« ギタリストあるある | トップページ | 経験談 »

2014年4月21日 (月)

帰宅

 

 
 
 

私が東京ライフを満喫する一方

ショートステイ先では…

 

10

11

12

13

14

15

 

 

お義母さんの大きな声に

施設スタッフの人が驚いて駆けつければ

今度はスタッフの人を

ガミガミ叱りつけていたらしい。

おばさんが言うには

ずーーーーと怒っていたらしい。

 
 
 

しかし、帰宅すると…

 

 

16

17

18

19

20

21

 

 

グランドフェアリーになっても

人の心を惹き付けてやまない。

 

 

↓いつも応援ありがとうございます!

711bana  

 

 

↓↓↓今日の「嫁日々」情報!!

 

乳児を連れてのお引っ越しになったmumuさん。

両親、義両親がそれぞれ日をずらして

子守りに来てくれることになり

駅までの送り迎えをご主人がしてくれました。

しかし、姑から「息子はタクシー運転手じゃない。」

とmumuさんに言って、ご主人に数万円渡していきました。

これはmumuさんへの嫌味でしょうか?

今日もみなさんからのアドバイスお待ちしてます!

Yomehibi_2

 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 

 

↓インタビュー記事が掲載されます。

20140411_102135_2

 

こちらの雑誌は定期購読専門の雑誌です。

実は「いきいき」は病院の待合室で

読んだ記憶があるぐらいでしたが

さすが雑誌のコンセプトがはっきりしているので

世代かぶりとしては読み出すと止まりません。

中の本文で使われている文字の大きさも

あなたや私の眼にやさしいちょいデカなんですよ(笑)

Img_ikiiki

 

現在、5月号が発刊されていますが

バニラファッジのインタビュー記事掲載は

次号の6月号です。

描き下ろしの漫画も3本立てで、いいデキです。

あ、顔写真は載ってません。ご心配なく。

 

 

↓汗と笑いがいっぱい。

楽天ブックス  honto セブンネット 

ブックサービス e-hon

 

 

「嫁好みな嫁暦」は4月以降も

税込み価格は据え置きで、販売中です!

Com_rt_bnr_yomegoyomi2014 

 

当ブログの左サイドバーにある

アマゾンリンクからもご購入いただけます!

 

         


 

|

« ギタリストあるある | トップページ | 経験談 »

コメント

うーん、グランドフェアリーあるあるですね。
場所がかわると混乱してしまい、怒ったり泣いたりと忙しいです。ファッジさん、おばさん、お疲れ様でした。
なによりギボ様が一番お疲れでしたね。

投稿: ピピピ | 2014年4月21日 (月) 11時53分

笑っちゃった

投稿: のんびり屋 | 2014年4月21日 (月) 11時53分

皆さん揃って、お疲れ様でした(;ω;)
またご自宅での穏やかな介護の日々が戻りますように。。

ファッジさん、これに心折れることなく、また私達にお声を聞かせてくださいね♡

投稿: ナツメグ | 2014年4月21日 (月) 11時59分

怒りの矛先がファッジさんでなくその道のベテラン介護職員さんや肉親のおばさまでよかったと思いました。被介護人の怒りって半端ないですから・・・がんばりやさんですね。ファッジさん何時間息抜きできたのかしら?お疲れ様です。

投稿: あさ | 2014年4月21日 (月) 12時11分

最後のお義母さんの一言に爆笑!

ファッジさん,ホントにお疲れ様です。

投稿: 白薔薇 | 2014年4月21日 (月) 12時12分

う、うわぁ・・・

お疲れ様です、皆々様。

投稿: くろ | 2014年4月21日 (月) 12時13分

鼻の奥がツンとなっちゃった。*((艸д・。`*)゜*。
義母様、頑張って来たんだね、、、
お帰りなさい(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

投稿: ハオハオ | 2014年4月21日 (月) 12時13分

ギボ子さんは喜怒哀楽の中で一番、怒のパワーで生き抜いてきた印象を受けますが、環境の変化で怒の顔が出てきたのかなあ?同室のおばさまは大変でしたね(^_^;)

投稿: ハツ | 2014年4月21日 (月) 12時16分

おばさんのいう「のは」
じゃなくて
おばさんのいう「には」では?

