« 年末年始(3) | トップページ | 年末年始(5) »

2016年1月11日 (月)

年末年始(4)

スポンサーリンク

 

 

 

今日のお話は昨日の続きです。


1111

 

私、失敗しないので。」

と、今にも言ってくれそうな女医さん登場。

 

1112

1113

1114_2

1115

1116

1117

1118

1119

11110

11111

 

手術の前はいつもそうだが

お医者さんは、最悪の想定を伝える。

しかし今回ばかりは、その最悪な想定が

全部現実になりそうな予感がした。

「やって後悔」か「やらなくて後悔」の選択だった。

 

 

その後、ダンナはいくつかの同意書にサインをし

お義母さんの緊急手術が始まった。

 

(つづく)

 

 

↓安心してください、退院してますよ!

711bana

 

↓引き続きお待ちしてます

ともさんの同居の姑は、機嫌が悪くなると暴言を吐きます。

ご主人も若い頃荒れていたので、姑に迷惑をかけたという

負目から強く言い返すことはしないようですが

もう同居生活は限界です。

今日もみなさんからのアドバイスをお待ちしてます!

20151027_114547_9

 

みなとさんのお母さんは、姑と小姑からいじめられ

とても苦労してきました。

しかし、そのお母さんが今度は息子のお嫁さんに

嫌味を言うようになりました。

みなとさんは、とてもいい義姉だと思いますが

お母さんの嫌味がエスカレートしないか心配です。
 

今日もみなさんからのアドバイスをお待ちしてます!

20151027_114547_9

 

 

スポンサーリンク

|

« 年末年始(3) | トップページ | 年末年始(5) »

コメント

まだ結末ではないのですね。

投稿: あるこ | 2016年1月11日 (月) 14時54分

全身麻酔からの足組みお義母さん……
数日の間にすごすぎる

投稿: きたのねこ | 2016年1月11日 (月) 14時55分

やはり手術をなさったのですね。重い決断だったことと思います。そして、あの車椅子の義母様につながるのですね。回復早くてびっくりです。

投稿: さっこ | 2016年1月11日 (月) 14時55分

なんと?オペになりましたか💦
難を逃れたのですね🎵
義母子さんの生命力に、アッパレ‼

投稿: オリーブ | 2016年1月11日 (月) 14時56分

お医者さんの説明を聞くの、辛かったでしょうね。決断するのも。
今は退院できたのが奇跡のように思えます。

投稿: アレックス | 2016年1月11日 (月) 14時56分

結果は知っててもやはりドキドキ(--;)そしてジ〜ン。
ホントに失敗しなさそうなドクターですね。

投稿: ピー | 2016年1月11日 (月) 14時57分

なんと、ジェットコースターな年末年始!
お疲れ様でした。

投稿: うらら | 2016年1月11日 (月) 15時02分

!(◎_◎;)手術しての早期退院‼︎
義母様 凄過ぎませんかΣ(・□・;)
やらずに後悔よりやって後悔が私も良いです。可能性が有るなら それに賭ける‼︎
それにしても義母様の回復力は凄い!アッパレです。

投稿: ハオハオ | 2016年1月11日 (月) 15時06分

我が家も夜中の再々の呼び出しの後、
義母が12月30日に亡くなり
怒涛の年末年始だったことを思い出しました。
でもあの(1)に繋がるということは
ファッジ家はジェットコースターのような年末年始だったのですね。
本当にお疲れ様です。

投稿: のらりくらり | 2016年1月11日 (月) 15時06分

この説明を受けた時のお二人の気持ちを思うと
泣けてくる(´;ω;`)ウウ・・・
まだ安心できない時間が続いたのですね・・・

ドクターX米倉涼子似の登場にちょっと安心

投稿: 北灯り | 2016年1月11日 (月) 15時06分

この説明からあの状態までの回復……もはや「神に選ばれた人」としか思えませんね

投稿: わたしも同居嫁 | 2016年1月11日 (月) 15時07分

ゆっくり話し合っていい時もあり
そうでない時もありますね
ご夫婦意見が一致してよかったですね

投稿: ビバノン | 2016年1月11日 (月) 15時07分

途中から読んじゃった人のために、


「安心してください、退院してますよ!」


なんて親切設計!(´▽`)ノ

投稿: ぴよぴよ | 2016年1月11日 (月) 15時09分

ドキドキ感3回目。もう慣れました。ホッsweat01

しかし、お医者さんは怖い言葉を平気?で使うのですねェ。
最悪の状態を提示して覚悟させるのでしょう。
ウチは95歳義母さんが大腿骨を骨折したとき
「手術しても歩ける保証はない」と言われて、痛み止めだけもらって帰りました。年が年だから、みんな骨粗鬆症。このまま寝たきりを覚悟しました。

