所させていた
ようです。(裏話しでしか聞けませんでした)
本当に特養を必要とする家庭・家族の事情を優先するのは当然のことと、現場を
実体験して初めて理解しました。
ただ、近い将来、自分も年齢を重ねることを考慮して、コネでも何でも特養へ入所
させてしまいたいという気持ちは十分理解できます。
良いケアマネさんに巡り会われることを祈るばかりです。
 

投稿: moto_syoku | 2013年7月16日 (火) 19時05分

要介護5の認知症の舅を介護しています。

徘徊があった時もありますが、今は、寝たきりに近いです。
特養に申し込んだ3年前は、介護拒否、下の失敗、暴力で、デイやショートステイ先の職員さんでさえ、手こずる状況でしたが、逆に今は、精神的には楽になっているので、数ヶ月前、特養の順番が回ってきたとき、断りました。
しかし、その時、また一から待つのですか?と聞いたら、「そんなことはありません。無理と思われた時点で連絡くだされば、優先させていただきます。」との返事でした。

一度でも、入りたい特養のショートステイとかを利用していた場合、こういう状況の方がいると職員さんが、会議にあげてくれる場合があり、介護が困難な人から優先されるのは、現状かもしれません。そう施設の方から聞きました。

うちは、子供たち(今は小3と小1)の夏休みがあるので、3年前からいつも二ヶ月間だけ老健を利用してます。
でも、確実に身体機能は落ちて帰ってきます。
こればっかりは、自分が見れてないのに。。。と文句をいうつもりはありません。
ただ、やっぱり、主人や義姉の気持ちを考えると、申し訳ない気持ちになります。


わたしは、ケアマネさんや、施設の方、家族の理解に恵まれていたので、デイとショートステイ。二ヶ月の老健で在宅介護を、なんとか、やりきりたいなと考えています。

いつも、バニラさんの記事を、すごいなと。。。の思いで拝見させていただいてます。
わたしは、一人の介護で、いっぱいいっぱいの上、施設利用しまくりなので。
(^^;)
これからも、楽しみにしています。

投稿: ミチ | 2013年7月16日 (火) 19時52分

義母は老健入所歴約8年になります。
入所当初はリハビリを頑張って家へ帰るんだと言っていましたが、あまりにも周囲に寝たきりの人が多く、話相手もいなかったせいか、生きる気力を失い、入所後2年ほどで寝たきりになってしまいました。

きっとおばさんや義母さまも、現在のファッジさんの至れり尽くせりの介護に慣れていらっしゃるので、老健にしても特養にしても難しいでしょう。
それでも、ファッジさんだって毎年絶対に体は辛くなってきます。
ファッジさん自身のこれからの人生のことも真剣に考えてクリームさんとよ~く話し合ってみてください。

投稿: バニー | 2013年7月16日 (火) 20時05分

真面目な人、優しい人、愛情深い人ほど
重く感じるにちがいないこの話題…。
人の手を借りることはけして悪いことではないし、家族を見捨てるわけでもないのですが、どうしても罪悪感とかまだやれるんじゃないかとか頑張ってしまうのですよねthink
もし、施設に入っていただいたとしても、ファッジさんのご家庭なら、皆様きっと足繁く通われるように思われます。
皆様のコメントを読んでこれからに向けて考えておくべき事の一端にふれることができました。ありがとうございました。

投稿: Pooh | 2013年7月16日 (火) 20時28分

初めましてm(--)m

renと申しますm(--)m

初コメですが、いつも楽しく読ませていただいてます(^^)

介護度が重いほど優先的に順番が回ってくるというのはある程度あると思います。

祖父の介護を家族(おもに祖母の老々介護)でしていたとき、すぐ入れるホームもありましたが、そこは建物が古く、環境が悪かったため、色々考えて祖父がデイに通って慣れていた新しくてきれいな特老に申し込んみました。