投稿: さばこ | 2014年4月21日 (月) 12時16分

義母様、帰宅なさっても
急には変化に追いつけなくて
よくわからなくなってしまわれたんですね。
「妹はいますか?妹も一緒に来ましたか?」には
思わず胸がキュウとなりましたweep

「おかえりなさい」のファッジさんの言葉が
温かくて、なんだか涙腺を刺激されてばかり・・・sweat01
皆様、お疲れ様でした。

投稿: うさぎのしっぽ | 2014年4月21日 (月) 12時20分

義母様…
読んだ後、頭は泣くべきか笑うべきか迷ったのですが、涙腺は勝手に崩壊しておりました。

投稿: ギルバート | 2014年4月21日 (月) 12時20分

認知症って周りももちろん大変ですが、
ギボ子さんの混乱を思うとなんだか切なくなりました(/ _ ; )

投稿: あっちゃん | 2014年4月21日 (月) 12時22分

あたしも先日久しぶりの同期友人たちに
会ったとき思っちゃいました。
「あたしの友人はこんな年寄じゃない」

投稿: yorkiepapa | 2014年4月21日 (月) 12時29分

なるほど、不安に駆られると攻撃的になる人っていますもんね…。いい大人になると自制していくだけで。
認知で自制が外れてしまうのは、周囲には負担ですが、怒ったり泣いたり、感情を素直に発散できるのは、ある意味幸せなのかも。と、思いました。

家では落ち着くのは、ファッジさんが居心地良く務めてきた証ですね。

投稿: たらこ | 2014年4月21日 (月) 12時30分

おばさんは大丈夫でしょうか?
知らないところに行って、おそらくギボさまの不安がマックスになっちゃったんでしょうね。 以前、ファッジさんがギボさまは心配になると怒る、というお話を描いてらっしゃった気がします。
それをそばで見ているおばさんが一番つらいような。
でも。
『お姉さん』ですもんね。
自分を心配してくれているということもわかってらっしゃるのでしょうね。
向いのおばあさんが認知症になってお正月に人がたくさん来たあと、娘さんに『私も家に帰ります』と言ってきかなかった、という話を思い出してしまいました。
グランドフェアリーも、それはそれでちょっと哀しい・・weep

投稿: よっしー | 2014年4月21日 (月) 12時32分

ギボ子さん内心は、とっても心細かったんでしょうね。最後に、そこっ?と突っ込んじゃいましたが、セリフのないコマにうるってきました。お帰りなさいっていってくれる場所があるって幸せですね

投稿: なな | 2014年4月21日 (月) 12時37分

また泣けました。

ファッジさんもう少しゆっくりなさりたかったでしょうに、帰ってすぐの介護たいへんですね。

やさしい言葉かけされて本当に義母様はお幸せです。

投稿: ピースケ | 2014年4月21日 (月) 12時49分

ん~無責任に言っても良いならば、突っ込みどころ満載ですが、かわゆす。
おぱさんが言うのは→おばさんが言うには、かな、でも良いの♪

投稿: カナリヤ | 2014年4月21日 (月) 12時50分

遅れましたが、お義母さま、お母様お誕生日おめでとうございます。
ファッジさんに本当に助けられてます。
会社の先輩や義母が5年前くらいのギボ子様にそっくりで、悩み続けていましたが、ファッジさんのブログを拝見して学ばせていただき、どうにか前をむいて行けそうです!
これからも応援しています♪

投稿: おかきあられ | 2014年4月21日 (月) 13時14分

・・・好き。

笑っちゃった。

投稿: ぬお | 2014年4月21日 (月) 13時15分

ははは(^^)

こんな泣き笑いの毎日…だからファッジさんのブログは面白いんだと思います。
愛が溢れてますね(笑)

