« 搬送先で | トップページ | 2回目だった »

2016年4月 8日 (金)

花冷え

スポンサーリンク

 

 

 

 
最近、身近な人の訃報がつづく。

 

476

477

 

姑シスターズのお母さんは、実子4人のほか

遠縁にあたるサダちゃんとシロちゃんにも

おっぱいをあげていたというビッグマム伝説を

おばさんからよく聞いていた。
 

 
478
479_2

 

お義母さんが元気がない時、

同じ大正生まれのサダちゃんが健在なのは

とてもお義母さんを回復させた。

 

 

しかし先日、サダちゃんの訃報が届き

お義母さんとおばさんに代わって参列することになった。

私はあまりお会いする機会がなかったが、

話をたくさん聞いていたので、やはり寂しい。

 

 

 

↓応援クリックありがとうございます!!  

711bana

 

 
 

↓安心してください、社員の更新です。

Banner_hitotama 

スポンサーリンク 

 

 

↓引き続きお待ちしてます!

 

ご主人とは中学の同級生で、10年の交際を経て

結婚したりんのすけさん。

結婚当初からお姑さんとは相性が悪く

子どもはりんのすけさんの希望でいません。

現在結婚23年目ですが、日々、姑の言動や

ご主人の言動に心がボロボロです。

今日もみなさんからのアドバイスをお待ちしてます!

20151027_114547_9

 

シングルマザーのはーこさんは

小3の息子さんと小6の娘さんの3人暮らしです。

もともと不在がちのご主人だったので離婚後も

家庭環境は大きく変わることはありませんが

娘さんの反抗がひどく、日々の対応が大変です。

今日もみなさんからのアドバイスをお待ちしてます!

20151027_114547_9


スポンサーリンク
 

 

 

 

2016年度版「嫁好みな嫁暦」

今年はさらに可愛いぞっ!

 

81pi4n9nl_sl1300_

ミニバッグ付 1400円(税込・送料別) 

 

716y5mxzl2l_sl1300__2

開運招福キーホルダー付 1200円(税込・送料別) 

 

 

↓詳しい情報はこちらから

嫁好みな嫁暦

Yomeda_gifanime2016 

4月始まりの「嫁好みな嫁暦」

みんなのスタートの春を一緒に歩きます!

 

スポンサーリンク

|

« 搬送先で | トップページ | 2回目だった »

コメント

ギボ子様の話が小休止なので、とても気になってしまうのですが・・

大正生まれのサダちゃん様の、ご冥福をお祈りいたします

投稿: まゆゆゆ | 2016年4月 8日 (金) 12時31分

ファッジさん、がんば! *^-^*b

投稿: YURI | 2016年4月 8日 (金) 12時31分

ほんとに花冷え!

投稿: ニャンコ大好き | 2016年4月 8日 (金) 12時32分

義母さまはどうしてるのか!?

気になりすぎる。

投稿: けんけん | 2016年4月 8日 (金) 12時39分

そうですね。
親が年をとるという事は、親の兄弟である、おじさんやおばさん、はたまた遊び友達や同級生など、みんな一様に年老いるってことですよね。
私は毎年年初に、親に来る年賀状が年々減っている事にグッときます。

投稿: アトム | 2016年4月 8日 (金) 12時41分

長生きして、親しかった人たちがどんどん先に逝ってしまうのも辛いですよね...。

投稿: あいこ | 2016年4月 8日 (金) 12時45分

冷えますね〜ギボ様入院中にファッジさんとご家族の方がゆっくりできるといいのですが。でもファンとしてはブログの更新も楽しみにしております笑

投稿: リリー | 2016年4月 8日 (金) 12時46分

乳きょうだいってやっぱり特別なものなんですかね。
今じゃとても考えられないですけど、昔は『もらい乳』もふつうにあったようですね。
ギボさまはサダちゃんが亡くなったことはご存じないんでしょうか。
もうあんまりがっかりさせたくないですね・・
私も入院中のギボさまがとても気になります・・

投稿: よっしー | 2016年4月 8日 (金) 12時46分

ボランテアになってます

投稿: M | 2016年4月 8日 (金) 12時52分

わかってはいても…寂しいですよね。

投稿: えいた | 2016年4月 8日 (金) 12時54分

大正生まれで退職後に貧しい国にボランティアとは
抹茶家のご親族の方々も中々すばらしいお方だったのですね。
寂しい限りですが最後の砦とばかりにギボコさんには頑張ってもらいたいですね!