その後自力で骨がくっつき、今は歩いています。
お年寄りの生命力は侮れない。

投稿: モナミ | 2016年1月11日 (月) 15時14分

いやぁ〜この緊迫感。(・_・)

車椅子でのスリッパプラプラのお腹減ったぁ〜まで、いや退院までの回復力に、年齢とかも鑑みてすごいな。

クリームさんの決断も大変だっただろうなぁ。


投稿: お〜ちゃん | 2016年1月11日 (月) 15時17分

クリームさんの決断に、お母さまへの深い愛を感じました。

とっても悩んだと思います。 でも悩んでる暇もないくらい
緊急だったんですよね?

ファッジさんの書かれていらっしゃる通り、

>「やって後悔」か「やらなくて後悔」の選択だった。

そしてクリームさんは即座に前者を選択されたんですね。

お辛い選択だったとは思いますが、車イスでルンルンな
雰囲気の義母さまを先に見ているせいか、クリームさんの
決断は間違ってなかった。 良かった!って思いました。

クリームさん、ファッジさん、お疲れさまです。
お二方も、十分ご自愛くださいね。

投稿: む~す | 2016年1月11日 (月) 15時17分

次で完結かな?
お義母さんは退院後順調ですか?
またファッジさん困らせているかな?
続きが楽しみです!(^^)!

投稿: しおっぴ | 2016年1月11日 (月) 15時23分

ドクターXの説明もカッコいいけど、クリームさんの即決にも感動しました。

車椅子で足を組んで踏ん反り返っているあのコマを改めて見て、クリームさんやファッジさんの即決あっての事と思います。

義母子さん、お腹空くまで回復出来てかったですね〜☺️

投稿: 加。 | 2016年1月11日 (月) 15時26分

全身麻酔からの奇跡の回復だったんですね!
お義母さん、すげ〜!

投稿: Corvallis | 2016年1月11日 (月) 15時36分

2015年はホントに忘れられない年になりましたね。
それにしてもあの同意書って何度サインしても同意してないけど同意しますって言う書類で好きになれません。
病院の逃げ道だもん。仕方がないことですがね。

投稿: megmeg | 2016年1月11日 (月) 15時47分

自然に任せて、看取りをする…にならないところがすごい。
私は父がグランドフェアリーで行き続けるのがかわいそうでたまらなく、今後癌や脳梗塞が悪化しても治療や入院はさせず、看取りをと考えているけれど。

義母様に痛いくらい手を握られたら、やはり生きる道を探してあげるかな。

投稿: けんけん | 2016年1月11日 (月) 15時48分

クリームさんの決断に感動です。
お母さまの生命力を信じているからこそできる行動ですよね。

そして即座にそれを理解するファッジさんも素晴らしいです。

どうかお二人とも無理はなさらずに、倒れてしまったら元も子もありませんから。

投稿: 疲れた嫁 | 2016年1月11日 (月) 16時02分

最初に知らせてもらえているけれども(それはファッジさんの優しさ)緊張が高まります。自分だったら・・・と考えてしまいます、それは悪いことではないですね。

投稿: カナリヤ | 2016年1月11日 (月) 16時07分

米倉涼子似の医者ですかとクリームさんの判断力・・・何にしろ義母様退院されてよかったです❕🐝

投稿: nana | 2016年1月11日 (月) 16時08分

手術したの?

投稿: つゆつゆ | 2016年1月11日 (月) 16時11分

「やって後悔」も「やらなくて後悔」もいやですね。

ファッジさん本当に大変でしたね。

頭が下がります。

投稿: マクシミリアン | 2016年1月11日 (月) 16時15分

クリームさん、かっけ~

投稿: わんだふる | 2016年1月11日 (月) 16時16分

ついでに、いらない一言でごめんなさい。

(失敗しない女医さん、『手術事態は』ではなく『手術自体は』なのでは?)

