« ひっかけ問題にひっかかる | トップページ | 変わらない番組 »

2017年7月 1日 (土)

ひやりとしたこと

  

 

 
 

(お詫び)

バックナンバーの2006年2月から12月までの

記事は画像が反映されていません。

スマホでも読みやすくなるよう

順次修正していきます。

もうしばらくお待ち下さい。

 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 

7月のトップ画像更新しました。

変わっていない方は、ご利用のブラウザの更新ボタンを

クリックしてご覧ください。

 

2017_july_top

 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 

 

過去記事まとめが楽しくて、つい。

今日も5話まとめてみました。 

ケンとリュウが2歳、

メイが4歳の頃のお話です。

 
 
 

1

2

3

4

 

 

 

聞き分けのいいメイをはさんで

3人でまったりとシルバニアファミリーしながら

子育てをよく批判をされたもんだった(汗)

 

 

 

泣いてばかりのケンとリュウが

ダンナの小さい時とまったく違うとよく言われた。

でも、オトナ2人で1人の子どもを世話するのと

オトナ1人で双子を世話するのとでは

はなっから環境が違うだろ!とは

ツッコめない新米嫁だったね。

 

5

6

7

8

 

 

メイとおばさんは大好きな幼児番組が始まり

体操のヒロミチお兄さんに釘づけ(笑)

すっかり暇になってしまったお義母さんが

2人の子守りを気まぐれに言い出した。 

 
 

9

10_2  

 

 

「子育てはこうあるべき、母親はこうあるべき」と

手は出さぬが口は出すお義母さんの育児。

「やれるもんなら、やってみろ。」と

心の中でつぶやきながら

お義母さんに連れられて

外出して行くケンとリュウを見送った。

 

 

1_2

2_2

3_2

4_2

 

 

胸騒ぎがして、家の畑に様子を見に行ったが

お義母さんたちはいない。

なので、いつもの散歩コースになっている

坂下の田んぼへ走った。

 

 

5_2

6_2

 

 

いたっ!

…けどお義母さんが1人いただけ(汗)

 

 

7_2

 

 

高台から見渡すと

お義母さんからずいぶん離れたところで

フラフラ1人で歩いているケンを見つけた。

しかし、リュウがいない。

 

 

8_2

9_2

10_3

 

 

 

「やれるもんなら、やってみろ。」

と意地悪になった自分を猛烈に反省した。

 

 

 

11

12

13

14

 

 

地面から声がする…

 

 

15

 

 

なんと、農業用水に落ちているリュウを発見(汗)

でも泣いてるわけでもなく

冷静に助けが来るのを待っている2歳児だった。

 

 

16

17

18

 

 

 

幸いにも農業用水は、水かさがなく

泥んこの中にリュウはいた。

最初は立っていたらしいが、

疲れて座ってしまったと教えてくれた。 

 

 

19

 

一方、泥んこになったリュウと私が

お風呂に入っている頃

お義母さんは… 

 
 

20

21

 

 

そして遅れて帰宅したお義母さんは

ことの一部始終を私に話した後…

 

 

22

 

 

メイと比べると圧倒的にヒヤリとしたことが

多かった幼い頃のケンとリュウ。

だからこそ3人の子育てに

おばあちゃんの助けは欠かせなかった。

 

 

「リュウに免じて許してやる」

 

 

(終)

 

 

 

 

↓応援クリックお願いしまーす!

Bana11

 

↓バニラファッジも発進!

Bana_2  

スポンサーリンク

 

 


 

 

↓今日の「嫁日々」情報

「口は災いの元」だとわかっていても

つい災いを起こしてしまう風が吹いているさん。

そんなことの繰り返しで

ママ友もみな去ってしまいました。

風が吹いているさんへのアドバイスは

↓こちらからお願いします!

