« ブラック度 | トップページ | 在宅医療 »

2015年5月12日 (火)

座ったきり老人

 

 

5121

 

おばさんのこの強い意志が高じて…

 

 

5122

 

最近はお昼寝も拒否。

 

5123

5124

 

腰掛けていた方が、気持ち良く眠れると言う。

 

おばさんの身体にほとんど筋肉はない。

しかも、骨粗鬆症も深刻な状況だ。

移乗時に唯一おばさんの身体を支えているのは

両膝に入っている人工関節だ。

一度寝たきりになったら、

もう起き上がれないだろうという恐怖が

ついにおばさんを座ったきり老人にしてしまった。

 

担当医に相談したら

「抹茶さんの身体機能は既に想像の範囲を超えているので

本人が楽に過ごせるよう対応するしかない。」

と、言われた。同時に

「もしもの事態は常にあります。

いつもと様子が違う時は、うちではなく

すぐ総合病院に連れて行ってください。」

とも言われた。

 

もちろん「座ったきり老人」でも、夜はベッドで寝るが

そちらでも異変が生じてきた。

 

(つづく)

 

明日の記事では「尿管カテーテル」について伺いますので

体験談のある方、ぜひ前の方に座っててください。

 

↓いつも応援クリックありがとうございます!

711bana 

スポンサーリンク


 

 

↓今日の「嫁日々」情報!!

第二子を無事出産した木苺さん。

予想はしていましたが

2歳になる上の子の赤ちゃん返りが始まり

「いやいや」の号泣がアパート中に響き渡ります。

ついにはアパートの管理会社から

クレームの書類が届くほどです。

今日もみなさんからのアドバイスお待ちしています!

Yomehibi_2

国際結婚で、海外在住のミンティーさん。

結婚当初から国際結婚に反対だった義母とは

折り合いが悪く、心ない言葉に傷ついてきました。

その義母宅の近くにある大学に長男の進学が決まり

息子を取られるような焦燥感に襲われます。

今日もみなさんからのアドバイスお待ちしています!

Yomehibi_2

スポンサーリンク

 

   

 

|

« ブラック度 | トップページ | 在宅医療 »

コメント

あらたな毎日よく観察してらっしゃいますね、ファッジさん( ̄^ ̄)ゞ

投稿: ビバノン | 2015年5月12日 (火) 10時22分

う〜むシビアな展開になってますね(-_-;)

投稿: ピー | 2015年5月12日 (火) 10時22分

ファッジさんのブログは介護に関わる人たちのバイブルです。
毎日毎日、読んでいると介護力がアップします。介護なんて怖くない。どーんと来いと、自信が付きます。
うちの96歳のギボ様は3月に右足骨折しましたが、昨日のレントゲン写真で完治と言われました。本人は歩けると思っていて前向きなのです。
前向きな力は奇跡を起こす、と思います。

おばさま、頑張ってください。

投稿: モナミ | 2015年5月12日 (火) 10時32分

旦那や子供が喘息の発作が起きた時、横になって寝る事ができず 抱いていたのを思い出しました。
毛布などをクルクル丸めて縛り それを抱える様にして昼寝してもらうなんて出来るかしら?
頭をコックリコックリさせるのも 彼方此方に負担がかかりそうで心配ですもんね(^-^;
昔観た映画「エレファントマン」泣けたな、、、、
死ぬ為に寝るのか?死んでもいいから仰向けで寝てみたかったのか?
今 この歳になってから観たら まだ違う受け取り方をするのかな?
でも、今は観る気分にはならないな、、、

投稿: ハオハオ | 2015年5月12日 (火) 10時41分

ひらめいちゃった(^∇^)
その毛布などに嵐のTシャツを被せて 叔母さまに嵐をハグして(^_^)って言ってみるとか?
マツジュンだと興奮し過ぎるかもしれないから( ̄▽ ̄)

投稿: ハオハオ | 2015年5月12日 (火) 10時52分

はいっ!