しかし祖父の順番が回ってきたとき、正直家族みんなで「ああ来てしまった。どうしよう。」と思いました。

メインの介護者の祖母は入居の電話をもらって、パニックを起こしたものでした。

入居してからも祖母はバスで週一ペースでホームに通いました。

家族もできるかぎり通いました。

ホームに入れた場合、身体的にも精神的にも楽になりますが罪悪感を感じることになります。

在宅介護をした場合、身体的にも精神的にも辛いですが、罪悪感は感じなくてすみます。

どちらを選ぶにしろ、一人で選ぶのではなく、可能な限り多くの人と話し合ってきめることが大事な気がします。

一人で受け入れるにはあまりに重い責任だから。


投稿: ren | 2013年7月16日 (火) 20時35分

こんにちは。いつも楽しく読ませてもらっています。私は、とある町役場の介護保険担当者です。
特養で、回ってきた順番を一度断ると、次が回ってこないというのは、定かではありませんが、入所の順番については、申込み順ではなく、年に何度か、入所判定が行われ、そこで介護度の重さや大変さ、家庭の事情、家族関係等、様々な項目において点数化されて順番が決められていると聞いております。もちろん、介護度が重いと、それだけでも入所の必要性が高いと判断されますし、例えば、一人暮らしの高齢者で家族が遠方・介護する人が誰もいない等の家庭の事情等も考慮されます。そういった総合的な判断で、順番が決められているのだそうですよ。

投稿: tabby | 2013年7月16日 (火) 20時50分

いずれにしろ、
最後に決断するのは、
実の息子さんであるクリームさんでは。

投稿: まるねこ | 2013年7月16日 (火) 20時52分

地域にもよるし施設によるから一概には言えないと聞きますが、ご近所さんは要介護2でほんの数ヶ月で新し目の施設に入れました

事情により1ヶ月くらいショートステイを利用した施設だったとか

新しい施設だと待機リストがそんなに埋まっていなかったのかも?

家族の人柄なんかも見るという噂も聞きます
(クレーム魔ではないか?とか入れっぱなしで任せっきりにしない家族がベターなんだそうで)

Bさんの場合は、入るとしたらどちらか片方というわけには行かずお二人一緒ですよね

まずはデイサービスとショートステイに慣れてもらえたらいいですね

うちは今月初めてのショートステイに送り出しますが1泊2日でもめっちゃ抵抗があるみたいです

投稿: ななちん | 2013年7月16日 (火) 20時59分

皆さんから
たくさん実体験などが
寄せられているので

私からは一つだけ
「速やかにケアマネさんに
相談を~!!」

すぐ入れたいわけじゃないとか
その辺りのニュアンスも
伝えておくといいです

とにかく
遠慮しないで
どんどんケアマネさんを
活用して下さいwink

投稿: ふたこ | 2013年7月16日 (火) 21時04分

はっきり行ってどちらの施設でもうろうろ働いてますが…
どっちも同じです

表に向かっては色々いい事言いますけど実際リハビリがあっても真剣になんかしてませんからねー
入る前の顧客獲得であるデイサービスはそりゃあいたれりつくせりですけど。
いざ入ってしまえばもうね…物と一緒。
声掛けなんて必要な時しかしませんて。

結局死亡退院する人に何も希望してませんから。
むしろ手のかかる人ほど早く亡くなるように仕向ける人もいるくらい。

早くステってくれないかなーなんて笑って話してるのが現実。
実際の現場なんてもんなもんです


ひとつ言えることはもう頑張れない。ってなった時に病院に入れるとは限らないって事です。

ねたきり反応なしの死んでないけど生きてない。って状態の人はあきらめてもいいと思います。
頭がはっきりしている人は別ですけど、何もかもわからなくなると自分の便とか食べちゃうんですから。
動物でさえ自分の便は食べないでしょ。
おのずとそういう日が来ますけど来た時に入れないと共倒れです。

順番についてはその施設の担当者のさじ加減ひとつです。
キャンセルして施設の担当者が気分悪くするとしばらく回ってこないでしょうね。

投稿: すばる | 2013年7月16日 (火) 21時09分

 うちは人口の多い地域で、それなりに順番待ちはあったはずなんですが、要介護5の姑は、特養同士で取り合いでしたよ。
 最初に入った施設Aから、家の近くの施設Bに移った時は、Bからお迎えの車まで来ましたもの。(我が家にも車はあるのに)