投稿: マクシミリアン | 2016年1月11日 (月) 16時20分

良かったです!手術を決断されて良かった!お医者様は最悪のことをいわはるけどありえないことではないのですから!クリームさんの決断は正解でした。内視鏡手術じゃなくて開腹だったのかな?そしておなかの中の胆汁や血液や何かを徹底的に洗ったのかな?回復が早かったのはマダムギボの体力と先生の決断とクリームさんの決断がそろったからだわ!良かったヨカッタ!マダムギボが何ぼふんぞりかえっても許してあげてね!

投稿: ニャンコ大好き | 2016年1月11日 (月) 16時30分

なんか泣けてきました。
旦那さんにとって実の母親。
決断を迫られて即決したのはもしかしらファッジさんのためかもと思ったら泣けてきました。

投稿: よっしぃ〜 | 2016年1月11日 (月) 16時35分

義母様最強伝説が上書きされました!

無理でしょうけど、クリームさんとファッジさんたちがどれだけ大変だったか、少しはわかって、感謝してほしいな・・・┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

投稿: かめ | 2016年1月11日 (月) 16時37分

この展開で(1)のあのお姿: ((одо;)))

義母子様には従来の展開は適用外ですな…(´ε`;)サスガ

投稿: こもも | 2016年1月11日 (月) 16時37分

即決のクリームさんに感動
頼りになる旦那様と賢い奥様のペアですね
うらやましい

投稿: | 2016年1月11日 (月) 16時40分

怒涛の展開
本当に手術なさったの?
手術して数日で回復されたの?
本当に⁇

投稿: norisa | 2016年1月11日 (月) 16時43分

そうか、クリームさんは即決されたんですね。
たぶん、私もそうする、かな・・・
迷うと止まらなくなりそうだから。

投稿: まゆゆゆ | 2016年1月11日 (月) 16時48分

うちも義父の心臓がやらずに後悔よりやって後悔の瀬戸際にいます。事が起きるのはいつも突然で、私はオロオロしてしまいます。修行が足りませんね。でもここに来てはファッジさんの記事に励まされています。次はギボ子様の復活劇でしょうか?

投稿: はしっこ | 2016年1月11日 (月) 16時52分

「緊急手術」に「安心してください、退院してますよ!」が繋がって、やっとちょっと安心しました。

投稿: | 2016年1月11日 (月) 17時02分

>安心しました。退院されてるのですね。

しかし怒濤の年末年始でしたね(>_<)
ギボさまの生命力すごい!

クリームさんの決断に直ぐ同意されるファッジさん、お二人の結束力にも涙です。

投稿: ドクトルバジリコ | 2016年1月11日 (月) 17時03分

ギボ様の生命力あっぱれですね。
それにしても即決ですか。
息子さんとしてご立派で当然かも知れませんが、私なら見えない飛び蹴りくらわしてますね。
通常、主に介護するのは嫁なので。
手術をするにしても即決はないわ~。
ファッジさん、これからもご無理なさらずに、ご自愛ください。

投稿: yukko | 2016年1月11日 (月) 17時12分

クリームさんの迅速な決断にぐっときました。
直感があったんでしょうね。
今までもブログの前面には出てこないけど、きっとファッジさんをサポートしているんだろいなとは思っていましたが、クリームさん、ステキ。

手術したのに退院のあの早さ。やっぱりギボ様は生きる強さを持っている。

投稿: とすかーな | 2016年1月11日 (月) 17時18分

「安心してください」と何度言われても
どうしてもドキドキしつつ読んでしまいます。

「看取りの覚悟」重い言葉です。

リュウくん、ケンくん
成人式おめでとうございますwine
あの坊ちゃん達が成人式・・・(←親戚のおばちゃん気分)

投稿: うさぎのしっぽ | 2016年1月11日 (月) 17時21分

難しい選択をなさったのですね。もしあのとき、たらればはどんなときにもつきものですから…
今回は結果オーライでよかったです。
おばさまのパワーが来ていたのかもしれません。
早く続きがみたいです