投稿: カナリヤ | 2015年5月12日 (火) 10時54分

うちの母も座ったっきり老人です。骨は丈夫な方ですが、以前の圧迫骨折のため毎日腰が痛いそうです。多少歩けるうちの母でも寝たきりになりたくない、と言っています。
私にはわからないジレンマがあるんだろうな・・・と思いながら、手を貸しています。

投稿: パインミックス | 2015年5月12日 (火) 11時02分

おもしろいですね。もはや椅子に腰かけているか寝ているかの違いだけなのに。

投稿: | 2015年5月12日 (火) 11時05分

ハオハオさんの毛布くるくるのアイデア、なるほどです!いろいろな場面で使えそうですね。ありがとうございます。勉強になりました^^

おばさま、毎日恐怖と戦っていらっしゃるんですね…とても繊細な状況…せつない…。
せめて、座りダコや床ずれが できませんように。
ファッジさん、いつもお疲れさまです。

投稿: ひなまま | 2015年5月12日 (火) 11時20分

最前列に座って待っています!

投稿: YASU | 2015年5月12日 (火) 11時32分

おばさまご自身が、”もうすぐ寝たきりになる”という不安をヒシヒシと感じでおられるのでしょうね…。
とっても怖いでしょうね。

漫画だと何年ももう変わっていないように見えるけれど
ファッジさんは傍でその変化を見守っていらっしゃる。
現実はもっともっとヘビーなんでしょうね。。。

投稿: ナツメグ | 2015年5月12日 (火) 11時36分

コワイコワイこわい…
おば様にもしもがあった時の義母さまを想像しただけで…

おば様お願い!姉のため、ファッジさんの為にも元気でいてくださいm(_ _)m

投稿: ぽんちっち | 2015年5月12日 (火) 11時37分

おばさま。頭がクリアなだけに余計にかわいそうになりますね。上記の方がおっしゃっているように抱き枕は楽で、私も横向きで寝る時使って、枕と同じように馴染んでいます。
嵐のTシャツを着せるなんて喜ばれそうファッジさんのアイデア、器用さで作って差し上げては?

コックリコックリやうつらうつらは気持ちいいのですよね~ 

投稿: ミント | 2015年5月12日 (火) 11時38分

明日の記事を読むのが
少し怖い…。
けど、介護してる人は怖がっていられませんね。
尿管カテーテル、母が人工関節の手術で入院中お世話になりました。
おばさま、家庭でも使う事態になっているのでしょうか…

投稿: 北灯り | 2015年5月12日 (火) 11時40分

身体の自由が効かない、痛い、という日常をすごすおばさんは本当に大変だと思いますが、『絶対に寝たきりになりたくない』という強い意志がおばさんを支えてるといってもいいかもしれませんね。
ギボさまの脳みその調子もよくないようですし、ほんとファッジさんが大変すぎて・・
尿管カテーテルの経験はありませんので、明日は後ろの立ち見で・・coldsweats01

投稿: よっしー | 2015年5月12日 (火) 11時46分

おばさまに限らずギリギリを保って普通の(?)生活をしているご老体は肺炎などで絶食するとあっという間にそのまま口から食事が摂れなくなくなり、その間、寝たままの状態が数日続くともう起きあがることも歩くことも出来なくなり・・・と衰え方は急激にやってきます。体力のある若い人と違い回復はほぼなく、衰えるのみ。そして最期を迎えるまで本当にあっという間です。
心穏やかに過ごせる自宅で、更にファッジさんの介護という幸福な生活がなければ言い方悪いですがおばさまの寿命はもっと短かったと思いました・・・

投稿: ハツ | 2015年5月12日 (火) 11時54分

やはりうちの義母も座った時間が長かったです
そしたら、足から水がポタポタ・・・
おしっこ?って思ったら、
座りっぱなしなので、むくんで、リンパ液が汗のように流れていたんです
おば様は大丈夫でしょうか?