 ショートやデイを継続して利用していたことや、ケアマネさんに状況をまめに伝えていたこと、我々が共働きだったことなど、評点が高かったんだろうと思っています。

 ただ、認知症が出始めのころは、デイサービスなどでも、あちこちで断られた苦い経験もあります。暴言や絶叫がひどく、周りの利用者に迷惑がかかるから、といって、どこへ行ってもつまはじきでした。
 症状が進んで、多少おとなしくなったから、受け入れてもらえたんだと思います。

 でも本当に助けてほしかったのは、出始めの介護する側も不慣れな時期だったんですけどね。あのころは本当に孤独な暗闇でした。

投稿: 玻璃 | 2013年7月16日 (火) 21時49分

老健は在宅復帰を目的とした施設なので、リハビリをします。
が、リハビリをして元気になれば、自宅に戻る事が前提ですよね。

特養は生活の場としての施設で、基本、生活する為に必要な介護を提供します。リハビリをする為の職員は配置されていません(施設によっては特養でもリハビリを行なう所もある様ですが、国の定める人員配置基準では、とてもリハビリを行なうまでの人員は雇えない現状でしょう。ですが、施設に入所しながら病院にリハビリに行く方もいます。)

特養に行ったからと云って寝たきりになる、というのは極端な話しですが、今以上の回復を願うのなら(リハビリ目的なら)老健の方がよろしいかと思いますよ。

特養では積極的なリハビリは行なわないとしても、寝かせきりにしたり、自立を奪う様な事はありませんよ(施設によりけりかもしれませんが、多分…)。
入所時は寝たきりだった方が、ご自分で食事を摂ったり好きに動ける様になるというケースも沢山あります。

認知症の方は、特養でも生活単位が少人数であるユニット型の施設か、グループホームが良いかと思います。

色々な施設があるので、見学に行き、職員や施設の雰囲気などを良く見て、決められると良いかと思います。
昔は寝かせきりや、ドラッグロック(認知症の方に対し安定剤や眠剤などの「過剰」投与)などもあった様ですが、今はそれらは「拘束」とされています。

施設見学に行く際は、ナースコールが頻繁に鳴り、職員は常に忙しく走り回っていないか、入所者さん達もテレビの前に放っておかれていないか等の点を見てみるといいかもです。あと頻繁に職員の募集をしている所も要注意ですね。

施設の「理念」がしっかりしているかどうかという事も重要です。
ホームページに「施設理念」が載っているか、施設の職員が「理念」をしっかりわかっているか。
理念がしっかり職員に浸透している施設は、まず安心ではないかと思います。
上の人に理念を訊ねても答えられなければ、その施設の介護に対する姿勢は疑問ですね。

入所の順番については、私の知る所では、基本、申し込み順ですが、家庭の事情と介護度によって優先される事もある、という感じです。介護度が高く、ご家族は皆様仕事をしていて面倒を見る方が誰もいない、などという場合は最優先ですね。(介護度が低く、家で面倒を見る方がいるなら、後回しにされる事がある、というか…)。
1度断ったら順番をなかなか回してもらえないと云う事もないと思います。これも施設によりけりでしょうが、ご家庭の事情をきちんと伝えれば大丈夫かと思います。

ケアマネさんに聞いたらまずいという程の話しではありませんので、ぶっちゃけて色々と伺ってみると良いかと思いますよ。

私は特養に20年勤めていますが、いつも日記を拝見してファッジさんの、お義母様への接し方には感心させられています。
うちの施設に介護士としてスカウトしたいですよ。
いつも本当に、お疲れさまです。

長々と失礼しました。

投稿: 京 | 2013年7月16日 (火) 22時05分

ファッジさん、もうしわけありません。
横レス付けてしまいます。

すばるさまのコメントには息苦しいぐらいの不快感を感じます。どうしてそのような考えの方が、介護に携わっているのでしょう?


