« 自慢 | トップページ | イメチェン »

2007年6月27日 (水)

確執

  
  
  

01a_13

  
  
  

我が家は2世帯仕様の作りになっているので

 

食事は別々にしている。

 

子どもと高齢者ではやはり好みが違うので

 

台所が別なのは非常に助かる。

  
  
  
  
  

03b_3

02b_6

 

 

 

 

 

 

そろそろお義母さんたちの

 

家事全面降伏の日が近いかもしれない。

 

 

 

私は料理は嫌いではないが毎日きちんと

 

沢山作るのはプレッシャーだ。

 

 

 

 

 

 

 

しかも料理に関しては少々、私の中でしこりがある。

 

 

 

 

 

同居を始めた当初、台所は1つだった。

 

もともと料理のにがてなお義母さんたちだったので

 

自然とそれは私の仕事になった。

 

嫁もいいところを見せようと初めははりきっていたが

 

まだまだ今より勢いのあったお義母さんたちからは

 

料理を作ることにいちいち批判的だった。

 

 

 

 

 

 

 

「作り過ぎる」

 

「汚れるから油料理はするな」

 

「後片付けがへた」

 

「台所ががどんどん汚れていく」

 

 

 

 

 

 

 

新たに、台所を作ってもらった時は、ほっとした。

 

「ありがとうございます」と言いながら

 

心の中では「2度と作ってやらねーぞ」と誓った。

 

もちろん、その時はお義母さんたちも嫁の出入りがなくなって

 

「やれやれ」と胸をなで下ろしていたと思われる。

 

 

 

 

 

 

 

そして月日は10年たち…

 

お義母さんなど、私の作ったのしか食べたくないという

 

ところまで年を取ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

04c_2

05c_4

06c_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…と失笑しながらも、お義母さんとおばさんが

 

最近けんかの多い理由がなんとなくわかった。

 

そして開きかけていた嫁の心は、また軽く閉まったのだった。

 

 

 

 

 

 

 

大変だ!嫁が天の岩戸に閉じこもったぞ!
↓クリックで開くらしい。

 

Bana1_2

 

 

|

« 自慢 | トップページ | イメチェン »

コメント

妻と母と3人暮らしの自分にとっては、この台所問題は非常に分かります。
うちは1つしか台所がないので、見えないところでのバトルが耐えません。
そっか。台所2つにすればいいんだ。
とりあえずもっと大きな家に住めるようにがんばります!(自分がね(≧∀≦))

投稿: なべ | 2007年6月27日 (水) 07時59分

なんで、いちいち人の心を逆なでするようなことを言っちゃうんですかねえ。お義母さん。すごく感謝しておられるはずなのに、それを自分で素直に認められないんですね。チクリと一言、言うことで、自分のプライドとバランスとっておられるのかな。心閉じないで、耳閉じるしかないねえ。

投稿: さち | 2007年6月27日 (水) 08時09分

よくわかります。四年前まで同居でした。大喧嘩して別居した私はファッジさんを尊敬しております。どこの姑も一言多いですよね。言わずにいられないんでしょうね。今は別居して平和ですが、たまに子どもの誕生日などで集まったりすると、料理をほめてくれますが、全部素直に受け止めることができません。

投稿: うんすか | 2007年6月27日 (水) 08時14分

うさぎの肉…って…冗談のつもり?かな?
強引に冗談ということにして、笑ってしまうとか…無理?
子供の頃、母と祖母のバトルに疲れちゃったものですが、
すでに二人ともなく、義母を持つ気になれず、
自分が小姑なんですけどね、
義妹に気を使わせているかな…別居だけど。
こちらで勉強させていただいている気分です。

