« サクサク天ぷら | トップページ | きゅうりからサラミへ »

2017年5月16日 (火)

諸行無常の庭手入れ

 

 

 

 

 

1

2

3

4

 

 

516niwa

 

 

5

6

7

 


 

 

 

↓応援クリックお願いしまーす!

人気ブログランキング

 

↓ツイッターやってます!

Banner_gibot

スポンサーリンク

 

↓今日の「嫁日々」情報

みんむんむんさんのご主人は

昔、ローンが組めない弟に代わって、

車のローンを組みました。

しかし弟からその返済はほとんどなく

借金はそのままみんむんむんさん家族の

家計を圧迫します。


みんむんむんさんへのアドバイスは

↓こちらからお願いします!

20151027_114547_9

 

グレーさんの8歳になる娘さんは

常に落ち着きがなく、しゃべり続けています。

勉強は9割わかっているようですが

授業中もそわそわしています。

カウンセリングを受けようと考えますが

ご主人からは反対されます。

グレーさんへのアドバイスは

↓こちらからお願いします!

20151027_114547_9

 

 

↓わさび菜焼きそば食べたや〜ん(←誰?)

Banner_hitotama

Hitotama_2017_0511_3

 

スポンサーリンク

     

|

« サクサク天ぷら | トップページ | きゅうりからサラミへ »

コメント

今では誰にも何も言われない…のところでなんだかウルッときました。

一コマめの窓越しに見てるニャンズが可愛い❤️

投稿: えいた | 2017年5月16日 (火) 12時42分

遺憾!!
その気持ちよーくわかります。
              共感!!

投稿: 野分 | 2017年5月16日 (火) 12時43分

実はシスターズも遺憾だったりして、と思いました。シスターズにとっても、「親が大切にしていた庭」「クーちゃんの庭」だったかもしれないなぁ、なんて思ってみたり。わかんないですけれど。でも、芝の手入れは重労働。ファッジさんお疲れ様です。働き者やわぁ。

投稿: ぴよ | 2017年5月16日 (火) 12時49分

分かります~
私も「母(故人)が大事にしていたから」と遺したアクセサリーなどを使っていると
「それ好きなんだね~」と人に言われて「そ、そぉなるか?」と動揺したりします(笑)
 
それを遺した「姑シスターズの思い出ごとファッジさんが大事にしていた庭」
って意味で言えば、その通りかもしれませんね~

投稿: 犬子。 | 2017年5月16日 (火) 12時52分

こんにちは~

なるほどぉ
そのうちファッジさんの大事にしていたお庭になるんですね~
後を継ぐということはそういうことなんですね

※井戸端会議の2つめのリンク先が1つめのところに飛んでしまいます~
訂正お願いいたしますm(__)m

投稿: ぴぃなっつ | 2017年5月16日 (火) 13時48分

どちらもむんむんさんのご相談につながっているようなでも

投稿: ことこ | 2017年5月16日 (火) 13時48分

交通不便なせいで広さだけはある庭に、その昔手当たり次第に植えたらしき草木。(なぜか棘があったりかぶれやすい種類が多い…。) 義父が責任を放棄してからは、多忙な夫に代わり嫁の私が傷だらけになりながら手入れをしてきました。ところが一昨年、義妹一家が庭の小さなマイホームを手に入れた際に義父が「世話が大変なだけだから庭なんて小さい方がいいんだよ〜」と言うのを耳にして、私の中で何かが壊れる音がしました(°_°)
すっかりばからしくなって、今では夫の給料で植木屋さんにバッサリやってもらっていま〜す( ̄^ ̄)

投稿: 階下の鬼嫁 | 2017年5月16日 (火) 14時04分

遺憾ですね~

投稿: くぅ | 2017年5月16日 (火) 14時25分

ことこさんへ

ありがとうございました!リンク直しました。

投稿: バニラファッジ | 2017年5月16日 (火) 14時29分

それが歴史になるのでしょう、うん。

投稿: カナリヤ | 2017年5月16日 (火) 14時30分

おばさんの「人に頼んでやってもらいなさい」は、「プロにやってもらいなさい」という意味だったのでしょうか・・
その辺の嫁との気持ちのすれ違いが・・
今は懐かしいでしょうか。
私もたまに、ダンナや息子たちは今の家が自分の家で生まれた時からずっといる所なので、私とは思い入れが違うよな、と思うことがあります。そしてついでに「この家で私だけ他人だな」と思っちゃったりも。
人生の途中で家が変わるって、よくよく考えるとなかなかのことだなあと思います。

投稿: よっしー | 2017年5月16日 (火) 14時40分

母が読んだら共感しそうです^^

投稿: ryo | 2017年5月16日 (火) 15時05分

代々とはそういう意味があるのてすね
深い!でもお庭は綺麗なほうが気持ちも良い。
ファッジさんゆるりとやらましょう
わが大切に楽しんだ庭は今や後からきた義父に
ドンドン手を入れられてしまい、今年はやる気なしになってもた。色々ありますわ