私は有料老人ホームと特老を併設している療養病棟に働いています。療養病棟と言っても何年も入院されている方も多いので、病院というよりは家族様もみんな合わせてコミュニティのように過ごしていただいています。

>ねたきり反応なしの死んでないけど生きてない。

>何もかもわからなくなると自分の便とか食べちゃうんですから。
動物でさえ自分の便は食べないでしょ。

私もたくさんそういう方は見てきました。けれど、全くの無反応という方が実際にどのぐらいいるでしょう?痛みがあれば反応があるでしょうし、熱があればうなったり、具合がよければ表情が穏やかであったり、何らかの反応があるものではないですか?
それを死んでないけど生きてない、って・・・動物でもそんなことしないでしょ、って・・・

自分の能力や気力の問題を、介護施設はどこもそんなもんだ、なんていう書き方は本当に勘弁してください・・・
そういう現状を打開しよう、必死で働いている現場の人間がいて、まだ諦めずに本当に温かい介護を、と頑張っていることも知ってほしいです。


ファッジさま

噂については、ケアマネの能力のさが大きいと思います。コネがあったり、押しが強かったり、そういうケアマネであれば入所が早まることはあると思います。

一度断れば二度とは入れない、というのは一度断れば次に空くまで生きているかわからない、という意味だと思います。なかなか空きはでませんし、空き=誰かが亡くなった、ということだと思うので。

ファッジさんはよく頑張っておられます。
ブログもままならないようになった時には、決断の時だと思います。(でもブログ楽しみなので、ずっと続けてほしいです。フェアリーへの切り替えしなんて、とても勉強になります。)

投稿: ねね | 2013年7月16日 (火) 22時06分

すばるさんに反論。
私の働いている特老はそんなことありません。
確かに介護職は大変だけど、やりがいを持ち親身な職員がたくさん
います。声かけは怠りません。リハビリの為に通院したり、
外食に行ったり。夏祭り・忘年会と家族を呼んで行事もあります。
入所者さんが亡くなるとみんな泣きますよ。
「自宅よりここの方がいい」と言ってる方もいます。
私たちは誇りを持って働いています。

投稿: のんのん | 2013年7月16日 (火) 22時12分


落ち着いてAさんの言葉を聞いて。
「介護が困難な家庭から」です。

極端な話、いくら要介護度が高くても
『介護が困難でない家庭』なら
介護度が低くても
『介護が困難な家庭』が優先です。

さぁファッジさんちはどっちだ~。

投稿: ぷりん | 2013年7月16日 (火) 22時15分

今日の記事、コメントしたかったんだけど、本当にいろいろ考えさせられてできませんでした。
みなさん、本当に頑張ってらっしゃって、つらいけどまだ頑張れるっていう気持ちが本当に貴い。
前に知り合いの人に言われました。
『介護ってお互い様じゃないからね。』
その意味が最初はぴんときませんでした。
つまり
『どんなに心を込めて介護をしても、その人たちが自分に何をしてくれるわけじゃない。自分が介護を受ける立場になった時に、迷惑をかけるのは自分の子どもたちだから。』
と、いう意味でした。
それを聞いたとき、まだ認知症の姑の介護に悩んでいた私はけっこうはショックを受けました。
私はいったい誰のために何をしているんだろう、と非常に虚しくなりました。
こんなにつらい思いをしていても、私が迷惑をかけるのは子供たちなのか、と思った時にひとつ心が折れたと思います。
いろいろあって姑は介護施設に入りましたが、その言葉が今も心に引っかかっています。
ファッジさんのブログを読んでいると姑シスターズさんたちへの愛情を少なからず感じます。
まだお二人の介護が軽かった時に、ファッジさんがクリームさんに『介護が必要になったら私はプロに頼む』と言った場面があったように思えます。
今、その時が来ている気がするのに、頑張っておられるのはお二人への『情』が湧き上がってきたことの他ならないと感じています。
すみません、長くなりました・・・・