投稿: m | 2015年5月12日 (火) 11時58分

はいはいはい、前の方に行かせてくださいな。
一昨年に母が尿管結石で緊急入院の大騒動になりました。

何が大騒動って、父の一周忌の二日前に倒れたんですよね…。うちは一応本家。無駄に広い家に母子二人暮らしです。
ご想像の通りの修羅場でした。あまりの事に心配したり嘆いたりする暇もなく日々が過ぎて行ったのが不幸中の幸いでしょうか…。

明日のお話、楽しみに待っています。

投稿: ノジ | 2015年5月12日 (火) 12時06分

私の実家の母もおば様と同じ
おば本は母にあげたくらい。
横にならずに一日
座ったきり老人です。
母も似たようなこと言ってます。
そしてすこしづつ色んなところに
影響がでてきますね。
お医者様のいうこと
家族は大変だけど
よくわかる気がします。
明日、前の席座りま~す。

投稿: シエルまま | 2015年5月12日 (火) 12時30分

横になろうが座っていようが、
動けないことに変わりは無いですが、
座ってる事は精神的な支えになるんでしょうか。

椅子(ソファとか座椅子とか)でうたた寝、
気持ち良いけど、
体が痛くなったりしませんか?おばさま。
クッションを抱いてると意外と姿勢が安定するんですけど、
やっぱり松潤の抱き枕ですかね(笑)

投稿: まるねこ | 2015年5月12日 (火) 13時35分

ずーっと後ろの席で拝見させていただきます。介護の経験値は限りなく0、今後「もしや」の可能性100に近いため勉強させていただきます。 前記事のコメントふざけ過ぎました、ごめんなさい。

投稿: 豆もち | 2015年5月12日 (火) 13時36分

24の時に術後おしっこが出なくて、カテーテルの話になりましたが、
看護師さん2人がかりでも尿の入口が見つけられず…( ノД`)
医師の歩行許可出るまで我慢するはめになったことがあります。

昔、106のおばあさんのカテーテルで「尿の入口が6つある」とびっくりされ、
医者から看護師さんから総勢6人で、あーでもないこーでもないと難儀されたこともあります。
どうも、子どもを産んだあとの縫合で尿の入口も色々やらかしてたらしいです。
それが何十年後にもなって…(;´д⊂)

おばさまも難儀されることになったのかしら…
でもおばさまは出産経験ないし…( ̄~ ̄;)
前の方の席で正座待機します。

投稿: おがっち | 2015年5月12日 (火) 13時40分

抱きまくら、体調不良や何となく寝苦しい時に使うと安眠できます。タオル地で自作したり、市販品を利用しております。フリース毛布をロール巻きしてタオル地で包んだモノはザブザブ洗えて最高!松潤のポスターはアリです。

投稿: 豆もち | 2015年5月12日 (火) 13時43分

おばさま、たくさんの不安や恐怖を
感じていらっしゃるでしょうね。
そしてそれを受け止めるファッジさんweep

抱き枕嵐バージョンshine
今日は松潤、明日はアイバちゃん、と
いうのも楽しいかもしれません。

あ!「お姫様抱っこしてほしいジャニーズ」
では松潤がNo1だったそうです。

明日は補助椅子とメモ持参で後方待機致します。

投稿: うさぎのしっぽ | 2015年5月12日 (火) 14時02分

介護の世界はいつ、何が起こってもおかしくなですね。
うちも、最近バタバタやらかしていますweep

ギボ子さんは歯が無いけれど、飴を噛み砕く。おば様も医者の想像の範囲外で生きておられる。この長寿社会に医学がついてってないんでしょうか?
頼りになるのは、現場で寄り添っている人だけ・・・そんな厳しい現実を明るく切り開いていってるファッジさんに頭が下がります。

