« ひと区切り | トップページ | ネイティブ »

2017年6月19日 (月)

嫁vs姑

  
  

我が家の「嫁vs姑」の原点とも言える記事を

グググッとまとめました。

お時間のある方はぜひ。
 
 
 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 
 
   

1

2

3

4

5

 

 

6

 

 

の名目で見積もりは購入当時より

お高くなる!

その代わり、新品同様にすると言われた。

 

 

 

いやいや、そんなに思い出ないから…と

買い換えを私は決意した。

今までがどっしりと重厚な革張りソファだったので

イメージチェンジで

今度はもう少しカジュアルな物がいいな、と

思いを馳せれば…

 

 

7

 

 

 

…と、これまでが去年(=2006年)の頃のお話。

結局、意見がまとまらず

1年間ボロソファで過ごしてしまった。

 

 

しかし今年も家庭訪問の時期がくる。

去年使用した応接間は今や

メイの部屋に改造され使用不能。

いよいよ決断の時がやってきた。

 

 

あなたは伝統の姑派?新風の嫁派?

ちなみにダンナは、嫁を支持。

なぜなら…

 

074121

 

 

その靴箱の中にあるのは、全部ダンナの靴だ。

底がすり減ったのやカビのさしたボロが入っている。

どれも購入当時は値が張った物と思われる革靴だ。

そして、この靴箱の管理者はお義母さんだ。

「直せばはける。」物ばかりだそうだ。

 

 

ダンナが

「直しても僕はもう、はく気はない。」

と、何度言っても処分は絶対しない。



074122





その昔、ダンナが自分の好みや意志で買った物は

どんどんと処分され、身の回りの物は

全てお義母さんの選んだ物だったそうだ。

 

 

母一人子一人の身の上、

(…と言ってもおじいちゃんもおばあちゃんも

おばさんも同居していたわけだが)

子を思う母の気持ちと、それも我慢もしてきたが

どうやら違うと感じ始めた。


 

自分の気に入らない物はどんどん捨てて

自分が買った物は、たとえそれが

人へのプレゼントだとしても

捨てることは許さないのだ。

 

 

ソファだっておふくろに相談すれば、

そうなるに決まっている、とダンナは言う。

じゃ、同じ出資者のおばさんはどうなんだ?

 

 

聞いてみた。

 


074123

 

す、すばらしい〜!

お金は出すが口は出さない。

これぞ姑の鏡!

よっ!なんちゃって姑!

 

 

なんちゃって姑=エセですから(鬼嫁?)

 

 

こう言われると人間不思議なもんで

張り替えようかな?って頭をよぎるよね。

いや、しかし、よぎるだけで次ぎの瞬間には

 

 

 

074124

 

 

受話器を持った私がいた。

迷っている暇はない。

家庭訪問はすぐそこ。

 

 

回収日は20日(金)に決定!

もちろんお義母さんには報告してないので

極力顏を合わせたくない嫁。

しかし、くるよねー…

 

 

  
1_2

 

 

お義母さんは今日も

我が家にスパムやウィルスメールがないか

チェックに余念がない(→関連記事

 

  

お義母さんが手にしているはがきは

メイの担任から届いたバースデーカードだった。

 

 

2_2

3_2

4_2

5_2

6_2

 

 

7_2

 

 

8

Photo

 

 

お、お年寄りをあなどってはいけません。

もう全部お見通しかもしれません。

ちなみに洗濯機は家電なので出せません。

 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 

 

ソファを出す日も決まったので 

さっそくダンナと新しいソファを

見に行くことにした。

  
  

10_2

11

12

13

 

 

15_2

 

 

ダンナが新しいソファを買うことを

お義母さんに伝えて第2ミッション完了。

 

 

 

16

17

 

 

ついに、お義母さんから宣戦布告された。

いやいや、戦うつもりはないいんですけど…

ちなみに若い者のやり方は

 

 

18

19

20

21

 

 

1日のズレも許されない、

テンパリスケジューーーール!!!

