« 形勢不利 | トップページ | いよいよ出発♪ »

2015年6月22日 (月)

指輪

スポンサーリンク


 

ショートステイの前日

 

6221

6222

 

おばさんが、前回のやりとり

有無を言わせず全消去。

 

6223

 

おばさんに言われるがまま

全ての指輪を並べて、はめる手伝いをした。

しかし、リウマチで変形してしまったおばさんの指に

はまる指輪はなかった。

 

6224

6225

 

結局、おばさんは指輪をはめていくのをやめた。

 

おばさんの本意ではないと思うが

一緒に暮らしていると、老いるとはどういうことか

自分がそうなった時、どうやって受け止めて

いけばいいのかを教えられる。

 

おばさんの指輪を絶賛し

「ほしいほしいーっ!」と無邪気に絡むには

私はとうがたちすぎたか(汗)

 

↓応援クリックいつもありがとうございます!

711bana 

 

スポンサーリンク

 

↓今日の「嫁日々」情報!!!

ゆきりんりんさんは中学1年 と小学5年のお母さん。

ご主人が中国広州に赴任が決まり帯同するか迷っています。

一番の気がかりは上の子の高校受験です。

今日もみなさんからのアドバイスお待ちしています!

Yomehibi_2

 

蘭子さんはアメリカ東海岸在住ですが

東京都心部で一人暮らしをしている87歳のお母さんの

認知症がすすみ、施設入所を考えています。

しかし、自分でなんでもできると思っている

頑固なお母さんを説得するのがとても難しいです。

今日もみなさんからのアドバイスお待ちしています!

Yomehibi_2

 

 


 

|

« 形勢不利 | トップページ | いよいよ出発♪ »

コメント

指輪をはめてテンションをあげたかったんですよね
ヽ(´▽`)/

投稿: りかりか | 2015年6月22日 (月) 11時55分

あれ?変な位置に最後のコマが・・・・

投稿: | 2015年6月22日 (月) 11時58分

落っことしたwww

投稿: バニラファッジ | 2015年6月22日 (月) 12時00分

私の実母も義母も
「もう指輪はしないわ…」と良さげな物を孫娘二人にくれるようになりました。
実娘(嫁)は、スルーなのか~い!?

投稿: ふう | 2015年6月22日 (月) 12時01分

でもわかる気がします。高価でも最悪無くしても、そこにその指輪をしていくという行為がプライスレスな気が。

投稿: うち | 2015年6月22日 (月) 12時02分

何だか涙が出ました。
私の母も最期まで、白髪で真っ白になった髪を染めたい、染めたいと言い続け、叶わないまま逝ってしまいました。
母もリウマチで変形して入らなくなった結婚指輪、今私の左薬指にあります。

投稿: ayamama | 2015年6月22日 (月) 12時03分

ン?
井戸端の後にも一コマ有るんですけど これは何⁇
間違い探し的な⁇それともマイド的な⁇

叔母さまが諦めてくれたのは良かったです。
押しても駄目なら引いてみろの駆け引きですかね(^-^;
昔は白魚の様な指に眩く輝いていた指輪が似合わなくなっている現実、、、、
昔は履けたスカートやパンツが途中までしか上がらない現実、、、、
切ないな(u_u。)

投稿: ハオハオ | 2015年6月22日 (月) 12時03分

ぎりぎりファッジさんが気づく前に
落っことしたコマを見れた~ヽ(´▽`)/
あ、もう無くなってる(^-^;

おば様、ふくふく苑にはめて行けなかったけど
本当はファッジさんに
「ほしいほしいーっ!」と無邪気に絡んでほしかったのかな?
私には無理だわー指輪興味ないんだもん(;´▽`A``

投稿: 北灯り | 2015年6月22日 (月) 12時06分

>>ハオハオさま

この時間帯はいろいろギリギリなのよ。
落としたり、散らかったり。

投稿: バニラファッジ | 2015年6月22日 (月) 12時12分

私もわかる気がします。ギボ子さんならいざ知らず…。ふくふくスタッフさんやファッジさんは面倒だとは思いますが、行きたくないショートでのおばさんのささやかな楽しみなのではないかしら。とはいえ、介護する側が大変なら仕方ないですよね。

投稿: みつばち | 2015年6月22日 (月) 12時13分

落ちたコマ見れなかったのは残念!!