20151027_114547_9

 

友人から借金を相談されたのらイグアナさん。

「お金以外のことなら、なんでも協力する」

と伝えたが


「借りられないならもう死ぬしかない」と

泣きながら言われました。

のらイグアナさんへのアドバイスは

↓こちらからお願いします!

20151027_114547_9 

 

 

菜めしやきそばなもし。

Banner_hitotama

Hitotama_2017_0628_3

 

|

« ひっかけ問題にひっかかる | トップページ | 変わらない番組 »

コメント

ほんと大人一人で双子をみるのと、大人二人で子供一人をみるのでは雲泥の差ですよね(^_^;)

こちらの記事は遡って読んですごい記憶にあります。自分も子供ができたら気をつけようって。無事で何よりでした(^-^)

投稿: えいた | 2017年7月 1日 (土) 12時39分

めんどくさい思いや、嫌な思いもたくさんあったでしょうが、やはり3人の子育てにおばあちゃまたちは必要不可欠の存在でしたよね!

投稿: | 2017年7月 1日 (土) 12時44分

色々あったんですね。用水路落下はちょっとビックリ⁉️水が無くてヨカッタ。

投稿: peanosuke | 2017年7月 1日 (土) 12時47分

この話あまりに衝撃的でよく覚えてます。私だったら、もう子どもを触らせたくないと思ってしまうな…と、ファッジさんの懐の深さに偉いなーと思うばかりでした。でも今読み返しても、水かさがもっとあったら…と思うだけでゾゾゾーっとします。無事でよかった。

投稿: 次女 | 2017年7月 1日 (土) 13時40分

ホントに男の子双子ちゃんの小さい頃は、驚かされる事ばかりだったでしょうね!!
田植えの時期じゃなくて良かった!!
同居で大変!も沢山だったでしょうけれど、
同居だから良かった事も沢山あるよね。
子育ても介護も、1人でやったらダメだよなぁと
実感しておりますー。

投稿: わくわくオンマ | 2017年7月 1日 (土) 13時43分

たいていは「ま、いっか〜」の私も、こと子供に関しては万が一・億が一を考えて絶対に目を離すことが出来ませんでした!歩き始めでママから逃げるのが大コーフンの遊びだった頃、一瞬でも見失ってそのまま一生会えなくなったら…と想像していつも緊張して追っかけていました。
当時は海外にいたせいもあります。スーパーで隣の陳列棚にいると思ったら誘拐された、ちょっとだからと店の前に停めた車内に残して買物をしていたら車ごと誘拐された、オモチャ売場で遊ばせていたら金髪のカツラを被せられて白人に連れ出された…などなど戒めのような噂がまことしやかに囁かれていたものです。無事に大きくなって本当にホッとしました。

投稿: 階下の鬼嫁 | 2017年7月 1日 (土) 13時45分

男の子の双子さんの子育てほんと大変だったと思います、内も次男の出産の時に義父に旦那が長男をあずけて仕事に行ってたときは怪我したりしても文句は言うなといわれたのを思い出しました、川につれていかれの草刈りのあとの斜面でこけて案の定目の横を怪我したのでした仕方ないけどそれですんでよかったと仕方ないと言う旦那に・・・小さいときは動きがちがいますね思い出しました

投稿: | 2017年7月 1日 (土) 14時04分

このお話を読んだ当時、いろんなことを考えた記憶が。
祖父母は孫を『責任なくかわいがれる』存在と言いますか、これが実親であれば色々と口酸っぱく言えるけれど、やはり姑となると。
もし、もしリュウくんに何かがあった時はきっとファッジさんが責められてしまうんだろうな、と想像しただけで胸が痛くなりました。
ファッジさんは軽い感じで描いてらっしゃいましたが、ウチの姑に重なってしまいひとりワナワナしたもんです。
都合のいいことを言ってしまえば、子供の面倒は見てほしいけど、自分が思う通りにしてほしい…と思っちゃいますね、私は。
きっと私は自分の孫の面倒は見れないなあとか。(*_*)

投稿: よっしー | 2017年7月 1日 (土) 16時14分

ブロクまとめ、いいですね。懐かしいし、一辺に読める!(^^)私も楽しみです。ファッジさんは子育て本当によく頑張ったとつくづく思います。偉かったね!

