« 打ち上げへ | トップページ | 「毎日が発見ネット」第6話公開 »

2017年11月 9日 (木)

ありがとう熊本!

   

 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

今日のお話は

連休は熊本へ

第4回石牟礼大学

打ち上げへ

 

からの熊本旅行記最終回です。 

 
 
 

 

楽しかった打ち上げも

そろそろお開きの時間になった頃…

 

 

1

Photo_3

 

 

そんな会話もあって

その場で「祝電」の披露となった。

 

 

3
 
 


 

橙書店 田尻久子 様



一書店、一カフェとして、

アルテリの編集局として、

熊本文学隊の本部として、

熊本で、

ひらき、すすめ、つづけ、つなげた、

つなげてきてくれた。

人と人を、人と本を。

そこに入れば、久子さんとお店が、

わたしたちの背中をおしてくれる。

あるいはそっと椅子をひいて、

立っていないですわれとうながしてくれる。

尋ねれば、わたしたちの心に

飛び込んでくるような本をすすめてくれる。

お城の石垣が壊れても、

阿蘇の山が崩れても、

橙書店は、場所を変え、姿を変えながら、

わたしたちのそばにありつづける。

こんなに小さくて、

こんなに狭いからです。

本と人しか、いないからです。

おめでとう。橙書店。ありがとう。久子さん。




熊本文学隊



 

 

Photo_2

 

 

いつも思いますが

伊藤比呂美さんの朗読は

本当に深く心に突き刺さり

しばらく身動きがとれなくなります。

ほんの数秒の朗読でしたが

上質の映画を観ているようでした。

 
 
 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 

 
 
翌日は、「誉のくまもと展」へ。

 

Art

 

 

その後、熊本城を見学。

 

 

Kumamotojo4

Kumamotojo2

Kumamotojo1

Kumamotojo3

 

 

1日も早い復興を願うばかりです。

 

 

そして私は心も身体もリフレッシュして

無事帰宅となりました。 

 

 

 

↓応援クリックお願いしまーす!

Photo_2

 

 

↓バニラファッジもtwitter発進!

Bana_2

 

スポンサーリンク

 

 

 

↓↓↓↓今日の「嫁日々」情報!!↓↓↓↓  

2歳と4歳のママ、ユッケさんは

日々是育児に追われています。

そんなユッケさんに

先輩ママの子育てで苦労した話

感動した話、ぜひお聞かせ下さーい!

ユッケさんへのアドバイスは 

↓こちらからお願いします!

20151027_114547_9


10歳、5歳、2歳のママ桃子さんですが

夫との離婚を考えています。

夫婦仲は破綻していますが

夫は離婚に応じてくれません。

せめて別居だけでもしたいのですが

どう行動を起こせばいいのかわかりません。

桃子さんへのアドバイスは 

↓こちらからお願いします!

20151027_114547_9




↓キノコの傘による抑止力!

Banner_hitotama

Hitotama_2017_1101_5_2

 

 


 

            

|

« 打ち上げへ | トップページ | 「毎日が発見ネット」第6話公開 »

コメント

(*'▽'*)
ファッジさんにお会いしたかったー

投稿: りかりか | 2017年11月 9日 (木) 11時28分

心に響きます。お人柄が滲み出る様です。

投稿: あさみ | 2017年11月 9日 (木) 11時32分

うわー、いたわーその時
まさしく熊本城の二の丸にある
美術館の本館の方にいたー私…。
熊本のことを想ってくださること、
本当にうれしいです。
プールスコート通りに昔からあるオレンジさんは
若手クリエイターを本当に支えて下さってました。

ファッジさんが何をお土産に買われたのかも
気になります♪

投稿: るぴるぴ | 2017年11月 9日 (木) 11時33分

心にずっしりとくる素晴らしい祝電ですね
熊本城の地震の被害は大変なものでしたが、本当に早い復興を願っております 九州へは行ったことがないので、いつか熊本へ行ってみたいです