投稿: よっしー | 2013年7月16日 (火) 22時15分

妹が特養で働いています。

担当の方が亡くなれば、まるで身内が亡くなったようにへこんでいます。
が、へこんでばかりもいられないのも実情です。
終の棲家だから…と亡くなるのが当たり前 だなんて考えはありません。
ルールでお葬式に出るのは役付のみと決まっていて、妹のようなプレーヤーは参列できません。
めりはりつけながらも、心で動いています。

積極的なリハビリは行なわないようですが、寝かせきりにしたり、自立を奪う様な事はありません。
たくさんのイベントを考えて、盛り上げています。
(今週末も浴衣をきて夏祭りだそうです。)
常に声掛け、温かく接しています。
頻繁にいらっしゃるご家族とは親戚のようです。

投稿: ひよ | 2013年7月16日 (火) 23時07分

誠実に、誇りを持って、家族以上に利用者さんに寄り添い介護の最前線で頑張っておられる人にとっては、そういった姿勢を否定するようなコメントは不愉快極まり無いことでしょう。

しかし、現実には施設職員による虐待等の事件も発生していますし、残念ながら、事件として認められるものは氷山の一角にすぎないという意見も耳にします。

従前の、講習さえ受ければ自動的にヘルパー資格が得られるというのも些か問題があったように思いますが、必ずしも介護専門職に崇高な意識と使命感を持って働いている人ばかりではない、単に他に就職口が無かったから仕方なく介護職に就いているという人もいるでしょう、また理想に燃えて献身的に働いていたけれど、理想と現実のギャップ、職場の人間関係等々に摩耗し、人間が変わってしまった人もいるでしょう。

要介護者ですら重度ともなれば、凶暴性著しく、不潔行為を繰り返し、会話・意思疎通も不可となることもあり、そうなると最早人間とも思われないのも無理らしからぬところです。

そこに人間としての尊厳云々を言われても困る というのは、介護職としては不適格かもしれませんが、正直な本音でもあるように思えます。

どのお宅でも介護当事者は軽々に他人に離せないような鬱屈と尾籠な作業に忙殺される毎日です。

お寅は何の資格も無い専業主婦ですが、必要に迫られて吸引以外の殆どのことをしてきました。

自分に出来る精一杯のことをしようと思い、喀痰補助し摘便しながら、早く終わりになればいい、早く死んでくれないかと毎日願っていた鬼ヨメの自分が常に居ました。

この手の話題になると、到底笑い話、綺麗事では済まされず、制度の不備や人間関係の複雑さ、家庭の事情、己の本心と向き合わざるを得なくなります。

おシモの世話や汚れ仕事より、そちらの方が遥かに面妖で複雑怪奇の手強い問題です。
そして、それもまた、介護現場の現実です。

ただ、読んでいて楽しい話題、記事からはどんどん外れて行ってしまいますね。

投稿: 辛口お寅 | 2013年7月16日 (火) 23時28分

色々書き連ねてみたけど、やっぱり、全部消しました。

ファッジさん、壊れちゃってからでは遅いんですよ。

投稿: wagam(書き込んでる人たちの実感だと思います。) | 2013年7月16日 (火) 23時40分

横レス失礼いたします。

近所の介護スタッフさんとしてお仕事をしている人が、「仕事なので便を口にしてしまう人に対しても、気持ちが左右されていやな気になるなんてことは無い」「よっぽどおなかが空いていたのねえ、苦くはなかったのかしらね」と笑って明るくスタッフ同士で話していると言っていたのが印象的でした。自分の家族なら、きっと落ち込んで立ち直るのには時間がかかるだろうと思うようなことでしたが、仕事となると冷静で明るく対処できるのだなと思いました。