投稿: ほうじ茶 | 2014年4月21日 (月) 13時16分

起承転結が素晴らしい!
も~泣いていいのか笑っていいのか…
やっぱ最後のひとコマで笑いに軍配あり(*^ー^)ノ♪

投稿: ぽんちっち | 2014年4月21日 (月) 13時20分

『在宅介護者のショートステイ時の問題点』

①ショートステイ利用による心身への悪影響

②利用者本人の視点の脆弱さ

③断続的なサービス形態であるがゆえに利用者に関する情報収集が困難

お義母様、怒ったり、不安になり泣いたり。
お可哀相です。笑えません!

そんなに重要で無い理由でショートステイをさせていませんか?


投稿: | 2014年4月21日 (月) 13時22分

>>さばこさん >>カナリヤさん

ありがとうございます!直しました!
てにをは、のミスタイプは特につまずきますね人( ̄ω ̄;) スマヌ

投稿: | 2014年4月21日 (月) 13時39分

あ〜もう。
あ〜もう。

笑うんだが泣くんだが、心がキュッとなりました。
子供を幼稚園に入れた時の送り迎えがこんな感じだったなぁ〜(^^;;
今日も素晴らしい記事ありがとうございます。
ご自愛くださいね。

投稿: コトコ | 2014年4月21日 (月) 13時39分

↑名なしやん、私(笑)

投稿: バニラファッジ | 2014年4月21日 (月) 13時40分

うちの親父も、家にいるのに「家に帰る」とたまに言ってました。
それも私が建てた家でも、自分(親父)が建てた家でもなく、自分が生まれ育った茅葺きの家、、、
たぶんお義母さんが帰りたい家は、立て替え前の家なのでしょうね。。

投稿: nasuga_kirai | 2014年4月21日 (月) 13時42分

ファッジさんラジオ聞きましたよ。楽しみにして待ちました。
私もウトトメさん同時介護でしたが まあ大変言葉では言えない苦労しました。介護うつの症状もありました。

ケアマネさんに相談してショートに行って頂きました。私も自分の人生を楽しみたいし息抜きもしたい。生身の人間です。
介護の魔法が使えるなら出して頂きたいわ 神様。

投稿: 花 | 2014年4月21日 (月) 13時54分

おばさんも辛かったのに精いっぱいの笑顔での答えに、やられましたね
お二人に還元サービスしてください

投稿: 12 | 2014年4月21日 (月) 14時18分

泣きべそのギボ様・・・
子どものようですね、あ、心は子どもになってるのか?
だから「私の妹はあんなばあさんじゃない」って言ってるのか、ふふふと笑ったけど、涙も出ちゃったweep
ファッジさんが、姑シスターズの気持ちをわかってるから、
こんなに素敵なブログになるんですね

投稿: 北灯り | 2014年4月21日 (月) 14時34分

餅は餅屋だと思うので、いた仕方ない場合は施設利用は有りだと思います。
還元セールの覚悟もお有りなのだし 臨機応変に対応してこそ長続きするのでは?

投稿: | 2014年4月21日 (月) 14時47分

ごめん、最後のコマで吹き出しました!

投稿: たまには昼寝 | 2014年4月21日 (月) 15時07分

13時22分の方へ

>怒ったり、不安になり泣いたり。
>お可哀相です。笑えません。

ここで皆様が言われている「笑い」は嘲笑ではなく、怒る事も泣く事も出来なくなった人間が最後に辿り着く切ない笑いです。

家族を家族とも認識出来ず、食事の記憶も持続せず、時間の感覚すら混乱している要介護者に24時間振り回され、深夜でも呼び出され、毎日が当直のような在宅介護者の立場から、

