« 顎変形症の治療(4) | トップページ | 疑惑 »

2019年6月 5日 (水)

顎変形症の治療(5)

 
ココログの不具合は続いております
 
今日のお話しは昨日の続きです。
 
 
いよいよ手術に向かって
診察が進み始めたが…
 
 
1_61
 
2_61
 
3_62
 
 
ずいぶん長い間、先生はメイの歯型を
観察していた。
真剣に両手をくるくる回す様子が
ルービックキューブをやってる人みたいだった。
 
 
 
そしてその後、先生の下した診断は
手術の延期だった。
 
 
 
4_53
 
660
 
6_33
 
 
鶴のひと声で、メイの手術は3ヶ月ほど
先になった。
 
 
7_19
 
 
手術が延期になり、
内心メイに迷いがでるのではないかと心配したが
それは杞憂に終わった。
 
 
 
ここからは手術についてざっくり書きます。
読んで気分が悪くなる恐れのある人は
スルーしてね。
 
 
 
コメントにもいただきましたが
メイの手術は、顎の骨を切ります。
下顎は、左右の骨の長さが違うため
長い方の骨を切り取り、短い方に移植します。
上顎の骨は鼻とつながっているので
そこを切断し、捻転を治します。
メイは上下、同時手術です。
術後は骨折と一緒で、金属プレートが入り
1年後に、それを外す手術をもう一回します。
 
 
 
大変な手術ですが、全部口の中で行われます。
なので、顔には一切傷跡は残りません。
心配事を書けばきりがありませんが
顎の整形は珍しい手術ではなく
交通事故等で顔面骨折の際
よくある手術だそうです。
その歴史は長く、新しい技術も加わり
成功率も非常に高いということでした。(続)
 
(不定期更新)
 
 
 
6_31
↑応援クリックお願いします!
 
 

 
 
 
「お嫁さんな日々」本日のお悩みは1本です!
20180227_114627_2
実母から夫の給料の額を聞かれるパピコさん。
はぐらかしても何度でも聞いてきます。
答えたくない、と伝えると
「心配しているのに」「寂しい」と
言われ、親不孝をしているような気分になり
凹みます。
悩めるパピコさんへのアドバイスは
↓こちらからお願いします!!
 
20151027_114547_9
 
 
 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
バニラクリームの
「酒気帯び手記」が復活しました。
相当、酔っ払ってます。
↓お時間があったら、ぜひ。
 
16a14562e08209a0280dbf3b1ee40dd81
 
Logo

今日のメニューは「RE+焼きそば」。
どんな想いがこもっているかは↓こちらでチェケ。」
 
2019_5_13_5


 

|

« 顎変形症の治療(4) | トップページ | 疑惑 »

コメント

大がかりなことになっていたのですね。
私も不正咬合で小1~小6まで矯正をしていましたが
寝ている間にチンキャップを装着するだけで済みました。
その後虫歯を作ってしまいましたが、矯正をしておいてくれた
両親には感謝しています。

歯科医の発言に驚くレントゲン君がカワイイです!

投稿: びー | 2019年6月 5日 (水) 14時09分

メイちゃんが運転してる
コトにちょっとびっくり
まだまだた永い道のりですな

投稿: ひのえうまま | 2019年6月 5日 (水) 14時51分

親としては心配ばかりでしょうが、メイちゃんが前向きなので逆に力をもらえますね。
私も先生の迫力に驚くレントゲンがツボりましたw

投稿: よっしー | 2019年6月 5日 (水) 14時53分

全歯の矯正がどれだけ痛くて辛いか。私は最後まで頑張れませんでした。以来三十年ほど歯医者は怖くて行けませんでした。子育て終えて一念発起し、やっと歯科治療が終わったところです。メイさんの苦しみに涙、前向きに治療に立ち向かう勇気に涙。あの時気がつけなかった母の苦しみにまた涙です。