>何もかもわからなくなると自分の便とか食べちゃうんですから。

投稿: ALOHA | 2013年7月17日 (水) 00時48分

すばるさんのおっしゃることは一つの現実なのでしょう。
特養で働く介護師のママ友さんは、
ある日頬を腫らして爪痕までつけて授業参観に来ていました。
男性の入居者さんに食事介護をしていたらいきなり頬を打たれたそうです。
「腹が立ったから何すんのよ!!と怒鳴ったわ~」
と笑っていましたが、メガネも壊されたらしく裸眼でした。
「まあ相手に何言ってもわかんないんだけどね」
とも。
実際殴った本人はきょとん?としていたそうです。
そして問題行動のある入居者さんのご家族は殆ど面会に来られないそうです。
入居に至るまで様々なことがあったのでしょうね。
私も寝たきり胃ろう吸入の100歳近い入居者さんの子供さん、と言っても70代後半の方が「もう十分生きただろ‥」と疲れた顔で話しかけている姿を見たことがあります。
できれば人間らしく最後まで尊厳を持って、というのは「簡単に死なせてもらえない」医療の発達した今、難しいのかもしれません。
もちろん自分自身の老後もどうなろうと、文句など言えないだろうなあと感じております。

投稿: 睡眠不足 | 2013年7月17日 (水) 07時15分

「自分ができる限りのことをする」ことが、ファッジさんを支えているのかな…と感じました。

ただ、本当に、ファッジさんにもしものことがあって長期入院が必至になったとき、残ったご家族でシスターズ介護をどうするのか…は常に相談しておいたほうがいいと思います。

これは50代の私の知り合いの話ですが。なんだか声が出ず体もだるく、長引く風邪だなあと思って気軽に受診したら即入院! 退院まで半年かかった方がいます(甲状腺の病気だったそうです)。退院後は元気に仕事復帰もしていますが、他人事ではないです。

介護する側の後悔はあることだと思います(私も数日ですが完全同居で介護経験があるので…)。だからこそ、わずかでも未練の少ない選択をなさってほしいなあと思いました。

投稿: いないな | 2013年7月17日 (水) 09時01分

みなさんのコメント勉強になります・・・
でもイヤなコメント読んじゃったなぁ、本当にイヤだな・・・と思った介護職員のコメントもありましたね。
そんな情報としてはなんの役に立たないコメントわざわざ文字にして残さないで欲しいです(そういう問題ではないのでしょうけど)

さて私も介護の現場に専門職として関わっています
私の勤める社会福祉法人は何か所かの施設を運営しております。ほぼすべての施設が通所・ショートステイ・特養・居宅支援の複合施設です。
特養がメインになりますがすべてに理学療法士と作業療法士が在籍しておりリハビリチームが週6日なんらかのリハビリを実施しています。もちろんすべての方に毎日チームリハビリを実施することは不可能なのでチームから依頼した内容を(杖つき歩行を20mとか歩行器でホール一周とか)介護スタッフがになって下さっています。
全員とはいいませんが介護スタッフのみなさんは現場で懸命に頑張っておられるように感じています。
少なくとも「死んでないけど生きてない」なんてとらえ方のスタッフはうちにはいません。それは組織の教育の問題だと思います。
せっかく尊いお仕事をされているのに、スタッフご本人ももったいないことです。

良い施設を選べば、最後の時間を余裕をもって大切に関わることもできますよ。
ケースバイケースですが一度断ったからと言ってまわってこないということも、あまりありません。ただし、胃ろうの看取り介護を行っている施設などでは、回転数が(イヤな書き方でごめんなさいね)少ないので空きがこない場合もあります。

投稿: noko | 2013年7月17日 (水) 09時38分

横レスと分かっていますがどうしても・・・


仕事だからただ必要なことを淡々とこなす人。
仕事だけど愛情込めて誠心誠意行う人。

真面目に働く人がいれば
隙を見てはサボろうとする人がいる。


これって介護職に限らずどんな業界でも一緒ですよね。
同じ業界でも会社が違えば提供するサービスの質が違うのは当然のこと。
私も介護業界で数年働きましたが、ピンキリの差は本当に大きいです。
同じ施設内でのスタッフの差もありますが、施設と施設の差もあります。
京さんもおっしゃっていましたが、施設の『理念』って大事です。
施設のトップが入所者を大切にしていなければ、スタッフも大切にしなくてもいいんだと思っても仕方ないですよね。
それとスタッフが施設に大切にされているとなおいいですね。
スタッフだって人間です。
大切にされると他の人を大切にしようと思うし、がんばれますよね。
入所申し込みされるときが来たら、ぜひ見学を ^^