投稿: megmeg | 2016年4月 8日 (金) 12時56分

近しい人が亡くなっていくのは寂しいですね。

「親兄弟や連れは、子供とか孫とは違うのよ」と晩年祖母も言ってました。


沢山の人に囲まれてても弱音吐いたり頼れる相談相手がいなくなるのは不安だし寂しいんでしょうね。

ご冥福をお祈りいたします。

投稿: ドクトルバジリコ | 2016年4月 8日 (金) 13時03分

やはり、亡くなる人もつらいでしょうが、残される側もつらいですね。

私はたまに独りになりたいときがありますが、何気に周りの人達に支えられている部分があることも否定はしません。

投稿: ぴよぴよ | 2016年4月 8日 (金) 13時10分

二度目すみません。急に思い出したのですが2年前にやってた朝ドラ『ごちそうさん』で、主人公のめ以子が次男を戦争で亡くしたときに仮住まいさせてもらっていた義姉に『一緒に食事を採ってもらえませんか』と言った時に『あんたは生命力が強くて誰よりも長く生きる。一人に慣れないといけません』と厳しく諭された場面を思い出しました。
ギボさまは誰よりも生きる力が強い人。
フェアリーになってしまって、『自分一人だけ残された』という悲しい気持ちが残らないのは不幸中の幸いかもしれません。
気がつけばみんな死んでしまっていない、って精神的になかなかキツいものがありますから。
悲しいけど、息子さん家族がそばにいてくれる。
あんまり怒ったりしないで穏やかにお過ごしいただきたいですね・・・

投稿: よっしー | 2016年4月 8日 (金) 13時31分

今は乳兄弟なんているんでしょうか。良い時代でしたね。

投稿: ピー | 2016年4月 8日 (金) 13時43分

大正生まれで素晴らしい業績を遺されたサダちゃんのご冥福をお祈りします。
抹茶家の誇りでギボ子様おばさま抹茶シスターズも人様に自慢できるし、話されることで元気になるでしょう。
この業績、その精神を末永く親族に伝えていくことが供養になると思います。ひょっとしたらその話を聞いた子孫の中から後を継ぐ人が出るかもしれません。
ファミリーヒストリーみたい。

投稿: モナミ | 2016年4月 8日 (金) 13時55分

ブログのお話が他人事じゃなく、身近に感じられる今日この頃。

おばさんはブログの中では健在です!!!
それもブログのいいところですね。

ギボ子さんは今頃どうしているんでしょうかね?
お見舞いがあるかと思いますが、ふぁっじさん、夜はしっかり寝て、気力・活力を整えてください。

投稿: | 2016年4月 8日 (金) 14時09分

サダちゃん、素晴らしいっ!!
元国連難民高等弁務官だった 緒方貞子さんを連想しましたよ。
私の遥か彼方の記憶で、1歳前後の妹が祖母のおっぱいを吸っていた事がありました。
母がいなくて泣いていたからあげたのか?今となっては謎ですが・・・

投稿: 北灯り | 2016年4月 8日 (金) 14時12分

2年前の母の葬儀のときは、父方の姻戚には知らせませんでした。遠方から高齢の方に参列していただくのは難しく、そうなると、会ったこともない親戚の方に気を遣わせてしまいそうで。初盆が過ぎたころに、手紙を出し、葬儀を済ませたこと、香典等はご遠慮願いたいことを書きました。親族付き合いが蜜なお宅では別でしょうが、そうでないお宅ではみなが高齢化していくので、仕方がありませんよねー。しかも、私は高齢出産の賜なので、従兄弟がもう死んでたりするのでもう家族葬どころか火葬場直行かもしれません(^^;

投稿: けいこ | 2016年4月 8日 (金) 14時12分

乳兄弟ってテレビの時代劇などで観る事はありましたが、
ギボ子さまとおばさまにも乳兄弟がいらっしゃったのですね。
母方の101歳のなった祖母はたくさん兄弟がおりましたが、
皆さん亡くなり祖母一人になっております。
子供も5人いたのが3人亡くなり私の母と叔父だけに
なってしまいました。
それでもギボ子さまと違う所は「どうして私をおいていなくなるの?」
とは決して言わず好奇心の塊で施設に入ったら認知症介護度3から
1に回復したという所です。
母が施設に行くと祖母があまりに口が達者でカチンときて
(28年前に亡くなった)祖父の話をして「おじいちゃんの
所(天国)に逝くの忘れたの?」と話すと「そんなの、迎えに
来やせん。」と言い返してくるそうです。

投稿: どっこいしょ | 2016年4月 8日 (金) 14時16分

私も、昨年に叔父、この前、親戚のおばちゃん←もうひ孫もある方ですが、と亡くなり、どちらも小さい時から可愛がってもらったのでとても寂しいです・・
義母子さんはお幸せですよ。