さすが若造。

 

 

 

当初予想していた日より家庭訪問の日が早く

ソファ選びにまったく時間がないというのが

すでに若造。

 

 

22

 

 

何事も慎重なお義母さんから見れば

あきれて話にもならないと言ったところだろう。 

 

 

実はソファについては

まだまだケンとリュウがやんちゃなので 

布張りのぐっと安い物にした。

3人掛けと2人掛けのコンビで色は淡いイエロー。

 

お義母さんが気に入るわけない。

 

 

まずは落ち着いた色のソファーカバーでも

かけておけばいいんじゃね?

となったが…

 

 

今や私の敵は注文したソファの

「在庫確認します」と言ったきり

なんの音沙汰もない家具屋だ。

 

 

…日曜に納品してもらえないと

何もないリビングで先生と立ち話に

なってしまうんですが…

しかしそんな嫁の焦燥とは裏腹に

非情の連絡が家具屋から届く。

 

ソファの納品は

10日から2週間かかります。

お急ぎの方は…

 

 

 

 

2_3

 

 

 

3_3

 

 

 

お店で希望のソファに目星をたて

購入はネットでと思っていたが

どれもこれも22日納品は

無理だった_| ̄|○、;'.・ ゲフォォォ...

 

 

 

ネットでの買い物にも慣れていたものの

即納にも限界があることを知った。

 

 

 

 

中には即納可のソファもあったが

そんなことで妥協するわけはいかない。

もちろん、次に私のとった行動は…

 

 

 

4_3

 

 

5_3

 

 

6_3

 

 

7_3

 

 

実はこのソファ買い替えミッションで

「急いで買わないで、ソファカバーでも

いいんじゃないか」

というコメントをたくさんいただいた。

 

   

そうそう、それそれ!

 


8_2

 

 

ああ、なんとかソファカバーは買えそうです…。

なんか、この2週間は忙しかった。

PTA総会(←委員長で参加)や

参観日(←小中とあった)

学校新聞の入稿やミッションの遂行、

そうそう、ケンとリュウの

初めての塾…全部がんばった。

しかし、最後の最後にこの有様…(ぐすん) 

 

 

ん…?お義母さんがなんか言ってる。

 

 

 

9_2

 

 

 

ここで一句。

「カバーでもいいよ」と君が言ったから

4月20日はソファ記念日。

(↑何のパクリかご存じ?)

 

 

しかしこの場におよんで、

今度は気に入るソファカバーが見つからない。

(ホント優柔不断にもほどがある…_| ̄|●…)

「とりあえず」っていう心が、

これじゃあ高い、これじゃあダサイと迷わせる。  

  
  
  

ネットも店もたくさん回ったが

最後に私が行き着いたのは近所の手芸店だった。

端っこ縫うだけだし…と、なんと

ソファーカバー手作りした。

  
  
  
  
  
笑わないって約束した人だけ見ていいよ。


  
  
Photo_16

 

 

 

なんか、下についてる丸い変なの何?

 

 

Photo_15

 

 

モチーフだよ、モチーフ。

20年ぶりくらいにかぎ針持ちました。

コンセプトはナチュラルテイストなのに

ダンナに見てもらったら…

 

 


18_2

 

 

19_2

 

 

ああ、敵は本能寺にあり。

先生の滞在時間などたったの10分なのに

嫁の意地がどんどん加速する。

 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 

Photo_2

 

 

お義母さんたちに、家庭訪問の話をすると

あたふたと大騒ぎになるので

事前にあることは伝えてあったが

日付までは伝えてなかった。 

 

 

 

案の定、その10分後には…

 

 

Photo_3

 

 

カヨコおばさんが召喚されていた。

 

 

20_2

21_2

22_2

23

24

25

 

 

 

 26_3


 

27

28

29

 

 

意外と好感触。約2名、笑った。

ちなみに、返事Aは…

 

 

 

いつもすみません。

ありがとうございます。

 

 

どっちがよかったかな?

記事はまだまだ続くよ、大丈夫?