主介護者のレスパイトケアは何よりも率先され、ショートステイはより活用されるべきと考えます。

重要かどうかは主介護者が決める事であり、外野が評価すべきではないかと。

投稿: 辛口お寅 | 2014年4月21日 (月) 15時19分

ささいなことで激しく怒ったり
号泣したりするのも
認知症の症状の一つですよね

在宅介護を続けるためにも
ショートステイは
必須だと思います

どうか利用することを
ファッジさんが
後ろめたく感じませんように

投稿: ふたこ | 2014年4月21日 (月) 15時57分

アナと雪の女王が話題になってますが、
友人曰く
「あれは長女が見るにはつらい映画だ」と。
今日のギボ様を見て、
つい思い出してしまいました。
妹の私はのほほんと楽しみましたが、
お姉ちゃんとしては色々考えるところが
あるんでしょうね。
れりごー♪

投稿: るぴるぴ | 2014年4月21日 (月) 16時07分

ギボ様もおばさんも、ファッジさんも、みんなお疲れ様!お帰りなさ~い!!!

今日の記事は格別すごい。胸を打つストーリーで、大作☆
見えてない部分のファッジさんの繊細な感情を考えると特に。

投稿: とすかーな | 2014年4月21日 (月) 16時18分

るぴるぴさん>> ええ〜そうなんですか!?
長女は見るのやめとこかなー

ギボ様のイラストを見て、怒ることで長子の威厳が保てるのかな、とちょっと思いました。

介護する側が介護を休んではいけない、という風潮がやっとこれから否定されていくでしょう。

それにしても、そこで泣いちゃうんですね・・

投稿: とり | 2014年4月21日 (月) 16時23分

笑って、泣いて、色々考えちゃいますね。
コメントへのコメントはグット我慢で〜す。

投稿: るる | 2014年4月21日 (月) 16時26分

なんだかんだ言って
結局仲良し姉妹なんですよねえ。

ファッジさんのラジオ、
ファッジさんの大きな愛に感動しました。
こんな大きなハートなのに
スリムでスレンダーな美魔女って・・・。
うらやますいいいい!!!

投稿: ふじこ | 2014年4月21日 (月) 16時54分

辛口お寅さん、よくぞおっしゃって下さいました。

投稿: たまちゃん | 2014年4月21日 (月) 17時12分

先日、少しフェアリーが始まっている頃のサッチャーさんをメリル・ストリープが演じているの映画を見ました。幻が見えたり自分に自信が持てなくなる元首相の不安が切なかった。いつかは自分もそうなる/近いうちにそういう父母をケアするんだろうなという2つの心配が私の世代(アラフォー)にはあるように思います。ま、なるようにしかならないんだろうけれど^^。
ファッジさんは2人もお世話して差し上げてる。もっとショートを利用しないと体も気持ちも持たないよ。きっとそう思ってる人が大半だと思います。

投稿: green | 2014年4月21日 (月) 17時35分

お義母さんのセリフに対するファッジさんのツッコミに爆笑してしまいました
私も介護してたんですけど
介護あるあるですよね

めちゃくちゃ大変な介護ですが
たまにおもしろかったり可愛いこというので、キュンとしてました

投稿: ぐー | 2014年4月21日 (月) 18時23分

なんだかなぁ
結局ファッジさんの「お務め」が一番だとなってしまう所が。
回数を増やして慣れる方法はおばさまには有効かもしれませんが、
ギボさまにはもう通用しないかもしれませんね。

施設の方々、お仕事とはいえ我が家もお世話になった身ですから何度頭を下げても足りませんね。

投稿: 睡眠不足 | 2014年4月21日 (月) 20時22分

コメント欄を読んでいつも感心しています。いろんな人がいるのやな!明治生まれの亡き母が「顔の違うごて考えは違うとバイ」と言っていたのを思い出します。勉強になります。毎日楽しみに何回もアクセスしています。