投稿: くり | 2007年6月27日 (水) 09時35分

うちもお姑さんと結婚当初からの同居です。結婚した時はOLだったので、その時から家事一切をお姑さんがして下さっていました。主人が独立して、2人で家で仕事をするようになった今もです。私の家庭内のでの役割は、食事の後かたづけとたまの掃除。お姑さんは、いい加減すぎる嫁に小言ひとつ言わず、本当にいい方なのです。ボケ防止にと言いながら、そのお姑さんももう76歳。甘え続けるのもどうかなとも思いますが、やることがなくなるのもまた問題かなと…。
「もうしんどいわ~。」と言われるまではと思っています。

投稿: うにょきち | 2007年6月27日 (水) 09時39分

ちくりと一言・・・そうそう、ちくりって心にぶっささるんですよ。
あるあるあるあるある~!!!
アタシも、最近ちょっといいかなぁなんて心の扉が開きかけた時に言われると、パタンって閉まる音が聞こえる~ヽ(´∀`)ノ
一度閉まるとまた開くに時間がかかるぞ~い・・・

投稿: maryu | 2007年6月27日 (水) 09時52分

はじめまして(*^▽^*)
ランキングからきましたぁ~
我が家、只今新築予定です。
で、初、同居…
キッチンは2つの予定です(*^▽^*)
今、仲はいいですが、維持する為には必須だと思っています。今日の日記読んでやっぱり間違いなし!と思いましたぁ♪

投稿: あいきらり | 2007年6月27日 (水) 10時35分

はじめまして、いつも楽しく拝見してます。
私は同居→別居して10年程たちます。
同居は4年ほどで、その間食事の支度は全て私がしていましたが一度たりとも「美味しい」の言葉を聞いたことはありませんでした。
二度と料理は食わすまいと思っていました。(笑)
でもいつか・・・、そうせざるをえない日が来るんでしょうか。
10年たった今でもやはり意地になってる自分がいます。(ぜったい食わせねぇ。)
人事とは思えずファッジさんの気持ちが気になりました。

投稿: でぃ~ | 2007年6月27日 (水) 11時28分

お義母さん、言っていい善悪の判断が段々付かなくなってきたのかな~
最近、一言多いですね(^-^;
でも、ウサギの肉とは・・・
どこに行ったら手に入るのか、こっちが知りたいくらいですね(≧▽≦)

でも、よろこんで食べてくれるのならいいですね
しかし、毎日ってのは確かにプレッシャーかも(;≧ω≦)

投稿: るうい | 2007年6月27日 (水) 11時48分

どの口が言うんだ~~~!と怒りたい。

でもウサギの肉、主人の父親の趣味が猟なので食べた事があります。淡白でなかなかおいしい、、、、ってそういうことじゃないですよね^_^;

私だったら意地悪して今日はカンガルーのお肉ですとか言いそうです。冗談が通じなかったらおおごとですけれど。

投稿: たかこ | 2007年6月27日 (水) 12時21分

こんにちは。
お義母さん。情報通ですね(笑)
うーん、確かに台所は戦場って言いますしね。
分けてもらってよかったですね。
では、岩戸よ。開け~~~~。。。ぽち

投稿: kei | 2007年6月27日 (水) 12時33分

こんにちは。お初におめにかかりました。
私も3人の子持ちで同居してます。
結婚当初は台所1つでしたが、ちょうど私の妊娠と重なり味覚が変だったのか白いご飯がすごくマズク感じ2番目が産まれたときに台所を2つにしてもらいました。
祖母・義父・義母・義妹は夕飯はおおよそ祖母、ダンナ&子どもたちは私が飯を作っています。
でも、祖母は簡単なものしか作らなくなり義父はカップラーメンを食べている姿をよく見かけます。おまけにこの間生魚をいただいたのですが、
「できているほうがいい」
といわれ私が作ったものをあげました。

こんな我が家です。
どこも一緒なのですね。

また遊びに来ます。

投稿: latte | 2007年6月27日 (水) 12時43分

つい言ってしまう余計な一言。言われたほうは結構引きずるものです。
ファッジさんはネタにしながらもよくがんばっていますね。
同居の台所では様々なバトルが展開するようですが、同居ではない我が家では夫が口うるさくて困っています。
私の心も開いたり閉じたりしています。