投稿: じごわな | 2019年6月 5日 (水) 14時57分

現時点でもう手術は無事に終わってるんですよね? 先日のメイちゃんの入院はこの治療だったのでしょうか。
私はいつのころからか、口が大きく開かなくなってしまいました。指三本が、縦に入りません(プラス、受け口です)。なので歯医者さんでは治療の痛みよりも口を大きく開け続けることによる顎の痛みで涙が出ます。メイちゃんは私とは比べ物にならない、長い治療と大きな手術に耐えられたんですね。大変でしたね。涙。でも今は、完璧な歯並びと輪郭、そして完璧に明るく輝く笑顔が戻られたことでしょう。どうぞお大事になさってください。笑顔が戻ったであろうメイちゃんの毎日が、その笑顔と共に光り輝く日々となりますように。心よりお祈りしています。

投稿: YURI | 2019年6月 5日 (水) 14時59分

「良医はカルテの裏を見る」と言います。
年齢のこと、家庭事情のこと等々を踏まえ、ドクターはよりベターな治療計画を考えて下さったのだと思います。
あと、ドクター自身も仕事に妥協しない気質なのかも。
そう、顎を切って移植してと聞くと、経験のない人は驚かれますが、頭部外科ってそういうものですから。
技術も麻酔も痛み止めも日進月歩で、患者の負担減は著しいものがあります。
私、7歳で扁桃腺切除、30代で乳ガン切除、50代で子宮全摘しましたが、現代の麻酔と痛み止めって神!でした。
大変な治療であることは変わりありませんが、メイちゃんが弾けるような笑顔で毎日を遅れる日が来ることを祈っています。

在宅介護は継続中です(笑)

投稿: 辛口お寅 | 2019年6月 5日 (水) 15時18分

文章を読んでいるととても大掛かりな手術ですね。
もう、手術は終わられているんでしょうか?
そうだったら、メイちゃんに本当にがんばりました。顔に傷が付かないとのことで、女の子だからそこは大事ですよね。
メイちゃん、無理なさらずに。
お大事にしてください。

投稿: ももんが☆ | 2019年6月 5日 (水) 16時00分

メイちゃんのこと気になっていました。大変でしたね…歯の矯正本当に気になりますもの。私も自分が歯並び悪く、コンプレックスを持っているので、子どもたちの歯には気を付けていました。
長女は、小学生の頃より矯正ワイヤーをつけ、頭痛が始まりました。
歯医者の先生にどなられ…クラリネットを吹いては口の中が血だらけ…と矯正はこりごり…のようです。
永久歯がもともと上1本下3本無く、25歳になった今でもなんとか乳歯で頑張っています。昨年インプラントの相談に行った歯医者で、雑な診療と高額な見積もりを出され、また歯医者嫌いに…
この先 相性の良い歯医者と出会えることを願う日々です。

本人が納得できる治療をしっかり受けられるのが一番ですよ。
メイちゃんえらい!
時間がかかるし、ファッジさんも心配だったことでしょう。

これからの記事、応援しながら楽しみにしています。

投稿: taimama | 2019年6月 5日 (水) 16時05分

はじめまして
いつも読ませていただいてるのですが、はじめてコメントさせていただきます。過去の話なんだろうなぁと思って読んでいたら現在進行形のようなので、いてもたってもいられず・・・

メイちゃんと同じ症状で、18歳から矯正はじめて、22歳頃手術しました。
手術の前後あわせて1か月くらい入院。
手術後は鼻からチューブで流動食・・・顔はパンパンに腫れ、戻るかどうか心配でしたが、術後2か月くらいでふつうに口から食べられるようになりました。 
大変だったけど、手術受けさせてくれた両親に本当に感謝してます。子供のころから歯並び悪くて顎も出ていて、本当に自分の顔がキライだったから。顎が治ったから結婚できたと思ってるくらいです。
その後結婚もでき、子供にも恵まれ 今は本当に幸せです。
心配なことたくさんあると思いますが、大丈夫。手術が無事に進むことを祈ってます!

投稿: じゅんこ | 2019年6月 5日 (水) 16時36分

上手な外科医の手術は
まるで芸術家のような仕上がり
と聞いたことがあります。
よい先生にめぐりあえて本当によかったですね。
メイさんとご家族の決断に拍手です。

投稿: 犬飼いです | 2019年6月 5日 (水) 17時00分

追伸
頭蓋骨に眉毛が!
不謹慎かもですが
ファッジさんナイスで流石ざんす!