投稿: シエルまま | 2017年5月16日 (火) 15時11分

『諸行無常』ってコトバ使ったこと無し。
ファッジさんのタイトルセンスにまたも脱帽。
芝刈機のある家ってホンマにあるんですね(^.^)

投稿: ひのえうま | 2017年5月16日 (火) 15時31分

それにしても美しいお庭q(^-^q)

投稿: ひのえうまま | 2017年5月16日 (火) 16時19分

遺憾、なるほどことばの選び方がフアッジさんですね・・・

投稿: えつこ | 2017年5月16日 (火) 16時35分

最後までツバで目が隠れている表現と”遺憾”が味わい深い作品でした。
ジワジワきます。さすが。

投稿: アーユルヴェーダ | 2017年5月16日 (火) 16時38分

広いお庭は大変です。
よっしーさんのおっしゃる
”「この家で私だけ他人だな」と思っちゃったりも”に共感します。

結婚30年経っても「夫の実家に行くと家族がすごく仲良くて
私だけよその人だな、ぽつーんって思う。
子供達は自分の子供だけれど・・・」とよく言う友人がいます。

いくつになっても「嫁は嫁」ということだね、と妙に納得し合ってます。

投稿: うさぎのしっぽ | 2017年5月16日 (火) 16時54分

よっしーさん
うさぎのしっぽさん
ファッジさん
、、、よおく分かります、、、。
今の家に住み始めて25年。まだ『自分の家』とは思えないことを実感していたところです。こんな違和感を夫に話したところで理解できないでしょう。お前が一番、主のようだと逆にキレられそう。今は家を離れている2人の子供たちにとっては『自分の帰る家』なんだろうなと思います。
でも、今の生活を、大切にしていきますよ。

投稿: MARIRINN | 2017年5月16日 (火) 17時26分

ファッジさんは大変なのでしょうが、
広くて資産があっていいなあ〜。
うらやましいです。
芝生なんて敷けない狭い庭(^_^;)

投稿: ひなママ | 2017年5月16日 (火) 17時28分

きっと言われますよ😘ツィンズに可愛い奥様がやってきて、その奥さんに✨
「母が大切にしていた庭」って。なんだかウルウルしちゃうのは歳のせいかしらん?😭😭

投稿: ももんが☆ | 2017年5月16日 (火) 18時22分

わかる、わかるわ~ファッジさんの「まことに遺憾」のお気持ち!! わたしも自宅庭は義両親の庭だと思っているので触りません。この先、ふたりが死んだらわたしのものになるだろうけれど、たぶん、一掃しないと「自分の庭」だとは思えないだろうなあ。手入れはするけれど、自分の庭ではない、「お母さんが大事にしていた庭」ではないというファッジさんの気持ち、わかる!!

投稿: わたしも同居嫁 | 2017年5月16日 (火) 20時53分

うちはそれほど広くない庭ですが草むしりや剪定は人に頼んでやってもらいます。両親が居ない今やらなくても誰も困らないけどずっとやってることだから続けてます。30年後にはどうなってるんだろうといつも思いますけどねぇ。

投稿: ピー | 2017年5月16日 (火) 21時52分

手入れしてるからにはもうその庭はファッジさんのもんや
好きにしてええ、灯篭の隙間に花や野菜を植え込もうが自由!

剪定の庭師さんが微妙な顔するかな(笑

投稿: | 2017年5月17日 (水) 01時08分

愛着ある庭でも、そんな気持ちのまま妻や母親に、死ぬまで庭の手入れをしてほしいと、家族は思ってないですよ。

投稿: | 2017年5月17日 (水) 07時00分

お義母さまも妹子さまもそのお母さんが大事にしていた庭を大事にしていた、という。なんていうんでしょう、預かっている責任感がはたからみると大事にしている、となるっていう。
あ…ぐるぐるしてきてしまいましたけど、そういうことなんでしょうね?

投稿: りー太郎の母 | 2017年5月17日 (水) 13時20分

始めは、子供の環境(長子に双子)が似ていて読ませて頂いてました。
ああ…、ひとやま越えられたんですね。
ファッジさんと比べて私などはまだまだこれから介護とか来るんじゃないかと戦々恐々ですが、バニラ家お手本になんとか乗り越えたいと思っています。

投稿: usazou. | 2017年5月17日 (水) 16時01分

うちの母(介護が終わり悠々自適の還暦)も同じことを言っておりました!話していたときの表情…誠に遺憾という表現がぴったりです。笑

投稿: わたあめ | 2017年5月17日 (水) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サクサク天ぷら | トップページ | きゅうりからサラミへ »