投稿: ことり | 2016年1月11日 (月) 17時21分

クリームさんはお母さんの生命力に賭けたんだと思います。
このまま結果を恐れて辛い思いをさせるのなら、思い切って手術を、と。
嫁の立場であるファッジさんは決断をためらうのは当然としても、息子のクリームさんだからこその即決だったんですね。
これは腹腔鏡手術だったのでしょうか。
回復よりもリスクは少ないと思いますが・・
ケンくん、リュウくん、立派な新成人となられたのでしょうね。
あー、おばさんに一目見せたかったですね・・
またなんか泣きそう・・

投稿: よっしー | 2016年1月11日 (月) 17時41分

クリームさんの即決に対してファッジさんもすぐにお願いしますと頭下げている絵をみると、夫婦の気持ちは一緒だったってことですよね。
飛び蹴りくらわすとかコメントする夫婦とかと一緒にしたらあかんわ。

投稿: | 2016年1月11日 (月) 17時45分

いやはや、あまりに回復が早いので、医師の誤診かと思っていたら全身麻酔で手術までなさっていたんですね。

あちらにおられるおば様が、しばらくは一人でのんびり極楽気分を味わいたいから姉さんはまだこっちに来ないで!って押し戻して帰して下さったような気がします。

投稿: ノジ | 2016年1月11日 (月) 17時48分

沈黙の臓器といわれる肝臓・膵臓・胆嚢は手遅れになり易いと言われて
ますが、強靭な義母さまには敵わないですね 笑
胆嚢が破れただけでも並みの痛さではなかったのではないでしょうか?

大変なアクシデントにご家族の心配や苦悩、義母さまに同情しつつも難なく乗り切ったあっぱれな様子にはすごくて、笑ってしまいます。

 
 
  

投稿: 葡萄 | 2016年1月11日 (月) 17時48分

クリームさんの決断するコマで泣きそうになりました。
痛い苦しいままよりは、痛みを取り除きたいと思われたのでしょうか。

そして今、退院されているギボ子さん。老いも死も超越して、生き仙人になっていそう。曾孫の名前をつけるまではがんばって生きていそうです。手術がうまくいってよかったです。

ファッジさん、クリームさん、お体をいたわってくださいね。

投稿: ちえ | 2016年1月11日 (月) 17時50分

その危機的状況からさっさと抜け出して退院しているという義母様の生命力の強さに脱帽。

あの世連合の方でも、ちょっ、まだあの方を受け入れる覚悟ができてません!とかって、泣いて拒否されたんじゃないでしょうか、なーんて不謹慎な発言も、義母様が無事とわかっていればこそ。術後お大事になさって下さい。

ファッジさんたちも、くれぐれもご自愛くださいませ。

投稿: くろ | 2016年1月11日 (月) 17時51分

私も全身麻酔の手術を受けたことがあります。
事前に手術自体は難しくないと言われていましたが、実際説明をきちんとされると不安になるものですよね。

投稿: シューミ | 2016年1月11日 (月) 17時52分

最後のコマの、いいね、うん、にご夫婦の信頼の絆が感じられ、胸が熱くなりました。

投稿: 祐子 | 2016年1月11日 (月) 17時55分

手術から数日で「お腹すいたー」なんてギボ様すごーい(;_;)

私が腹腔鏡で胆嚢を摘出した時は10日の入院。
全身麻酔で鼻の管・おしっこの管・・
辛かったなーT_T

多分あの頃の私よりギボ様の方が間違いなくお元気です(笑)

クリームさんファッジさん本当にお疲れ様でした。

投稿: ラベンダー | 2016年1月11日 (月) 18時15分

92歳で全身麻酔の手術!!!
あかん涙が・・・。
なんか身につまされる。実母は81歳健康だけど。
いつかはやってくる現実で。
いつかは決断が必要で。
わかってるの、(1)になるとわかってるんだけど。
粛々と次回を待ちます・・・。涙

投稿: yoko | 2016年1月11日 (月) 18時38分

さぞ大変な手術後入院生活だったと推察いたします。
体中の管、採血、採尿、検査検査…。
食事介助も家政婦さんとかを利用されたのでしょうか?
病院にいることでの記憶の混乱も気になります。

どうやって認知症の義母様が乗り切られたのか、
続きが早く知りたいです。

投稿: kara | 2016年1月11日 (月) 18時48分

クリームさんカッコいい!!