投稿: なな | 2016年4月 8日 (金) 15時02分

老姉妹の縁の方々のご葬儀にファッジさんが臨席なさっているのね。
ギボ子さんの入院騒動でお疲れのところ、大変でしたね。

私の母も出過ぎたお乳を他の赤ちゃん達に吸ってもらったお蔭で、乳腺炎を予防できたと喜んでおりました。

もらい乳は、母乳不足の母子や乳房の張で苦しむ母にとって「三方良し」の大らかな風習でしたね。

投稿: ファン | 2016年4月 8日 (金) 15時26分

私の亡くなった父(94才)も
毎年集まって飲み会をやっていた
父を入れて6人のグループの人達が
一人、また一人と
亡くなってしまったり
病気で集まれなくなったりしていったときに
とても寂しがっていました。
「長生きしても…」と
ぽつりと言ったことがありました。

同世代が居てくれない寂しさは
きっと 自分が
その立場ににならなければ実感できないのかもしれませんね…

投稿: sayu | 2016年4月 8日 (金) 16時24分

ほんとにその人の立場にならないとわからないことばかりです、勉強になります、フアッジさん葬儀出席義母様の変わりとかお疲れ様です

投稿: nana | 2016年4月 8日 (金) 16時42分

乳兄弟かぁ。今はネットで母乳を買う時代ですもんね。
それも本当の母乳では無いものが出回っているとか(´・_・`)
もうそろそろ母乳神話に振り回されるのは止めませんか?って言っても親世代の人からのプレッシャーがあったりするんだろうなぁ。
友人は姑さんからの一言で傷付きピタリと母乳が止まったそうです。
戦時中の何も無かった時代、わずかな米をすり潰しお湯に溶いて飲ませたものだよなんて話を聞いた事があります。つまり母乳じゃなくても育つんですよ。
粉ミルクだって良質な物が売られているんだし、ネットで母乳を買うなんて事をする程に追い込まないであげて欲しいです。って母乳関連の記事を見る度に思うんですよね(´・_・`)

投稿: ハオハオ | 2016年4月 8日 (金) 16時46分

長生きすると周囲の親しい人たちに先立たれる哀しみを味わう、
義母様もそんな思いをたくさんなさっていらしたんでしょうね。

ファッジさん、猫さん達に癒されつつ
どうかご無理なさらないでくださいね。

「母乳神話」っていつまでもなくならないんですね・・・。

投稿: うさぎのしっぽ | 2016年4月 8日 (金) 16時53分

母が60くらいのときに、ちち父ちゃんが、といきなり話し始めて、誰それ⁉とビックリしたことがあります。当然まずちち母ちゃんがいるわけですが、ちち父ちゃんという言い方が面白いなあと思いました。
今は粉ミルクもすごくいいからね。パパもあげられるし。あ、ちち父ちゃんだ(笑)

投稿: ありゃりゃ | 2016年4月 8日 (金) 17時05分

ギボコさんの最後のコマを見ると、切ないです。
サダちゃんのご冥福をお祈りします。

投稿: mimi | 2016年4月 8日 (金) 17時23分

サダちゃんのご冥福をお祈りいたします。

義母さまにはずっと「よっ、乳兄弟!!」と
声掛けされててもいいと思いますよ。

私も大正生まれの父にもう一度会いたいなぁ。
夢やお化けでもいいから来てくれないかな。
義父さんは自分の誕生日にこっそり来て家を
荒らしていったんですよ~。
義姉に「うちには来てくれない」と羨ましがられました。

投稿: りぷとん | 2016年4月 8日 (金) 18時36分

さだちゃんのご冥福を祈ります。自分が年をとるということは、上の世代の人も年をとっているということなんですね。この当たり前の事がやはり淋しいですね。一人また一人送るたびにそう思います。

投稿: 海風 | 2016年4月 8日 (金) 19時29分

「ボランテア」はわざとかな?と思いました。
「デズニーランド」とかお年寄りは良く言いますもんね。

投稿: リラ | 2016年4月 8日 (金) 19時42分

死が段々身近になってきましたね。
改めて、寂しいことです。

投稿: ぷーおば | 2016年4月 8日 (金) 21時43分

お義母様は、認知症故、返って寂しくないので、お幸せです。

投稿: ぷーおば | 2016年4月 8日 (金) 21時46分

おばさん瞳孔開いてるのヤダ

投稿: ポンド | 2016年4月10日 (日) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 搬送先で | トップページ | 2回目だった »