« グランドフェアリー入浴の不思議 | トップページ | 依存度があがる »

2015年11月 7日 (土)

お知らせ

bスポンサーリンク

 

 

↓ミニ記事をfacebookに投稿しました!

Banner_facebook

さくっと土曜日更新風。

 

 

↓応援クリックでひとっ飛び!

Bana

  

↓引き続きお待ちしてます!!!

ゆうさんの妊娠中からずっとご主人が不倫を

していたことが発覚。
 
出産後に、ご主人から離婚したいと言われ
 
幼い子ども2人を連れて、途方にくれます。

今日もみなさんからのアドバイスをお待ちしてます!

20151027_114547_9


結婚7年目の日向葵さんは、

ご主人の浮気で一度は離婚を考えましたが、

再構築を選び、それなりにうまくやってきました。

しかし、また離婚の危機が…

今日もみなさんからのアドバイスをお待ちしてます!

20151027_114547_9

 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 

Line

ラインクリエーターズスタンプデビューしました!

 

20151016_134301

息子は先にデビューしております。こちらもよろ。

 

 

 

スポンサーリンク

|

« グランドフェアリー入浴の不思議 | トップページ | 依存度があがる »

コメント

土曜もお疲れ様です!
Facebook拝見しました
学徒動員…
色々考えさせられますね

投稿: さくふわ | 2015年11月 7日 (土) 15時50分

まさかの土曜日にありがとうございます。

2年間でお風呂に入れたのが1回だけだったなんて・・・!
そんな時代を生き抜いてこられたのですね。
どうかもう二度とそんな時代になりませんように。

おばさま、ゆっくりお風呂にお入りくださいね。

投稿: うさぎのしっぽ | 2015年11月 7日 (土) 16時08分

つらかったことっていつまでたっても忘れられないものですよね。
といって。
何かあった時救急車も呼ばないでほっぽっとくわけにもいかんでしょうに・・もーbearing

投稿: よっしー | 2015年11月 7日 (土) 16時23分

お風呂の事を聞いただけでも
「何という…」と絶句。
確かにそんなつらい時代を
生き抜いて来られたんですね。
他にも辛かった事は
沢山あったと思う。
入院の辛さとは
比べ物にはならないでしょうね…

投稿: sayu | 2015年11月 7日 (土) 16時33分

花の盛りの時にお風呂に入れないなんて…((((;゚Д゚)))))))

投稿: りかりか | 2015年11月 7日 (土) 17時06分

戦争の凄まじさって、こんなちょっとしたエピソードにこそよく表れるって思いました。

お風呂に入らずにどうやって身体の清潔を保っていたのでしょうか。

投稿: アトム | 2015年11月 7日 (土) 17時13分

2週続けて土曜日のお知らせ更新ありがとうございます。
介護に休日はないのに、毎日更新続行ですね。
おとといにやっと、ゆうゆう12月号をゲット。皆様より遅れながら付いて行きます。

投稿: モナミ | 2015年11月 7日 (土) 17時28分

実父の病室付き添いたった3晩、簡易ベッドもコンビニ飯も耐えられたけど、入浴出来ないのが辛かった。
年頃の娘が2年に一回の入浴…燃料にも事欠いた当時だからでしょうが、もう清潔も何もあったもんじゃありませんね。
おばさまとしてはこのまま皆に囲まれた家で眠るように終わりたいというのが切実な最後の願いなのでしょうけれど、こればかりは叶えられるかどうか。
神様だけがご存知です。

投稿: 辛口お寅 | 2015年11月 7日 (土) 17時29分

お寅様のコメント読み、子供の入院付き添いで1週間ろくにシャワーも浴びられなかった事を思い出しました。泣。

今の若者には耐えられない事でしょうね。おばさまもギボ様も私の祖父母も、みんな想像絶する苦労したのですね。

投稿: ドクトルバジリコ | 2015年11月 7日 (土) 17時52分

ファッジさんも将来「介護したことと介護される今、どっちが辛い?」と聞かれたらどう答えるかとふと思いました。

学徒動員で苦労したこと・・それはそれ、これはこれ。

周囲が我慢大会やってる現状、情が深いのはわかりますが、もう十分生きたと満足してる年寄にすべて合わせず自分を大切にしてほしい。

投稿: | 2015年11月 7日 (土) 18時54分

介護される側の方がずっと辛いでしょ

投稿: そりゃあ | 2015年11月 7日 (土) 19時57分

知り合いのお宅の寝たきりのご老人に
食欲がなく食べたくないので、首を振りイヤイヤと訴えても
無理やり頭を押さえつけ、食べさせてると聞いて
暗い気持ちになった事を思い出しました。
寝たきりのご老人の奥様は、「食べなきゃ死ぬのよ!」と
お嫁さんに押さえつける係りを命じて
お嫁さんは嫌がる義父を押さえつけていたけど
すごく嫌な役目だと言ってました。
そこまでして、食べさせなくてもいいんじゃないか?
食べれなくて衰弱すると、責任を感じるから無理やりでも食べさせなきゃいけないのか?
寝たきりの義父を施設に入れるのを断固拒否する義母との関係に、嫁である友人も疲れ果て痩せていくのを
心配しか出来ない自分が歯がゆく感じます。

投稿: 北灯り | 2015年11月 7日 (土) 20時16分

飲食摂取量のノルマ・・・聞くだけでゲンナリします(||´Д`)
意思や嗜好に関係なく、ホラ食べろ食べろと口元にぐいぐいやられてるのを想像すると、おば様が気の毒になりました。

投稿: | 2015年11月 7日 (土) 20時27分

「学徒動員で二年間もお風呂にはいれなかった」は、肝心の節が抜け落ちていると思う!「自宅のウチ風呂に独りでゆったりと」とか、「石鹸で身体の隅々まで洗い清める」等々。戦後満州からの引き揚げで辛酸を舐めた方々の中には、1年間お風呂に入れなかったらしいが。

学徒動員などの集団で、忌み嫌われたのは病気の発生です。大風呂での湯浴みは、戦争末期の空襲で途絶えがちなったでしょうが?せいぜい半年!?