投稿: ぷりん | 2016年1月11日 (月) 18時48分

ファッジさん、クリームさん、お疲れ様です。

ケンくん、リュウくん、今日、成人式でしたよね。
祝・成人式~~~!!!

お二人は、どんな年末年始でしたでしょうかね。

投稿: 小波 | 2016年1月11日 (月) 18時52分

はじめまして、何時も楽しく拝見させて頂いております。

おばさんの事はご愁傷さまでした。
おばさんの看病お疲れさまでした。

また、お姑さんの緊急手術・・・大変でしたね。

旦那さんの決断は私も判ります。

私の親も入院中に急変し、人工呼吸器を付けて貰いました。

高齢でしたので色々リスクも説明されましたが、やはり「遣って後悔」の方が自分に納得出来るので良かったと思っています。

「遣らずに後悔」は後を引きますが、遣って後悔の方が良かったと思います。

私の親は幸い少し寿命は延びましたので後悔は在りません。

後悔の無い治療を遣ってあげた方が自分に納得が出来ますよ。
その方が、清い心で送れると思いますよ。

投稿: ドンガバチョ | 2016年1月11日 (月) 18時56分

ギボ子さんの生命力に感嘆しました。

そして、そのための決断をされたお二人にも感動した。

投稿: アトム | 2016年1月11日 (月) 19時05分

よく亡くなった人は一緒に誰かを連れて行くと聞きますが、おば様はギボ子さんを連れて行かれなかったのですね・・・

私の父が亡くなってすぐ、義母が生死をさまよう事故を起こしましたが、今は元気です。
この義母とギボ子さんの性格がそっくりなので、物凄い生命力に・・・納得です。

投稿: かな | 2016年1月11日 (月) 19時34分

安心してください
退院してますよ

ワンクリックのボタン近くに会った言葉に、なんだかほっとしました。

投稿: ミル | 2016年1月11日 (月) 20時12分

この時のようにどちらを選んでも賭けになる
重大な選択のシーンでは、
もしファッジさんの意見を聞いて
それを参考にクリームさんがそれを選択すると
仮に万が一のことがあったとき
ファッジさんに罪悪感がより強く
残ってしまったはず。

いまは無事成功がわかっていますが、
どっちに転ぶか全くわからない状況下で
この選択は自分が責任を負うべきと
当然のように思っていたクリームさんの
覚悟に関心です。

素晴らしい結果が出てよかった!
成功とはいえ病み上がりで
ファッジさんの介護負担は
増えてるかもしれませんが。応援してます!

投稿: はなまる | 2016年1月11日 (月) 20時15分

大変な決断でしたね。
その、決断の様子だけで、やっぱりうるうるします。
しかし、冒頭の、足組ギボコ様がいらっしゃるので、安心して読めます(;´д`)