指輪をはめることによって気分がアゲアゲになり、スッとショートに行ってくれるのならそれはそれではめていく価値アリとも思います。

でも、それで本当に無くなったら、やっぱり諦めるまでに何か一悶着ありそう・・・・。そう、はめなくて正解sign01

投稿: アトム | 2015年6月22日 (月) 12時15分

「紛失した→あきらめる」で済めばいいですが、「盗まれた」「あの人が盗った」なんて話になるとおおごとになります。職員や他の利用者さんがあらぬ疑いをかけられてしまうことも考えられます。やはり施設に行く時は、貴金属や過剰な金銭、高価な洋服などはお持ちにならないのが懸命です。抹茶さんだけの問題ではないのだとご理解いただきたいです。

投稿: じゃじゃまる | 2015年6月22日 (月) 12時18分

なぜか、外科勤務時代におばあちゃんの術前準備で指輪が外れなくなり、石鹸やローションを駆使して大騒ぎで外したのを思い出しました。いくつになっても女性は女性ですもんね(^o^)

投稿: さぬきんぐ | 2015年6月22日 (月) 12時23分

現在、70才くらいの方が退職されるときに、ご自身の高価なアクセサリーを並べて、お世話になったから、好きなの選んでって、女性社員にあげてました。正直私は、お菓子とかの方が嬉しかったけど、、
昔は、アクセサリーにも、自分を飾ることの他に、いろいろな意味があったのでしょうね。
おばさんには、お守りみたいな意味もあるのかな?あと、知らない人とも話が弾むとか、、。
おばさんは、アクセサリーがなくてもキレイだし、すぐに人の顔と名前も覚えられるし、話術もあるし、十分に気も強い!がんばれ、おばさん☆☆

投稿: | 2015年6月22日 (月) 12時26分

指輪を買った(プレゼントされた)時の喜びや感動はその人しか分からないのですね
宝石も流行りすたりがあるようで、娘たちも私の指輪には全く見向きもしません。
母が祖母からの指輪を譲ってくれても私は形見と言う感慨だけで、特に嬉しさはないのです。

折角のおばさんの宝石はペンダントヘッドに作り替えたら普段でも下げられて失くさずにいられますよ

投稿: 翡翠 | 2015年6月22日 (月) 12時27分

あー、ちょっとかわいそう・・・

投稿: たまには昼寝 | 2015年6月22日 (月) 12時37分

あぁ、落とし物…見たかった(笑。

おばさま、アクセサリーをつけたいお気持ちわかるなぁ。

投稿: えいた | 2015年6月22日 (月) 12時38分

それぞれにおばさんの思い出がつまってるんでしょうね。ショートでおしゃれしてきている人がいればちょっとは自分も…と思う気持ちはわかりますけどね。
おばさんはファッジさんの『紛失してもあきらめるしか…』の言葉で諦めたんですかね。
デイやショートに高価な宝飾品や金銭などは持ち込まないように、と以前言われたことがあります。じゃじゃまるさんがおっしゃったようにやっぱり『盗んだ、盗まれた』の騒ぎが起きるからだそうですが。
ウチの姑は何度言っても万札がびっしり入った封筒なんかを持ってっちゃってましたけどねー。
なんかちょっと切ないthink

投稿: よっしー | 2015年6月22日 (月) 12時45分

先ほどチラっと覗いた時の、
え?
は、落し物でしたかー笑
ははは。
それも含めていつも楽しませていただいてます!