投稿: 犬飼いです | 2019年6月 5日 (水) 17時04分

いいドクターに巡り合われたと思います。
メイちゃん、よく決心なさいましたね。
こういう時、女の子の方が肝が据わるかも?
いずれにしても親としては色々不安で心配が尽きませんね。

投稿: うさぎのしっぽ | 2019年6月 5日 (水) 17時40分

ほんとに頑張ったんだなぁと思いました(;^_^A

応援クリックですが
こんなかわいいティーカップに入ってると
しろ美ちゃんごと、飲んでしまいそうで怖いです(汗)

というか、ケン君も気がつかないで
そのまま飲んでしまいそうです(汗)

投稿: O3 | 2019年6月 5日 (水) 20時04分

私も同じように下顎突出で、下顎のみ手術しました。結婚して、子育てしながらで家族に大変迷惑をかけました。しかし、長い人生を考えて実行して本当に良かったです。
①ふつうに笑える。②顔のコンプレックスが人並みになる(顔が大きいとか、鼻ぺちゃとか笑える程度)。③日々の生活で卑屈にならずに済み、自分に自信が持てる様になる。と良い事づくめです。長い人生から見れば、二、三年の辛抱です。
メイちゃん手術すんだならもう一息!ファイト。

投稿: カスミン | 2019年6月 6日 (木) 01時34分

私もじゅんこさんと同様、矯正後に手術を受けました。
全身麻酔で確かに大掛かり。鼻からの流動食生活も懐かしいです。
いろいろと制約も多く、今だったらムリムリムリ!!となりそうです。
ですが同じ手術を受ける方の多いこと❕
顎変形症で悩む人って身の回りでは皆無でしたが、意外と多いものなんですね。

私は幸い大部屋の仲間に恵まれて、励まし合ったりして大変だったけれど、楽しい入院生活を送れました。

手術を受けた時、付き添ってくれた母は(こんな大掛かりな手術が必要な体に生んでしまって…できるものなら代わってあげたい)とずっと祈るような気持ちでいたそうです。

でも娘は意外と逞しいものなんですね。
なんて、今ではムリムリムリ!!な私な訳ですが。。。

投稿: 3.5世帯完全同居 | 2019年6月 6日 (木) 02時01分

職人気質な良い先生ですね👍でも説明を聞く限りは大手術ですよねぇ💦

投稿: peanosuke | 2019年6月 6日 (木) 12時13分

丁度他の方のブログで同じような手術の記事を
読んだばかりでした。
手術内容も似ていました。
よくある手術とファッジさんも書かれていましたが、
そうなのかも~と思いました。
私は、
小学生の頃、喉の手術で全身麻酔をしましたが、
とにかくガス臭くて、その麻酔の臭いで気分が悪くなりそうでした。
それから30年後に子宮の手術でまた全身麻酔をしましたが、
オジンジの良い臭いがして
いつまでも嗅いでいたくなる程でした。
実際は、123と数えるうちに意識なくなりましたが(笑)。
いろいろと技術が進歩しているんだなーーと
実感しました。
メイちゃんもきっとそんなにつらくなかった(と、思いたい)
はず。
がんばれ!メイちゃん。

投稿: るんくま | 2019年6月 6日 (木) 14時30分

ファッジさん、やっと介護が終わっても、その陰にも色々と心労がありますね…。
日々、お疲れ様です。
それでも、漫画をネットにアップして、講演会もあって、ファッジさん、何人分の仕事をしているのだろうと驚きです。

投稿: ぴよ | 2019年6月 6日 (木) 14時54分

久しぶりにブログを訪れて、子供の痛みに胸がキュとなりました。
社会人の長男は口蓋裂で生まれ、赤ちゃんから手術と矯正でした。
形成外科と歯科口腔に通い、若かった先生も定年されたり。
最後の診察のころに、若い研修医ご自身が口蓋裂のかたがいらして、尊敬と母の気持ちで泣きそうでした。
めいちゃん、きっと綺麗になります。

投稿: みっこ | 2019年6月10日 (月) 14時36分

それでも、漫画をネットにアップして、講演会もあって、ファッジさん、何人分の仕事をしているのだろうと驚きです。
でも娘は意外と逞しいものなんですね。
なんて、今ではムリムリムリ!!な私な訳ですが。。。

投稿: buy website traffic | 2019年6月27日 (木) 11時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 顎変形症の治療(4) | トップページ | 疑惑 »