 

 

カヨコおばさんのおかげで

庭の掃除も無事すんだようだ。  


30

 

 

室内の掃除点検にやってきた。

 

31

32

 

 

33

 

 

 

お義母さんの自慢の中庭もきれいになり

私の自慢のソファカバーのアイロンがけも済んだ。

満を持して、リュウの先生ご来訪!

 

 

 

   34

 

 

リュウの先生は、

身長が170cmほどある見事な8等身だ。

顔も小さく、とても綺麗な先生だ。

趣味がマラソンというのも魅力のひとつで、

マラソン成績もセミプロ並なのだ。

 

 

35

36

37

 

 

38

 

 

 

リュウの先生の心をわしづかみにしたのは

リビングの片隅に追いやられている

ダンナの筋トレマシンだった。

先生は、マラソンのさらなる向上のために

今、筋トレに励んでいるそうだ。

しばらく、筋トレ話で盛り上がった…_| ̄|●

 

 

 

あとは、取り立ててご報告することもない

普通の家庭訪問だった。

 

 

しかし家庭訪問はまだ終わらない。

我が家恒例の…

  
  

41

 

 

先生の出待ち。

 

42

43

 

 

去年までは部屋の出口で

待っていたお義母さんたちだが

今年は少し遠慮して(誰に?)

門を出たところで待っていた。

 

 

孫の話もさることながら

今度は自己アピールタイムである。

 

 


44

45

 

 

最近のお義母さんは、代名詞が多い。

気取ってしゃべる時は、さらに拍車がかかる。

しかし、心の広い私は

そんなお義母さんを遠くから

暖かいまなざしで見守る。

 

 

しかし…

 

 

46

47

48_2  

 

 

えええーーっ!?

 

 

39

 

 

40

 

 

いろんな野望をはらんで、家庭訪問は無事終了。

ちなみにケンの先生は、あだ名がアニマル浜口。

玄関先で「気合いだーっ!」という感じで

バババっと来てバババっと帰られた(笑)

 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 

 

本当に当時は毎日こんな感じだった。

読み返すと自分も若かったと思う(笑)

これからは自分もだんだん歳を重ね

お義母さんたちの感覚に

近づいていくのかもしれない。

1日1日を大事にしたくなる。

 

 

 

 

↓応援クリックお願いしまーす!

Banana

 

↓バニラファッジも発進!

Bana_2

スポンサーリンク

 

 

↓今日の「嫁日々」情報!

国際結婚のヨーロッパさんは

義両親と二世帯住居で暮らしていますが

おしゃべり好きの義母が、日に何度も

ヨーロッパさん宅に来るのが

大きなストレスになります。

ヨーロッパさんへのアドバイスは

↓こちらからお願いします!

20151027_114547_9

 

 

↓黒は黒。白は白。でもソース替えれば黒も白。

Banner_hitotama

Hitotama_2017_0616_3_2Hitotama_2017_0616_4_2

 

|

« ひと区切り | トップページ | ネイティブ »

コメント

毎日のvsに心の底から尊敬しまっす!
時の流れを感じますです~。
感慨深い。。。

投稿: カナリヤ | 2017年6月19日 (月) 12時16分

ソファーのお話も読み応えあり過ぎです(*´ω`*)

投稿: えいた | 2017年6月19日 (月) 12時33分

今見ると、超大作ですねー
何回かにわけての掲載でしたっけ?
ファッジさんの文才が炸裂してます。
姑シスターズが全盛期で、お子さんたちがやんちゃで、の頃はもう身体と心臓がいくつあっても足りなかったでしょう・・
一気読み、なかなか読みごたえありました(^.^)

投稿: よっしー | 2017年6月19日 (月) 12時35分

投稿: | 2017年6月19日 (月) 12時42分

うちも父とその母が同居で、母一人子一人だった昔の苦労をよく聞かされ、家庭訪問にも張り切っていました。懐かしいです。笑い泣きです。

投稿: ryo | 2017年6月19日 (月) 13時00分

そんなつもりなかったのに 畳の上に敷いてるゴザ? を変えていいか きいたら
次の日 たたみ屋さんがきて 畳をかえられた 泣きそうになりました 11年前かぁー

投稿: | 2017年6月19日 (月) 13時09分

ソファカバー、飾りまで付けて頑張ったなぁと思いました(;^_^A
感想がチープって(笑)
ソファは正しい使用法でした(^_^;)