投稿: のんびり乙女 | 2017年7月 1日 (土) 16時21分

あぁ、思い出しました!
そしていろいろ考えたのも、前と同じ。
・・・免じるしか、無い。ものね。

投稿: カナリヤ | 2017年7月 1日 (土) 16時50分

このブログを見始めた時は独身で、私自身が双子なので興味深くみてました。いま母親になって過去記事の子育てを見るとみる目線が違って新たな発見があってとても面白いです。お時間のある時で構わないので、子育ての過去記事また載せてほしいです!

投稿: ぬー | 2017年7月 1日 (土) 16時54分

ファッジさん.いろいろあったんですね!
こちらにお邪魔するようになって三年ほどの私は
このエピソードば初めて読みました。
この時があって今がある、のですね。
苦労された分、とてつもなく成長されたと感じます。
これから介護が始まる(はずの)私。
ファッジさんを見習ってがんばります。

投稿: るか | 2017年7月 1日 (土) 17時00分

今は大学生になる息子二人がいるアラフォーの母親です。

昔、子供たちが幼児だった頃、
姑と小姑(独身です)に会うたびに
「うちの息子(夫です)はこんなに手がかからなかったのに
どうしてこの子たちはこんなにいうことを利かないのだろう。」と
言われていました。
その頃の私は、言われるたびに自分の育て方が悪いのだろうととても悩んでいました。

今日、このブログを読んで、
母親と年の離れた姉の二人に大事に育てられた主人と、
ほとんど私一人で育てていたうちの息子たちでは
育てられた状況がまったく違ったのだということに今気づかされました。

あの頃、子育てについて姑や小姑から責められていた私が初めて救われた思いです。
ありがとうございました。


投稿: ひまわり | 2017年7月 1日 (土) 19時35分

現在二歳の双子男子をもつ母親です。この記事は読んだあと背筋が凍りつきました。。。(子供が産まれるずっと前に読んだはずですが、子供を持ったあとだと重みが違いますね笑)
過去記事まとめ、とても楽しく拝見しています!

投稿: May | 2017年7月 1日 (土) 22時25分

心が宇宙のように広いなあ
この一件だけでこの人とは暮らせないと思う嫁も多いと思う
だってもしかしたら我が子を怪我で殺されてたかもしれないのに

助けを呼びに行くにも小さなもう一人の子を置いていく判断がありえない
育児は完璧でなくてもいいけど、いい加減にやっちゃ駄目なとこもあってこれは後者

ファッジさんが探しに行ってくれて良かった

投稿: | 2017年7月 1日 (土) 23時24分

よくキレないで、おさめたなぁと思う。
私は、こんなときに我慢すると、体調崩すんですよね・・・。
キレても何も生まれてこないですが。
我慢してやりすごしている世間のお嫁さんはすごいなと思います。

投稿: ぴよ | 2017年7月 2日 (日) 22時16分

うちもそうでしたよ
嫁が面倒を見させないと
よく文句を言われ2歳の長女を
義母と畑へでかけさせました
10分としないうちに長女だけ
帰ってきた。山なので途中には川も
ありびっくりしました
長女は「おばあちゃんはお仕事だから」と
一人で帰ってきて今思えば
無事でなにより
自分でつれていったのに途中で知らん顔・・・
想いましたが、預けた自分が馬鹿でしたと痛感
皮肉いわれたってケガしないですもんね。
皮肉に二度とまどわされないと誓いましたよその時。
懐かしいなあ

投稿: シエルまま | 2017年7月 4日 (火) 12時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひっかけ問題にひっかかる | トップページ | 変わらない番組 »