投稿: おひろみ | 2017年11月 9日 (木) 11時41分

祝電に、胸を打たれました。
熊本の被害、東京にいますとなかなか目や耳にする機会が減っております。こうして素敵な旅の紹介と共に現状を教えて下さって、ありがとうございます。

投稿: yasu | 2017年11月 9日 (木) 12時09分

被害に遭われた方からすれば。
私など何を言うこともできないんですけれども。
崩れた熊本城の石垣はそのままでも、みなさん希望を持って日々頑張ってらっしゃる。
ウチのダンナは城大好きで、あの当時の熊本城をテレビで見て、嘆き悲しみました。
『熊本城復興のために寄付しよう』と言っていたのですが、私は『今は城よりもみんなの生活じゃない?』と反論しました。
しかし
『いや。 熊本城は熊本の人たちの希望の光なんだ。熊本城が元通りになることが熊本の人たちを元気づけることなんだ』と、熊本城復興に寄付をしていました。
伊藤さんの祝電。
まさに祝電に相応しい、あたたかい光みたいです。
ジンとしちゃいましたconfident

投稿: よっしー | 2017年11月 9日 (木) 12時28分

毎日楽しみに拝見しております。ファッジさん、熊本に来てくれてありがとうございました。お天気にも恵まれたようで、自分のことのように嬉しく思います。橙書店は気になりながらも行ったことがなかったので、今度是非足を運ぼうと思います。

投稿: ゆみ | 2017年11月 9日 (木) 12時29分

素敵な忘れられない旅になりましたね♪

投稿: カナリヤ | 2017年11月 9日 (木) 12時58分

>お城の石垣が壊れても、
>阿蘇の山が崩れても、

ここで不覚にも泣いてしまった(´;ω;`)ブワッ
熊本には縁もゆかりも無い者ですが、その土地の人々の心の支えが崩れてしまうのは胸にくるものがあります...

投稿: PPP | 2017年11月 9日 (木) 13時54分


カウンターの奥へ
どんどん後ろずさっていく
久子さん
の場面を見て涙が出ました。

投稿: ぷーちゃん | 2017年11月 9日 (木) 15時18分

良いご旅行になられて何よりです。
石垣、今あんな風になってるんですね。
言葉の力や熊本の象徴に励まされて一日も早い復興を願うばかりです。
何十年と訪ねていない熊本ですが、是非また機会を伺って訪ねてみたいと思いました。

投稿: アトム | 2017年11月 9日 (木) 15時27分

心のこもった祝電、ご本人でなくても
泣かされますね。

熊本城、修復に20年とも聞きました。
石ひとつひとつにナンバリングして築き直すのですね。
大変な作業です。
少しずつでも確実に直っていくことで
熊本の皆様の力にもなるのだなと感じました。

投稿: うさぎのしっぽ | 2017年11月 9日 (木) 16時00分

本当に心に沁みる祝電で、私が頂いた訳でもないのに号泣。

投稿: たまちゃん | 2017年11月 9日 (木) 16時49分

おかえりなさい。素晴らしい祝電ですね。こちらも胸が熱くなりました。熊本はまだまだ復興に時間がかかりそうですね。熊本のために、来年は必ず旅行に行って協力したいなぁって思います。

投稿: ももんが☆ | 2017年11月 9日 (木) 17時59分

素晴らしい祝電ですね、少しでもはやい熊本復興を祈りますに九州はまだいったことがないのです、行ってみたくなりました

投稿: nana | 2017年11月 9日 (木) 18時08分

おかえりなさい!!熊本、素敵ですよね(^_^)
お城のいま、を見させてくださってありがとうございます!
いとうひろみさん、いいおっぱい、、、のかたですよね?今年中に読んでみます!
私も温泉につかりたいーっす\(^o^)/

投稿: ここり | 2017年11月10日 (金) 12時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 打ち上げへ | トップページ | 「毎日が発見ネット」第6話公開 »