« はっちゃきこく夫婦in北海道(4) | トップページ | はっちゃきこく夫婦in北海道(終) »

2019年7月 3日 (水)

はっちゃきこく夫婦in北海道(5)

 
 
 
 
 
 
 
今日のお話は昨日の続きです。
 
 
 
スマホも無事見つかり1日目終了。
そして、翌朝ホテルを出る前に…
 
 
1_20190702231001
 
 
 
ホテルのアンケート用紙に
昨日のお礼を書き残し、出発。
 
 
2_20190702231001
 
 
 
翌日も天気に恵まれた。
まずは車のナビに「にしん御殿」を入力。
 
 
海沿いをずっと走り、予定通り到着。
 
 
 
3_20190702231001
 
4_20190702231001
 
5_20190702231001
 
 
 
車から降りたらびっくりした。
今までに味わったことがないような
気持ちのいい風が吹いていた。
 
 
海なし県で育った私は
海風特有の磯の香りや湿った風が苦手だ。
しかし、ここで感じた風は
カラッと涼しく、まさに自然のクーラー。
しかも空気清浄機付き的な無臭感。
 
 
Sea2
 
Sea1
 
 
さっそくお目当ての「にしん御殿」へ。
しかし…
 
 
 
6_20190703063701
 
入り口に貼ってあった料金表の調子がおかしい。
ネットで見た時は
たしか大人料金が1200円くらいだった。
 
 
 
実は、駐車場から見える建物も
内心違和感があった。
でも、せっかく小樽の最北端(?)まで
来たのだから、と入館。
 
 
 
 
Nishin1
 
Nishin2
 
Nishin3
 
Nishin5
 
 
 
ホームページには
「国から登録有形文化財にも指定されている
北海道屈指の美術豪邸です。」
とあったが、修繕にガムテープが使ってあり…
 
 
 
7_20190703064701
 
 
 
懐かしい家の造りに目を細めるダンナ。
 
 
Nishin4
 
 
 
ダンナが頭をぶつける決定的瞬間を撮ろうとしたが
意外と慎重な男だった。
 
 
 
あとでわかったのですが
ここは→小樽鰊御殿
両方とも、観光地としての評価は
★★★★☆ 星4つと互角。
位置的には車で10分ほど離れているようですが
この時は特に疑わず(疑えよww)
小樽鰊御殿を楽しんできました。
私たちのほかにも間違えて来たと思われる
熟年夫婦が他にも3組ほどいた。
 
 
 
(このあと、小樽水族館へ)
 
 
↑応援クリックお願いします!
 
 

 
 
 
「お嫁さんな日々」本日のお悩みは3本です!
20180227_114627_2
 
つかれましたさんの5歳の長女は
幼稚園の先生に半年ほどピアノを習った後
大手企業のピアノ教室に通うことになりました。
しかし、そこで
「読譜も弾きかたも全然できていない」と言われ
何度もそこを重点的に指導されましたが
1度ついた癖がなかなか直りません。
悩めるつかれましたさんへのアドバイスは
↓こちらからお願いします!
20151027_114547_9
 
上司のパワハラでうつ病になり
投薬治療と転職で社会復帰したハルさんの夫。
今も投薬は続いていますが
夫は子どもがほしいと言います。
投薬や精神的な不安感があるまま
子どもを授かることにハルさんは不安があります。
悩めるハルさんへのアドバイスは
↓こちらからお願いします!
20151027_114547_9
 
 
小水泡型水虫と診断された
梅雨許すまじさん。
医者のアドバイスを忠実に守っていますが
心配はつきません。
このほかにも、かかとの角質増殖型水虫
も発症しているようで、心配はつきません。
水虫完治した方がいましたら
悩める梅雨許すまじさんへのアドバイスを
↓こちらからお願いします!
20151027_114547_9

 
 
↓G20サミット直前に作る「香港やきそば」
2019_6_25_3
 
 
 
 
バニラクリームの
「酒気帯び手記」更新しました。
今宵も酔っ払ってます。
↓お時間があったら、ぜひ。
 
E007035c7b9f66ea7f389015ade030b1

|

« はっちゃきこく夫婦in北海道(4) | トップページ | はっちゃきこく夫婦in北海道(終) »

コメント

目的地のちょっとズレた所に招かれるご夫婦、親しみ極大! 旅の醍醐味って事で(^^)
そこは、私も好きな場所〜
旅ブログ楽しい!