たった今、道ですれ違った80歳オーバーの車椅子に乗って介護されていた女性。
手元を見ると、やっぱり綺麗な指輪してました。
いくつになっても女性は女性なのですね。
年をとるって、色々な事を諦めたり受け入れる事でもありますね。

投稿: めんち | 2015年6月22日 (月) 12時46分

翡翠さんに賛成!
リフォーム代は結構かかるかもですが、
ファッジさんもお借りできますよー(ニヤッ)

投稿: taco3kochira | 2015年6月22日 (月) 12時47分

コッソリ…(・Д・)」あきらめるしかありませよ になってますよ〜

投稿: へっじほっぐ | 2015年6月22日 (月) 12時47分

ウッウッsweat01
切ないですぅ~
おばさまの栄華の象徴のような退職記念のダイヤの指輪ring
リウマチのためにもう指に入らないのですね。
おばさまはすべて承知の上なのでしょう。ショートを口実にして指輪を並べて、昔を思い出していた。
短編小説でも書けそうな切ないシーンです。
メイちゃんに指輪にちなむ話の相手をしてもらったら、キラキラshineした思い出が蘇るかもしれません。
人生勉強になります。

投稿: モナミ | 2015年6月22日 (月) 12時49分

あれ、「あきらめるしかありませよ」になってるのに皆様大人対応?かわいい響きですけどね(o^-^o)

投稿: にくにく | 2015年6月22日 (月) 12時49分

むかし義母が(老人ホームに入居中)
わたしの履いていた洗いざらしの綿の赤い巻きスカートを見て、
「そのスカートきれいね。いいわね…」と
何度も何度も繰り返し言っていたのを思い出しました
いくら綿の安物のスカートでも、赤という色は着てきたらダメだったんです。
義母はすでに亡くなりましたが、
あのときは申し訳ないことをしたな、といまだに思い出し切なくなります。
歳をとっても女性はキレイでいたいものなんですよね。
おばさまも、たとえふくふく園といえど、
人前にでるときはキチンとして、少しだけ着飾りたいのかも…。
美しい物を見たり身につけたりするだけで、
ストレスが解消したりすることもありますし。
嵌められなくなった指輪、切ないですね;
介護者からしたらアクセサリーはあぶなくて邪魔かもしれませんが、
なにか良い方法が見つかると良いですね。応援しています。

投稿: こげねこ | 2015年6月22日 (月) 12時52分

指輪のリホーム賛成。
ペンダントなら普段でもできますよね。
高いお金出して買ったんでしょうからしまっておくのはもったいないです。

投稿: ぽっぽちゃん | 2015年6月22日 (月) 13時00分

義母もみえっぱりなので
ディに通うのに通販で若い子が着るような服を山ほど買って
帽子は専門店で買う ド派手な帽子
真っ赤なマントを着て行くので
近所じゃ「マントマン」て呼ばれてます・・・
お風呂に入るのにすね毛まで剃って行きます
「誰も見てないぞ」と思いますが・・・

投稿: たまひろい | 2015年6月22日 (月) 13時03分

いくつか,お気に入りのだけでも,サイズ直しに出されてはいかがでしょうか。
指輪をネックレスに…とか,デザインを残してブラにするとか,いろいろ方法があると思います。
おばさまが,外泊するときの楽しみが増えるといいなと思います。

投稿: もあ | 2015年6月22日 (月) 13時05分

今からこんな事を言うと叱られそうですが、1つ1つに深い思い出がこもった物を沢山お持ちのシスターズが亡くなった後、これらを処分するか取捨選択する遺族は本当に大変だと思います。きっと何年もかかるのでは。
実家の片付けを延々やっている私としては親の残した物を片付け終える前に自分が病に倒れたらシャレにならないと本気で思います。
思い出に引きずられて物を捨てられない、それは子の代までで、孫にとっては全て時代遅れ、貰っても要らない物ばかりなんだろうなあ~と悩む日々・・・

投稿: ハツ | 2015年6月22日 (月) 13時15分

落とし物だったんですか( ´艸`)プププ
間抜けな私は行ったり来たりで間違い探しをしちゃいました((・(ェ)・;))
分かんないや、、、ッて直ぐに諦めたけど(^_^;)
ちょっと楽しかったです(^∇^)フフッ