投稿: BB | 2014年4月21日 (月) 21時29分

やはり、介護人がリフレッシュすることが一番大切だと思いますね。それが許されなければ在宅介護なんて無理です。

ロボットが介護しているわけじゃないんですから。

わたしなんて、フェアリーではない高齢者ふたりとの生活ですら息が詰まりますからね。

投稿: わたしも同居嫁 | 2014年4月21日 (月) 21時46分

あらまあ。。。。。

投稿: まめ | 2014年4月21日 (月) 22時19分

長年の読者の一人としては義母様のフェアリー度の進行をあまり認めたくないというのが本音ですが、やっぱり、やっぱりかなり進んでしまったというのが現実なのでしょうか。一読者の私でさえ読みながら、どうしちゃったの〜と動揺するのに、ファッジさんをはじめとするご家族の前向きさにただただ頭が下がります。

投稿: tintin | 2014年4月22日 (火) 00時40分

あははははは、最後でドリフ的オチが!(爆笑)
ナイスなやりとりで全部ふっとびました(笑)。

どうかまたショートを利用なさってほしいです。仕事に関係なく、何度も利用してほしいです。
ブログで発症までの日々を見てきた一人としても、ファッジさんにはできるだけ身体も心も大事にしてほしいな〜と思います。

投稿: いないな | 2014年4月22日 (火) 08時13分

もちろん、ファッジさんの為にもショートは利用された方が良いのは分かるのです。
でも、ショートに行くたび、認知症が悪化するギボ様を見るのも、辛いです。
ファッジさんも実は辛いのだろうと推測しています。
外野が余計な事を言って、申し訳ありません。
ですが、仕事に関係なく何度も利用されるのは、如何なものかと思いました。
もちろん決めるのはファッジさんです。
私はだだの一読者の意見です。

投稿: | 2014年4月22日 (火) 09時51分

13:22、名無しさんの気持ち、分かるわ~。
ただね~、在宅介護の実態を知らない若い人(この場合は精神的な)のコメントって感じ。これからいろいろ学んで欲しいなぁ!きっといい介護人になれるよ♪
ショートステイの存在を全否定したら・・・施設で介護のプロとして働いてる人達にも失礼になるってことも忘れないでね。ショートステイは在宅介護に必要不可欠の一つの要素なんですよ。

ファッジさんの最後のセリフに
「おい!還元はどうした!」と思わず突っ込みしたくなりました~。

いくつになっても涙は女の武器ですね~。
(え?意味が違う?)


投稿: ちゃあ | 2014年4月22日 (火) 10時03分

たとえショートでの何日かで認知症が進んだとしても、お義母さんは十分幸せだと思います。もちろんおばさんも。

投稿: 蘭 | 2014年4月22日 (火) 10時07分

怒る人が傍にいると、なんだか心臓がギュゥーっとなります。
たとえ、自分に非があって怒られているんじゃなくても、
怒っている人がいる環境がとてもストレスです。
介護の現場の方は、大変ですね…。
うちの母が言うのですが、ボケたもん勝ちですかね。

投稿: | 2014年4月22日 (火) 10時53分

さすが、マダム・ギボ!
洋服に対する並々ならぬ熱意が伝わって来ます。
グランドフェアリーに昇格?しても尚、そのこだわり。
本当に本当にお洋服を大切にされる方なんですね(*^-^)

投稿: ペン | 2014年4月22日 (火) 12時04分

主介護者の休養は立派な仕事です。

投稿: 実は私もだだの一読者の辛口お寅 | 2014年4月22日 (火) 13時42分

ショートステイを利用して義母さんが可哀想って方がいらしてビックリです。仕事だって休みがあるからできるわけで、毎日毎日休みなく時間無制限で介護する人は可哀想じゃないんでしょうか。
こういうことは、手を出せない他人がどうこう口を出す事ではないと思います。
家族を支えながらも、たくさんの読者に愛されているファッジさん、もっとご自身の輝ける時間を大切にしていただきたいと応援しております。

投稿: | 2014年4月22日 (火) 21時05分

初めまして。
いつも楽しみに拝見させて頂いています。

「人の心を惹きつけてやまない」
の最後の一文に号泣です。

投稿: 片目のちび | 2014年4月23日 (水) 15時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギタリストあるある | トップページ | 経験談 »