投稿: ほのか | 2013年7月17日 (水) 09時42分

夫が現役職員です。しかも特養。
どんぴしゃの話題です

しかも、入所する方を選ぶ?担当だったこともあります。

実際、重いほど早いというのは半分正解。

その時の入所者のバランスを考えたりもするようです。
重い方ばかりだと職員の負担も大きいし、ちゃんと全員を見る事も難しくなります

夫の上会社の方針なので、どこもとは限りませんが、
多少のコネもぶっちゃけあるし、
正直すぐに亡くなりそうな方はあまり受け入れません(入所手続き、面接、準備など本当に大変だからです。利益の部分ですね)


特養は寝た切りに・・ですが、本当に施設によります。

徘徊やトイレが一人で出来ない方には、すぐにおしめをする、

連れていくのが面倒で食堂でご飯を食べささずベットで食べさせる、

そんな施設もあるのは確かです。

あまりにベッドから出るので、縛ったり。

夫の会社は、できるだけおしめはしない、
食事はみんなで食堂で、がモットウなので、ここに来てみるみる元気になる方も大勢います。


本当に施設次第です。

ぜひ、クリームさんと二人で見学に行って下さい。
職員さんが入所者さんと会話してるか、トイレに行ってるか、食事は食堂か、その施設の方針が分かります。

情報を得て下さい。

近くだったらどんな施設か、どんな職員か分かるんですけどね。

本当に施設次第です!!

投稿: | 2013年7月17日 (水) 09時44分

ネット全般に言えることですが、ブログの記事もバニラ家・ファッジさんの全てが曝け出されている訳ではない、生活のホンの一部分です。

あまり書き込まれた内容を正直に丸ごと信用しない方が良いと思います。

詐称、盛り、釣りが当たり前の、匿名によって、自由に、ともすれば攻撃的に、異様なまでに膨張する情報網です。

有用な場合も多いですが、悪意(意図的でないにしろ)のある、不快にさせる為、混乱させる為の、書き込みもあります。

そういう「釣り」に乗せられ、炎上しないように冷静であるよう務めるのも大事なことです。

もしかしたら、お寅は介護経験なんか無いかもしれません。ちびデブはげの中年おやじかもしれません。ニート野郎かもしれません。

全てを疑ってかかるのは虚しく寂しいことですが、コメ欄が賑わって来ると、残念ながらその手の不快コメは必ず出て来ます。

ネットに限らず、リアル生活の中でもそういう事象はよくあります。

全てが嘘偽りという訳ではない。
ただ、表現には問題がある。
殊更、一部分だけを必要以上に強調し、他者の不快感を煽っている。
同一の「出来事」に対し、記憶・解釈・認識は人によって大きく異なる。

ネットでは、ある程度醒めた目線も必要かと思います。

投稿: 辛口お寅 | 2013年7月17日 (水) 09時57分

辛口お寅さんのおっしゃること、その通りだと思いました。誰でも簡単にネットを使うようになって、便利になった反面こういう弊害もありますね。

施設の経営者や職員に関して言うと、本当にいろいろです。利益ばかり追い求めているところもありますし、利用者のことを真剣に考えてくれているところもあります。介護職も、志を持ってなさっている方もいますし、なんとなく介護の資格を取って働いている方もいます。夫の前の職場は介護講習の研修生が来る施設でしたが、両腕にタトゥをしていたり香水をプンプンさせている研修生が来たこともあったそうです。どういう職場か理解できていない人もいるということです。

大切なのは利用者のご家族が入所前にきちんと施設の見学をして内容を吟味し、ケアマネや施設の職員と綿密に連絡を取り合っていくことだと思います。良い施設も悪い施設もありますから。寂しいかしらと思うかもしれませんが、入所しても会いに行けばいいのです。24時間365日休みなく神経を使って、いつまで続くかわからない介護をするのは大変なことです。介護者が疲弊しきってしまう前に、特養に入所してもらうのは重要なことだと思います。