投稿: ルミダズ | 2019年7月 3日 (水) 08時16分

それもまた良き、ですな♪
続きも楽しみです~。

投稿: カナリヤ | 2019年7月 3日 (水) 08時27分

この当たり 目をつぶっても行けるほどの
場所ですが 鰊御殿の二つの違いを 初めて知りました。私には 灯台下暗し 感でした。
灯台といえば 日和山灯台も 近くにあったでしょう〜。
穏やか天気に恵まれて 最高の小樽をご覧頂き ありがとうございます。

投稿: J | 2019年7月 3日 (水) 08時36分

クリームさんが頭をぶつける決定的瞬間を撮ろうとした、
ってとこツボ。
慎重に、ギシギシと降りて行かれたんですね~。

うぷぷ(^<^)

投稿: まゆゆゆ | 2019年7月 3日 (水) 09時24分

ふふふふふ・・・夫婦だから。ほほえましく笑わせていただきました。
ネットも万能ではなく、勘違いも大いに楽しめます。
目的もはっきりせず、出たとこまかせ旅に私も行ってきま~す。
いえ、ほんの近場ですが、名古屋もターゲットに入ってます。

それから、家の急傾斜の階段がツボです。子ども時代にはよく階段から落ちてました。でも怪我しなかったのは身が軽かったからでしょう。
階段の下が物入れになっていました。

投稿: モナミ | 2019年7月 3日 (水) 09時56分

三重県から道南地方へ転居して10年。初めて小樽を訪れた時の感動を思い出しました。そう、海辺なのにあのカラッとした空気。小樽水族館もワイルド!どんな感想を持たれたか楽しみです。ちょうどお天気が良いときで何よりでした。
もっと早く講演会のこと気がついていたら。残念!

投稿: kirara | 2019年7月 3日 (水) 10時05分

同じようなところが2箇所あるので 間違えないように。と思ってはいましたが、やっぱり間違えるとは。(笑)
高台にあるほうの鰊御殿は 無料で水族館が楽しめる観光スポットになっています。天気もよかったので 景色もきれいだったでしょうね~。

投稿: のぶちゃん♪ | 2019年7月 3日 (水) 10時16分

ホテルの神対応にきちんとお礼の気持ちを書き残すファッジさん これもまた素晴らしい女神対応と思います。
旅ってこんな経験や出会いが思い出や財産になりますよね。
準備は大変だったと思いますが、楽しめて美味しくて景色も堪能できて言うことナスですね!

鰊御殿って朝ドラ マッサン を思い出しました。風間杜夫さんが熊背負って出てきそうです。
豪華もいいけど、仕事と住居が隣り合わせにある(ほぼ一体?)浜辺から続いた景色も 風土や文化を感じて 私は好きですよん。

投稿: 犬飼いです | 2019年7月 3日 (水) 11時17分

初めまして!十数年前に同じ事をしたので、なつかしくてコメントしちゃいました。
間違えるのも悪いんだけど、紛らわしいですよね(笑)

投稿: まぁやん | 2019年7月 3日 (水) 11時35分

そんな至近距離で紛らわしい名前なんですね。💦
もし行く機会があれば、間違えないようにしよう~。
HPにも、注意喚起しておいてほしいですね。
「貴賓館」が必要ワードだったのですね。

投稿: ぴよ | 2019年7月 3日 (水) 11時39分

どこでも、楽しめる
ファッジさんに感動しました!

投稿: しかたろ | 2019年7月 3日 (水) 12時18分

毎日何かしらのアクシデントが!
それもまた笑いの種にできる心の余裕がさすが熟年夫婦ですね。
私も海なし長野県育ちなので、海が一望できるってだけで「来た甲斐があったわ~!」と思ってしまいます。

いつか小樽にお寿司を食べに行きたいな。特にウニ!!!

投稿: くろ | 2019年7月 3日 (水) 14時41分

それはどさんこである私も間違えると思います(*^_^*)
良い天気に恵まれて良かったですね~~~
この後、食レポありますよね?楽しみにしていまーす!

投稿: びー | 2019年7月 3日 (水) 15時07分

笑ってゴメンナサイ。
貴賓館の方は度肝を抜かれる豪華さですよ。
ぜひ次の機会に・・・。
でも、そこも懐かしさを味わわれたようで
よかった・・・かも?

北海道のどこまでも続く道って
「ここは日本?」と思うくらいですね。
あ~行きたい!

次のお話も楽しみです♪

投稿: うさぎのしっぽ | 2019年7月 3日 (水) 17時17分

旅行良いなあーフアッジさんとクリームさんの様子がおもしろいーー次は小樽水族館 楽しみ です

投稿: nana | 2019年7月 3日 (水) 18時27分

こっちの御殿もイイですね(;^_^A
階段の下の空間、あるいは中二階みたいになってるところは、
物置か昔の下働きさんが待機に使っていた空間でしょうか。
そこへ、丸いちゃぶ台を置いて、客ギュウギュウ詰めの
居酒屋なんかをやりたくなりました(汗)

事情があってしばらく町屋に住んでいましたが、
こんな感じの階段でした。
降りるのが怖い、部屋にポコッと穴が開いてるようで怖い(;^_^A


投稿: O3 | 2019年7月 3日 (水) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はっちゃきこく夫婦in北海道(4) | トップページ | はっちゃきこく夫婦in北海道(終) »