投稿: サユリナママ | 2007年6月27日 (水) 13時59分

はじめまして!
いつも楽しく読ませていただいてます♪

結婚して間がなく、ちょっとしたことで考えてしまうときもありますが
ファッジさんの明るい、コミカルな表現にとても助けられています☆

うさぎの肉・・・。一体どこに売っているのやら(^-^;

投稿: ふじりんご | 2007年6月27日 (水) 15時31分

いつもながらファッジさんのことを尊敬します。

私は同居なんて多分死んでも出来ないと思いますが、私の実家は祖母がずっと同居でした。母は毎日私達子ども用のカレーやハンバーグなどの洋食と祖母用に煮魚や煮物などの和食の2種類のおかずを作っていました。決して広くないシンクにはボールやざるや鍋が山のように積んでありました。主婦になった今になって母の苦労が大変なものであったことを実感し、またもっと手伝ってあげればよかったと後悔しています。
また、祖母も食事の時の嫌味な一言だけは忘れませんでした。でも痴呆症がすすみ、娘や息子や孫のことはすっかりわからなくなってしまった時も母のことだけはしっかり認識できていたことには驚きました。

投稿: バニー | 2007年6月27日 (水) 18時08分

はじめまして。
いつも楽しく拝見していました。

私も義母の一言に、開きかけた扉が閉まることが度々あります。それさえなければ~と思いますが、私も言っているかもしれないので、お互い様なのかなぁと思うようになりました。
でも、それでもやっぱり、言われると扉は閉まってしまうのですけどね。
天の岩戸が開くように、押して帰りますね~。

事後報告になりますが、こちらをリンクさせて頂きました。ぺこ <(_ _)>

投稿: おせん | 2007年6月27日 (水) 20時23分

うちの姑もかな~り一言三言多いです(怒)
今日ベランダで洗濯物を干していると、階下から友人と電話していると思われる姑の大声が聞こえ、「うちの嫁は何もやらないのよ~!!ほんと~に何もやらないいのよ~!!」と近所にも聞こえそうな姑の声が聞こえてくるではあ~りませんかぁ(怒)
もう絶対、ご飯作ってやんね~!!と心に誓った私でした。私も天の岩戸から出て行きたくありません。
そんな姑はまだまだ63歳・・先は長そう・・ストレスで私の方が早く天に召されそう(ヤバイ~)

投稿: こずえ | 2007年6月28日 (木) 00時45分

お母さま、カチ~ンとくる言葉、ひとこと多いですね!(´`;
でも、うさぎの肉はフランスでは結構ご馳走なんですけど・・・って、そういうことではないですよねぇ!

投稿: ★桃子 | 2007年6月28日 (木) 03時11分

コメントありがとうございます!

本当にブログやってってよかったなと、思うのはこの姑VS嫁系のネタの時ですね。
もう、同じ苦労人からの励ましコメントを読めば、あっと言う間にストレス解消です。ありがとうございます。
もちろん、これから苦労を背負うと思われるみなさんも知ると知らないでは大間違いですから、ぜひこのすばらしいコメントの数々を読んでいただきたと思います。

ただうちの場合、本当に姑シスターズが年取ったな〜って感じで、こちらも戦う気力が失せております。
この状態で戦うと、ただの弱い者いじめになりますからね。

脈々と家族内勢力争いは、嫁に一極集中し始めているのがわかります。風は私に吹いている。しかし、それは喜びでもあり苦しみでもあり、「家」という重い足かせをはめられたとも言えます(←大げさですが、何か?)

苦労は続くよ、どこまでも。でも刻々と変化していきます。
だからみなさん、今日も明日も共にがんばりましょう!

…なんじゃ、このコメレス…すみません。
(バニラファッジ)

投稿: お返事です | 2007年6月28日 (木) 12時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 確執:

« 自慢 | トップページ | イメチェン »