投稿: アトム | 2015年5月12日 (火) 14時10分

昨日のギボ様でわらったけれど、あぁ、私の大好きなおばさまが~。心配。
このブログは、介護だけでなく人生の教科書です。ファッジさん、いつもありがとうございます。

投稿: とすかーな | 2015年5月12日 (火) 14時56分

おば様はいつも車いすに
すわってらっしゃるんでしょうか?
ゆったり ふっくらした
リクライニングの付いたソファで
過ごせることができたら
良いのに・・・

投稿: たまひろい | 2015年5月12日 (火) 16時12分

座ったきり老人 結構居られますよ!
横になったら終わりだ…と言う危機感は
少し切ないですが すぐにゴロゴロダラダラ
したくなる私としては その気持ちに 頭が下がります。
私は真ん中辺りの席で!(^o^)ノ

投稿: かぁちゃん | 2015年5月12日 (火) 16時29分

おば様の不安なお気持ちわかります…
明日は一番後ろで待機です!

投稿: あかねこ | 2015年5月12日 (火) 17時13分

うちの義母子さまは腰の圧迫骨折を3回やってしまい、やはり足腰の痛さを訴えます。
ときどき、『こんな体では生きていても価値がない』と泣かれどう対処してよいのかわからずただ黙って聞いています。
骨折・骨粗しょう症…本当に怖いですね。
今は座ったっきり老人にならないようリハビリに通う日々ですが、不安です。
おばさまの不安もなんとなくわかります。

投稿: 疲れた嫁 | 2015年5月12日 (火) 17時41分

私は一番前で椅子にすわって聞きます。おばさま、頭だけはしっかりしといてください。
姉上の分まで!!!頼りにしてます。

投稿: ニャンコ大好き | 2015年5月12日 (火) 20時25分

はいはいはい。
前方の席に失礼いたします。

ブログで楽しく勉強&介護ストレスをスッキリさせていただいてます。

我が家の義父(要介護4)も尿カテ入れて6年目に突入です。
初期の数年はトラブルが多かったのですが、最近はトラブルなく緊急外来や救急車のお世話になることも、すっかり減りました。

っが!!
それと反比例するように体の機能も低下しはじめ・・・違う意味で介護が大変になってきました。
今後もまだまだ続くであろう介護の日々。ブログをみることでストレス発散させていただきます☆

投稿: まっちゃん | 2015年5月13日 (水) 00時50分

ネックピローはどうですか?
うちにあるのはボリュームがあって、首が痛くなりません。携帯には不向きですが、家で使うにはいいと思います。
楽なので、起きていてテレビ見る時にする事もあります。

投稿: | 2015年5月13日 (水) 08時32分

「寝たきり老人」ならぬ「座ったきり老人」ですか・・・
うちの義母は今、「ころがったきり老人」になりつつありますが・・・
(朝、起きてくると居間に転がったきり一日を送ります)

「つづく」が気になります~

投稿: もんもちゃん | 2015年5月13日 (水) 08時38分

松潤抱き枕!いいですね!

投稿: たまりん | 2015年5月13日 (水) 10時13分

あ~、待ち遠しいsign03
おばさまはギリギリの極限状態を精神力で保ってらっしゃるのですね。
やはり、若い頃にバレーボールで日本一になった不屈の力と幼稚園教諭としての愛の力、
そしてマツジュンへ愛。

投稿: モナミ | 2015年5月13日 (水) 10時49分

夜間の頻繁なトイレ介護がいかに心身への負担が大きいかお察しします。

尿管カテーテルの情報じゃなくてすみませんが、
もしよかったら「夜間頻尿 足上げ」などで検索してみてください。

日中座りっぱなしということで下半身に溜まってしまうのかも…?
昼間に横にならなくなってから夜間頻尿が多くなってきたとしたら
原因のひとつとして考えられるかもしれません。

私の家族も昼間横になりたがらない夜間頻尿でしたが、
リクライニングチェアで夕方から数時間ほど足をあげることで改善がみられました。

投稿: フリスコ | 2015年5月14日 (木) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブラック度 | トップページ | 在宅医療 »