昔は「老人ホームに入れた」などど言うと人非人みたいに言われたものですが、今は認知症に対しての理解も徐々に広まっていますし、入所させるからといってご家族が気に病む必要はないんじゃないでしょうか。高齢者もご家族も健やかに生活できることが一番大切です。

投稿: じゃじゃまる | 2013年7月17日 (水) 10時45分

要介護状態が高いと順番が早いのはほんとのようです。 うちの祖母は要介護2で申し込んで、2年待ちの予定が要介護4になった途端すぐ入れたそうですよ。

投稿: みに | 2013年7月17日 (水) 13時14分

こりゃ~役所の介護保険課に勤めてる嫁に聞いてみよう!

投稿: ぶーたろう | 2013年7月17日 (水) 23時31分

●身体障害者施設で働いている
介護員「きのこ」です。

以下の記述はあくまでも
身障分野の施設の立場からのものです。
畑違いですが、
老人分野でも通じるものがあるかと思います。


●新規入所者選別についてですが、
入所者に対してそれぞれの介護度に
応じたサービスを提供できるように
施設全体で平均介護度というものが
法律で定められています。

介護度が低い方が亡くなった場合、
次に新規で募集する方も
介護度の低い方です。
ただし、
介護度が高い方が亡くなった場合、
次は必ずしも高い方を募集するとは
限りません。
その施設内の利用者の介護度が
進んでいることが多いからです。

私の働く施設の場合近年では
介護度が4~5の障害がやや重い方が
多く入所されています。
(※「介護度」は身障分野では「障害程度区分」と呼ばれ、6段階に分類されます)


●寝たきり等の望まない支援や
さまざまな施設の特性について、

近年では虐待防止法施行に基づき
身体拘束の廃止など
尊厳が保たれているか
支援の見直しがなされているか
都道府県による監査の目も
厳しくなっていますが、

第3者評価がされている施設や
ISOを批准している施設など、
法令順守に力を入れているかどうか
施設選びの際は
是非チャックしていただけたらと思います。

第3者評価に上がった
利用者からの苦情や意見は
どなたでも回覧することができます。
施設見学だけでは見えてこない
施設の内情を知ることができます。


投稿: きのこ | 2013年7月18日 (木) 00時39分

再度のコメントです。

姑は、肺炎で入院し、余命1週間といわれましたが、胃ろうを断って特養に戻ったところ、1年以上、口から食事をとりつつ、ろうそくの火が小さくなるように静かに亡くなりました。

介護技術のすごさを痛感しました。

投稿: 玻璃 | 2013年7月18日 (木) 23時18分

ファッジさんこんにちは。
我が家は今月初めに義父義母共に有料老人ホームに入居しました。

義父要介護5義母要介護2です。
我家の場合、娘がまだ1歳半で手がかかり、
とても義父の面倒を私が見ることが出来ないということで徒歩でいける施設を探しました。

他の方も行っていましたが、もし施設を考えるのでしたら、見学は大切だと思います。家の近くには何件か老人ホームがあるのですが、施設長さんによって雰囲気は結構違います。

やはり、大事な家族をお願いするならここが良いと主人と散々話し合って決めました。
義父の入居が決まった後、義母が「お父さんと一緒に居たい。」と言われ2人入りました。

週に2,3回面会に行っていますが、スタッフの皆さんもアットホームで1歳の娘にもとても優しいく接していただいています。

施設への入居は家族にとって凄く決断が入りますし、家の義母は集団生活苦手ですし、心配もあります。ファッジさんはお二人も介護されていて大変でしょうし、まだやれると思っていらっしゃると思います。
ですが、やっぱりひとつの選択肢としてまだ入居を考えてはいなくても後でバタバタしないように調べられるのは悪いことではないと思いました^^

私の意見を一方的にすいません

投稿: sheep | 2013年7月19日 (金) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全問正解 | トップページ | 申し送り »