投稿: ハオハオ | 2015年6月22日 (月) 13時30分

ハツさん

遺品整理は自分達だけでするのは大変ですよ~

神奈川で10年位前に母が亡くなった時に、
父が70万円で母の遺品や家の不要な品を整理したり処分したりして貰いました

当時は父もバリバリ働いていたので何とも思わなかったんですが、今 思うとかなり高かったですね(++;)

ただ一日で済むのでラクといえばラクでした
お金があればそんなに困らずに済むというか…

投稿: ななし | 2015年6月22日 (月) 13時53分

最後のオチにプッ(@´艸`)

いつまでも女性は女性でいたいものですよね。。

投稿: クロ | 2015年6月22日 (月) 14時09分

4コマ目のありませよ、おまじないみたいで、かわゆす♪

投稿: カナリヤ | 2015年6月22日 (月) 14時10分

ありませよ。安定のミスタイプですね!今日も安心いたしましたー。

投稿: OR | 2015年6月22日 (月) 14時13分

私もペンダントトップなどに
作り変えるのに賛成です。
ただ、祖母はネックレスにしたところ
「指輪はいつも自分で眺められるから
楽しいのね」と言っていました。
乙女心って難しいわ。

投稿: うさぎのしっぽ | 2015年6月22日 (月) 14時49分

おばさま指輪が入らなくて残念でしたねweep
けど自分で納得したからもう言ってこないと思います。
けど思い入れのあるものばかりだろうし
眺められただけでも嬉しかったと思いますhappy01

しっかし自分の給料は自分でって羨ましいなぁ。
ダイヤモンドやミンクのコート私もポーンっと買ってみたいlovely

投稿: coco310 | 2015年6月22日 (月) 14時58分

「あきらめる」ことに
論理的な理由が見つかって良かったですね。
おばさんには気の毒ですが・・・

ペンダントトップにすれば身に着けることはできますが、
おばさん的には、
人に見てもらえないと着ける意味が無いですもんね。

ギボさまはメイちゃんには入らないでしょって
botで呟いてますけど(笑)
いえいえ、どうせリフォームするんだから、
サイズなんてどーでもいいですわ
石さえ有れば

投稿: まるねこ | 2015年6月22日 (月) 15時11分

「リフォームしてペンダントに」良いかもね。「指輪ならばいつでも見られる」う〜ん、女心もとい乙女心はむつかしいなぁ。「指輪」=女性の幸福でもあるのか、叔母様方の世代は?

投稿: 豆もち | 2015年6月22日 (月) 15時18分

「リフォームしてペンダントに」良いかもね。「指輪ならばいつでも見られる」う〜ん、女心もとい乙女心はむつかしいなぁ。「指輪」=女性の幸福でもあるのか、叔母様方の世代は?ペンダントやネックレス ブローチ等とは違う特別なモノなのかな?

投稿: 豆もち | 2015年6月22日 (月) 15時19分

女子園児が、お気に入りの服着ていきたい、髪飾りしていきたいって駄々こねてるみたいですね。
お洒落をしたい気持ちと、周りに負けたくない見栄と。
可愛いけれど、準備する側としては、ちと、面倒くさいみたいなw

投稿: 縁側猫干し | 2015年6月22日 (月) 16時03分

おばさん、ショートステイを前向きに捉えようとしてる気がしますね。
何か楽しみ見つけて、ショートステイを楽しいこととしようとしてる、というか。どれもつけられないのはかわいそう…な気が。ファッジさんは大変だと思いますが、指輪のサイズを家で測って、お直しに出してあげたらどうでしょう…。もしくは、バニラさんに、少しお値段が下がるものでも、新しい指輪を買ってもらって、おばさんにプレゼント、とか。自分で動けないおばさんに楽しみをあげたいー。すいません、面倒なこと言って…。

投稿: パインミックス | 2015年6月22日 (月) 16時20分

あ、バニラさんに、ではなく、クリームさんに、でした^^;

投稿: パイン | 2015年6月22日 (月) 16時41分

おばさまの指に入るような指輪を探してみてはいかがでしょうか?高価なものではなく例えばビーズのような軽い素材で出来た物など。
キラキラで華やかなデザインの物だと、おしゃれしてお出かけ〜って楽しくなりそう。
おばさまが、おしゃれ感より、高価な物を持っているから、身に付けたい(周りに見せたい)という気持ちだったら、却下ですけどね。