そうだ、同じ地域に同じ時代を過ごしたであろうカヨコおばさんに聞いてみよう!

おばさんが幼稚園の先生だった頃、園児に「お百姓さんが精を込めて作ってくださった食べ物です。有り難く頂戴いたしましょう!」と訓えていましたでしょ!
済んだことをいつまでも文句言っていたら、大好きなファッジさんから笑顔が消えていきますよー!

投稿: ちょっと一言 | 2015年11月 7日 (土) 20時28分

自分で食事できない高齢者を円状に並べ、担当スタッフが中心に位置し、キャスター椅子で回転しながら一人ずつ食介してるのを見たことがあります。
咀嚼も嚥下も緩慢にしか出来ず、まだ飲み込んでいないのに、次のひと匙を押し込まれ、苦しそうに嫌々しておられました。
励ましていたんでしょうけれど「食べないと元気になれないよー、何で泣くのー、泣いてないでごっくんしてー!」の声に、申し訳ないけれど北京ダックを連想し、寒気がしました。

せっかちで不器用なご夫君の雑な食介で、発見された時、口内に食べ物を詰め込まれ、飲み込めず、窒息して亡くなった奥様の話も聞いたことがあります。

誰の為に、何の為に食介するのか。
自分はこれだけ手を尽くしたと言い張る為だけに、無理に食べ物を口に押し込むのは正しいのか。
介護は介護者のエゴという言葉が重く感じられます。


投稿: ダーククリスタル | 2015年11月 7日 (土) 21時50分

介護は介護者のエゴですか・・。

隣近所日本国民全員がそう言ってくれると話が早いのですが、世の中キレイごとと偽善であふれていますから、迂闊においしい言葉に乗って年寄ほっとくとえらい目に遭います。

先日うちの姑が三途の河を渡りかけましたが病院に運ばれた次の日にはアノ手コノ手で生き返りました。
連れて行かなければ今頃お通夜でした。
これからもっとスゴイ介護が始まりますがエゴ丸出しで頑張りますね。

投稿: エンドレス介護 | 2015年11月 7日 (土) 22時35分

今でも…続けて愚痴愚痴なさってるんですね。
聞きようによっては、「あんたのせいよ!」の嫌みにかんじてしまいます。
ミニでもショートでも、何でもいいので、ファッジさん、どんどん吐き出してください!

投稿: ことり | 2015年11月 7日 (土) 22時48分

次に何かあっても救急車は… 呼びます!\(*`∧´)/

投稿: ママ猫 | 2015年11月 7日 (土) 23時58分

口から食事が摂れるのはとても重要です。機械的に食介したり無理矢理口に詰め込むのは問題ですけど。おば様は嚥下に問題はないとお見受けしますがどうなんでしょうか。
うちの母親は嚥下に問題アリで今瀬戸際で踏ん張ってますが状態が段々落ちてきて微妙な状況です。食欲旺盛なギボ様がある意味羨ましいです。

投稿: ピー | 2015年11月 8日 (日) 00時15分

咀嚼や嚥下に問題がある老人に、「お百姓さんが精を込めて作ってくださった食べ物です。有り難く頂戴いたしましょう!」と健常者と同じ目線で言わないでほしい。
おばさまは、食事にすごく時間がかかるとお見受けいたします。
食介する方に時間的余裕がないと、はやく食べて欲しいとイライラしてるのが伝わって、食事が苦痛になってしまったのではないでしょうか。
食べたくないのに、無理やり口に押し込むのも問題ですが、
実はまだまだ食べれるのに、咀嚼や嚥下に時間がかかるので面倒になり、
さっさと食事を切り上げて、食べさせない問題もあるでしょうね。
以前問題になった老人ホームで、自分で食べれない老人の食事を、半分くらい職員が食べてしまった映像がありましたが、
どろどろした美味しそうではない食事をなぜ食べるのか不思議でした。
時間のかかる食事の世話が嫌になり、飲食摂取量のノルマを果たすためだったのかと、今やっと気づきました。

投稿: のまのまの | 2015年11月 8日 (日) 01時10分

大変な時代を生き抜いて来られたのですね。
うちの母もお風呂事情のことをよく話します。
今程毎日入浴する習慣はなかったそうですが固く絞った手拭いで身体を拭いたって言ってましたね。
今尚世界のあちこちで続く紛争や難民の人達を見ると
今でもそんな生活を強いられている人もいると思うと複雑です。
幸せの定義は自分の置かれている状況や心身の状態によって変わるもんなんでしょうね。

投稿: megmeg | 2015年11月 8日 (日) 03時54分

あひるやガチョウに無理矢理食べさせるのはフォアグラですね
私も無理矢理鳥の口に餌を流し込む映像を思い出してしまいました
2年もお風呂に入れなかったのは誇張もあるかもしれませんが
汚れた時に思うように入れなかったということかもしれません
自分の子供の頃も内風呂でも毎日はわかせず1日おきだったこともありましたが
それほど珍しいことでもなかったと思います
食べたい時に食べたいもの食べたい量を食べられず、入浴も人頼み、
若い人なら精神的にやられてしまいそうです
お年寄りはいい具合に鈍感になって何とか持ちこたえてるような気がします

投稿: 使い捨ての名前 | 2015年11月 8日 (日) 15時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グランドフェアリー入浴の不思議 | トップページ | 依存度があがる »