投稿: さち | 2016年1月11日 (月) 20時43分

クリームさんの決断に泣けました。
そのあとの、安心してください退院してますよを見ると、決断がナイスタイミングだったのでしょうね。
よかった。

投稿: kana | 2016年1月11日 (月) 21時05分

きっとおばさんが守ってくれると信じてます。

投稿: ばにゑ | 2016年1月11日 (月) 23時26分

「手術できます」って言ってもらえる義母さま、さすがです。
体力がなんとかなると判断されたのですね。

因みに体力と免疫力が無く手術できなかった母は
意識が無いはずなのに明らかに苦しんで逝きました。

胆嚢炎と(たぶん腹膜炎)ってそういう病気です。
コメントの中に手術しない判断をしそうな方がいらっしゃるのが怖いです。

お医者さんが席を外したのは、少しでも落ち着いて決断して下さいねが本意で
手術しない選択は考えてないと思います。

ファッジさん、クリームさん、お疲れさまでした。


投稿: のんのん | 2016年1月11日 (月) 23時35分

何だか読ませて頂いてるだけで、自分の事の用に泣きそうになってしまいます。
大変な選択ばかりですが、後悔のないように出来ればいいですね…

投稿: nori | 2016年1月11日 (月) 23時39分

おばさまが亡くなってから、お義母様の今回の内容まで、本当に自分の一昨年から現在の状況に重なってます。
お義母様の緊急手術の、旦那様の決断。
涙が出ました。自分も母親の手術は、独りでしたが、即答しました。同意書にサインをする時に初めて震えている自分の手に気がつきました。今母は、医師が驚く程回復し、介護5ですが、一緒に暮らしています。ほんとに、よかったと思う毎日です。主治医は、退院する目処がたった時、言われました。『医師は最悪の事しか言えなくてごめんね。でも、それ以下は無いから』その目は、絶対に見せない優しい目に、光るものがありました。
医師も人間。よくわかりました。
ほんとに、旦那様の決断。それに、ついて行かれたこと。素晴らしいと思います。後は、お義母様の生きる力ですね。
頑張って欲しい!ご家族も。。応援してます‼

投稿: ひだまりのぽち | 2016年1月12日 (火) 00時50分

おば様とのお別れから救急夜間外来
全身麻酔での手術、奇跡の生還
退院、センター試験?、成人式
これが年末年始を挟んで1ヶ月以内に‥
ファッジさん身体本当に大丈夫ですか?

投稿: | 2016年1月12日 (火) 01時02分

その選択しかないでしょうね…私でもそうしたと思います。
針を刺して1か月…その段階で手術を選択したかもしれません。
手術の成功をお祈りします。

投稿: Ruby | 2016年1月12日 (火) 05時04分

なんかもう「さすがギボ子さま」ですね。

持ってる。確実に持ってるよ!

投稿: るる | 2016年1月12日 (火) 05時51分

ギボ子さまの体力に脱帽です。

投稿: | 2016年1月12日 (火) 09時19分

毎回、1月6日の脚組みお腹すいた~のギボ子さんを見て、
プフっと笑わせてもらってます。
先に結果教えてもらえて、安心して読めるのいいです^^

投稿: コミネ | 2016年1月12日 (火) 11時12分

おば様の喪中でもあるけれど
本当に年末年始どころでない
大変な状況で皆様の体が心配です。
我が家も数年前ありました
やって後悔するか、やらずに後悔するか
やれるだけやれば気持ちはすっきりします。
大変になるのはこれまでの日々で
充分理解できますものね
その決断にエールを送ります。
ただ、介護される方の体
くれぐれも気を付けて。
義母様は回復されているようだったし
とにかくファッジさんご夫妻が
ゆっくり休めるよう祈っております。

投稿: シエルまま | 2016年1月12日 (火) 12時32分

ふふふっ
今頃
執刀医のあだ名が
「大門先生」かも!?

フェアっていないギボ子さんなら
「失敗しない? 私の台詞よー!」
「結婚失敗したクセにぃと影口叩いたそこのアナタ! 私は合法的に子種を得たのよー! 私は勝女なんだから!」
と高笑いしそう!!!

投稿: | 2016年1月12日 (火) 13時30分

ご主人の決断早かったですね!
義母さまのお年を考えたら痛みをとってあげる事が一番かな?という判断だったのでしょうけど…(1)の義母さまをみると手術をして大正解だったようですね!
ただし油断は禁物です!お大事にしてください

投稿: みちる | 2016年1月12日 (火) 13時58分

手術事態→手術自体がよろしいかと。
別に字に関係なく意味は分かるからどうでもいいとは思ったんですが…
細かくて申し訳ありません。m(_ _;)m

投稿: キョー | 2016年1月12日 (火) 14時11分

自分の親が高齢で手術をするとき、やはり最悪の事態を考えてしまいますね。
何があるかわからないから。
きっと良くなると信じ医師にお任せするしかないですよね。祈ることしかできない
お母様回復されて本当に良かったです。
車イスで足組みに癒されました。

投稿: あんず | 2016年1月12日 (火) 14時24分

我が家と同じと思い初めてのコメントです。
義父が緊急手術を93歳でうけました。
胃を三分の一取りました。
胃からの出血でこのままでは死
手術をしても死かも
この手術では最高年齢ですといわれました。

ところが成功してすごく元気になり100歳の賞状いただいてからなくなりました。
お母様も長生きしますよ。
おばさまの分まで
  

投稿: みつ | 2016年1月12日 (火) 14時25分

今日寒かったですよね、大丈夫ですか。

投稿: | 2016年1月12日 (火) 16時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年末年始(3) | トップページ | 年末年始(5) »