投稿: はなまめ | 2015年6月22日 (月) 16時43分

おばさまの心の中では、ふくふく苑へ指輪をはめていくことは訣別されたと思います。
ファッジさんが快く指輪を持ってきて、一緒にはめるのに付き合ってくれたから、吹っ切れたのでは。
おばさまは欲しいもの、ミンクのコートもダイヤの指輪も買いたい時に買える身分だった華やかな時代を経験された…
その時代と訣別することになったのです。
こうやって一歩一歩、老いに納得するつらさに涙sweat02

投稿: モナミ | 2015年6月22日 (月) 16時56分

あきらめるしかありませよ。。せよせよ。
うぷぷ、なんかかわゆし。

投稿: あかねこ | 2015年6月22日 (月) 17時26分

指輪をはめた利用者さんはほんとに何人かはいらっしゃるんでしようね・・・
ご本人や家族の方は万一の紛失のことはどう考えていらっしゃるのかな?と、ふと思いました

投稿: しろうま | 2015年6月22日 (月) 17時32分

誤字脱字を細かく見てらっしゃる方、けっこう多いんですね。
別にそれくらいいいじゃないの〜って内容まで指摘されててげんなり。

体型も髪も若い頃と変わってしまって
宝石だけでも身につけたいのにそれすら叶わないとは…。
寂しく切なくなりますね。

投稿: | 2015年6月22日 (月) 17時33分

私もいくつか宝石を持っています。娘に上げてもいいと思って。でもあまり欲しいとは思ってないようです。ダイヤモンドを身に付けてあの世に行ってもしょうがないし、老いて死に行く身にとって、この世で大事なものって、なんでしょうね。指輪をしなかったおばさんの気持ちを思うと涙がでます。

投稿: まみみゅう | 2015年6月22日 (月) 17時37分

私も介護を始めて
本当に老いるとはどういう事が
しみじみ考えさせられ
勉強になっております。

投稿: | 2015年6月22日 (月) 18時02分

ホントに考えちゃいますね・・・(u_u。)

「とうがたちすぎた」 いつの間にそうなちゃったのかしら・・・coldsweats01(私もです)

投稿: ねこじゃらし! | 2015年6月22日 (月) 18時05分

ビーズは絶対しないと思うな~

投稿: | 2015年6月22日 (月) 18時23分

少しずつ、叔母様が
ショートを受け入れつつあるみたいですね。
良かったと思います。

指輪をリフォームしても
施設につけていくのは
向うでのトラブルの元なので
このままあきらめていただくほうが
良いのでは。

「ありませよ」って
「アニョンハセヨ」に似てません?!
あ、私だけですか、そうですか・・。

投稿: ふじこ | 2015年6月22日 (月) 19時00分

時々、良いお洋服をとっかえひっかえ持って行って着替えてはいかが?たくさん持ってはるのでしょうから?アクセサリーがなくても
この間マダムギボが着てはったような変わったお洋服を着てらっしゃったら?安くて着やすくて良いのを着てはったらあの人上品な人やねと言うことになるンとちゃう?

投稿: ニャンコ大好き | 2015年6月22日 (月) 19時06分

う〜ん、事情はわかりますが、なんか可哀想ですね。

おばさんは頭はしっかりしているので、なくなったら自分で失くしたと諦めること、と持って行かせてあげたらどうかな〜。そんな諦められる値段でもないのかな?

きっと、自尊心に繋がるお守りみたいな物で、辛いショート中でも元気が出るかも。一度失くしたら、失くしたからもうダメです宣言したらどうでしょう?

投稿: わんぱ | 2015年6月22日 (月) 20時27分

私も嫌な仕事に出かけていく時は
気分をアゲるために指輪を3つつけて行ってました。
最近はビジューのですごく安いけど華やかなものもあるのでそういうのをつけていってもいいかも。

投稿: rin | 2015年6月22日 (月) 20時41分

こんばんは。オバさんの指輪、写真に撮って、一枚ずつ小さなフレームに入れて、ショートステイの時にオバさんのお部屋のどこかに飾ってあげたらどうでしょうか?もうサイズが合わないから写真にして持って来たと言えば、何かの話しのネタになるのではないのでしょうか?