そんなにきっちりしなくても
「めんどくさい、どうせ見てない、見ても覚えてない」では通じないんでしょうか。

投稿: O3 | 2017年6月19日 (月) 13時57分

一気読み、面白かった!!
リアルタイムでも読んでいたのですが、もっと義母様に腹が立っていました。いま、こうして読み直すと、自分も年齢を重ねたせいか、その後の義母様たちの弱り方が記憶にあるせいか、義母様のほうの気持ちも理解できてしまうから不思議ですねぇ。

投稿: yasu | 2017年6月19日 (月) 14時06分

ああ、なつかしき闘いの日々。今となっては笑える思い出話ですね。しみじみしてしまいました。
ファッジさん本当によく頑張っていましたよ。今見ても奮闘ぶりが、あっぱれ!です。同い年なのに私のダメっぷりが恥ずかしいです。
うちの要介護2の義母は米寿を超えたあたりから勢いがなくなってきたので、衝突も減りなんとか日々をやり過ごす毎日です。

投稿: くろ | 2017年6月19日 (月) 14時39分

なんだか…最後のファッジさんのコメントがぐっときました。

投稿: yoko | 2017年6月19日 (月) 15時07分

一日一日を大事に・・・ホント、そうですね。
怒涛の日々ですが、大切にしないと、ですね。


ところで、ソファはその後どうなったのですか?

投稿: アトム | 2017年6月19日 (月) 15時41分

yasuさんの感想と同じです!
リアルタイムで読んでいた頃は「まったくいちいちうるさい」としか思っていなかった義母様の発言。今は深さすら感じる。
年月で自分も変わっていたということですかねぇ。
でも、声出して笑いながら読んだのは同じ 笑

投稿: mavy | 2017年6月19日 (月) 16時37分

全盛期は本当に大変でしたね。義母さまがフェアリーになる前と後って、キャラがあんまり変わってないのが興味深いですね😄
個人的には、「3人でがんばってね」の柔軟な対応が気に入ってます。

投稿: エリチーズ | 2017年6月19日 (月) 17時59分

あ〜、面白かった😄義母さま、おばさん、カヨコおばさんまで総出演で豪華な話題でした😊

投稿: ももんが☆ | 2017年6月19日 (月) 18時08分

前にも読んでいるのに
今回もハラハラしながら読みました。
色々奥深いです!

投稿: うさぎのしっぽ | 2017年6月19日 (月) 22時21分

長編楽しかったです。

今は家庭訪問も簡単に玄関で済ませる学校もあるとか。

娘が小学生の頃
「家庭訪問では子ども部屋も見るよ(゚∀゚)」と先生が言っていたからといつもより張り切って部屋を片付けていた事がありました。

すっかり忘れていたのか先生が帰ろうとした時「先生、部屋を見て下さい!」と慌てて引き止めた娘が可愛かったです。
そんな娘ももう21歳。
懐かしい思い出です。

投稿: ラベンダー | 2017年6月20日 (火) 09時20分

読み応えがあって面白かった~happy01
俺様だったギボサマ・・
今読むとすべてがいい思い出に感じます!

投稿: coco310 | 2017年6月20日 (火) 09時33分

過去記事はもちろん面白いし
これに現在の心境を聞けるのが
すごく興味深いです。
毎日見たいくらいです。

投稿: あずき | 2017年6月20日 (火) 12時09分

かぎ編みでモチーフ作るとか、そんな簡単にできるものなんですか?すごい!時間ないのに、手作りして、アイロンまで当てるとは、さすが達人。 シスターズとの日々も大変でしたね・・・。

投稿: ぴよ | 2017年6月20日 (火) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひと区切り | トップページ | ネイティブ »