投稿: ちかの | 2015年6月22日 (月) 21時22分

(ぼそっ)
お風呂に入る時は問答無用で外しますよね?
ステイ先は一流ホテルではありませんから
一流ホテルのような管理なんかできませんよ〜

周囲は認知症の人もいっぱいいます。
みんな自分くらいの方と思ってはいけません。

認知症の程度によりますが、
「あら? これ私の物よ!!」って言う方は…います。
説明したり写真を見せたりして説得しても
「私があげた物でしょう、返して!! 泥棒ー!!(絶叫)」とか
ものすごい物欲爆発してくれたり……あはは…。

おばさま、大事な物ほど置いていって正解です♪
いらないトラブルは回避、回避!!

投稿: いないな | 2015年6月22日 (月) 21時34分

指輪を隠しそうな人が既に同室ですしね…うーん(-_-)
ふくふくえんじゃなく、自宅で指輪をするのはどうかなー。サイズも調節して。

あとは、ファッジさんが代わりにつけるとか?

投稿: ぴよ | 2015年6月22日 (月) 22時53分

どれかひとつ、ネックレスにリフォームしてみるとか?

指輪がもう入らないとわかっているのだから
思い切って提案してあげてみては?

それかそこまで高くなく重くない安いネックレスをメイちゃんと一緒にプレゼントしてあげるとか?
誕生日が近くないか・・・・・。

なくなったらという思いは拭えませんが、それで少しでも前向きになってもらいたいなー(≧∇≦)

投稿: お〜ちゃん | 2015年6月22日 (月) 23時09分

少し方向性が違うかもしれませんが、おしゃれして行きたいということであればマニキュアはどうでしょう?

義母はよく義妹にマニキュアをしてもらっていました。それでデイサービスに行くと、いつもおしゃれで素敵ですね、と誉めていただいたと嬉しそうでした。

指先がつやつや輝いていると自分でもよく見えて楽しいですよね。

投稿: たまりん | 2015年6月23日 (火) 00時24分

切なすぎる(;ω;)
他の方も書いていらっしゃいますが、ペンダントにリフォームをお勧めします。
60~70センチの長めのチェーンに通せば、指輪じゃなくてもいつでも目に入りますし。

金具はマグネットタイプにすると、つけはずしが楽で良いと思います。叔母様にもできるかと。
そうしないと、つけはずしの度にファッジさんにお呼び出しがかかりますよー。
(うちの母がそうでした。アタシは小間使いか?って感じで(笑))

投稿: 犬子。 | 2015年6月23日 (火) 00時29分

私も、若くて痩せてた頃の指輪や服が当時より肥えてしまったために入らなくなったショックは何度となく味わってます(笑)
当時の指輪ははめるものでなく眺めるものとあきらめてます。
指輪の石だけ残しサイズアップしてはめても良いのですが、無くしてしまうよりは眺めて当時のいろんな思い出を振り返るほうが楽しくなってきました。

投稿: しらす | 2015年6月23日 (火) 01時57分

新しいの買ったらどうですか?
古いのをいくつか売ったら買えそうですけど。
フラットな結婚指輪のようなシンプルなタイプなら、ステイ中つけっぱなしでも大丈夫じゃなかと思いますが、
ご病気的に難しいのでしょうか。
ティファニーのドッツリングなどだと、
ダイヤが10個ついて40万くらいかな?
あれ、つけてて違和感も無くて良いですよ。
それくらいのお品ならオバサンの虚栄心も満たしつつ、
ファッジさんちなら惜しげもなくご利用いただける品じゃないかと思います。
気分が上がって行ってくれるなら、お安いものでは?
うちの祖母は指輪自体がヒスイや鼈甲や珊瑚でできているリングが一番手に馴染むと、
特に鼈甲の物を晩年は愛用してました。
安価なものでしたが、軽くて指馴染みが良いと気に入ってました。

投稿: | 2015年6月23日 (火) 08時15分

たまにはお高い付き添い料がかかるかもですが、○古屋のデパートに好きなだけお買いものとか、おいしいレストランでお食事とか行かせてあげるのもいいかもです。おばさまのショート滞在中に・・楽しみが増えれば行く時の不安も多少軽減されファッジさんのせつなさも減るのではと老婆心です。

投稿: あさ | 2015年6月23日 (火) 08時42分

(ビーズは絶対しないと思うな~)
鋭い方がいらっしゃいますよね。。。
リフォームなんておばさんが納得しないんじゃないかな汗。
その指輪自体が節目節目の戦利品だし。
安い指輪つけていったとしても、いざ無くなったら、「泥棒のいるステイなんて行かないわ!」ってなるしね~。
ファッジさんが上手く書かないでまとめてらっしゃる部分が気になります。
私の老い支度の参考に。。。

投稿: どこ | 2015年6月23日 (火) 08時52分

うちのおばあちゃんも おんなじやりとりがありました。
どこのばあちゃまも一緒なんだな~ と、ちょっと安心してしまいましたw

投稿: もんもちゃん | 2015年6月23日 (火) 08時53分

私も指輪が好きでした。仕事してる時に
キーボードを叩きながら見てニマッと気晴らし。
ペンダントやイヤリングは鏡を見ないといけませんもの。
でも、親のモノを片付けてても指輪類ネックレス類とても困ります。
そもそも趣味が違うし、最早自分もそういうものへの物欲が薄れてきてるニガワラ
欲しいという若い方がおられたらあげてしまうのがよろしいです。
・・・が、おばさまはまだ気持ちがしっかりしておられますから
そんな気にはなられないでしょうねぇ。

うちの母親はデイサービスでお友達が作られたというビーズの指輪を貰ってきて
そういうのをはめて行ってました。
意外とキレイなものでいいもんですけどね。

投稿: かっつ | 2015年6月23日 (火) 11時32分

どなたかが書かれてましたが、マニキュアやペディキュアならテンションも上がりそう!

メイちゃんにも手伝ってもらえば、
「孫が塗ってくれたの~」と自慢もできますし。

投稿: なるほど | 2015年6月23日 (火) 12時22分

おばさま、少しづつ前向きですね。
おしゃれをする気力があるって
ことは素晴らしいですよね。
ちょっと昔を振り返りながら
今にちょうどいいおしゃれが
見つかればいいですね。
おば様やギボ様の女性としての
こだわりの部分は私はうっかりすると
忘れている部分なので
歳を重ねながらも
その気持ちを持つことは大事だと
お勉強させていただきました。

投稿: シエルまま | 2015年6月23日 (火) 12時33分

指輪をしていきたい最大の理由が、3コマ目に集約されてますよね。
おば様にとって今の不自由な身体でなく、バリバリの現役だった栄光にひたる(語る)時が至福の時間なんでしょう。
義母さまに言っても反論されるから、ふくふく苑でお友達を作って自慢する楽しみを見つけて下さい。

…嫌われないよう、適度にね(笑)

投稿: ぽんちっち | 2015年6月23日 (火) 12時51分

かわいそうで、涙がでました。
「あきらめるかありませんよ」なんて、ひどい言い方です。

次のショートスティには、指輪を付けて行かせてあげてください。

そして、そんな意地悪なことは言わずに、「皆さんに見せびらかしてください!!!そのために、買ったんですから!」って喜んで、賛同して、見送ってください。

なくしてもいいじゃないですか。死んだら、嫁のモノになるか、孫のモノになるだけです。

「なくしてもいいですよ!」っていう気で見送ってあげてください。

嫁がその指輪が欲しいから、なくされたら困るから、はめさせてくれないって思います。

おばさんが、なくしたっていいじゃないですか。なくしてもいいですよ!って背中を押してあげてください。

先が短いのに・・・

やりたいことさせてあげてください。

投稿: かわいそう | 2015年6月28日 (日) 05時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 形勢不利 | トップページ | いよいよ出発♪ »